« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月26日 (月)

日本発東南アジア行のプレエコがお買い得

多くの方がブログにかかれていますが、日本発東南アジア行のプレエコがお買い得です!
2017年3月28日以降、タイ、シンガポール、インドネシアのプレエコ運賃に「Super Value Plus」が設定され、かなりお買い得になっています。
詳しくはこちらをご覧ください。


それでは日本発券がどれだけお買い得なのか?という事ですね。
私はシンガポール発券を持っているので、355日以内にループさせる必要があります。
9月にシンガポールに戻る日程があるので、これに合わせシンガポール発券を購入しておかないと日本に戻れなくなります。


それで3月30日に購入したのがこちら

Sin


シンガポール=東京往復、込々の価格が143,880円
予約クラスE、100%マイル付与の運賃で、片道5,368PPを獲得、往復で10,736PPとなります。
143,880÷10,736PP=13.40円/PPとなり、決して単価が良いとは言えません。
しかも国内を付けていないので、単価が良くなることも無く...









9月までフライトの予定が無いので、7月あたりにどこか行きたいな~!と思い、日本発シンガポール往復のプレエコを先日購入してしまいました。
アップグレード対象運賃なのでアップグレードの空席具合、私の予定とにらめっこし往復アップグレードできる日があったので迷わず買ってしまいました。


こちらが日本発シンガポール行きのプレエコ

Photo


東京=シンガポール往復、込々の価格が110,530円
予約クラスE、100%マイル付与の運賃で、片道5,368PPを獲得、往復で10,736PPとなります。
110,530÷10,736PP=10.30円/PPとなり、国際線だけの運賃としてはかなり優秀かと
これに国内を付ければ単価10円/PP以下になることも可能です。


シンガポール発券ンは為替がからむので一定の金額を提示できないですが、私の手持ち運賃で比べると33,350円の違いとなります。
33,350円あったら旅割75で那覇往復できてしまいますからね...


というわけで現在シンガポール発券はお得とは言えません。
アップグレードしてシンガポールに行くならエコノミーのFlex Plus、予約クラスHで購入すれば10万円程度となりますが、マイル付与が70%と少なくなってしまいます。
それに比べ日本発券のプレミアムエコノミー「Super Value Plus」は11万円程度で購入でき100%マイル付与となります。
ただし運賃規則の関係で土曜日滞在が必要となってきます。
土曜日のNH801便でシンガポールへ行き、日曜日のNH802便で帰ってくることも可能です。


今回は期間限定でもないようなので、シンガポール修行を予定している方は、プレエコ購入で修行してみてください。
マイルを持っていればステータスが無くてもビジネスクラスにアップグレードすることが可能です。
ただし空席待ちではステータス保持者が優先される可能性が高いので、狙い目は空席ありの便を探して予約してください。



シンガポール発券を閉じてクアラルンプール発券に切り替えようかな...と思っている次第でございます。



2017年6月24日 (土)

喜助で牛たん

仙台に行ったなら牛たんを食べなければ!ということで仙台滞在の夜は必ず牛たんを食しています。
私が必ず行くのが喜助、仙台名物牛たんを全国に広めたお店です。
ひょんなことから喜助創業家の方と知り合いになり、それ以来牛たんは喜助で食べることがほとんどです。


今回は仙台の方と待ち合わせし、喜助の駅前中央店へ




仙台駅前に喜助は何店舗かありますが、利用するのは駅前中央店がほとんど
このお店、事前に予約しておくと、牛たんしゃぶしゃぶも予約することが出来ます。
この牛たんしゃぶしゃぶが美味しいんですよね~!
今回は2名での訪問だったのでしゃぶしゃぶは無しです。



牛たんつくね

Img_8496_web



ゆでたん

Img_8497_web


このゆでたんが美味しいんです。
たんって凄く甘いのね!と思えるんですね。
私の友人はこれが大好きで、5皿食べた人がいます(笑)



牛たん塩、2人前

Img_8498_web



牛たんについてくるおしんこ

Img_8499_web



特切り厚焼き定食

Img_8502_web



見事に通常の牛たんより厚いです!

Img_8501_web


この特切り厚焼き定食は「牛たん焼定食の牛たんよりも厚い(約1cm)特切り!キッパ(切込み)を入れて熟成させるので、ダイナミックな歯ごたえ(食感)なのに、サクッとしてジューシーな喜助ならではの味わいはそのまま。各店数量限定メニューです。」喜助HPより引用

私は牛たん定食の味噌味が好きで、特切り厚焼き定食を食べるかいつも悩みます。
1人前2,484円と高めの価格設定ですが、これは食べる価値ありですよ!



