« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月23日 (火)

IHGホテル修行 夏の陣が開始!

2017年5月、IHGはスピードアップキャンペーンとOTA Book Direct 2017の2つのキャンペーンが走っております。


スピードアップキャンペーンは5月15日から8月31日までに頂いたオファーをクリアーすることでボーナスポイントがもらえます。
このボーナスポイントは個々に違う内容となっており、登録しないとオファー内容が分かりません。
ちなみに私に届いたオファーがこちら

2017


2,500ポイント
1回のご滞在で2,500ポイントを獲得いただけます。

16,000ポイント
さらに宿泊し、もっとポイント獲得
8泊のご滞在で16,000ボーナスポイントを獲得いただけます。
ご希望の特典がいっそう身近になります。

2,800ポイント
インターコンチネンタルでお得にポイント獲得
アジア太平洋地域、中東、アフリカ地域のインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツでの2泊のご滞在で、2,800ボーナスポイントをプレゼント。

21,000ポイント
目標達成ボーナス
オファー中3オファーを達成すると、さらに21,000ボーナスポイントを追加で獲得いただけます。

5,000ポイント
アーリーステイ ボーナス
6月30日までの1回のご滞在で5,000ボーナスポイントをプレゼント。


私が頂いているオファーでクリアーでクリアーできそうなのは、1回のご滞在で2,500ポ、6月30日までの1回のご滞在で5,000ボーナスポイントをプレゼント、この2つになります。
期間中に8泊は出来ないことはないが、無理に宿泊しても頂けるボーナスポイントは少ない、全てのオファーをクリアーしても21,000ポイントと少なめ、それならつまみ食いし、美味しい所は頂いて、オファークリアーせず終わらせようと思います。
IHGのスピードアップキャンペーンはクリアーすると次回のオファーのハードルが高くなります。それならつまみ食いして次回のオファーのハードルを下げておこうと思うのです。









次にOTA Book Direct 2017、こちらは12月31日まで直接予約で4滞在するだけ!

Bookdirect


キャンペーン登録で1,000ボーナスポイント
初回の滞在で5,000ボーナスポイント
2回目の滞在で9,000ボーナスポイント
3回目の滞在で15,000ボーナスポイント
全ての滞在を完了すると10,000ボーナスポイント


正直、OTA Book Direct 2017は美味しすぎます!
美味しいですが罠があるので要注意!


罠その1、香港、マカオ、中国、台湾が対象外
年内に中国3泊、香港2泊の予定を持っていますが、これがすべて対象外となってしまう
シンガポールに4泊の予定がありますが有償は2泊のみ、これではクリアーできず。
何か策を講じなければなりません!


罠その2
カウントされるのは宿泊数ではなく滞在数
同じホテルに連続4泊しても1滞在となるため、1回のクリアーにしかなりません。
4連泊を全て違うプランで個別に予約しても、連続した滞在のため1滞在にしかなりません。
連泊を避けるためには一度チェックアウトし、他のホテルに宿泊し戻ってくるしかありません。
私の場合、シンガポールで2ヶ所のホテルに宿泊予定ですが、それでも1泊足りない。
足りない分をどこかのホテルで穴埋めするしかなさそうです。


とは言え、最低3泊で40,000ポイントも貰えてしまうわけですから、内容的には美味しい!
多くのインターコンチネンタルは50,000ポイントあれば無料宿泊することが出来ます。3泊でほぼインターコンチネンタル無料宿泊1泊分のポイントを頂けてしまうわけですから、どこぞの年会費の高いクレジットカード更新で貰える1泊分よりかなりコスパが良いです。
40,000ポイントをANAマイルに移行すれば1/5と目減りし、8,000マイルほどになってしまいますが、1泊6,000円で計算し3泊すると18,000円、この金額で8,000マイルと考えるとかなり美味しい内容だと思います。


お徳に宿泊しポイントを獲得!そして無料宿泊などで楽しいホテル滞在をお楽しみください。



2017年5月20日 (土)

次回の香港修行を購入

2017年4月1日より日本発券のサーチャージが値上がりするため、秋の香港往復を購入いたしました。
特典航空券ビジネスでの発券も考えたのですが、飛行機に乗るならPPが欲しいよね!と思い、ANAダイヤ選択式特典で選んだ60,000スカイコインを使って購入いたしました。全額スカイコインで払うとクレジットカードの補償等が受けられなくなることがあり、1,000円だけクレジットカードで払い、残りをスカイコインでの支払いとしました。


201711


この香港行き、オヤジ達の飲茶修行と銘打ってオヤジ4人での旅程、飲茶に4人程度で行くと15種類ほどをツマムことができ、理想の人数では?と思うのです。お一方は2016年3月に一緒に行った方なのである程度の土地勘はあると思いますが、お二方は広州・深圳に行くのが初めての方という事で、私が案内できるのも3人ほどが限界かと。
目的は、とにかくひたすら広東料理を食べる!という旅程になりそうです(笑)



旅程的には前回の香港行きと同じで、香港空港到着後に直通列車で広州へ移動、広州で2泊し深圳へ移動、深圳で1泊し香港へ移動、香港で2泊し日中便にて羽田へ戻ります。予約クラスSで購入しているため最大5泊しかできず、制限の滞在日数をフルに活用しようという作戦です。予約クラスSでは4.4万円ほどで購入できましたが、1つ上の予約クラスWで買うと1万円ほど高くなってしまうため、5泊という制限以内で納めることにしました。









広州では広州酒家に行くのはもちろんのこと

Dscn5734_web



2016年3月に訪問し目的の物が食べられなかった新泰楽へ行こうかと

Dscn2907_web


この2点は外せないと思っています。



そして最近ドはまりの中国茶の購入

Dscn5738_web


前回は永泰商貿叶城の茶葉市場に行きましたが、次回は芳村茶葉市場に行くのもアリかと考えています。仕事をお願いしている方の友人が芳村茶葉市場で働いているそうですし、いつも宿泊しているホリデイインから芳村がそれほど遠くないので。


最近はガチ修行!というより、海外を楽しむことの方が優先度が高くなってきております。




2017年5月18日 (木)

THE WESTIN TOKYOへ

GW最終日、SPG修行はしていない私がウエスティン東京へ

Img_8239_web


飛行機はANA、ホテルはIHGと他社には浮気しない私ですが、珍しくウエスティンに訪問です。ANAダイヤをやっとのことで更新、年間宿泊数も20泊程度とそれほど多くなく、他社に浮気しているとどれも中途半端になってしまうことから、飛行機はANA、ホテルはIHGを選んでおります。


今回ウエスティン東京に訪問した理由は、修行僧の方との密会!この修行僧の方とは2016年12月のKL修行で知り合いました。偶然修行日程が重なり帰国便が同一便、空いている機内だったので事前に座席を聞きお隣にお邪魔させていただきました。12月以来の再会となりますが、この方は2016年はANAダブルダイヤ、ホテルはSPGプラチナ、IHGスパイアと私は足元にも及びません。お仕事で乗られることが多いのですか?と聞いたところ、100%ガチ修行との事です。ガチ修行でWダイヤは凄すぎですが...



久々の再会を果たした後、少し首都高をドライブ、ホテルへと戻りました。

Img_8228_web



SPG童貞の私があれこれ書くより、SPGホテル修行の師匠でもあるポンズさんの宿泊記を呼んでいただいた方が良いと思いかと

ウェスティンホテル東京 クラブフロア宿泊記









ホテルに戻った後は1Fにあるザ・テラスでブッフェを楽しみながら修行話し、ディナーブッフェは平日5,800円、土日祝は7,100円、これに13%のサービス料と消費税が別途必要となります。SPGアメックスでのお支払なら15%安く利用することが出来ます。
SPG修行をしていない私は当然SPGアメックスを持っていることも無く、お支払いはお会いした修行僧の方にお願いし、私がこの方に現金でお支払です。



土日祝は7,100円++のブッフェだけあって内容はどれも豪華!
ラムとポークをメインに頂いてきたのがこちら

Img_8232_web


ホテルのクラブラウンジ利用で古事記しかしていない自分にはどれも美味しすぎる内容!
ブッフェはクラブラウンジの無いANAクラウンプラザ成田宿泊の際に利用しますが、価格も違うことから内容が全くと言ってよいほど異なります。



以前ANAクラウンプラザ成田に宿泊した際にブッフェを利用したブログはこちら

ANAクラウンプラザ成田でディナービュッフェ




ローストビーフも用意されていたので1枚頂いてきました。

Img_8231_web




ローストビーフ2回目、2枚頂いてきました。

Img_8233_web




ローストビーフ3回目、2枚頂いてきました。

Img_8234_web


その他にも軽くいただきましたが、メインはここで終了



次はデザートに移ります。
デザートの種類もかなり豊富で、美味しそうなのを適当に頂いてきました。

Img_8235_web



こちらはアイスクリーム

Img_8237_web


デザートコーナーのスタッフの方に注文していただく方式



ソフトクリームも同じくスタッフの方へ注文方式

Img_8238_web


濃厚なソフトクリームで美味しかったです。



そしてブッフェ終了になるまで修行話しに花が咲き、とても楽しい密会となりました。

ウェスティン東京のブッフェ少し高めの価格設定という事もあり、とても美味しかったです。
密会した修行僧の方はここからすぐ近くにお住まいとのこと、開業当時からのウェスティン東京を知っているので、昔に比べるとクラブラウンジで提供されている飲み物、ミール類などは寂しくなったとの事でした。
私がSPGに宿泊することは無いと思いますが、機会があるならこのブッフェは利用したいと思いました。




2017年5月16日 (火)

Mr. RebatesがIHGキャッシュバック10%を再度開催中!

Mr. RebatesのIHGキャッシュバック、最近は8%が続いていましたが、日本時間の昨夜から再び10%が開催されています!

Mr


2日前にOTAとスピードアップ対策でANAクラウンプラザ成田をベストフレックス料金で淹れたのですが、思わず一度キャンセルし予約を取り直してしまいました。更にさかのぼること2日前にはシンガポール3泊分を予約しましたが、こちらも予約を取り直しました。
合計4泊の予約は8%で取っていたわけですが、これらがすべて10%のリベートに変わりました。


4日前にAmbassador向けの週末無料宿泊券価格でシンガポールの予約を取り、その時の価格が1,466.55SGD、昨夜10%に変わり同じく週末無料宿泊券価格を調べてみると1,490.09SGD、なんと23.54SGDも価格が上がっていました!リベートが2%上昇した分を上乗せされた感じです。実際にリベート対象となるのは宿泊費、サービス料、税金を差し引くと1,466.55SGD/1.08(税金)/1.1(サービス料)=1,234.47SGDとなり、これに2%を掛けると1,234.47SGD×2%=24.69SGDとなります。
おぉ!少しはお徳なのか?と思いますが、これは2日分の料金で計算しているためどちらも2で割るとほとんど差が無くなります。


一度予約をキャンセルし取り直してもあまり意味が無いように思われますが、1泊だけ50,000ポイントによる無料宿泊を利用します。実はMr. Rebates、ポイントによる無料宿泊でもキャッシュバックの対象となります。無料宿泊でどれだけ戻るかというと、2016年9月に無料宿泊した際は103.34USDの支払いに対し6.20USDのキャッシュバックがあり6%キャッシュバックという事になります。今回は10%で予約、同じ金額の103.34USDの支払なら10.30USDのキャッシュバックという事になります。
無料宿泊したうえにキャッシュバックまで頂けてしまうなんて美味しすぎます!しかもPAYPALアカウントにキャッシュとして振り込まれるので、これでお買い物なども出来てしまいます。

SPG、マリオット、ヒルトンなどもMr. Rebatesのキャッシュバックに対応していますが、IHGが一番の高還元となっているようです。IHGホテル予約は必ずリベートを受け取ってください。









次回、再度10%が開催されるかは不明ということで、11月に予定している広東行きのホテルを予約してしまいました。


ホリデイイン・広州十甫

1



インターコンチネンタル深圳

Ic_shenzhen1


ホリデイイン・エクスプレス香港SoHo

Hong_kong_soho1


ホリデイイン・エクスプレス香港旺角

Mongkok1


これらのホテルを全て予約してしまいました。
事前払いでの予約でも良かったのですが、何かあっていけなくなる可能性もあるので、今回はベストフレックス料金での予約、もし宿泊近くになって再度10%が実施されたなら事前購入に切り替え、お徳に宿泊することもアリだと思います。




そんなお得なMr. Rebatesの予約はこちらから↓↓↓

Mr. Rebates



2017年5月14日 (日)

広州に行ったなら広州酒家へ

食は広州にあり、この言葉を聞いたことがある方も多いと思います。
中国語では食在广州と言うらしいです。
確かに広州で食べる中華料理は美味しく、私は日本で中華料理を食べなくなってしまいました。


そんな広州で美味しい点心を頂いてきたわけですが、私が必ず行きたいのが広州酒家

Img_7772_web


今回の広州行でも訪問し、私が過去に食べた点心ではここが一番おいしいと思います。
広州の友人も点心はこのお店が一番おいしいです!と言っていました。


広州酒家の情報はこちら
http://www.gzr.com.cn/











この広州酒家、現在広州市内に16店舗を展開中らしい。
それならば広州に行ったなら広州酒家に行っていただきたいので、各店の情報をまとめてました。


文昌总店
住  所:广州市文昌南路2号
電話番号:(020) 81380388 81389840 81392285
営業時間:7:00-22:00
客席数 :1800



滨江西店
住  所:广州市滨江西路20号
電話番号:(020) 84423123 84428999
営業時間:7:00-22:00
客席数 :900



体育东店
住  所:广州市体育东路112号
電話番号:(020) 38809228 38809138
営業時間:8:00-15:00 17:00-21:30
客席数 :1300多个餐位



