« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月15日 (土)

IHGホテル修行 ANA CROWN PLAZA 大阪 クラブラウンジ紹介編

関西の取引先訪問に合わせ大阪で1泊、どうせならホテル修行を兼ねようということでANAクラウンプラザ大阪に1泊です。
この滞在もMr.Rebates経由でIHGのサイトにアクセスしベストフレックス料金で予約、予約完了後ホテルに電話して最安のSFCプラン、10,900円に変更していただきました。
IHGのリベートが10%の時に申し込んだため、クレジットカード支払いのポイント、IHGのポイント、Mr.Rebatesのキャッシュバックとポイント3重取りです。



ANA修行僧の友人とロビーで待ち合わせしチェックイン手続きへ

Img_8643_web


ドアマンがフロントデスクへ案内してくれました。


2017年1月にインターコンチネンタル大阪に宿泊した際、ロイヤルアンバサダーの方とお知り合いなることが出来ました。
私のANA修行仲間のお友達がロイヤルアンバサダーの方でご紹介していただきました。
私と同じ姓の方なので凄く親近感があるんです。
その時の様子は「IHGホテル修行 InterContinental OSAKA 2日目」でご確認ください。


前回Tさんとお話しさせていただいたとき、前日に宿泊したANA クラウンプラザ大阪はSpireでクラブアクセスを提供してくれるようになったよ!と情報を頂きました。
Spireの端くれな自分ですが、次回の大阪宿泊はクラウンプラザにし情報を確認する必要がある!と思ったわけでして...


チェックイン手続きをしているとクラブラウンジの説明を頂きました。

Img_8600_web


Spire本人のクラブラウンジアクセスは無料だが、同行者は7,000円払う必要があるとのこと、宿泊を伴わないゲストも有料になるそうです。
友人と会ってラウンジでお茶でもと思っていたのに、これにも7,000円掛かるんですか?と聞くと、基本はそうらしいです。

友人は宿泊せずカクテルタイムだけの利用なのに7,000円は高い!と言うと、それでしたら4,800円(4,000円だったかも)でいかがですか?と言われました。
以前クラブフロアーに宿泊した時は宿泊者+ゲスト1名は無料でラウンジアクセスされると案内されていたので。
チェックインカウンターの方の話では、クラブラウンジアクセスのあるプランを売り出し中で、どうしてもゲストの方を無料にすることは出来ないので...と
カクテルタイムに4,800円出すなら外でご飯食べに行きます!とお断りし、とりあえず2人で部屋に行き、今後の作戦タイムとなりました。



あと30分ほどでカクテルタイムが始まろうかという頃、写真だけでも取りたいと思い最上階のクラブラウンジへ
以前は最上階にスイートルームがありましたが、改装しクラブラウンジに変更したと事です。


クラブラウンジに入って左側を撮影

Img_8601_web



クラブラウンジに入って右側を撮影

Img_8602_web



窓の外には日本銀行大阪支店、大阪市役所などが見えます。

Img_8603_web



こちらはラウンジに入って左奥のソファーコーナー

Img_8604_web



更に左側にもラウンジが広がり

Img_8605_web



ゆっくりとラウンジアクセスを楽しむことが出来ます。

Img_8606_web


PCコーナーはこの一画に2台ほど設置されていました。



ソファーコーナーからテーブルコーナーを見た写真になります。

Img_8607_web



ラウンジに入って右側の一番奥には会議室も完備されています。

Img_8657_web



ラウンジ内は当然禁煙ですが、一番奥に喫煙室が用意されています。

Img_8608_web


お酒は飲まないがたばこは吸う私には嬉しい場所です。


大阪で一番広いクラブラウンジとは聞いていましたが、かなり広いです。
100人が入っても全く混雑を感じないラウンジだと思います。
100人とは言わず200人入ってもそれほど混雑を感じないのでは?と思います。
これだけ広いなら、かなりゆったりとラウンジアクセスを楽しめます。









ラウンジ内の写真を撮っているとスタッフの方がカクテルタイムの準備を始めておりました。
クラブラウンジの手つかずの食事を写真に収めることが出来るチャンスはなかなかないですから!