牛テール焼き

Img_8504_web


このテール焼き、好き嫌いがはっきり分かれます。
少し脂っぽいので苦手という方もおられます。
私は好きなので、綺麗に骨になるまで食べ尽くします。








翌日は仙台三越で買い物をし、喜助のポイントカードも満タンになったので、無料で定食を頂くことに。
仙台三越から近い喜助は定禅寺店です。






注文したのは味噌1.5、ゆでたんにとろろです。


Img_8510_web



牛たんといえば塩ですが、ご飯には味噌もあうんですね!

Img_8511_web


定食を食べるときは味噌で注文することが多いです。


ゆでたんも追加注文

Img_8509_web


喜助のポイントカード、いっぱいになると定食無料券が貰えますが、追加料金を払えば1.5定食などにすることも可能、かなり融通が利きます。


東京、横浜、名古屋、大阪にも喜助があるので、仙台に行かずとも美味しい牛たんを味わうことが可能、ぜひ一度行ってみてください。



2017年6月23日 (金)

IHGホテル修行 ANA Holiday Inn 仙台宿泊記

久しく仙台に行けていなかったので、思い立ったかのように仙台に行く事に。
仙台に行くと必ず宿泊するホテルがANAホリデイイン仙台、IHGに宿泊するようになってからはここ一択です。

今回の宿泊、1泊目はSFCプランを選択しシングルを5,850円で予約、2泊目はSFCプランが9,800円と高額なことからIHGのポイントを使って無料宿泊としました。
ANAホリデイイン仙台のポイント宿泊は、10,000ポイントで無料宿泊できてしまう安さ!9,800円払うなら無料宿泊を選んだ方がお得!だと思います。

今回は仕事で仙台に行くのでついでにホテル修行、1泊だけは有償で宿泊しOTAの2滞在目の9,000ポイントを獲得しようという考えです。



仕事を終えホテルに到着

Img_8493_web



こちらは裏側の入り口、仙台駅方面から来るとこの入口から入ることになります。

Img_8494_web



正面の入り口はこちら

Img_8441_web


この日は観光バスが1台駐車されていました。



仙台市営地下鉄の東西線が開通し、ホテルへのアクセスも少し良くなりました。

Img_8440_web



JRは仙台駅が最寄りとなりますが、地下鉄は宮城野通駅が最寄り




宮城野通駅から徒歩4分程度でホテルに到着できます。



チェックインを済ませて部屋に到着、いつも喫煙部屋を選択しているので、アサインされるのは12階です。その他のフロアーに宿泊したことがありません。


シングル喫煙部屋をSFCプランで宿泊予約し1泊5,850円、アサインされたのは12階のダブルのお部屋

Img_8442_web


このホテルはシングル20m²、ダブル24m²、ツイン26m²とそれほど部屋の広さに差がありません。
いつもはツインにアサインされていましたが、今回初のダブルとなりました。


幅180×長さ200(cm)サイズのダブルベッド

Img_8445_web


ダブルという事でツインより部屋が広く感じました。
ゆっても24m²、ビジネスホテルという感じです。



ワークデスクはビジネスホテルよりは広めという感じ

Img_8444_web


コンセントも3口用意されているので、充電しながらPCを使えます。



ソファーとテーブルに空気清浄機

Img_8446_web


以前空気清浄機なんてあったかな...
部屋がタバコ臭くならないために有った方が良いですね。



テレビと冷蔵庫

Img_8450_web


冷蔵庫の上に無料のお茶などが用意されています。



クローゼットにはアイロン台と服などの消臭剤も完備

Img_8456_web



セーフティーボックスとアイロン台

Img_8457_web


それほど大事なものを持ち込まないので、いつもセーフティーボックスは使いません。



今回は12階東側の角部屋、気になる景色はというと!

Img_8447_web



住宅街しか見えず、景色を楽しむわけでもなく...

Img_8448_web



12階というだけあって真下を見ると、高さを感じます。

Img_8449_web



浴室はユニットタイプで、ビジネスホテルによくあるタイプです。

Img_8451_web



バスタブとトイレ

Img_8452_web



アメニティー

Img_8453_web


一通り揃っているので、特に困ることは無く...