环市东店
住  所:广州市越秀区环市东路世贸大厦6楼
電話番号:(020) 87662008 87666322
営業時間:9:30-15:00 17:00-21:30



东山店
住  所:广州市东华东路东山大街1号
電話番号:(020) 37623088
営業時間:8:00-2:30 17:00-22:00
客席数 :600



江畔红楼店
住  所:广州市荔湾区大坦沙红楼路55号
電話番号:(020) 81783388
営業時間:7:30-22:00
客席数 :700



黄埔店
住  所:广州市黄埔区海员路39号
電話番号:(020) 82282168 82282128
営業時間:6:30-15:00,17:00-22:00
客席数 :600



同福中店
住  所:广州市同福中路309号之五
電話番号:(020) 84391008 84395208
営業時間:7:30-22:00



昌岗中店
住  所:广州市海珠区昌岗中路238号达镖国际中心4楼
電話番号:(020)81889929 89202018
営業時間:9:30-15:00 17:00-21:30



白云店
住  所:广州市白云区云霄路353栋5号停机坪三层A区
電話番号:(020) 36075228
営業時間:飲茶8:00-15:00 ディナー17:30-22:00
客席数 :600



越华店
住  所:广州市越秀区越华路112号珠江国际大厦5-6楼
電話番号:(020) 83033688
営業時間:土日祝9:30分-15:00 月-金11:00分-15:00 夕食17:30-22:00
餐  位:600



临江大道店
住  所:广州市天河区珠江新城临江大道57号中和广场2层(広州省博物館東門対面)
電話番号:(020) 38078268 38078050
営業時間:飲茶、午市9:00-15:00 ディナー17:30-22:00



逸景店
住  所:广州市海珠区逸景路西464-466号珠江国际纺织城六层
電話番号:(020) 89809128
営業時間:土日祝9:00分-15:00 月-金10:00分-15:00 ディーなー17:30-23:00
餐  位:800



黄埔大道店
住  所:广州市天河区黄埔大道西495号广州嘉冠国际酒店5楼
電話番号:020-81820010 020-81827866
営業時間:09:30-15:00 17:30-21:30



花都店
住  所:广州市花都区公益路47号金宏利大厦2-4楼
電話番号:(020)36990666 36990333
営業時間:09:30-15:00 17:00-21:30
客席数 :2F:2800/(ホール)、3F:2800/(個室)、4F:1060/(個室) 



南昆山店
住  所:广州市增城派潭镇锦绣香江御泉山庄锦绣香江大道1号
電話番号:15013219338
営業時間:07:30-15:00 17:00-21:30




本店とは書いていないですが、本店に当るのが文昌总店、広州に宿泊するならこのお店に行ってみてはいかがでしょうか。
台湾の鼎泰豐に行ったなら本店に行きたい!というのと同かと思います。
私はこのお店に行くために徒歩1分以内のホリデイイン・広州十甫に宿泊しています。



店舗名、住所等を書いても場所がいまいちピンときません。
ということでGoogle Mapに各店舗の場所を落としてみました。





花都店、南昆山店は広州中心部から離れており、この2店舗に行くのは少々厳しいかもしれませんね。
花都店は広州空港西側にあり、空港からタクシーで行くのが便利だと思われます。


香港、深圳羅湖からのターミナル駅となる広州東駅から最も行きやすいのが体育东店(体育東店)
広州東駅から地下鉄1号線に乗り、1駅先の体育中心駅で下車、百福広場に広州酒家体育東店があります。
この店舗なら香港から広州への直通列車に乗って、楽に日帰りで点心を楽しむことが出来ると思います。


広州南駅駅を利用なら、広州南駅から地下鉄2号線に乗り昌岗駅の达镖国际中心4階にある昌岗中店が良いかと。
このほかに駅近くの店舗となると环市东店があります。
地下鉄5号線淘金駅の广州世界贸易中心大厦の6階にあります。

この2店舗以外は地下鉄の駅から少し距離があり、駅から徒歩10分以上を要すると思われます。



広州酒家の場所を把握し、ホテルを予約し、広州酒家で美味しい点心を堪能してみてください。


2017年5月12日 (金)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 まとめ

この修行は日本発券の香港行きに石垣往復を付けた国内4区間を予約クラスSで発券しました。現在の日本発香港行きの予約クラスSの条件は、土曜日滞在と最短1日最長5日(出発日を含まず)となります。
石垣→羽田→香港→羽田→石垣という航空券を購入いたしました。これでは羽田ベースで修行している私は、なんだかの手段で石垣往復が必要となってきます。そこでシンガポール発券に付けた国内、羽田→石垣と石垣→羽田をこの修行の1便目と6便目に割り当てました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



6区間すべて国際線発券で搭乗したことになり、6区間の合計金額が78,012円、12,526PPを獲得、PP単価6.23円/PPとなります。この数字だけ見ると単価が良く見えダイヤ修行を年間63万円ほどでクリアー出来てしまう数字ですが、国内線を安く買うための国際線が含まれておりません。
シンガポール発のFlex Plus(予約クラスH)分を加算して計算すると、8区間の航空券代金は172,842円、19,480PPを獲得できPP単価8.87円/PPとそれほど良い単価とは言えなくなってしまいます。


Dscn5673_web


シンガポール発券をFlex Plus(予約クラスH)で購入しているため、初便に搭乗すれば以降の日程変更が無料で出来るのは大きなメリットで、当初は7月に予定していた羽田=石垣往復を3月に変更いたしました。メリットと言えるのはこの程度しかありません。あえてもう1つ言うならシンガポールでの滞在日数の縛りが無くなります。日本発券では必ず滞在日数などの縛りがありますが、シンガポール発券ではシンガポールに帰った時点で旅程が終了となるため日本に戻ってくるときは新たな旅程となります。極端な事を言えばシンガポールに行った機材で日本に戻ってくることも可能です。









ここ何度かの香港行き、現地滞在の時間を長くとれる深夜便を利用しています。今回も深夜便を利用し香港空港到着後に広州まで陸路で移動してきました。広州について真っ先に向かったのが広州酒家、私はここの点心が一番おいしいと思うため広州滞在で必ずここで飲茶を楽しみます。

Img_7746_web



到着日の昼前え、翌日の朝食を広州酒家で頂きました。

Img_7748_web


広州酒家へは11月頃に訪問の予定となっています。



ここの腸粉はプルプルの食感で美味しい!

Dscn5773_web


思い出しただけでまた食べたくなります。



広州の地下鉄3号線永泰駅の隣にあるお茶市場で茶葉を購入

Dscn5740_web



あらかじめ買いたかったお茶を全て試飲してから購入

Dscn5742_web


日本で中国茶を買うと高価ですが、中国で買うとかなり安く買えるのでオススメ


広州から深圳へは毎度列車を使っていの移動となります。中国人は券売機で乗車券を購入できますが、外国人は中国のIDカードが無いため窓口でパスポートを出して購入となります。転売を防ぐため切符にIDを入れるのが目的らしいです。

Img_7786_web


今回は1人で窓口に行ったため己の力で切符を買う必要があります。中国語が出来なくても漢字による筆談で切符を買えてしまいますが、それでは中国語がいつまで経っても上達しないため、今回は筆談無し!中国語の会話だけで購入することにチャレンジしました。いつもチャレンジしているのですが、私の中国語の発音では伝わらないため筆談となっていました。今回は会話だけで切符を買うことができ少し安心したというか、もっと中国語が使いこなせるようになりたいと思いました。ちなみに中国の街中はほぼ英語が通じず、中国語が必須となります。最近はアプリなどがあるため中国語が話せなくても何とかなるもんです。



今回の旅程最大の目的、修行僧の方と密会!も果たすことが出来ました。

Dscn5791_web


とにかく分かり易いブログを書いているこの方、ぜひ一度お会いしてみたいと思っていました。事前に連絡を取ったところ私が深圳滞在をする日に出張先から戻る予定で、わざわざ深圳経由で帰るルートを選んでくれました。




深圳から香港に戻り、目的であった出前一丁の買い出し

Img_7821_web



興記菜館での煲仔飯

Dscn5826_web


Dscn5825_web



蓮香樓での飲茶を楽しみました。

Dscn5838_web



珍しく香港で観光しSKY100へ

Dscn5859_web



SKY100の展望台からの眺めはとても良かったです。

Dscn5886_web



夜はVictoria Peakへ

Dscn5899_web


山頂は少し寒かったですが、夜景を楽しむことが出来ました。



初めてインタウンチャックインを利用しましたが、これが思いのほか便利!

Dscn5901_web


香港空港での深夜便チェックインは22時頃からとなるため、空港で待ち時間が必要になることもあります。インタウンチェックインを利用すれば終日チェックイン手続きを行えるため、預け入れ荷物を預け手ぶらになった状態で香港観光が可能、23時頃空港に到着する空港快速に乗り空港到着後はイミグレーションに向かうだけとなります。
ホテルチェックアウト後、ホテルに夜まで荷物を預かってもらうことも可能ですが、再度荷物を取りに行く必要があり、これに比べるとインタウンチェックインは観光後に空港に向かうだけとかなり楽だと思われます。日中便ではあまり効果を発揮しないかもしれないですが、深夜便で日本に戻るならばインタウンチャックインを利用するのがオススメです。


今回は都合3泊6日の日程となりましたが次回は5泊7日、4人で訪問する予定になっています。やはり飲茶は大勢で楽しむ方が、色々なものを少しずつ食べられ良いとお思います。
今から次回の修行が楽しみでなりません。




2017年5月11日 (木)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 6日目帰国と国内往復

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





NH822便、B763、JA622Aに搭乗し羽田空港へ戻ります。

Dscn5907_web


搭乗ゲートからの呼び出し、ゲートピンポンも無く機内へ
香港路線連続インボラの記録がここで途絶えることになりました。
香港路線はインボラが多かったので残念です!



優先搭乗を使い事前に指定しておいた席へ、隣が来ないことを願うばかりです。
空いていると思っていたNH822便、意外と乗客が乗ってきて...

Img_7908_web


左隣2席も人が来てしまいました!
しかも簡体字を使っているので、香港の方ではなく内地の方のようで...
3列使って横になって寝ようと思っていましたが、当てが外れました(涙)


座席に置いてある毛布が1枚多かったらしく隣の子が、毛布有りますか?と中国訛りの日本語で聞いてきてくれました。
毛布有りますよ!と答えると、あれ1枚多いですねと。
なんや!日本語話せる子なのか!と思い、日本へはお仕事ですか?と聞くと、ビックサイトで開かれる展示会に出展するとのこと。
LED照明機器の会社で輸出の営業をしているとの事でした。


日本語が出来る方ならチャンス!と思い中国語会話の練習です!日本語と中国語の混じった会話で中国語の練習!私の中国語能力は漢字を思い浮かべ、それを頭の中で発音に直し話すという順序が必要です。下手に漢字が理解できてしまうことが、日本人の中国語上達を邪魔しているのかも。逆に感じが理解できるので、中国の方と筆談という手段が取れる便利さもあるのですが。


少し仮眠後にお食事タイムとなりまして
メニュー見ましたがどちらもパッとしないので、お食事はお断りし飲み物だけ頂くことに

Dscn5909_web


食事を断ったので食後の作業を前倒し、SIM交換作業を済ませました。香港滞在2日目は3人で動くという事で、SmarToneのSIMをHUAWEI E5573に差して使いました。SmarToneのSIMは何もしないと1時間定額の8HKD、3時間目から終日無制限の24HKDで利用することが出来ます。400円程度で終日無制限となり、数人で移動するときはポケットWi-Fi運用が便利ですね。

SIMフリースマホを持っていない方でも、SmarToneのSIMなら、SIMフリーポケットWi-Fiに差し1日24HKDで運用できるので便利
安いSIMフリーポケットWi-Fiなら1万円以下で日本でも販売されているので、1台持っておくと便利かもしれません。

羽田空港は20分ほどの早着、隣席の女性のWechat IDを聞いてから降機となりました。









羽田到着後、荷物1個をJAL ABCカウンターから発送、キャリーケース1個とサブバックなら自分一人で持ち帰ることが出来ます。これらを伴い第2ターミナルへ移動、コインロッカーに入れておきます。


まずはいつもの朝食

Img_7911_web


機内食を食べてこなかったのでお腹ペコペコ


Suite Loungeからのいつもの風景

Img_7912_web



搭乗時刻近くになったので搭乗ゲートへ
ANA89便は68番搭乗口からの搭乗

Dscn5911_web


68番搭乗口、第2ターミナルの一番端で、Suite Loungeから遠いのなんの...

石垣島までお世話になるANA89便、B738、JA82ANの写真撮り忘れました。
取り忘れたいうより、一番端のターミナルだったので写真撮影できず。

石垣空港まで機内は爆睡!気が付いたら到着30分前でした。
香港→羽田の飛行時間、日本時間の2時頃出発、5時頃到着では寝る時間がほとんどありません。
到着2時間前を切った頃から機内食のサービスがあるので、ゆっくり寝ることが出来るのは実質1時間程度


降機の際、私の次に降機する方がCAさんより、またお待ちしております!とお声掛け頂いておりました。
あぁぁぁ...修行僧の方なのね!と思い「修行ですか?」と聞いたところ、ミー太郎さんですか?と返答され(驚き)
国内線はツイッターでつぶやかなかったし、この方はツイッターはやっていない事でしたが、あれ?何で私だと分かったのだろうか...