ポテトサラダにマリネなど

Img_8609_web_2


パン

Img_8610_web



ハム

Img_8611_web



ソーセージロール、これ美味しかったです。

Img_8612_web


ケーキ

Img_8614_web



チョコレート

Img_8615_web



アイスクリームのトッピング

Img_8616_web


このほかにサラダ、炊き込みご飯、ナゲットなども提供されていました。
以前のクラブラウンジの内容も悪くなかったですが、ミールもグレードアップしているように感じられます。



ハードリカー

Img_8613_web



ワイン

Img_8617_web



冷蔵庫内のソフトドリンク

Img_8618_web


コーラ、ジンジャーエール、炭酸水は瓶での提供



冷蔵庫内のビール

Img_8619_web


ビールも便での提供は嬉しいですね。



こちらは果汁ジュース類

Img_8620_web



コーヒーはサーバーが用意されていました。

Img_8621_web


紅茶はTWGのホテル用(ナイロンのTバック)が用意してあります。
私はお酒を飲まないのでそこまで気にしていませんでしたが、スパーリングワインも用意してあるようです。


これだけの提供があるなら2人でクラブラウンジを使いたいが4,800円は支払いたくない!と思い、再びラウンジスタッフに交渉開始!(笑)
2人ともお酒を飲まないのでゲスト3,000円なら出しても良いが...と聞いてみると、確認しますのでお待ちください!となりました。
3,000円でカクテルタイムのゲストアクセスがOKとなり、2人でクラブラウンジを利用させていただくことになりました。


カクテルタイムが始まる少し前になると、続々とクラブラウンジに人が入ってきます!
そして時間になると我先に?と思われるほど、ミール周辺は大混雑!!!
これだけの内容なら外に飯食べに行かないですよね...
私は混雑がひと段落した時に取りに行こうと思い、飲み物だけ頂いてきました。


Img_8623_web


コカ・コーラはこの瓶が一番美味しいんですよね!



友人は混雑の中、ミールをゲットしてきました!

Img_8622_web


提供されているミールの種類も多く、ご飯系もあるので十分に夕飯となってしまいます。


私は適当につまみ、最後にご飯系とデザートを頂くことに
ご飯が小鉢で提供されているのが...と思っていたら、最後には小鉢でなくご自由にどうぞ!になっていました(笑)

Img_8624_web


ANAクラウンプラザ大阪のクラブラウンジ、かなり広いラウンジでミールも豊富とかなり好印象でした。
前回インターコンチネンタルでお会いしたTさんが、かなり良かったよ!と言ったのも頷けず。
きっと赤いきつねさんも、このクラブラウンジには満足し頂けたと思います。
以前一緒に行った東京の某ホテルのクラブラウンジは酷かったですからね...(笑)





さて、続いて朝食です。
今回はSFCプランで宿泊しているため、朝食は無料です。
一緒に宿泊した緑の方と一緒に1Fの朝食会場に行き、食事は済ませてきました。
2人でクラブラウンジに行くだけ行きましょう!となり、ざっくりと写真だけ取ってきました。

クラブラウンジが2Fにあった頃、クラブラウンジで朝食を食べたことがありますが、ほとんどの料理が補充されず、味噌汁とソーセージとベーコン、スクランブルエッグでご飯を食べた記憶がありました。



ソーセージとベーコン

Img_8645_web



キノコの炒め物とポテト

Img_8646_web



パン

Img_8647_web



ジャム、バター

Img_8648_web



牛乳、ジュース類

Img_8649_web



ドライフルーツ、シリアルなど

Img_8650_web



焼き魚

Img_8651_web




和の食べ物

Img_8652_web



お粥

Img_8653_web



フルーツ、ヨーグルト、ハム

Img_8654_web



サラダーコーナー

Img_8656_web



サラダコーナーのトッピング

Img_8655_web


以前のクラブラウンジの朝食からすると、かなり良くなっている感じです。
品数も増えているし、補充も行き届いているように思えます。
ANAホリデイイン仙台の朝食より良いかもしれません。


Spireでこの内容のラウンジが無料で使えるなら、かなりお得感があると思います。
ぶっちゃけ今までSpireのメリットを感じたことが無かったですが、ANAクラウンプラザに関してはSpireになっていて良かった!と思えます。