シャンプー、コンディショナー、ボティーソープはボトルタイプでの提供

Img_8454_web


仙台はビジネスホテルより少し良いかな...という感じです。



1泊目はSFCプラン、2泊目は10,000ポイントを使って無料宿泊
1泊目のSFC特典としてウエルカムドリンク、朝食券を頂きました。

Img_8455_web


この朝食無料券を2泊目の朝食として使っても良い?とチェックイン時に聞きましたが、ダメとの事
使うのは1泊目の朝食のみだそうです。
IHG Elite会員としてのウエルカムドリンクはポイントで頂くことに、即座に500ポイントが付与されていました。









せっかく頂いたSFC特典の朝食、1泊目だけでしか使えないという事で頂くことに
このホテルの朝食は365日同じものが提供されているので、連泊すると正直辛いです。
あれ、昨日もこれ食べたよね?、前回もこれ食べたよね?となる訳でして...


こちらが和食のコーナー、卵焼き、笹かまぼこ、漬物、秋刀魚の缶詰などが提供されています。

Img_8460_web



ずんだもちも提供されています。

Img_8462_web



サラダコーナー

Img_8464_web



コーヒー、紅茶などの飲み物

Img_8465_web



パン、トーストコーナー、以前より提供数が減ったかも

Img_8467_web



お粥、ご飯、味噌汁、ジュースなどのコーナー

Img_8469_web



ざっくり頂いてきて朝食を頂きます。

Img_8463_web


来るたびに同じ内容、正直そろそろ飽きてきました(笑)


仙台駅からのアクセスも良く、近くに地下鉄東西線の宮城野通駅もでき、至極交通の便は良いです。
仙台訪問の時は必ず使うホテルで、平日のSFCプランが安くてお勧めです。
震災関連のイベントを行うとなると仙台での開催が多く、週末はほとんど満室で予約することが出来ません。
こんな時はIHGプラチナから使える72時間前客室保障を利用しますが、1泊1万円程度の値段になってしまいます。
客室保障での宿泊もSFC提示で特典を頂くことが出来るので、電話にて直接ホテルへ予約する際はSFCを保持していることを伝えてください。
朝食が付いて10%ほどお安くなります。


今回の宿泊、なぜか1泊目がポイント付与対象外になっていました。

Hi


2泊目はポイント宿泊しているので、ポイント付与対象外は分かるのですが...



7日経過してからでないとWebから問い合わせも出来ないので、7日経過してからカスタムケアーに電話し、ポイントを付与していただきました。

Hi2


宿泊に対して528ポイントを獲得、宿泊に対するステータスボーナスとして528ポイント獲得、OTAの2滞在目で9,000ポイントを獲得、合計10,056ポイントの獲得となりました。
2泊目は10,000ポイントの無料宿泊でしたが、キャンペーン等で10,000ポイントを回収でき差し引きゼロの完全無料宿泊になったように思えます。


ホリデイイン仙台、1泊10,000ポイントで無料宿泊できるのはとても安いと思います。
といってもSFCプランも6,000円以下で宿泊できることが多く、宿泊費の高い日に10,000ポイントで無料宿泊するなら、かなりのお得感を感じられます。




2017年6月11日 (日)

IHGホテル修行 ANA CROWN PLAZA 成田でキャンペーン対策 その2

ホテル修行の翌朝です。
高速道路側の部屋からは、成田空港への離着陸を楽しむことが出来ます。
成田空港は離着陸時間に制限があるため、7時頃から飛行機を見ることが出来ます。


成田空港へ着陸に向かうエアジャパンのB763

Img_8352_web


ヤンゴンを21時過ぎに出発し、7時少し前に着陸したJA611A



こちらはキャセイのB747

Img_8356_web


キャセイもすべてのB747は退役しましたが、貨物は運用されています。
今回見ることが出来たのはB747-467(ER)、B-LIB

実際はもっと大きく見れますがiPhoneで撮影するとこれが限界
コンデジの望遠で撮影した方が綺麗に取れて良かったかな...と反省



さて、チェックイン時に頂いたクーポン等、SFCプランの朝食券もあります。

Img_8339_web


せっかく頂いた朝食無料券、今回は朝食を頂くことに
SFCプランでの宿泊は本人のみ朝食無料となりますが、実費を払う場合2,500円となります。


こちらは和食のコーナー

Img_8361_web


納豆、さつま揚げ、白米、お粥、玉子焼きなどが提供されています。



ホットミールコーナー

Img_8362_web


ホテルによくあるホットミールで、卵料理はオーダーで作っていただけます。
ホットミールの奥にパンが提供されています。
パンは昨日のブッフェの内容とほとんど変わりありませんでした。

Img_8341_web
(※この写真は夜のブッフェ提供時)



サラダバー

Img_8363_web



チーズとオニオンをトッピングし、オムレツを作っていただきました。

Img_8364_web


ANAダイヤ、プラチナのステータスを維持している間、SFCを持っていてもメリットの違いはほとんどなく...
せっかく持っているSFCのメリットを使えるのは、IHGのホテルにSFCで安く宿泊、朝食無料程度かと思います。
せっかく持っているSFCを使わない手はないですね!