石垣空港到着後はこちらでいっぷく

Img_7916_web



石垣らしい写真を1枚

Img_7917_web


日本最南端にして最西端にあるスターバックスコーヒー
ただこのお店、ミール類は少なく日持ちするものしかありません。


私とお声掛けしたHさんは折り返し便のANA90便に搭乗するため制限エリアへ

Img_7919_web


お互いに席が近いので、一緒に搭乗となりました。
機内への搭乗時、Hさんはパーサーさんからお帰りなさいませ!とお声掛け頂いてましたが、私が搭乗した際はパーサーさんが驚いていました。
あら!あなたもですか!みたいな感じで!(笑)

石垣への往路のANA89便は、日本発券の香港往復に付けた国内線、復路の90便はシンガポール発券の日本往復に付けた国内線と発券はバラバラ
座席は一緒にしておいたはずですが、往路の搭乗者リストに次の便まで表示されていなかったのかも。

石垣→羽田のANA90便、機内はHさんと修行話しで盛り上がりました。
この修行旅程、石垣→羽田は修行僧の方とお会いし、機内トークで盛り上がりました。
Hさんと私の境遇が似ているという事もあり、修行話し以外でも盛り上がりました。
お互い大変ですね!というか、お疲れ様ですというのか...
ちなみにHさんもダイヤ修行を続けているそうで、確か今年3年目だったと思います。


さてANA90便は偏西風の影響か30分ほどの早着、Hさんとは羽田でお別れとなりました。
私は予定していたリムジンバスより、1本前のリムジンバスに連絡良く乗車することが出来き自宅へも早着することが出来ました。

いやぁ~!良かった良かった!と思っていたのは自宅に着くまで!
自宅に到着する少し前、鍵を持って出ていないことに気が付き、しかも自宅は留守のはず...
案の定自宅に入れるはずもなく、自宅の中からは猫がお出迎え

Img_7922_web


ニャ~ニャ~言ってますが鍵は開けてくれません!
この子と会話が出来たなら、鍵を開けてもらうことが出来るのですが...
まぁ自宅には何とか入ることができ、無事帰宅となりました。

これで6日間に及ぶ3泊6日の修行が終了となりました。




2017年5月10日 (水)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 5日目国インタウンチェックインからの観光

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





九龍駅から1駅MTRに乗り3人でホテルに戻り、荷物をパッキングし直し1人1個の荷物を持ってチェックアウト
チェックアウト後はネイザンロードの超えた場所にある中国移動香港のお店へ


新江大楼に中国移動香港のお店があります。




南洋菜南街に面しているのですぐに分かります。


私が所有し延命し続けている4G/3G 1-Card-2-Number Prepaid SIM Card、中国の問題で実名登録が必要となりました。
3月23日までに登録しないと中国の電話番号が使えなくなるとSMSが届いたので、店舗に行ってパスポートを提示して登録することにしました。
日本に帰って来てから分かったことですが、Webでの登録も出来るようです。
実名登録はスタッフにパスポートを提示し、必要書類に記入するだけ、費用無料でした。



中国移動香港での手続きが終わった後、MTRに乗り香港駅へ
インタウンチェックインを利用し、預託荷物を預け手ぶらでVictoria Peakへ向かうのが目的

Dscn5901_web


香港駅に到着後、インタウンチェックインのフロアーへ
チェックインカウンターの前にある改札を通って、チェックインカウンターへ
香港路線はインボラの可能性が高いので期待が高まるチェックイン!


荷物3個を量ると、1個が23kgをオーバー

Img_7883_web_2


しかもインボラが無いのでお支払いが必要となりました(涙)
支払方法を聞かれ、USD、HKD、マイルと選べたのでマイルを選択、6,000マイルでお支払です。
後から考えてみたらUSDかHKDで支払った方がお得なような感じがしました。
6,000マイルをスカイ1.7倍で交換したなら、10,200スカイコイン、USD or HKDでのお支払ならこれ以下の金額だったかと。
サブバックの中は出前一丁だけで10kg程度の重さ、再度パッキングし直せばすべてが23kg以下になり支払い不要、再度詰替えるのが面倒でこのままお願いすることにしました。


余分な荷物が無くなったので、次なる目的地を目指します!
とその前に寄らなければならないところがあるので、警備員さんに聞いてみることに
この近くに郵便局はありませんか?と聞くと、隣の建物が郵便局だけど、17時を過ぎているので発送できるか分からないとのこと。
まぁ隣の建物だという事で行ってみることに




今回お会いできなかった香港のお友達にお土産を送るのが目的
窓口でこれを送りたいんだけど!と聞くと、これに入れてね!と有料の入れ物を購入、必要事項を記入し窓口で発送手続き
送り主の住所にTOKYO JAPANの住所を書いたら、荷受人が受け取れない場合日本には返送できないがどうする?と聞かれたので、私は今日日本に帰るけど...と返答
もし届かない場合は破棄することになるが、それでも良い?と聞かれたのでOKと返答で発送することが出来ました。
20HKDか30HKD程度の価格、オクトパスカードでお支払したので、正確な値段は覚えてません。
これでやっとVictoria Peakに向かうことが出来ます。



Victoria Peakへは15番の路線バスで行く事に、香港駅周辺だと15番バスは多くの場所から乗れます。


交易広場巴士総站





15番バス始発バス停の中環渡輪碼頭




始発バス停から乗車すれば2階席の良い場所に座ることが可能かと
また九龍側からスターフェリーに乗船し、ここから15番バスに乗車すれば、観光気分で安く山頂に行けますね。
たたし15番バスは路線バス、途中下車する方も多く、バス擦れ違い待ちがあったりとかなりの時間がかかります。



山頂に到着したら寒い!私は半袖で着る物は預け入れ荷物の中でして...
Peak Tower付近から夜景を楽しむことに





この日はビクトリア湾が綺麗に見えました。

Dscn5893_web



場所を変えつつ夜景を撮影

Dscn5895_web



先ほどまでいた九龍駅のSKY100も見えます。

Dscn5900_web


位置的にはビクトリアピークよりSKY100展望台の方が高いように感じます。



山頂からの帰路も路線バスで香港駅方面へ、終点手前で下車し香港駅にある添好運へ




やった!並んでない!と思ったら、ラストオーダーが終わってました(涙)
仕方なしに3人で隣のお店で夕食をすることに









香港駅で夕食後お二人とはここでお別れ、香港駅から落馬洲までMTRで戻りイミグレを抜けるそうです。
私は香港駅から空港快速に乗車し香港空港を目指します。

Dscn5901_web



空港快速のホームへ

Dscn5902_web


ここから香港空港へは30分弱

Dscn5903_web



車内は荷物が置ける場所なども完備されてます。

Dscn5904_web



インタウンチェックインの利用、思いのほか便利でした。
荷物を預けた後に手ぶらで観光することが可能、しかも搭乗手続き済みなので香港空港ではイミグレに向かうだけです。
香港空港から深夜便で帰るなら、ホテルチェックアウト後にインタウンチェックインで搭乗手続き&預託荷物預け入れを済ませれば、かなり楽チンかと。
深夜便利用の方にはオススメです。



空港到着後サクッと出国手続き、免税店に行きお酒を購入
シングルモルトのオススメを買ってきてほしいと言われましたが、お酒を飲まない私にオススメを買ってこいと言われましたも困るので、お店にある在庫を確認し決めてもらいました。
お酒とたばこを免税範囲内で購入

Img_7902_web


NH822便の指定ラウンジはSQのシルバークリスラウンジ
ここは免税店の近くにあるので、指定されていなくてもいつも利用します。
ラウンジ内に入ると満席状態!座る場所を探すのに一苦労!!!


ラウンジ内奥の方に空席を見つけ、飲み物を頂いてきました。

Img_7903_web


ミール提供が少なかったので、飲み物を頂くときに麺類を注文



今回は香港内で雲呑麺を食べられなかったので雲呑麺を選択

Img_7904_web


なんだかガサツな作りです...
やはり街中で食べてくるんだった!と後悔
軽く食事もしてきたのでミールはこれだけ、デザートに移ります。



毎度のハーゲンダッツ、ストロベリーとバニラしかありませんでした。

Img_7906_web


チョコが無かったのは残念!


ラウンジ内にチャンギ行きの搭乗開始アナウンスが流れると多くの方が席を立つでは!
それでラウンジ内が混雑していたのですね...納得です。
今回は22時ころまで香港駅にいたので、ラウンジくつろぐというほどの時間は無く、サクッと飲んで食べただけでした。


私も搭乗時刻近くなったので搭乗ゲートへ

Img_7907_web


NH822便、B763、JA622Aに搭乗し羽田空港へ戻ります。




2017年5月 9日 (火)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 5日目香港観光へ

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





蓮香樓で朝食を食べた後、スターフェリーで九龍側へ戻ってきました。

Dscn5860_web_2


スターフェリーから見えたSKY100、あとでここに行きます。


ホテルに到着してから荷物の整理開始!
瓶の醤が割れないように処理、私は瓶に靴下を履かせてしまいます。
そして瓶をひとくくりにして、瓶同士がぶつかっている状態にしておきます。
これなら瓶同士がぶつかって割れるという心配がありません。

取引先で働いていた子から、刻々と連絡が入ります。
早く到着しそうなので、ホテルで待ち合わせでなく尖沙咀駅で待ち合わせとしました。
尖沙咀のお店などを少し見たいという事で、若干遅れていくことが可能に
再び油麻地駅に行きMTRに乗車し尖沙咀駅へ、無事合流できました。


今回は広州に住んでいる友人を連れてくるという事で、3人で香港観光です。
2人とも広東省出身という事で、広東語と普通話を話すことが出来ます。
そして取引先で働いていた彼女は、英語担当という事で英語も話せます。
彼女の友人の女の子は英語が出来ず、広東語と普通話のみ
私と彼女が英語で話していると、お友達は今なんて言ったの?と彼女に聞く、こんなやり取りが1日ありました。


昼食を食べに行くお店は事前に決めていました。
私が1度は行ってみたいと思っていたお店で、フォトジェニック的な点心を提供するお店
Google Mapを頼りにお店近くまでは行けたのですが、お店が見つからず。
お目当てのお店は上の階あるという事が分かり、どこから上にに行くのか見つけるのに一苦労...
ホテルのエレベーターに乗り、お目当てのお店に行けました。



今回行ってみたかったお店はYUM CHA




YUM CHAの公式サイト:http://yumchahk.com/



オープンから数年しか経っていないので店内はとても綺麗

Dscn5870_web


飲茶をするというより、レストランで点心を頂くという感じ、香港的なローカル感は皆無です。


まずはお茶の注文!メニューも見ずに普洱茶!と言ったら、無い!と
えぇ...普洱茶が無いの?どんなお茶なら有るんだよ!と思ったら紅茶など...
ここは飲茶をするお店ではなく、レストランで点心を頂くのね!と認識ました。


今回注文したのはフォトジェニック的点心、鳥かごの中に小鳥が3羽
鴿吞鳳梨 59HKD

Dscn5862_web



この可愛い小鳥はクリスピーパイナップルケーキでした。

Dscn5863_web


食べてはいけない罪悪感があります(笑)


川醤皮蛋 49HKD

Dscn5864_web


一籠八戒 49HKD

Dscn5866_web


英語表記はBBQ piggy buns、肉まんみたいな感じです。



吉川奶子 49HKD

Dscn5867_web


こちらは抹茶のクリームが入っています。


有色蝦餃 59HKD

Dscn5868_web


エビ餃子です。



デザートはセットがあるということで、セット品を注文

Dscn5871_web


これなんだったけな...記憶にございません!スミマセン



この水色のは何?と思ったら、綿あめでした。

Dscn5872_web



YUM CHAの点心は見てとても楽しく、フォトジェニック向けのお店!
写真で味を伝えることは出来ませんが、食の楽しさを伝えることが出来るかと。


YUM CHAで3人で軽くランチしてのお会計

Img_7873_web


6品+茶位にサービス料10%が加わり442.20HKD、約6,200円となりました。
YUM CHAでの点心、見て楽しく、SNSにアップして楽しいですが、正直美味しいとは思いませんでした。
味的にはふつう、その割には値段が高いなぁと思ったのが正直な感想
一度見て楽しめたから、もう一度行こうか!とはならないと思います。
香港行った!楽しい点心!という感じでSNSにアップしたいなら行ってみてください。








YUM CHAでランチを楽しんだ後はSKY100まで行く事に。
ネイザンロードまで来てタクシーを拾うも、ことごとく断られ...
バスで九龍駅まで行く手段もないようで、九龍公園を抜けていけばそれほど遠くもないようですし、3人で歩いて行くことにしました。
SKY100周辺は工事している箇所が多く、迂回したりで少し時間がかかってしまった。


SKY100はこちら





3人分の展望台チケットを購入しようとすると、JCBで払うなら20%割引なると!
おぉ!JCBならソラチカが財布の中に入っていたはず!と、JCBカードでお支払い
3人分払ったら6,000円近い値段になっていたような...

チケットカウンターでトイレどこ?と聞いたら、100階まで行って!と言われました。
100階まで行かないとトイレ無いのかよ!!!


3人でエレベーターに乗り100階へ

Img_7874_web


高速エレベーターのため、途中で耳抜きが必要


この場所を抜け展望エリアへ

Dscn5891_web



100階の展望エリアにやって来ました。

Dscn5889_web



100階に来たのだなぁ!と実感!

Dscn5890_web




100階は海抜393メートル、東京タワーの天辺より高いんですね!