チェックアウトはクラブラウンジで、少し時間もあったのでスタッフの方とお話しし情報収集、CP大阪とCP福岡はSpireでクラブラウンジアクセスを付けているそうです。
PLTとSpireの違いがほとんど無いことから、ホテル独自の施策でラウンジ提供しているそうです。
修行僧救済プランの5,000ポイントで宿泊したならSpire獲得はとても簡単、Spireでこのラウンジアクセスを頂けるならかなりお得だと思います。

次回の大阪宿泊もCP大阪にSFCプランで宿泊しようと思います。



2017年7月14日 (金)

IHGホテル修行 ANA CROWN PLAZA 大阪 クラブフロアー宿泊記 お部屋紹介編

関西の取引先訪問に合わせ大阪で1泊、どうせならホテル修行を兼ねようということでANAクラウンプラザ大阪に1泊です。
この滞在もMr.Rebates経由でIHGのサイトにアクセスしベストフレックス料金で予約、予約完了後ホテルに電話して最安のSFCプラン、10,900円に変更していただきました。
IHGのリベートが10%の時に申し込んだため、クレジットカード支払いのポイント、IHGのポイント、Mr.Rebatesのキャッシュバックとポイント3重取りです。


Img_8659_web



ANAクラウンプラザ大阪、大阪駅から徒歩10分ちょいで行くことが出来ますが、桜橋口のガード下から無料シャトルバスが運行されています。
1時間に2本あるので、時間が合えば歩いていくよりは楽です。
無料シャトルバスに乗車しホテルへ

Img_8599_web



ホテルロビー落ち着いた感じで、北新地隣接しているだけあり高級感が漂ってきます。

Img_8643_web


チェックインカウンターは常に3つが稼働している状態で、ほとんど待つことなく手続きへ
チェックインまでホテルスタッフがエスコートしていただけました。
チェックイン手続き後、お部屋までご案内いたしますと言ってくれましたが、何度か宿泊しているホテルでもあるため迷子にはならないだろうし、勝手は分かっているので丁重にお断りさせていただきました。

チェックイン時、Spireメンバーであることから、無料でクラブアクセスを頂けました。
IHG自体はSpireにクラブアクセスを設けておりませんが、ホテル独自の施策でSpireメンバーにクラブアクセスを付けているそうです。
Spireになって2年目ですが、初めてメリットを感じたチェックインとなりました。



今回アサインされたのは22階のクラブフロアー

Img_8642_web


エレベーター内のセキュリティーにキーカードを翳すと、自動で滞在フロアーのボタンを押してくれます。
クラブフロアーはキーカードを翳さないとボタンを押せない仕組みになっているので、この機能はかなり便利です。



今回はクラブフロアーセミダブルのお部屋

Img_8625_web


ソファーが2脚有るのは嬉しいです。



ダブルベッドまでは広くないですが1人で寝るには十分

Img_8626_web


元がSFCプラン最安の部屋を予約しているので、かなりアップグレードした頂けたのかと。



こうやって見るとセミダブルってそれほど大きくない...

Img_8628_web


正直、このベッドに2人寝るのは辛いです。



ワークデスク

Img_8627_web



ワークデスクにはクラウンプラザの快眠グッズも

Img_8629_web


クラブラウンジアクセスがあるので、1泊を1人で過ごすには十分かと









ワークデスクの引き出しに設置されているミニバー

Img_8630_web


私はお分けを飲まないのほとんど関係ないというか...



中段には無料のお茶関係

Img_8631_web



小腹がすいた時のためのおつまみ、チップスター、カップヌードル、ナッツ類などが置かれていました。

Img_8632_web




冷蔵庫の中に無料の水が2本設置されています。

Img_8633_web


クラブラウンジアクセスがあるので、こちらも頂くことは無いでしょう。
ホテルの隣にコンビニがあるので、何かあればそこで買い物も出来ますし



水回りは一つの中に全てありますが、ユニットでなないタイプ。

Img_8634_web


シャワーを浴びるときにカーテンで仕切らないのが良いです。



入って正面にトイレ、左側に洗面台、その奥に浴室と分かれてます。

Img_8635_web



洗面台

Img_8636_web


アメニティー

Img_8637_web


バスルームにはシャンプーなどが設置されていないため、洗面台から持って行く必要があります。
まぁこれはどこのホテルに行っても、このようなケースはあるので特に問題はないかと。