デザートの代わりにパンと果物を

Img_8365_web









朝食を食べていると台車に乗った段ボールの山が

Img_8366_web


おそらく中国の方の爆買い、ほとんどがじゃがポックルでした。
中国人に人気なら、次回広東に行くときはお土産に買っていこうかな...



食後にチェックアウト、ホテルの空港送迎バスで空港経由で帰ります。

Img_8368_web


成田空港からは1,000円バスに乗車し、東京駅からはJRにて帰宅となりました。




今回の滞在、ウェルカムポイントとして600ポイント
宿泊と飲食に対して614ポイント、Spireのボーナスポイントで614ポイント、OTA Book Direct 2017の1滞在目で5,000ポイントの合計6,228ポイントの2つが付与されました。

Img_8381


一番下の1,000ポイントは、OTA Book Direct 2017に登録したポイントとなります。




こちらは今回の宿泊でスピードアップキャンペーン対象分

Img_8404


6月30日までの宿泊で5,000ポイント、最初の1泊で2,500ポイント
合計7,500ポイントが付与されました。



今回の宿泊で支払った金額は、SFCプランでの宿泊で6,120円、夕食のブッフェ2,000円、合計8,120円となります。
これに対して獲得できたポイントは合計14,328ポイントとなります。
このうちステータス対象のポイントは、宿泊と飲食代で獲得できた614ポイントのみです。


3滞在するだけで最大40,000ポイント獲得できるOTA Book Direct 2017、ぜひ登録してみてください。
詳細はこちらか確認することが出来ます。
https://www.ihg.com/content/jp/ja/deals/member-offers/book-direct




2017年6月10日 (土)

IHGホテル修行 ANA CROWN PLAZA 成田でキャンペーン対策

IHG夏の陣のキャンペーン対策でANA CROWN PLAZA成田へ宿泊してきました。
1泊のみの宿泊ですが、この宿泊でスピードアップキャンペーンの1回のご滞在で2,500ポイント、6月30日までの1回のご滞在で5,000ボーナスポイントを獲得でき、更にOTAの初回1滞在がクリアーとなり5,000ポイントを獲得、合計12,500ポイントを獲得できることになります。しかもこの滞在はMr. Rebatesを経由しているため10%のリベートを頂くことが出来ます。

今回の宿泊、Mr. Rebatesからリベートを獲得するため、IHGのサイトからベストフレックス料金で予約、予約後ホテルに直接電話しSFC保持のためSFCプランに変更していただきました。
現段階でIHGANAからの直接予約ではリベートを受ける方法が無いため(あるかもしれませんが私が把握していない)この面倒な手続きが必要となります。
ただANA CROWN PLAZA成田はSFCプランの宿泊代金が安いことが多く、この1泊も6,120円サービス・税込みで宿泊できております。1泊6,000円程度で12,500ポイントを獲得できるのはとても魅力的!というわけです。



毎度のことの様に東京駅から1,000円バスを使い成田空港へ

Img_8325_web


私が成田空港に行くにはJRで東京駅へ、東京駅から1,000円バスが確実で最安かなと思っております。上野駅から京成線という手段もありますが、意外と時間がかかるうえに費用も掛かる。それなら東京駅までは1本で行けるので、1,000円バスでとなります。最近は東京駅のほかに大崎駅からも成田空港行きの1,000円バスが出ているそうで、これはこれで便利そうです。


今回はここからチェックインせず

Img_8326_web


成田空港って、まだ2回しか出国したことがありません。
2016年2月のシンガポール、2016年11月のシンガポールの2回だけ、ANAダイヤステータスを保持している間にもう1度ぐらいは、ここから出国しておこうかなぁと思う今日この頃
でもどうせ海外に行くなら、現地時間を増やすために深夜便、深夜便に乗るなら羽田のhで肉食ってから搭乗したいよね!と悩むわけです(笑)


そんなZ小屋を横目にバス乗り場へ移動

Img_8327_web


ホテルの無料シャトルバスでANA CROWN PLAZA成田へと向かいます。



途中成田ビューホテルに寄ってからANA CROWN PLAZA成田へ

Img_8340_web


自宅を出たのが14:45ころ、ホテルに到着したのが18:00ころと約3時間も掛かってしまいました。それでも東京の西のはずれから成田空港まで片道2,000円以内で来れるわけですから安いのかな。もし車で来るとなると高速代だけで片道3,300円ほど、往復し駐車料金払ってガソリン代を考慮すると宿泊費より交通費の方が高くなってしまいます!
せっかくケチケチ修行をしているのに交通費の方が高くなるなんてありえません!車で行くより安上がりの1,000円バスルートが良いかなぁと思います。