Dscn5876_web


東京スカイツリーの第2展望台の高さが450m、それよりも低い位置ですが、
東京スカイツリーは鉄塔、SKY100はビルと性質が違いますね。
日本ではあべのハルカスが300mと日本一の高いビルですが、SKY100はあべのハルカスより100m以上高いビルになります。

この下のフロアーにはリッツ・カールトンが入っているので、高層階に宿泊したい方は宿泊してみてください。
1泊おおよそ60,000円程度からとなっています。


100階に着いたらトイレに行かねば!と思ったら、しっかりトイレがありました。

Img_7876_web


SKY100下界にトイレは無いのかよ!を思ってしまいました(笑)



393mの展望台からの見晴らしは良く、香港が一望できてしまうのでは?と思えほど良い景色が楽しめます。


油麻地方面

Dscn5873_web



九龍のフェリーターミナル

Dscn5878_web



奧運駅方面

Dscn5880_web



昂船洲方面

Dscn5879_web



香港島方面

Dscn5884_web


高い所が苦手な私は、へっぴり腰で撮影していました。


日中にSKY100に行きましたが、夜に行けば香港の夜景を楽しめると思います。
日が落ちる前に展望台に到着、日の入りと共に夜景を楽しめば、2度景色を楽しめオイシイと思います。
次回ここに来ることがあるなら、夕方に来てみようと思いました。

展望エリアにはカフェもあり、ちょっとした食事やお茶を楽しむことも可能、長い時間滞在する事も可能です。



2017年5月 8日 (月)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 5日目国香港島へ

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





修行5日目、前日の出前一丁の買い出しから一夜明け、朝食は蓮香樓で頂く予定です。
翌日の深夜便で羽田に戻るため、チェックイン時にレイトチェックアウトの申し込み
何時がご希望ですか?と聞かれたので16時でどぉ?と聞くと、OKとの事でした。
11時頃からは深圳に在住の元取引先の営業さんと香港観光に行くことになっています。


少し起きるのが遅かったので、蓮香樓までは地下鉄で行く事に
こちらはネイザンロード(彌敦道)

Dscn5834_web


油麻地から地下鉄に乗り上環駅へ

Dscn5835_web



蓮香樓に行くならA1出口が最寄となります。

Dscn5836_web


A1出口正面に永安が見えます。

Dscn5837_web



上環駅A1出口から徒歩5分ほどで蓮香樓に到着

Dscn5838_web


外壁補修が行われていました。


蓮香樓の場所はこちら




蓮香樓は中環駅、香港駅からも歩いてくることが出来ます。
スターフェリーターミナルからも歩いてこれるので、アクセスはとても良いかと。
蓮香樓のHPはこちらhttp://www.linheung.com.hk/


約1年ぶりの蓮香樓、このローカル感が大好き

Img_7849_web



店内に入って店員さんが案内してくれるわけでなく、自分で空席を見つけます。
1人なので空席は見つけやすく、大きなテーブルでの相席
テーブルに着くとオッチャン店員さんが来て、お茶のリクエストを聞かれ普洱茶をリクエスト

Dscn5839_web


店員さん、外人だとわかるとポットで提供することが多いですが、今回は茶碗でお願いしました。
もちろん広東語話せないので、英語と身振り手振りです。


お茶のリクエストを聞かれたとき、おい会計のスタンプカードを貰います。

Dscn5840_web


このスタンプカードを持ってワゴンに突撃です!

Img_7848_web



ワゴンに突撃し頂いてきたのがこちら、豉汁排骨

Dscn5841_web



荷葉糯米雞

Dscn5842_web



荷葉糯米雞を箸で割ってみました。

Dscn5843_web


レバーと肉団子

Dscn5845_web


大包

Dscn5846_web


大包を半分に割ってみました。

Dscn5850_web


中には色々な具が入っており、1人1個食べるのがオススメ


馬拉糕

Dscn5847_web


色々なお店で馬拉糕を食べていますが、蓮香樓の馬拉糕が一番美味しい思います。
添好運も馬拉糕が自慢らしいですが、私は蓮香樓の方が好きかな。

5品を食べたところで腸粉のワゴンが回ってきました...
腸粉も食べたいけどこれ以上食べたら...と今回は断念
次回は数名で蓮香樓に来たいと心に誓ったのであります。


香港に来たなら絶対に来たい場所は蓮香樓
何しろ香港ローカル感満載!そして点心も美味しいと二重丸!
香港に行ったなら、ぜひ蓮香樓に行ってほしいです。
広東語が話せなくても、メニューの漢字が分からなくても、ワゴン式の飲茶なため無問題♪









蓮香樓の飲茶を終えた後は九龍醤園で醤の買い出し
九龍醤園は蓮香樓から歩いてすぐ、セットで訪問すると良いと思います。


蓮香樓から徒歩5分程度で九龍醤園に到着

Img_7854_web



九龍醤園の場所はこちら





店内には多くの醤が販売されています。

Img_7855_web


これだけあると何を買ってよいか悩みますね。

Img_7856_web



柱侯醬2本、海鮮醬1本、蝦醬1本、豆板醤3本、蠔油(オイスターソース)2本を購入

Img_7857_web


合計580HKDほどの購入となりました。


ちなみにXO醤は販売していないそうです。
初めて九龍醤園に来たとき少し日本語が出来る店員さんがいたので聞いてみたら、XO醤は有りませんと言われました。
中国語で来ますか?と聞かれ、少しできますと答えたところ、醤を使ったレシピ(A4用紙1枚)を頂けました。


九龍醤園で買い物を終えた後は、香港の金運スポットへ

Dscn5853_web


ここで休憩して金運パワーを蓄えます。

Dscn5855_web


ここでゆっくりしていようと思ってのですが、深圳の彼女から連絡が!
いま福田のイミグレを抜け、これから地下鉄に乗車するとのこと
予定より少し早く到着しそうなので、急いでホテルに戻ることにします。


急いでホテルに戻ると言っても、香港感は忘れずに!ということで
香港島から九龍へはスターフェリーで

Dscn5856_web



お隣の6号埠頭、ここからはラオタン島行きのフェリーなどがあるようです。

Dscn5857_web


スターフェリーに乗船し、数分の船旅を楽しみます。


SKY100が綺麗に見えました。

Dscn5860_web


昼食後はここの展望台に行く予定になっています。


九龍側に到着後、バスに乗車し油麻地へ
尖沙咀碼頭のバスターミナル、どのバスがどこから出発するか分かり辛かったですが、無事ホテルに到着です。
やはり街中でGoogle Mapが使えると便利です。




2017年5月 7日 (日)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 4日目香港で買い出しと煲仔飯

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP 4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP 4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。






深圳から香港に入り、ホテルのチェックインを済ませ買い出しへと移動してきました。
宿泊先のホリデイイン・エクスプレス旺角からバスでやって来たのはAEON
AEONに来れば目的の物がすべて揃い、安く買えるだろうという事から


今回選んだのはAEON荔枝角店

Img_7816_web_3



どこの駅からも少し離れているためバス利用です。



AEON荔枝角店の場所はこちら





お目当てのものは出前一丁

Img_7817_web_2



香港の出前一丁、インスタント麺だけで15種類ほどあり、日本とは比べ物にならないほどの人気
インスタントラーメンと言えば出前一丁!というほどでしょうか。
他のインスタントラーメンの棚割りと比べると歴然です。
AEON荔枝角店の店頭には全種類の出前一丁が販売されていました。


AEONでの価格は1個4.4HKD

Img_7818_web_2


これが9個買うと29.9HKDとなり、1個3.33HKDまで値段が下がります。
3.33HKDで計算すると、日本円で1個45円ほどとなります。
9個29.9HKDという値段、同じ味9個でなく対象の商品が9個なら何味でもOKとなります。
私は全種類を買って帰るのが目的、めんどくさい計算はせず、全種類を9個ずつ買います。


こちらは最近発売された棒丁麺

Img_7819_web_2


味はとんこつラーメンのみ、1個で2食分入っています。
価格は1個12HKDとインスタントラーメンにしては少し高め
九州にある2食入りインスタントラーメンを想像していただければよいかと。
緑はとんこつラーメン、黒は黒大蒜油のとんこつラーメンとなります。


こちらはスープマカロニ

Img_7822_web_2


香港の茶餐廳などで提供されているものです。
茹でたマカロニをラーメンのスープで食べる感じです。
この他にはビーフンもありますが、写真を撮り忘れました。


今回は買い間違えが無いよう、リストを作って持って行きましたよ(笑)
購入した量がのがこちら、全種類を9個ずつかうとカゴ3つになります。

Img_7821_web_2


流石にこれだけ買っている香港の方はいるわけなく、皆さんの目さんが冷たい...
あいつ、どんだけ買うねん!という目で見られてます(笑)


マカロニ、ビーフンも各3個ずつ購入しレジへ

Img_7823_web_2


香港のAEON、レジ会計後自分で袋詰めするのではなく、店員さんが袋詰めします。
購入する量が多いので袋詰めを手伝おうと思ったら、触らないで!と怒られました。

香港全体のスーパーで共通していると言えば、買い物袋が有料です。
会計を始める前にgive me 4 bags などと言えば袋を販売してくれます。
1袋5HKD前後だと思います。
今回は量が多かったので4袋をお願いしましたが、それでも足りませんでした。
ホテルまで持って帰るのが面倒で、サブバックを持って行きましたが、それでも大変


今回、200個ほどの出前一丁を購入した金額がこちら

Img_7824_web_2


679.30HKD、日本円にすると10,000円前後となります。
普通、1万円も出前一丁を買い出しする人なんていないですからね!(笑)
今回は現金が少し多めにあったので現金払いを選びましたが、AEONということでクレジットカード支払いもOKですよ。


流石にこれだけの量を1人で持ち帰るのは至難!
バスに乗って帰るのが面倒になり、タクシーでホテルまで戻りました。

ホテル到着後は出前一丁のパッキング!
サブバックに入れられるだけの出前一丁を入れましたが、それでも入りきらず。

Img_7825_web_2


キャリーケースとサブバックが満タン状態!!!
入りきらない出前一丁をどうするか、明日は醤を買いたいので荷物はまだ増える...
こうなると選択肢は1つしかありません、キャリーバックを購入しに行きます!(笑)
旺角に行けばキャリーケースを売っているお店があるだろう!ということで旺角へ



まず立ち寄ったのがSmarToneのお店

Img_7826_web_2


プリペイドSIMのリチャージカードを購入です。

Img_7828_web_2


クレジットカードでもリチャージできますが、リチャージカードを持っていれば、いつでもどこからでもチャージできるので便利
ただし注意することが1点、リチャージカードも有効期限があるので気を付けてください。









更に旺角の中心部の方へ進んでいくと、ものすごい人の波!

Img_7829_web_2


何でこんなに人が多いの!お祭りでも開催しているの?と思ったら、カラオケ大会の様な催しが至ることろで開催されていました。


旅行カバン店もあっさり見つかり、下見してまた来るね!と言って買い物へ
買い物したかったお店がこちら、奇趣餅家

Img_7830_web_2


香港菓子のお店です。


奇趣餅家の場所はこちら





前回、奇趣餅家で買い損ねた紅豆燒餅を買うこと、意外と癖になる牛耳仔を買うのが目的

Img_7831_web_2


どちらもまだ沢山売られていたので紅豆燒餅を10個、牛耳仔を2斤購入
私的には牛耳仔がオススメ!食べ始めると意外と止まらなくなるので要注意!
姪っ子が我が家に来たとき、これ意外と止まらないよね!と言いながら食べてました(笑)
この牛耳仔、腐乳と小麦粉を練って揚げたお菓子、揚げてありますが油っこさは感じません。
香港に行ったなら、ぜひ一度買ってみてください。
紅豆燒餅は1個5HKD、5個で20HKD、牛耳仔は1斤50HKDです。



奇趣餅家での買い出しを終えたので、キャリーケースを買いに戻ります。
色々吟味した結果、これからも使うであろうと想定しこちらを選択

Img_7832_web_2


RIMOWAそっくりのキャリーケースです。
このなんちゃってRIMOWA、840HKDとの価格設定、日本円で12,500円ほど
本物のRIMOWAが欲しいですが、キャリーケースは消耗品と思っている私
そこまでお金を掛けたくないので、こちらを選ぶことにしました。

840HKDほどの価格を店員さんに「能不能便宜一点儿」(Would you give me a discount !の意味)と中国語で言ったところ
息子店員さんが便宜一点儿...OK!!!と言ってくれ、おかあちゃんが電卓で820と提示してきました。
ん~~~!まだ高い!!!と思い、八百怎么样?(800でど~お?)と聞くと、おかあちゃんからOK!と
5%ほどですが少し安くしてもらい購入することが出来ました。
800HKDは現金でお支払いいたしました。


ホテルに戻ってからパッキングのやり直し

Img_7833_web_2


結局この3個で日本に帰ることになります。
1人で香港空港に向かうのに、どうやって空港まで3個を持って行くのだろうか...
最悪は空港までタクシーだなぁ...

ちなみになぜ現金をたくさん持っていたかというと、深圳の取引先に化粧品を頼まれました。
この代金を中国元で頂き、深圳を離れるとき100元札全てを香港ドルに両替しました。
だから手持ち香港ドルだけで4万円相当を持っていたのです。



荷物整理が落ち着いたので、夕飯を食べに向かいます。
夕飯は油麻地にある煲仔飯のお店、興記煲仔飯と決めていました。
私が日本で煲仔飯を作りますが、実は本物の興記煲仔飯を香港で食べたことが無く、一度シンガポールで食べただけです。
それならば本場の煲仔飯を食べてみたいと思い、興記煲仔飯をチョイス!


ホテルから徒歩15分ほどで興記煲仔飯に到着

Dscn5826_web_2


お店の看板は興記煲仔飯、もしくは興記煲菜館



興記煲仔飯




興記煲仔飯はこの辺りに何か所かあるようです。
基本お店は1つで、来たお客様を各場所に振り分けているようです。


こちらが店員さんオススメのメニュー
煲仔飯と青菜炒めを注文したところ、これもオススメよ!とのこと

Dscn5815_web_2


メニューに日本語で牡蠣の玉子フライと書かれてます。



餅と書いてありますが、早い話が天ぷらでした。

Dscn5814_web_2


揚げたて熱々の天ぷらが到着、サクサクしていて美味しかった。
牡蠣が苦手な私でも美味しくいただけました。
牡蠣だけでなく、違う具材を使った物もあるようなので、次回にチャレンジ!!!