バスルームはトイレの左側に設置されています。

Img_8638_web


バスタブも深く湯船にゆっくりつかることも可能です。

Img_8639_web


たまたまですがANA修行仲間がこのホテルに宿泊しておりました。
その方のIHGステータスはゴールド、申し込みはSFCプランで値段は私と一緒の10,900円です。
お会いした時に部屋を見せていただきましたが、クラブフロアーのシングルルームとなっておりました。
部屋も狭くベッドはシングル、浴室がかなり違うとの事でした。



IHGANAのサイトはMr.Rebatesのキャッシュバックが申し込めないため、現段階でポイント3重取りするには、IHGのサイトでベストフレックス料金で申し込み、チェックイン時もしくは事前にホテルに電話して宿泊を変更していただく必要があります。
ホテル予約サイトなどからの申し込みはSFCプランに変更した頂けないため、必ずMr.Rebates経由のベストフレックス料金で申し込む必要があります。
ひと手間掛かってしまいますが、お得に宿泊するためには致し方ないかと。




2017年7月 8日 (土)

Mr. Rebatesの未計上リベート申請を行う手順

IHGのホテル予約で最大10%のキャッシュバックを受け取れてしまうMr. Rebates、ここを経由しないで予約する手はないと思います。


Mr. Rebates


そんなMr. Rebatesですが、最近リベート未計上が多発しているように思います。特に未計上が多いのがIHGサイトでベストフレックス料金で予約し、ホテルに電話してSFCプランへ変更していただいた宿泊、ほぼ100%に近い割合で計上されていません。
もちろん海外での利用も計上されないことがあり、そのままにしておいてはリベートを受け取れなくなってしまいます。

Mr. Rebatesは利用日から30日が経過してもリベート計上がされない場合、クレーム申請することが出来ます。ただし30日前に申請を行うと30日間待て!という返答が返ってきます。
そして申請できるのは30日から90日以内と記載されています。


また私が初めて申請した際、この様な返答でした。
Thank you for your inquiry.
Unfortunately, IHG now requires what it considers to be the "full" order ID to process claims.
This is your confirmation number, an underscore, 5 letters, another underscore and 2-4 more letters.
You can see examples of this in stays that did post to your account:
 
3/9/2017 3/1/2017 Holiday Inn Express 6XXXXXX9_SZXLH_A○○T $63.44 $5.08   
3/8/2017 3/1/2017 Holiday Inn 6XXXXX8_GUHSF_A○○T $109.02 $8.72
 
Please contact IHG customer service, not the hotel you stayed at, to get this ID.
It may help to explain that the letters correspond to the hotel's location.
Once we have that, we can open a claim with IHG.


簡単に訳すと予約番号の他にホテルコードと個人コードが必要だよ!
これはあなたの履歴から見ることが出来る。
もしあなたが分からなければIHGに問い合わせてね!と書いてあります。


未計上のリベートを申請する際、IHGの予約番号を調べるのは簡単、予約時に受け取ったメール、もしくはIHGの宿泊履歴を見れば確認できます。
ところが5桁のホテルコード、個人コードはなんじゃらほい?みたいな感じで自分では判断できません。
個人コードは履歴にあるA○○Tと書かれている場所になり、個人によって違うようです。私の場合はA○○Tと記載してあり、例えばAYMTやAEOTなどになります。
IHGから付与されるリベート全て同じ個人コード、A○○Tと書いてあるので、一度でも付与された方はそのコードを使えば問題ないと思われます。


個人コードに関しては過去の履歴を見れば判断することが出来ますが、5桁のホテルコードに関しては全く分かりません。過去に宿泊して事のあるホテルからリベートを受け取っているなら、過去の履歴から判断することが出来ます。
このばあい予約番号の次にあるアルファベット5桁のコードがそれに該当します。
上記の例を見るとSZXLH、GUHSFが該当します。
ちなみにSZXLHはHoliday Inn Express 羅湖、GUHSFはHoliday Inn 広州十甫となります。


初めて宿泊したホテルのコードをIHGに連絡して聞くのも面倒!
たった数ドルならリベートを諦めてしまおう!と思う方もおられると思います。
ところがこのホテルコード、簡単に調べることが可能なんです!