天井の高いロビーフロアー、開放感があります。

Img_8328_web



以前ご紹介したIHGメンバー向けのチェックインカウンター

Dscn4770_web


本日は稼働しておりませんでした。
仕方なしに通常のチェックインカウンターへ、こちらにメンバー向けのカウンターが1ヵ所設けられていましたが対応中で通常のカウンターへ
それでも待ち時間0分でチェックインできたので、全く持って問題いありません。何度か宿泊しているし、事前に電話でSFCプランへ変更してもらっているので、とてもスムースなチェックインでした。



アサインされたのは景色の良い高速道路側のキングデラックス

Img_8329_web



いつもSFCプラン最安のシングルを選びますが、キングデラックスにアサインされます。

Img_8330_web



スペーリアとデラックスの違いが良く分かっていない私ですが

Img_8331_web


ホテルWebページの部屋の写真を見ると、スペーリアまではチェアーが1脚、デラックスからは2脚になるようです。部屋の広さが20平米と29平米の違いがあるようですが、シングルルーム、スペーリアに宿泊したことが無いので、良く分かっていません。


bedの感じは可もなく不可もなく

Img_8332_web


私的にはインターコンチネンタル シンガポールと香港のベッドが好き。宙に浮いているかのごとく寝れるのが好きなんですが、ここでそれを求めても...価格が違いすぎますから


ワークデスクの上にはウエルカムメッセージカードが...

Img_8333_web


名前入りでウエルカムカードが置かれているという事は、チェックインする前にこの部屋にアサインされることが決まっていたのですね。1泊6,120円サ・税込みので朝食付き、しかも合計13,000ポイントほど貰えてしまうのですからお得だと思います。



こちらは浴室

Img_8334_web


相変わらず年代を感じる造りとなっています。



バスタブ

Img_8337_web



洗面台

Img_8335_web



アメニティーは資生堂のミルキーシリーズ

Img_8336_web


バスタブには資生堂のボトルタイプが置かれ、いつもそちらを使ってしまうので、こちらに手を出したことは無く。


ドライヤーは備え付け型、フェイスタオル、タオルも置かれております。

Img_8338_web


一通りは置かれているので、ふらっとホテル宿泊で寄っても困ることはありません。海外だとカミソリ、歯ブラシが無かったりするところも多いので。ドイツは歯ブラシとカミソリが無かったから困ったのを思い出しました。それ以来、海外に行くときは念のため歯ブラシとカミソリは持って行くようにしています。中国はカミソリが無いことが多く、以前街中のスーパーで買ったことがあります。


今回の宿泊でも割り引け券を沢山いただけました。

Img_8339_web


SFCとSpireではかぶってしまう割引券があり、今回は重複するSpireのウエルカムドリンクを600ポイント付与に変更した頂きました。レストランでビール2杯を飲まれる方は無料ドリンク券を2枚頂いた方が良いかもしれませんが、私はお酒を飲まないのでポイントで貰った方が嬉しいです。








夕食は1Fのセレースのブッフェへ
2017年5月6日~6月30にまでのブッフェはアメリカ料理です。


パンコーナーのロールパン、デニッシュ各種、バケット、ワッフル

Img_8341_web



こちらがメイン料理コーナー

Img_8342_web



オニオンリング、フレンチフライ、スペアリブ、ポップコーンシュリンプ、ローストビーフなど

Img_8343_web



2回目は唐揚げ、目玉焼き、スペアリブなどなど

Img_8344_web



3回目はピザとポップコーンシュリンプ

Img_8346_web




デザートはミニケーキ、チョコレートフォンデュなども

Img_8347_web



こちらはアイスクリーム

Img_8348_web



食事はそこそこにしたので、デザートを少し多めに頂きました。

Img_8349_web


夜のブッフェ、平日は3,000円、土日祝が4,000円となっています。
宿泊で頂ける割引券を使うと、平日2,000円、土日祝が3,000円となりお得です。

ホテル周辺には何もないので、一度チェックインしてしまうとホテル内のレストランを利用するか、1Fのコンビニを利用するかになってしまいます。
先日訪問したウェスティン東京のブッフェの方が断然おいしいですが、値段がかなり違うので平日2,000円でブッフェを楽しめるなら悪くないと思います。



« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

オススメ