こちらが青菜の炒め

Dscn5817_web_2


ガーリックをトッピングしてもらったので美味しかった。



メインの煲仔飯はシンプルな鶏肉の煲仔飯を選択

Dscn5818_web


初めてなのでシンプルなものを選びましたが、他にも食べてみたかった...
煲仔飯も数人で行きシャアすることで、色々な具材を楽しめます。



こちらが鶏肉の煲仔飯

Dscn5821_web_2



テーブルにある煲仔飯醤油をかけ、具材とお米にからまるように混ぜます。

Dscn5824_web


私が香港で買ってくる煲仔飯醤油より、少し塩気が強かったですが美味しい!
これは色々な具材を試してみたくなりますね!
次回も絶対に食べたいお店、特に天ぷらが美味しかった!(笑)



油麻地で夜市が開催されていたのでぶらり見物

Dscn5828_web_2


旺角ほどではありませんが賑わっていました。


夜市で買ってきたのがこちら、BFタイプの電源アダプター

Img_7840_web


私が行く国はBFタイプが多いことからこれを購入、まぁ持ってるんですが予備です(笑)
ちなみに香港、シンガポール、マレーシアはBFタイプです。


夜市をぶらりしたあと油麻地のスーパー、ウェルカム(恵康)で煲仔飯醤油と餃子醤油の買い出し
私が好んで買ってきているのは李錦記の醤油

Dscn5829_web_2


どちらもお店に在庫されていました。



こちらが餃子醤油、1本約10HKD

Dscn5831_web_2


この餃子のたれ、焼き餃子には合いませんが、水餃子にはバッチリ!
地元のお祭りの振る舞いで、水餃子と餃子醤油を提供したところ大人気でした!
日本だと水餃子はあまり売られていませんが、私はアメ横センタービルの地下で冷凍水餃子を買いだめしてきます。
冷凍庫に常に水餃子のストックがあるので、この餃子醤油を欠かすことが出来ません。



煲仔飯醤油、1本約8HKD

Dscn5832_web_2



餃子醤油を5本、煲仔飯醤油を10本のお買い上げ、店頭に出ているのをすべて購入してきました。
これらもAEONで買ってくればよかったのですが、ホテルに帰ってきたときに買い忘れに気が付きまして...

この煲仔飯醤油と餃子醤油、1本が小さいさくお試しとして買う事も出来ます。
煲仔飯醤油は何種類か試してみましたが、私は李錦記の醤油がお気に入りです。




2017年5月 6日 (土)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 4日目香港へ

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





昨日は深夜まで修行僧と密会、ホテルに戻ってきたのが2時頃でした。
今日の予定は深圳の取引先で働いていた方とお会いして食事、その後香港に移動です。


まずは昨日出来なかった洗濯をホテル内のランドリールームにて行います。

Dscn5796_web



洗濯にトクーン1枚、乾燥にトクーン1枚を使い、トクーン1枚が30元、

Dscn5800_web


トクーン1枚が約500円ほどとなり日本のコインランドリーより高い価格設定かも。



使い方は洗濯機の蓋裏に記載されています。

Dscn5798_web


洗剤入れて、洗濯物入れて、蓋閉めて、選択コースを選んで、トクーンを投入の順です。



トクーンを入れる場所は洗濯機の横に設置されています。

Dscn5799_web



ダイヤルでコースを選択、選択が始まるとランプが動き出します。

Dscn5801_web


洗濯室にテレビも設置されており、ここで洗濯終了まで待つも良し
部屋に戻って洗濯が終わる頃に戻ってくるのも良しです。
おおよそ40分ほどで洗濯が完了するので、そのあとは乾燥
乾燥はトクーン1枚で30分動くそうです。

ホリデイイン・エクスプレスはランドリールームを設置しているところが多く
持って行く着替えの量が少なくて済むのがとても便利なところ


私は洗濯が完了するまで部屋で待機、部屋からの景色です。

Dscn5802_web


昔の住宅街が多いこの地域、深圳中心街と少し異なった感じです。



元営業さんがホテルに到着し、少し遅めの朝食、少し早目の昼食を食べに行きます。
事前に何が食べたいですか?と聞かれていたのでお任せで
湖南省出身のことから湖南料理を食べに行きましょう!となりました。
午後から卓球の試合を見に行くという事で、移動に時間をかけられないのでタクシーで移動


やって来たのがこちら、荷庭·精致湘菜(新城市広場)




荷庭·精致湘菜(新城市广场店)
深圳市福田区深南中路1095号T1新城市广场5楼503号(原中信广场)(近地铁科学馆站D出口)

たぶんこの場所だったと思います。


ショッピングモール内にあるレストラン、なかなかお洒落な感じ

Dscn5804_web



店舗入り口前には代表的なメニューが

Dscn5805_web



店内はとても綺麗で、お洒落な感じ

Dscn5806_web



荷庭冷面鸡 46元

Dscn5808_web


冷たくした面が盛られ、下の赤いのがソース、中央に刻んだ鶏肉があり
麺とソースと鶏肉を絡めて頂くのですが、少し辛い美味しいです。


大碗笋丝 38元

Dscn5809_web


莴笋が食べたくて有没有莴笋?と店員さんに聞いたら、これ案内してくれました。
しかし莴笋ではなく筍の様な感じでしたよ。
莴笋を食べられなかったのが少し残念



宁乡花猪肉 68元

Dscn5810_web


刻んだ豚肉、野菜、唐辛子を炒めてある料理
湖南料理も辛いと聞いていましたが、思ったほどではなかったかな...
辛いと感じない私の方がおかしいのかも、辛いと感じなくても全身から汗が噴き出ておりました(笑)



荷庭红糖糍粑 36元

Dscn5813_web


きなこをまぶし蜜を掛けたようなお餅
旧正月に湖南の実家に帰ると、母親が必ず作ってくれるそうです。


食事が終わった後、タクシーでホテルまで戻りチャックアウト手続き
この後は電車で移動するの?と聞いたところ、タクシーで行きますと...
えぇ?タクシーで卓球の試合会場まで行くの?と聞くと、もう試合が始まっていますと...
それなら食事が終わったところで別行動にすれば良かったのに!
なんだか無駄な時間を過ごさせてしまって申し訳なかった。









ホリデイイン・エクスプレス羅湖から老街駅まで歩いていましたが、駅まで歩き地下鉄に乗って移動するのが面倒になり、タクシーを捕まえて羅湖のイミグレまで行く事に
ホテル周辺から羅湖のイミグレまではそれほど遠くなく、タクシーでも10元ちょっとで移動できます。

捕まえた運転手さんは少し英語が通じる方で良かった...
結局、羅湖のイミグレまでは10元ちょっと、10元札と手持ちの1元コイン5枚ほどを出しつりはいらねえよ!と(笑)
本当は手持ちのコインを無くしたかったので、全て差し出しました。


羅湖のイミグレまでくればあとは慣れたもので、中国のイミグレ抜けて香港側はe道使って入国
羅湖駅からMTRに乗車し九龍塘駅で乗り換え、油麻地駅で下車






油麻地駅から徒歩10分ちょいで修行僧御用達のホテルに到着


Img_7811_web



今回もホリデイイン・エクスプレス旺角の5,000ポイントプランにお世話になります。





このエクスプレスはアップグレードもあるはず無く

Img_7812_web


予約した通りの1King bedの部屋があてがわれました。
エクスプレスに宿泊するなら、Suite Loungeでシャンプーセットを頂いてくるのが必須!
ホテル備え付けはシャンプー、ボディーソープがオールインワンのタイプしかありません。
旺角宿泊はガチ修行!と割り切っているので全く問題ありません。

旺角という便利な場所にありながら、意外とリーズナブルな価格で宿泊でき、ホテル代の高い香港で5,000ポイントプランが1.3万円前後とお安い価格設定
IHG修行をポイントで考えている方なら、5,000ポイントプランで宿泊するのは必須です!

安いだけあって無料の朝食は、全く持って期待できません!
ぶっちゃけ学校の給食以下、一度も食べたことがありません。



荷物整理も終わったので、香港滞在の最大の目的でもある買い出しへ
バス停に行くまでの途中、ヒルトンガーデンインが出来ておりました。

Img_7813_web


あれ?こんなホテルあった?と思ったら、まだGoogle Mapにも反映されておりません。
ちなみにホテルの場所はこちら




地図上は更地の上にホテルがあることになっています。
ヒルトンガーデンイン香港、宿泊代も安いのでヒルトン修行の宿泊数稼ぎには良いかも



歩いて亞皆老街まで出てバスに乗車

Img_7815_web


2階席の先頭に座ることが出来ました。


バスに15分ほど乗車し、目的地のAEONに到着、今回選んだのはAEON茘枝角店

Img_7816_web



香港のスーパーといえばウェルカム(恵康)が有名ですが、
各店舗が小さいため私が買いたい量の在庫が無い事が考えられるので今回は除外
大型のスーパーで価格も安く、ホテルから近いという事でAEON茘枝角店を選びました。



AEON茘枝角店の場所はこちら




周りは住宅と学校しかないよう場場所です。



2017年5月 5日 (金)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 3日目修行僧と密会

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。




広州滞在2日目、この日は広州の友人と食事してから深圳へ移動となります。
そして深圳ではこの修行最大の目的が待っております!


ホテルの部屋から見える広州の景色

Dscn5765_web


高層なホテルではないため、部屋からの眺望は期待できません。



眺望を期待できないというより、ディープな広州しか見えません。

Dscn5766_web



朝食と昼食を兼ね友人と10時に広州酒家で待ち合わせ

Img_7772_web


友人と言っても女の子で、以前取引先の会社でインターンシップをしてました。
その時に私の担当をしておりまして、インターンシップが終わってからも連絡を取り合っています。
広州生まれ、広州育ちなため色々とお願いしているものも多く、今回も買ってほしいものをお願いしておりました。



広州酒家の前で待ち合わせし店内へ

Dscn5767_web


今回の受付は、広東語と普通和のできる彼女にお任せ状態
2階だと待ちますが、3階なら待たずに案内できるとのこと
2階と3階は何が違うの?と聞くと、2階は禁煙ですが3階は喫煙可能
なるほど...そんな違いがあったのですね!全く知りませんでした。


どちらでも良かったですが、すぐに案内できるとの事で3階に行く事に

Dscn5768_web


この写真は階段の踊り場で撮影



毎度のことでお茶は普洱茶を注文
2人でメニューを眺め、どれを注文するか決めていきます。
こんな時、日本語のできる現地出身の方がいると助かりますね。


经典全蛋萨琪玛 中10元

Dscn5769_web


彼女のお気に入りのお菓子らしいです。


少しだけ甘く、サック!とした食感ではなく、少しねちょっとした食感

Dscn5771_web


雷おこしの様な感じと言うか、日本にも似たようなお菓子があるのですが、上手くたとえることが出来ません...スミマセン



爽脆鲜虾红米肠 精25元

Dscn5772_web


彼女オススメの腸粉
漢字から想像すると、赤米の粉を使った腸粉でエビが入っている?みたいな


赤いのは想像できましたが、揚げたものが腸粉で包まれております。

Dscn5776_web


これがいつもの腸粉と違い、腸粉のプリプリ感と揚げ物のサクサク感を同時に楽しめます。
これも美味しかったですね!しかもGood!のマークが無いから、私自ら注文することは無かったかと。
こんな時に中国語が出来る人、もしくは広州の人と一緒にお店に行けることに喜びを感じてしまいました。



韭黄原只鮮虾肠 超22元

Dscn5773_web


説明することなどない世界一美味しいと思われる腸粉です!
もう腸粉とエビのプリプリ感が最高でございます。



金鼎鮮味虾饺皇 优28元

Dscn5777_web


飲茶に来たならば絶対に食べたい一品!
エビのプリプリ感が最高です!



古法绵香马拉糕 大13元

Dscn5778_web


马拉糕はお店によってかなり味が違うので、必ずと言ってよいほど注文します。
私が今まで食べた马拉糕で一番好きなのは、香港蓮花楼の马拉糕かな



金银蒜豉汁蒸排骨 超22元

Dscn5779_web


リブポーク蒸し
豉汁蒸排骨も毎回食べますが、昨日は注文するのを忘れてしまい...
既にお腹いっぱいになりそうだったので、本日に持ち越しとなりました。
ビール飲みたくなる一品かと



八达酱皇豉椒蒸凤 超22元

Dscn5780_web


昨日も頂きましたので、コメントはあえて割愛(笑)



XO醤炒萝卜糕 超22元

Dscn5782_web


彼女がこれも注文しましょう!というのでお願いしてみました。


萝卜糕というと四角く切られたのが多いですが、広州酒家はこれしか無いようで。

Dscn5781_web


Good!マークがあるだけあって美味しい!
普段食べている萝卜糕とは一味違いました。
贅沢を言えば、この萝卜糕と普通の萝卜糕の両方を食べたい!(笑)



今回は2人で8つの点心を注文することが出来ました。
1人で来ると5品が限界ですが、2人で来ると8品は食べられます。
4人で来たなら10品以上は食べられると思うので、飲茶は4~5人程度で楽しむのが理想だと思います。



さて結帳は233.20元

Img_7792_web


あら、服務費として10%取られるのね!知らなんだ...
しかも点心の単価が高いよな?と思ったら、オーダー表にこんな記載が
「逢周六、曰每款点心加收1元」と書いてあります。
土曜日、日曜日は1点心ごとに1元追加料金がかかりますと...
しかも11:00を過ぎるとで点心の値段が高くなります。
広州酒家でお安く飲茶を楽しみたないなら、平日の11:00前に注文するのが良いでしょう!