それではInterContinental Singaporeを例にとってご紹介いたします。
まずIHGのトップ画面から場所をシンガポール、日付は適当でかまいません。ログインしていなくても大丈夫です。

Ihg_top



するとシンガポールの予約可能なホテルが表示され、ここからInterContinental Singaporeのサイトに飛びます。
重要なのは料金を確認をクリックするのではなく、赤く囲ったホテル名をクリックすることです。

Icsin


こうすることでInterContinental Singaporeのサイトに飛ぶことが出来ます。
そこに記載されているURLをコピーし、テキストなどに貼り付けます。
貼り付けたURLがこちら(長いので後ろの方は消してあります)

https://www.ihg.com/intercontinental/hotels/jp/ja/singapore/sinhb/hoteldetail

このリンクのjp/ja/singapore/sinhb/のsinhbがホテルコードとなります。


InterContinental香港の場合、ULRを切り取るとintercontinental/hotels/jp/ja/hong-kong/hkghc/hoteldetailとなり、ホテルコードがhkghcと判断することが出来ます。
初めて宿泊するホテルでも簡単にホテルコードを確認することが出来、IHGのカスタマーに連絡しホテルコード、個人コードを確認する手間が省け、簡単にリベート申請を行うことが出来ます。









ホテルコード、個人コードを把握できたので、実際にMr. Rebatesにクレーム申請を行ってみたいと思います。
クレーム申請はMr. RebatesのTop PageからHelp→FAQをクリックします。

Faq



するとFAQが表示され、Rebatesの3番目にクレーム申請に関することが掛かれています。

Claim


ここのclaimをクリックすることで申請のページへと切り替わります。


1
2


Name: 登録の名前を記入
Email Address: 登録のメールアドレスを記入
Store Name: プルダウンの中から予約したストアーを選択
Order Number: IHGの予約番号を記入
Total $ Amount of Order: 送料、税金等を除いた金額を記入
Order Date: (mm/dd/yy) 注文日を記入
Emailed Invoice: 予約したメール内容をコピーして貼り付け
Additional Information: まだリベートが計上されていないなどと書き、予約番号、ホテルコード、個人コードを記入、これらを書かないと調べてね!と言われます。



ここで少し問題になるのが利用金額をUSDで記入しなければならない事です。
USDで支払っていれば簡単に判断できますが、USD以外で払っているなら金額を確認する必要があります。
確認するためにはIHGのサイトにログインし、過去の履歴を見ることで判断できます。


こちらは私が2017年3月にホリデイインエクスプレス旺角に宿泊した時の履歴です。
この履歴のEarning Detailsをクリックします。

1_3



Earning Detailsをすると宿泊で支払った内容が表示されます。

2_2


ここの一番下にある「加算対象料金の合計」がリベート対象金額となります。
このUSDで書かれた金額をTotal $ Amount of Orderの場所に記入となり、113.38USDが対象金額となります。

全て記入が終わったら「Submit」を押して送信です。



リベートのクレーム申請が通ると下記の様な内容のメールが送られてきます。
Thank you for your inquiry.
I have been granted the authority to give you a manual rebate on this purchase.
The manual adjustment will appear immediately in your account in the Pending Rebates area.


このメールを受け取った後、自分のアカウントを確認すると手動でリベート計上されています。
即座に反映されるので、メールを受け取ったすぐ後にアカウントにリベートが付与されています。



Mr. Rebatesの未計上のクレーム申請、いかがでしたでしょうか?
私はホテルコードの確認方法をツイッターでフォローしている方から教わり、それ以降は申請するだけで未計上のリベートが手動で計上され、面倒なやり取りも無くなりました。
リベートを受け取った後90日経過すれば自動的にAvailable Cash Backに回され、支払い手続きを行うのみとなります。

多少の金額でも未計上を放置せず、クレーム申請して回収していきましょう。
なにせIHGはデフォルトでも6%のキャッシュバックがあり大変お得ですから♪


Mr. Rebates



« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

オススメ