« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 9日目Hawker Chanの別店を発見

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




チャイナタウン・コンプレックス内のホーカーの香港旺角點心で

960_web



4つの点心を楽しみました。

964_web


その他にもチキンヌードルなどを食べホーカーを後にしました。


チャイナタウンコンプレックスから出ると、なんと!なんと!
Hong Kong Soya Source Chicken Rice & Noodleの看板のお店が見えるではないですか!

977_web


チャイナタウン・コンプレックスの中で並んで食べられなかったお店が出店しているとは!
おぃ!マジかよぉ~!!!と唖然状態ですわ...


お店の前の看板に世界一安いミシュラン1星と案内されてます!

978_web


ホーカー内で並ばなくてもここで食べられたのね...


メニューの写真も一緒です。

979_web



Hawker Chanは、この他にも2店舗あるようです。

980_web


ホーカー内のお店も合わせると4店舗になるという事でしょうか



チャイナタウンのお店はこちら




水曜日がお休みで10時開店の20時閉店です。



18 Tai Seng店




サークルラインのTai Seng駅に隣接したショッピングモールの18 Tai Seng内に有るようです。
年中無休の11時開店の21時閉店



Toa Payoh店




MRTノース・サウスラインのToa Payoh駅近くになります。
月曜日がお休みで11時開店の20時閉店

どこのお店も売り切れ次第終了となると思われるため、早めに行った方が良いかと


いやぁ~!まさかまさかの展開でしたわ!
それほど並ばず、冷房の効いたところで食べられるなら...再チャレンジします!









ゆっくり洗濯店に向かえば17時ちょい過ぎには到着できるかな?と思い、バスで向かうことにしました。来た道を戻るだけ、同じく147番バスに乗車し向かいます。近くのバス停から147番に乗車できないため、少し歩いてPearl's Ctrバス停へ

981_web


ここから147番のバスに乗車しSystematic Laundromatが入っているショッピングモールのPoMoへ向かいます。


17時少し過ぎにSystematic Laundromatに到着

950_web


店内に入るとスタッフの方が私の洗濯物をたたんでくれていました。
そして大きなビニール袋に入れてから私に渡してくれました。


これが選択に出していた衣服

982_web


洗って乾燥してたたんでくれて4kgまで18.00SGD、先にも書きましたが自分でコインランドリーで洗濯乾燥させるより効率的かも、2時間程度時間を作ることが出来ますからね。
真夏のシンガポールを歩くこと10分ちょいでインターコンチネンタルに到着
荷物の整理などをしてからクラブラウンジのカクテルライムへ向かうことにしました。



クラブラウンジのカクテルタイムはいつものバージン シンガポールスリング

985_web


ミールは春巻き、揚げ物、クラムチャウダーの3種類



セルフコーナーからフルーツ、チーズなどを頂いてきました。

986_web



セルフミールとパンなどを追加

988_web



20時を過ぎるとカクテルタイムが終了、ラウンジ内はかなり空いてきます。

990_web


ラウンジは22時まで利用可能、20時少し過ぎに部屋に戻りました。


明日はインターコンチネンタルをチェックアウトするため、荷物の準備をして早めの就寝、この日は夜食に行く事もありませんでした。朝からミシュランのリベンジに行くつもりです。




2017年8月30日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 9日目再びチャイナタウンへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





一時買い出しを終え洗濯物を洗いに行こうかと思いました。ムスタファ近くにあったコインランドリーが無くなっており、ホテルに近いコインランドリーを探す必要に迫られました。以前から行っているカランのコインランドリーまで行けば良いのだが、出来れば歩いていける範囲に在って欲しいと思い調べてみました。するとインターコンチネンタルから徒歩10分ほどの場所にそれらしき場所があることが判明!洗濯物を持って行ってみることにしました。



インターコンチネンタルの前にあるシンガポール国立図書館

948_web


ここからオーチャード方面に向かいます。


やって来たのがこちら、ショッピングモールのPoMo

952_web


どうやらこの中に目的の場所があるらしいです。



目的のお店の名はSystematic Laundromat、場所はこちら





PoMoの中に入り、B1に目的のお店を発見です。

950_web



事前の調査ではコインランドリーとも書いてあったのですが、どうも様子が違うよう...

951_web


Drop off、Pick up、Deliveryなどと書いてあってMy selfなどと書いてありません...


店内に入ると価格表が...