それでも2人で233.20元、日本円にしたら4,000円ほど
日本でこの値段で、この品質の点心を出せるお店はないと思います!
広州に来たら点心は外せない食事だと思います。
ますます日本で中華料理が食べたくなくなる...(涙)

食後にホテルに戻り、彼女にお願いしてあった物の受け取りとお支払
この後、彼女は体育西路で用事があるとの事で、一緒に1号線で移動することに。








体育西路で彼女と別れ、私は広州東駅までやって来ました。
広州東駅は何度も利用しているので、だいたいの場所は把握しておりますが、広州のターミナル駅なのでかなり大きいです。


地下鉄改札を出ようと歩いていると前のオッチャンが...

Img_7784_web


いやぁ~!中国らしい光景と言いますか、昔のながらの中国と言いますか...
棒抱えて乗車し改札を出たところで荷物を天秤にしていました。


広州東駅は切符売り場が制限エリア内にあります。
まずX線による荷物検査の機械に手荷物を流し、本人が持ち物検査の機械の前を通ります。
空港にあるような保安検査だと思っていただければよいかと。

今回は完全に1人、自前で深圳駅までの切符を購入しなければなりません!
中国は漢字でメモ書きしたものを見せれば、窓口で切符を買うことが可能ですが、それではいつまで経っても中国語が上手く話せるようになりません!
ということで今回のミッション!会話だけで切符を買う!にチャレンジです。

以前何度かチャレンジしたのですが、私の中国の発音では中国人に伝わらず...(涙)
その時横にいた取引先の方は、あなたの中国語は日本語の分かる中国人なら理解できますよ!と言われる始末...
修行は現地の人との交流が楽しかったりするので、中国語は上手くなっておきたいですね。
中国語は多くのアジアの国で通じますから。



ということで会話での切符購入にチャレンジです!

Img_7786_web


今回は見事!会話だけで深圳駅までの1等席の切符購入できました!
正直、少し嬉しかったですよ、ホント(笑)

パスポートと100元札を準備して、去深圳站、1等席、大人1張と言うだけなのですが、
声調言語の中国語はしっかりとした発音でないと、まったく伝わりません。
もっと中国語を話せるように勉強しようと思います。



今回搭乗する列車はC7059便、まだ搭乗ホームに行くことが出来ません。

Dscn5783_web


10分ほど待っているとC7059便の表示が緑に変わり、ホームに行ける案内に変わりました。

Dscn5787_web


表示が緑色に変わると人民様が我先にホームに向かいます!
確か全席指定のはずなのに、それほど焦って行く必要もないのでは?と毎回思います。


深圳駅まではいつも乗っている列車の1等席

Img_7787_web



途中179km/hの表示が出ていましたが、中国の表示は信じられませんね。

Img_7791_web


アプリ使って速度チェックしたら180km/hの表示でした。
まんざら179km/hの表示は嘘ではないらしいです。



広州東駅から2時間弱で深圳駅に到着

Img_7793_web


ここから地下鉄に乗り換えて老街駅まで行きます。
老街駅から徒歩15分ほどで本日のホテル、ホリデイイン・エクスプレス羅湖に到着



ホリデイイン・エクスプレス羅湖の場所はこちら





チェックインカウンターでの手続き、やはりスパイア会員のデポジットは不要とのこと
ランドリールームを利用したいので、トクーンはここで買えばよいの?と聞くと、そうです!と
洗濯と乾燥を利用したいので2枚でいくら?と聞くと、しっくしてぃーんと聞こえました。
10元札2枚出すと、スミマセンしっくすてぃー!りょうしーくわい!60元ですと...
おいおい!トクーン1枚30元もするの!日本のコインランドリーより高いのでは?と思いましたが、コインランドリーが街中に少ない中国、仕方なくお支払です。
そしてウエルカムドリンクのペットボトルの飲み物頂いて、部屋へと向かいました。


お出かけ前に3Fに有るというランドリールームを確認

Img_7795_web


エレベーターを降りたすぐ近くの部屋が、ランドリールームとして割り当てられていました。
これで3日分の洗濯物を洗うことが出来ます!
今回は香港で大量買いする予定、着替えは3日分しか持ってきておりません。
明日着る服が無いという状態でした...(笑)


ランドリールームの場所も確認できたので取引先に連絡
急遽、東莞に行っているとの事で会社訪問ではなく、外で会うことになりました。
待ち合わせは地下鉄の会展中心駅

Img_7799_web


待つこと20分ほどで合流できました。


ショッピングモール内で軽くお茶、最近人気だというフルーツを入れたお茶を注文

Img_7800_web


チーズケーキも頂きました。


軽く打ち合わせした後、時間になったので取引先の人とお別れ
今回の修行最大の目的、修行僧との密会会場に向かいます!!!
指定されたのはJWマリオット深圳、漢字表記は金茂深圳JW万豪酒店となります。


JWマリオット深圳は地下鉄1号線の香蜜湖駅から徒歩10分ほど

Dscn5788_web


JWマリオット深圳は深南大道沿いにありますが、この深南大道何もありません!
ホテルから少し離れたところにショッピングモール、大型レストラン等は有るのですが、本当に何もありません。
片道5車線以上ある大通りなので、車だけはバンバン走っています。



香蜜湖駅から歩いて10分強でホテルに到着

Dscn5792_web



初のマリオット潜入でございます。

Dscn5791_web



JWマリオット深圳の場所はこちら





本来ならもう少し早く来れる予定でしたが、Google Mapに頼ったところ、賜物公園駅で降りて徒歩と言う案内でした。
会展中心駅から賜物公園駅は1号線で1駅、駅を降りて歩いていたら、何か違うなぁ...と言う感じになり
百度地図で確認すると香蜜湖駅で降りる必要があることが判明!
今来たルートを戻り賜物公園駅に戻り、地下鉄に乗って1駅先の香蜜湖駅を目指しました。
やはり中国でGoogle Mapはダメ!という事を再認識した瞬間でした。


ホテルロビーで私をお待ちいただいた修行僧の方と無事合流!
アジアをメインに各地を飛び回っているこの方、私の訪中に合わせ出張帰りを深圳経由で帰ることにしてくれました。
そしてトランジットの合間にマリオットで1泊という予定だそうです。

そしてクラブラウンジに案内していただきました。

Dscn5795_web


マリオットのクラブラウンジは初めてでしたが、ミールが豊富なのに驚き!
最近、インターコンチネンタルのクラブラウンジミールが激貧になっていたので、尚更豪華に感じたのかと。

一度はお会いしてみたいと思っていた修行僧の方と念願かなって修行話しスタート
色々な修行スタイルがありますが、修行面でこの方と一致する意見が多くとても勉強になりました。

修行僧との密会、ほおっておけば永遠と続きますが、クラブラウンジがクローズする時間となりここで終了...
と思いきや、場所を変えて修行話しの開始です(笑)
ホテル周辺は本当に何もないので、23時頃から外に出るわけにもいかず...
ホテル1Fのバーで修行話しの続きをすることになりました。

バーも閉店の時間となり、既に地下鉄の終電も終わっていることからタクシーでホテルまで
タクシー代で38元を使い、2時頃ホテルにに戻ってきました。
次回はこの方と日本でお会いできるのを楽しみにしております。




2017年5月 4日 (木)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 2日目広州であれこれ

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





永泰駅で待ち合わせし、無事取引先の方と合流
近くにお茶の市場があるので、まずはお茶を買いに行きましょう!となりました。
場所は永泰駅のすぐお隣

Dscn5737_web



入り口には永泰商貿茶叶城と書かれています。

Dscn5738_web


お茶の輸出業者が集まっているのところなのでしょうか?



永泰商貿茶叶城の場所はこちら




Google Mapでは「永泰商貿城」で検索した方が良いかもしれません。



それほど大きくはないお茶の市場

Dscn5739_web


広州のお茶市場といえば芳村茶葉市場が有名ですが、駅から遠いので少し行き辛いかも
私は芳村茶葉市場に行ったことはありませんが、かなり大きいらしいのでお目当てのものを探すのに一苦労するかもしれません。


ちなみに永泰商貿茶叶城から芳村茶葉市場までのルートがこちら




車で26kmほど、時間にして40分ほど離れております。
私が宿泊しているホリデイインから芳村茶葉市場までは車で15分ほどと行きやすいです。
ホテル前に待機しているタクシーに「広東芳村茶葉城」と書いた紙を見せれば連れて行ってもらえると思います。




永泰商貿茶叶城も多くのお茶屋さんがあるので、どの店に入ってよいか悩みます。
私が入ったお店が写真左側のお店

Dscn5740_web


伝票にも店名が書いてなかったので、店名が分からず...


何気にお店に入って少し見ていると、店員のおば様が声を掛けてくれたので
有没有高山烏龍茶(ヨウメイヨウ ガオシャン ウーロン)?と中国語で聞いてみたところ、有!との事
オバチャンが冷蔵庫から茶葉を取り出し現物を見せてくれました。
試飲できる?と聞いたところ、こちらにどうぞと!案内され、高山烏龍茶を頂くことに

Dscn5742_web


中国のお茶屋さんに行くと本格的な茶盤が用意されますね。
まずは高山烏龍茶を試飲したのですが、口の中に広がる甘さが凄く初めての体験
こんなお茶今まで飲んだことない!と思うどの感動でした。

帰って来てから分かったことですが、私が試飲したこのお茶、高山烏龍茶でも人参烏龍茶と言われているものでした。
高山烏龍茶の茶葉に高麗人参を練りこんだ茶葉で、台湾発で人気が出ているそうです。


高山烏龍茶のほかにジャスミン茶を試飲

Dscn5743_web


このジャスミン茶も凄く香りが良く!ぜひとも購入したいと思いました。
ジャスミン茶は1斤300元と少し高かったので、200gだけ購入


Dscn5744_web


高山烏龍茶は2斤購入し、500g1袋と100g5袋に分けていただきました。
その他に普洱茶の茶餅を1枚購入

Img_7964_web



茶器も買いたいと言うと、バラで買うよりセットの方が安いよ!と言われ、セットの品を買うことに

Img_7923_web


この茶器のセットで80元、それを取引先の方が安くしてと言って!70元にしてくれました。
日本円にしたら1,200円ほでしょうか、安いですよね!

最初から飛ばしすぎな勢いで茶葉を購入し、日本に持って帰れるか心配な雲行き...
取引先に持ってきたお土産が減った分、なんとかはいるとは思うのですが。








永泰商貿茶叶城での買い物が終わった後は取引先行き打ち合わせ
位置合わせ終了後食事に行きましょうとなり、事前に言われていた鶏肉の美味しいお店に向かうことに。
中国もUBERの様なアプリを使って車を手配することが出来、これに乗ってお店に向かうことに。
で、連れてこられたのがこちら...

Dscn5745_web


なんだかすごい山の中で、まるでキャンプ場です!


少し引いて撮った写真がこちら

Dscn5746_web


猿か鹿でも出てくるのでは?と思えるほどの場所!
ちなみに百度地図にも掲載されていないお店でした。
こんなローカルな場所、地元の人でないと来れないですよね。



オープンスペースなような店内

Dscn5747_web



大きな窯があり、店員さんが火の調整

Dscn5748_web


ここで鶏肉を焼くのでしょうか...?


メニューはこちら

Dscn5749_web


40元から50元ほどの価格設定

Dscn5750_web



テーブルから見えた景色がこちら

Dscn5751_web


鶏が放し飼いになっています!
もしかしたら、この鶏をシメテいただくのでしょうか...きっとそうですね!
注文は取引先の人に任せ、私はお任せ状態



美味しいという鶏の丸焼き、食べやすいようにカットされて出てきました。

Dscn5753_web



丸焼きだけあって、頭の部位もしっかりありましたよ!
しかし鶏を見ながら頂く鶏の丸焼きは不思議な気分でした。



こちらはスープ

Dscn5756_web


鶏肉のほかに薬草らしいものも入っておりました。



大鍋で出てきたのを取り分けたのがこちら

Dscn5757_web


薬草臭くはなく、美味しいスープでした。



中華ソーセージを使った釜飯

Img_7769_web


少し油が強かった感がありますが、こちらも美味しかったです。
この量を2人で頂いたのですから、かなり多すぎるような気もします!
残さずしっかり頂こう!ということで、鶏肉と釜飯は完食いたしました。



周囲が暗くなったせいか、窯の火も目立つように

Img_7770_web


どローカルなお店でしたが美味しかったので、また機会があれば来てみたいです。


この場所からの帰路もUBERのようなアプリで配車依頼し、永泰駅まで向かうことに
永泰駅到着後、牛乳プリンが食べられるお店を探すも見るからず
駅近くでお茶して取引先の方と分かれ、地下鉄を使ってホテルまで戻りました。



ホテルに戻って来てから部屋の撮影

Dscn5759_web



前回はダブルのスイートルムになっていましたが、今回はラウンジアクセス無しのデラックスルームを予約
1カテゴリーアップグレードされてBUSINESSにアサインされたようでした。

Dscn5762_web


今回の宿泊は1,000ポイントプランを選択、現地払いとなります。
チェックイン時にデポジットのためにクレジットカードが必要ですか?と聞くと、スパイア会員様なのでデポジットは不要ですとのことでした。
1年ほど前からか中国のIHGに宿泊すると、デポジットは不要と言われだし始めました。
日本だとデポジットを取られることが無いですが、中国でデポジットが不要とは


部屋のテーブルにウエルカムフルーツがセットされていました。

Dscn5763_web


ここインターコンチネンタルではないからAmbassadorは関係ないよね?それなのにフルーツ?
スパイアメンバーだとウエルカムフルーツが頂けるみたいです。
そういえば昨年ここに宿泊した時もウエルカムフルーツを頂き、Kさんにドラゴンフルーツを食べていただいた記憶があります。

でもどうしよう...一人だからこんなにたくさんフルーツを食べられないし、かといって日本にも使えるわけにもいかないし...
こうして長い1日が終わるのでありました。



2017年5月 3日 (水)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 2日目広州酒家へ

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。






こぶそうさんと一緒に香港空港に到着

Dscn5702_web_2


マカオに向かうこぶぞうさんとはここでお別れ
私は紅磡駅まで行き、ここから直通列車に乗って広州へと向かいます。

紅磡まではS1バス→東涌駅→MTR→南昌駅乗り換え→MTR→紅磡駅のルートを選択
A43バスで上水駅→MTR→羅湖→徒歩→深圳駅→列車→広州東駅というルートもありますが、A43バスの始発が7:00なことからこのルートは諦めました。
紅磡駅からMTRで羅湖まで行くルートもありますが、こちらも面倒なので直通列車を選択です。


香港空港、空港に乗り入れている電車は空港快速のみ、在来のMTRに乗るにはS1バスで東涌駅まで行く必要があります。
S1バス乗り場で待つこと20分程度、S1バスに乗車できました。

Dscn5707_web


S1バスの始発は5:30頃となっていますが、だいたい5:40頃に到着かな...
以前始発のS1バスを待っているときも、5:30を10分ほど過ぎてから乗車となりました。

S1バスに乗車するとき、若い日本人カップルが100HKD紙幣を出してバスに乗車しようとしていたので、香港のバスは車内で両替できずお釣りも出ませんよ!と教えましたが...
香港のバスはお釣りが出ないので、現金で乗車する際は小銭を用意し、金額以上のお金を投入する必要があります。
香港で公共交通機関を利用するなら八達通を持っておくとよいです。

香港空港でも八達通(オクトパスカード)を購入でき、まずは購入してください。
ただし現金でしか購入できないので、事前に香港ドルを持っていないとダメです。
また早朝到着ではカウンターが開いていないので、少し待つことになります。


香港空港から東涌駅へのS1バスルート






S1バスに乗車し東涌駅に到着

Dscn5708_web


ここからMTRに乗車し南昌駅で乗り換えて紅磡駅に向かいます。



南昌駅で乗り換え紅磡駅に到着!
駅改札を出ると白人男性が何人もの人に道を尋ねている様でした。
あぁ...このまま歩いていくと私が聞かれそう...と思っていると、やはり私に尋ねてきました。
聞いてきた内容は大したことが無く、広州に行きたいのだがどこから乗ればよいの?でした(笑)
そこを左に曲がればチケット売り場があるよ!と説明するだけなのですが、何で香港の人は教えなかったのだろうか?と疑問に思いました。
香港の人の方が私より絶対英語が出来ると思うのですが...



こちらが広州までの直通列車のチケット売り場

Dscn5709_web


あれ?思った以上に早く紅磡駅に到着、なんと直通列車の始発に乗れてしまいます!
ですがここは1本送らせ、当り!列車のプレミアムクラスに乗車しよう!と思い、始発から2本目の列車のチケットを買うことに
カウンターに行ってto Guangzhou、next train Premium class!と言ってチケットを購入、250HKDを現金で払って購入完了です。
ちなみにクレジットカードでもお支払い可能です。

この直通列車、事前予約でチケットを購入することも可能です。
今回は香港空港からの直通列車だったため、飛行機の遅延も考慮し事前購入しませんでした。
香港で1泊してから広州に向かうなら事前購入がオススメです。



さて紅磡駅ですが現在工事真っ最中

Dscn5710_web


至る所で工事が行われており、お土産屋なども閉まっていました。

Dscn5714_web


上の階にある飲食店も閉まっているようで、軽く食事!と思っていたのですが、当てが外れました。


食事が出来ないなら一服しに行く?と思うのですが、紅磡駅周辺は禁煙!
横断歩道から道路を渡って香港体育館に行くと喫煙できる場所があります。

Dscn5711_web



こちらは香港体育館の敷地となります。

Dscn5712_web



香港体育館は紅磡駅に隣接しているので、凄く便利な場所




コンサートなども行われるようで、広州の人がここで開催されるコンサートに行く!と聞いたことがあります。
紅磡駅を出て右側に行けば香港体育館、この辺りで一服したくなったらこの場所に行ってください。



直通列車の搭乗場所付近にSIMの自販機がありました。

Dscn5713_web


3HKのSIMが売られていますね。
街中で安く売られているSIMを購入できなかった方でも、ここでSIMを購入することが可能です。


待合室へ行ける時間となり手荷物検査、イミグレを通過し待合室へ
直通列車のイミグレもe道利用することが可能です。
待合室で待つこと30分ほど、乗車ホームへ行く事が可能となりました。

チケットに指定された座席に行くと、既にオッサンが陣取っておりまして...
ここ私の席だと思うのですが...と言ってオッサンにチケットを見せると、オッサンもチケットを確認、2人とも同じ座席となっています!
なんだよ!ダブルブッキングか!と思っているとオッサンが、あんたのチケット明日だよ!と...

Dscn5715_web


私のチケットを見ると日付が3月4日になっているではありませんか!
to Guangzhou、next train Premium class!と言ってチケット買ったのに!!!
仕方ない!明日まで香港に滞在...と言うわけにはいかず!駅員捕まえて明日のチケットなんだけど!とクレーム(笑)
今日広州に行かなければならないんだけど!と英語で伝えると、無線使って広東語でやり取りしてくれました。


なんとか列車に乗れることになり...

Dscn5716_web


どこに座ればよいの?と聞いたら、どこでも良いとの事!
どこでも良いの?と思ったら、プレミアムクラスはガラガラでした。


プレミアムクラスに乗車すると、お水とクラッカーが頂けます。

Dscn5717_web



広州への直通列車は、在来のMTRの線路を使っているらしく上りMTRとすれ違います。

Dscn5718_web_2


香港域内はそれほど速度が出せず、ゆっくりと走って行きます。


香港を抜け中国側に入ります。
ここが羅湖のイミグレーションの橋

Dscn5722_web


写真左側が中国で、右側が香港となります。



こちらは中国の羅湖イミグレの建物

Dscn5725_web



写真のピントが合っていませんが、車が右側通行になっています。

Dscn5726_web


右側通行を見ると中国に来たなぁ!と感じます。


さて、中国側に入ったということで、SIMのテストを行います。
12月のKLで買ってきたポケットWi-Fiが使えるかどうか、中国移動香港のSIMでテスト

Dscn5727_web


このポケットWi-Fiは、HUAWEI E5573s-156
TD LTEのBand38に対応しているらしいです。
しかし中国移動が展開しているLTEはBand39とBand40、中国でLTEが使いないということになります。


アプリでポケットWi-Fiを確認すると

Dscn5728_web


ローミングをONにしても圏外でした~!


はい!残念!!!
このポケットWi-Fiは中国で使うことが出来ないのか...
私の場合普段使っているiPhoneがSIMフリーなので、直接さして使えば良いだけなのですが...
ということでiPhoneに直接SIMを差し運用開始です。

Dscn5729_web


後日談になりますが、広州のホテル到着後再度ポケットWi-FiにSIMを差し替えたところ、中国移動のLETを掴んでおり、問題なく使用することが出来ました。

E5573s-156をネット検索すると対応バンドは下記になっています。
LTE-FDD 1800(3)/2600(B7)/800(B20)MHZ
LTE-TDD Band 38 (2600MHz)
DC-HSPA+/HSPA+/HSPA/UMTS 2100/900/850 MHz

最近分かったことですが、HUAWEIのポケットWi-Fiは記載が無いバンドも搭載されているようで、意外と使うことが出来るかも?です。
今回も対象のBandだけ見ると対象から外れていますが無事LTE接続でき、E5573s-156が中国で使えるということが分かりました。


紅磡駅を出発してから2時間ほどで終点の広州東駅に到着

Dscn5730_web



全員が列車から降りてイミグレに向かうことになります。
人の流れに沿って行けばイミグレの場所は間違えることがありません!と言うか、列車を降りてすぐにイミグレとなるので迷うことはありません。

どこのイミグレも自国民を優先しているのはここでも同じ、人民様優先でレーンが多く、一見様の外国人は窓口が少ないです。
人民様が通った後、空になった窓口が外国人にも開放されるという流れ
結局私がイミグレを抜けたのは人民様がすべて通った後でして、乗客最後の方になってしまいました。




 






少し時間はかかりましたがイミグレを無事に通過
広州東駅からホテルまでは地下鉄1号線を利用し長寿路駅で下車、徒歩10分ほどでホテルに到着となります。

まずは1号線に乗るべく地下鉄乗り場に向かうのですが、エスカレータで降りた場所に公安が待機!
あぁぁぁぁ...広州でもか開催中か...と思い、Do you need a my passport?と聞くとYes !と
おぉ!珍しく中国の街中で英語が通じた!と驚きながらパスポートを提示(笑)
するとJapanese...と言いながら私のパスポートを見ておりました。

中国はちょっとした事件などあったりすると、地下鉄の駅でID確認の検問を実施することが多々あります。
人民様は自分の背番号が書かれたIDカードを持っているのでこれを提示しますが、外国人はパスポートを提示することになります。
面倒な国ですがパスポートを提示するだけなのでご協力を



1号線に乗車し30分から40分ほどで長寿路駅に到着

Dscn5731_web


ここからは歩いてホテルに向かいます。


10分ほど歩いてホテル近くに到着

Img_7743_web


この辺りの上下九歩行街は車の入れないエリア
若者向けの洋服店が立ち並び、東京でいうなら原宿みたいな感じでしょうか、とにかく中高生ほどの人達が良く目につきます。



約1年ぶりとなる広州十甫仮日酒店に到着

Dscn5733_web


日本語表記だとホリデイイン・広州十甫となります。




ホリデイイン・広州十甫の場所はこちら




ホテルに到着したのが11時頃、チェックインカウンターはチェックアウトする人で少し混雑しておりました。
列に並ぼうと出迎えたスタッフにIHGの会員カードを見せると態度が一変!少し笑えました。
私の後ろに並んだ中国人女性、隣の列の方が流れるとそちらに移動、中国で良く見かける光景です。
その女性の前でチェックアウト手続きしている方が終わる頃になると、ホテルスタッフが女性に対しこちらの方を先に!と私を優先的に案内してくれました。
優先的に私がチェックインさせていただいたわけですが、その後もそのスタッフが部屋まで案内いたします!と私のカバンを持って先導してくれました(笑)
いやぁ~!ここまで態度が変わるのを見ていると、なんだか笑えてきますね(笑)


部屋に入ったのですがまだ掃除されておらず、前日の宿泊者が泊まったままでして...
チェックインカウンターで部屋がまだ準備できていないとか言っていたような気もしたのですが、すぐに広州酒家に飲茶をしに行くので問題なし!広州酒家が見える部屋でした。

Dscn5734_web


ホテルの部屋に荷物を置き、広州酒家に飯に行く事にします!
部屋を出るとき、ドアに清掃の札を掛けてから外出


ホリデイイン・広州十甫、何が便利ってかと言うと広州酒家まで徒歩1分以内

Img_7746_web


広州酒家で点心が一番美味しいと思うので、広州に来たらこのホテルは外せない!と言う感じになっております。



広州酒家の場所はこちら






広州酒家2階に行くと数名の方が待っておりました。
昼前なのに順番待ちかよぉ...と思い、受付で1人と中国語で告げカードを頂きました。

Dscn5736_web


QRコードがありAPPで確認できるのかなぁ...
次回訪問までにこのあたりのことを調べておきたいと思います。


待つこと10分ほど私の番号が呼ばれました。
もちろん英語での案内は無く、中国語のみとなります。
中に入りオバチャンにカード見せると、あんた一人なの!ならここで良い?と円卓の相席を案内されました。
相席ならもっと早く案内してよ!と思いながらも着席

広州酒家はワゴン式の飲茶ではなく、オーダー式の飲茶
注文方法などは昨年のブログ「ANA SFC修行2016 飲茶修行in広東 広州酒家で飲茶」をご覧ください。



席に着くとお茶を聞かれるので、毎度迷うことなく普洱茶!
普洱茶=ポーレイ茶=プーアル茶です。

日本人なので漢字を見たらある程度の意味は理解できるし、さくっと注文

Img_7748_web



金鼎鮮味虾饺皇 优28元

Img_7749_web


点心の王道エビ餃子、ここに来たらこれは外せません。
エビのすり身だけではなく大きなプリプリのエビが入っていて絶品



八达酱皇豉椒蒸凤 超22元

Img_7750_web


鶏の足を醤油で煮込んで蒸してあります。
日本ではなかなか鳥の足は食べられないのでこちらを選択です。



金沙干贝鲍汁糯米鸡 特16元

Img_7751_web


葉っぱにくるまれ、もち米の中に鶏肉の入ったおこわ
古法糯米鶏、荷葉糯米雞という書き方をするお店もあります。
もちっ、ねちょっとした食感に肉が合います。



黑松露翅汤小笼包 頂19元

Img_7752_web


ぶっちゃけ小龍包は驚くほど美味しくはなかったかな、普通に美味しい
まぁ小龍包は上海料理ですからね...ここは広東料理を楽しむ店だと思うし



韭黄原只鮮虾肠 超22元

Img_7753_web_2


広州酒家に来たら腸粉は絶対に外せません!
厚みがありプリプリの腸粉、私はここの腸粉が世界一美味しいと思います。


相席にはオバチャマ3名と御婆ちゃん1名の4人組
中国語での会話は全てを理解できませんが、所々聞き取れるところもあり、私のつたない中国語で会話です。
あんたどこから来たの!のと聞かれドンジンと返答!
するとオバチャンがこの前北海道に行ってきたのよ!と写真見せてくれました。
中国語が理解できないときは翻訳ソフトを立ち上げて、中国語入力にしてスマホを渡します。
こうすればお互いに会話できますが、中国の方との筆談はオススメできません。
なぜなら簡体字を使っているうえに中国の方の手書き漢字は汚いから読めない!
なんていう漢字なの?から理解しなければならず、会話が成り立ちません(笑)


1人で5品食べてお腹いっぱい!おおよそ100元超えの昼食となりました。
やはり飲茶は数人で来るのがオススメです!その方が色々な料理を少しずつ楽しめますから。
次回は数人でここに来たいと思います。



昨年一緒に広州酒家に来たKさんから、前回と同じ普洱茶を買ってきてほしいとリクエストを受けていました。
前回購入したお店の場所、買った金額は把握しているので、お店に行き普洱茶を見ていると同じ金額の物を発見!

Img_7754_web


おそらくこれだろう!ということで1斤(500g)を80元で購入です。
これでKさんからのお茶を買ってきて!というミッションは終了です。

一度部屋に戻ると室内清掃が終わり綺麗な部屋になっていました。
ここで本来なら仮眠でもしたいのですが、取引先に会うため外出することに


再び長寿路駅に行き1号線に乗車、体育西路駅で3号線に乗り換え永泰駅へ
地上に出たのがこちら

Img_7757_web


この写真をWeChatで送って無事取引先と会うことが出来ました。
まずお茶を買いに行きたい!言って、駅隣の永泰商貿茶叶城に連れて行ってもらいました。



2017年5月 2日 (火)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 1日目DINING hで肉争奪戦

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。





偶然お会いできたマルさんと一緒に国際線ターミナルへ
それぞれSuite check inを利用しチェックイン手続き

今回の香港行き、偶然に修行仲間の「こぶぞう」さんと一緒になりました。
「こぶぞう」さんがどんな方か知りたい方はこちらをご覧ください。
まぁ、「修」のTシャツを着る男!とご紹介した方が分かりやすいかもしれません(笑)


こぶぞうさんがチェックインすることは知っていたので、Suite check inでの手続きのとき
こぶぞうさんという方が同じ便に搭乗予定ですが、既にチェックインされましたか?と聞くと
まだチェックインしていないとの事でした。

それならばお願いしたいことがありまして...とグランドさんへ
搭乗日の翌日が彼の誕生日らしく、チェックイン時、ラウンジでお祝いしていただけないですか?と依頼しておきました。


さて、ラウンジ到着したのが19時頃、
マルさんと一緒に19:30から始まる肉争奪戦に向け準備万端です!(笑)
19:30少し前にこぶぞうさんも到着!一緒に肉争奪戦に向かいました。



前菜はご自由に!というDINING h、私はお隣から出前をお願いしました。
毎度の焼きそばと唐揚げですが、これらはSuite Loungeで提供がありません。

Dscn5678_web


しかもこの2品、提供が20:00までとなっているので、出前をお願いするには20:00前にラウンジに到着する必要があります。



メインは1日20食限定のステーキを全員が選択

Dscn5679_web


1日限定20食!となると是が非でも肉を食べみたくなりますね。



レア感が残り、美味しいお肉でした。

Dscn5681_web


やはりお肉は少しレア感が残っているのが好きです。



全員分のメインが運ばれてきたところで1枚

Img_7716_web


数名でのDINING h、宴卓となっております。
3人共に自力でここに来ることが出来るので、なかなか見れない光景です。



私は1品では足りないので、2品目はマリネポークのロースト 熟成味噌ソースを選択

Dscn5682_web


また肉です!(笑)



ステーキは美味しかったですが、こちらも美味しかった。

Dscn5683_web


美味しくお肉を頂いているとこぶぞうさんがスタッフの方に、おねーさん!あの人に似ている!
あの人って誰ですか?と聞くと、名前が出てこないが乃木坂のセンターの人!と
全員スマホを使って「乃木坂 センター」で検索!(笑)
間違えられたことあるでしょ!と聞くこぶそうさん、ご本人が言うにはガチで間違えられたことが何度かあるそうです。



食後は全員でパフェ

Dscn5684_web



Lounge内反対側に移動し追加のデザート

Dscn5687_web


お約束になりつつあるハーゲンダッツ3個
3個といっても1個が小さいので...



こちらがビュッフェコーナーのデザート

Dscn5688_web


左から高知県産文旦を使用したゼリー、チーズケーキのアンサンブル、桜のケーキ、茨城県産さつま芋を使用したロールケーキとなっております。



ラウンジ内の滑走路側に戻ると、こぶぞうさんがお祝いされていました。
ラウンジ内でお祝いされ、ご満悦なこぶそうさん

Img_7725_web



こぶぞうさん、3○歳の誕生日おめでとうございます!

あれ?違った?
では、5○歳の誕生日おめでとうございます!

あれ、またまた違った?
ではでは、4○歳の誕生日おめでとうございます!

事前にグランドさんにお伝えしておいてよかった!と一安心です。









搭乗前にシャワーを浴びようと、23時頃にカウンターに行くと、シャワー30人待ちとのこと!
以前は23時頃にシャワーに行けば余裕で使えましたが、最近は23時前後は激混み!
ラウンジ到着と同時にシャワーを使った方が良いと思います。

30人待ちでは搭乗時刻前までに順番が回ってこず...
シャワー無しで香港に向かうことになりました。
シャワーが使えなかったので、シャンプーセットを頂くことに、一緒に機内用のスイッパも頂けました。
今回はホリデイイン・エクスプレスに2泊するので、備え付けのシャンプーがしょぼく、自前で用意する必要があるので、ラウンジでお願いして頂きました。



香港まではNH821便に搭乗

Dscn5693_web


このNH821便、厳密にいうとANA運行ではなくエアジャパン運行です。
乗務員はエアジャパンのクルーということで機長は外人の方でした。

最近、Suite Loungeが激混みなことが多く、この日の香港深夜便のダイヤ優先搭乗に、20人も並んでおりました。
お連れの方が一緒だとしても凄い数ですね!



優先搭乗を使い機内へ

Dscn5698_web


選んだのは最後尾の窓無し席の通路側
この位置は直前までブロックされており、24時間前に解放されます。
窓無し席の窓側を好んで選択する人などいるはずなく、ここの隣の通路側を指定しておけば隣席に人が来る可能性が少なく、ゆったりと過ごせる可能性が高いです。



シートはFixed Back Shell スタイルのシート

Dscn5696_web



リクライニングしても後方に倒れることがありません。
国際線機材のB763、旧タイプのシートも残っているようですが、このタイプに徐々に変更されていますね。

このシートB788から外したシートなのでは?と思うのですが...
B788導入時、このシートが売りのANAでしたが、最近B788でこのシートを見かけず。
B788から外したのをB763に回しているのでは?と思うのです。


着席からほどなくしてエコパサーさんからご挨拶、ここでもミー太郎の悪さが始動致します!
2○番付近のダイヤ会員のこぶぞうさん、明日が誕生日なので機内で盛大にお祝いしていただけますか!と依頼しておきました。


ドアクローズになってもお隣さんは現れず

Img_7729_web


香港まで2席使って寝れることが確定いたしました!
最近ダイヤでも隣席ブロックとか難しいですからね...
深夜便で隣席が空席だとゆっくり寝ることが出来ます。



NH821便、9割以上の座席が埋まっておりました。

Dscn5701_web


お隣が空席だったので私は爆睡!
香港到着後広州へ移動、広州では取引先の人と会うことになっているので、ここで寝ておかないと夜まで寝ることが出来ません!
機内食を配っているときに少しだけ目を覚まし、これに気が付いたCAさんがお食事いかがいたしますか?と聞いてくれましたが、寝かせて欲しい...と言って再び爆睡モードへ
着陸30分ほど前に目を覚ましました。

するとパーサーさんから、こぶぞうさまの情報ありがとうございます、お陰様で機内でお祝いすることが出来ましたとのこと。
情報を頂いたお礼にということで、私も機内のノベルティーを頂いてしまいました。
なんだか申し訳なかったです...


香港空港へは30分ほどの早着
イミグレはe道を使ってスイスイ通過、預け入れ荷物もすんなり受け取りで、5時頃にこの場所に到着です。

Dscn5702_web


S1バスの始発まで30分ほど待たねばなりません。
こぶぞうさんはバスで上環まで移動し、フェリーでマカオに向かうとの事
バスに乗車予定ですが八達通を持っていないとの事で、バスチケット購入の窓口の場所を教え、ここでA11のバスチケットを買うように伝えました。
その後バス乗り場の喫煙所でいっぷく、こぶぞうさんとはここでお別れとなりました。

時間が早いことから私の広州行は、紅磡駅まで行って直通列車に乗る手段を選びました。



2017年5月 1日 (月)

ANA SFC修行2017 広東3泊修行 1日目国内編

3月に外出できる時間が取れそうで、この機会に修行!と思いチケットを探したところ
シンガポールは高でしたが、香港行きの予約クラスSがまだ購入できることが判明!
香港に行くならば仕事を兼ねて広州と深圳にも行こう!となり
3泊4日の旅程の前後に石垣往復をつけ予約クラスSで発券
この発券をしたのが2月初旬、運良く香港往復の予約クラスSが買えました。



2017/03/02 NH0091 B788 JA816A HND-ISG 11:00-14:35 Y 2,488PP 11,958JPY
2017/03/02 NH0092 B788 JA816A ISG-HND 15:25-18:05 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/03 NH0821 B763 JA625A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/03/07 NH0822 B763 JA622A HKG-HND 00:40-05:30 Y 1,367PP 24,260JPY
2017/03/07 NH0089 B738 JA82AN HND-ISG 07:25-10:55 Y 2,488PP  4,790JPY
2017/03/07 NH0090 B738 JA82AN ISG-NHD 12:15-15:05 Y 2,488PP 12,144JPY



1便目と6便目の羽田=石垣はシンガポール発券の国内部分となり
予約クラスHで購入しているため無料で予約変更することが可能
今回の香港往復の国内に予約変更し、都合6便が全て国際線発券となっています。
広州、深圳、香港の順に各1泊、できるだけ多くの人と会おうと、かなり予定を詰め込みました。


さてどんな旅になったでしょうか。




いつものリムジンバスで羽田空港へ
石垣行のANA91便に搭乗予定ですが、ちょうど良い時間のリムジンバスが無く少し早めに到着予定
しかし中央道が事故渋滞で全く動かず、羽田空港到着予定時刻になっても調布を過ぎていない状態
調布あたりから車内がざわつき始め、予約しているビンに搭乗することが出来ない方が連絡をしておりました。
結局羽田空港まで2時間30分程度掛かってしまいました。

予定より1時間30分以上の遅延ですが、それでも余裕たっぷりな私...
終点の国際線ターミナルで下車し、コインロッカーに預け入れ荷物を入れておきました。


朝一の便が飛び終わった頃の羽田空港国際線ターミナルチェックインカウンター

Dscn5660_web


相変わらずSuite check inはガラガラでございます。



お隣のビジネスカウンターはといいますと

Dscn5661_web


大盛況でかなりの方が並んでおりました。
この光景を見ると修行は取れるステータスは取っておいた方が良い!
ANAならダイヤを持っておいた方が良いと思います。



国際線ターミナルのコインロッカーに荷物を入れ、循環バスで国内線ターミナルへ
まずはSuite Loungeでいつもの朝食

Dscn5663_web


正直、そろそろ飽きてきました...



朝食を済ませた後に搭乗ゲートへ
石垣まではANA91便に搭乗

Dscn5664_web



石垣空港まで?お世話になるJA816A

Dscn5667_web



Suite Loungeから70番台の南側は遠いですが、このように写真が取れるので好きです。

Dscn5668_web


第2ターミナル中央付近は通路が邪魔して、上手く写真が取れないですね。



このJA816A、WiFi搭載機です。

Dscn5671_web


国際線のWiFiの価格はアホみたいに高いですが、国内線の価格は良心的
羽田=石垣のフライトなら買っても良いかな?と思う値段です。



石垣までお世話になる座席は普通席の最前列

Img_7699_web


そして機内でやることと言えば、爆睡っす!



あっという間に石垣空港に到着(笑)

Img_7702_web



いつもの石垣空港の写真だけではつまらないので、パイーグルも撮影

Dscn5673_web



尊敬する人は具志堅用高さんです。
未だに日本人の世界戦防衛記録13を持っていますね。
これを破るのは内山高志選手かと思っていましたが...残念でした。









ANA festaでお土産を購入するため制限エリアには少し早めに入ることに
羽田まではANA92便で戻ります。

Dscn5675_web



羽田空港まで?お世話になるJA816A

Dscn5677_web


はい、先ほど羽田空港から乗ってきた機体です。
当然のごとく乗務されている方も一緒です。
もう慣れたものなので、CAさんが一緒でも恥じらいはありません。
慣れとは恐ろしいものですね(笑)



帰路の席から機内を撮影

Img_7704_web


ん?デジャブの様な気もしないでもないですが...
往路で席が変わるのが面倒なので、国内のタッチは基本同じ席にしています。
往路で座席を同じにしておけば、座席の場所を確認する必要が無いので楽チン
しかし!CAさんからまたこの人が座ってる!と100%思われているはず。


最近話題のセットスライドバー

Img_7706_web


録画せずに写真に収めてみました。



有料ですがWiFが使えるということで買ってみることに

Img_7708_web



するとツイートでマルさんと同じ便ですね!とフォローが...
私は5Gに座っていましたがマルさんは5Kに座っていました!
この後もツイッターでやり取りとなりました...

5Gと5K、凄く近いので移動すればよかったのですが、通路側に座っていたオッサンが爆睡!起きていれば理由を話して席を替わってもらったのですが...
マルさんにこの後の予定を聞くと、深夜便でシンガポールに行くとの事!
マルさんもダイヤなので一緒にSuite Loungeに行くことが出来ます。
Hで1人飯しするより一緒に食べたほうが美味しいですから♪


Img_7709_web


機内WiFiですが東京に近づくにつれ少しずつ速くなっていました。
石垣を飛び立った後に速度テストをしたことろ0.19MB、東京近くでの速度テストは1.04MBほど出ていました。

快適なネット環境とは言えませんが、国際線より安いのでアリかもしれません。




« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

オススメ