949_web


洗濯物の重さを量って金額が決まる香港式のクリーニング店の様です。4kgまでは18.00SGD、以降1kg増すごとに4.00SGDの料金が加算されます。朝出して洗濯乾燥してくれて夕方お引き取りの様な感じです。

私がお店に訪れたのが14時頃、店員さんに明日ね!と言われました。私がtomorrow!と言うと店員さんが、あんた日本人?しゃ~ないね!17:30までにやっといてあげるよ!と。何時に閉まるの?と聞いたら18:45と言ってました。私の洗濯物を量りに乗せると3.2kg、18SGDのお支払いとなり、必要事項を書いて受け取り表を頂きます。自分でコインランドリーで洗濯乾燥させても12SGD程度はかかってしまうので、洗濯乾燥したたんで渡してくれるなら18SGDは安いと思うのですが。コインランドリーに行くと2時間ほどを使ってしまいますが、ここならその間に観光やショッピングに行くことも出来ますね。

このお店、シンガポールに7店舗ほど展開しているようです。詳細はこちらでご確認ください。


洗濯物を預けることが出来、思わぬ時間が出来たので昼飯を食べに向かいます。
目指すはチャイナタウンのホーカーでミシュランです!
バスに乗ろうとGoogle Mapで調べると、近くのバス停から147番バス1本でいるよう

954_web


ナビの指示に従いバス停に来るも56番と640番のバスのみの表示

953_web


久々にGoogle Mapに騙されました...
ちなみにGoogle MapでOpp Prime Ctrのバス停は56、64、131、139、147、166、857のバスが停車することになっています。





仕方ないのでシンガポールのバスアプリを使って147番のバスを調べたところ、交差点の向こうにあるバス停から147番バスに乗れるようです。
ということでFortune Ctrのバス停にやって来ました。

955_web


どうやらFortune Ctrのバス停とMapでOpp Prime Ctrのバス停の情報が入れ違っているみたいです。Google MapでFortune Ctrのバス停情報を見ると56、980となっています。




Google Mapも絶対ではないので、現地のバスアプリを入れておいた方が良いと確信しました。


Fortune Ctrのバスは多くの方がバス待ちをしていました。147番バスが到着すると多くの方が乗り込み、満車状態で乗車できず...アプリでバス到着時間を確認すると5分ほどで次のバスが到着するらしいので1本待つことにしました。すると147番のバスが2台連なってくるではないですか!

後者の147番バスに乗り込み、2階の最前列を確保!
前に見えるバスは147番バスです(笑)

956_web


バス本数の多いシンガポール、よくこの様な光景を見ることがあります。香港でもこんな光景を見ることがありますね。香港でこの様なことが多いのはトラム!全然来ない!と思ったら3台続けてきたりと


前者の147番バスを途中で追い越し、先にチャイナタウンに到着

957_web


先週に続きチャイナタウン・コンプレックスに向かいます。








目的のお店、それほど並んでいないので並んでみました。

958_web


世界最安ミシュラン!わずか2SGDでミシュラン1星を頂くことが出来るんです!
ところが10分ほど並んだところで売り切れになってしまいました...
15時頃に来てもダメなんですね...やはり開店前から来て並ばないとダメなのかな(涙)


仕方なしに他のお店で何か食べようと思っていると、そういえばこの中に香港旺角点心という名前のお店が紹介されていたなぁ!と思いホーカー内を探してみました。
するとすぐにお店は見つかりました。

961_web


金曜日の昼過ぎ夕方前ということもあるのか誰も並んでいません!
と思ったら整理券取って順番待ちするようです...

962_web


整理券を自分で取り、私は53番の番号札でした。

963_web


現在が51番だから2人後に呼ばれるようです。
まぁそれでも2人待ちだからそれほど混んでいないと思います。


私の順番になり注文を伝えますが、メニューは看板にある6品のみ

960_web


左から叉焼包、焼売、虾饺、蒸鳳爪、虾肠粉、叉烧肠粉
どれを選んでよいのか、どれを外せば良いのか判断できない!それなら一層のこと全部!作戦です(笑)
はて?そういえばテレビで中国語で全部各1個ください!を中国語でやっていたなぁ...でもなんて言うのか思い出せない...英語で全部各1個って何て言うんだろうと悩み...All of 一个で通じるかな?仕方ない!こうなったら最終手段!一号一个、二号一个、三号一个、四号一个...と中国語で伝えて理解してもらえました。すると何か言われたのですが上手く聞き取れず...


そして提供されてのがこちら

964_web


3番と4番は売り切れてなかったようです...残念!
4品のお会計が9.2SGD、このお店1品が2.3SGDと分かり易い価格設定なんですね!



虾肠粉、2.3SGD

965_web



焼売、2.3SGD

966_web


叉焼包、2.3SGD、ピンボケ写真でスミマセン

967_web


叉烧肠粉、2.3SGD

968_web


腸粉はシンガポールで食べた中では一番プリプリしていたかも!美味しい
焼売は1個がかなり多く食べごたえがあって美味しい
叉焼包は今まで食べた中で一番の具沢山!八角の味も薄く過去一美味しい叉焼包かも

Dr. Leslie Tayさんのサイト、ieat ishoot ipostで香港旺角點心が紹介されています。
香港旺角點心の紹介はこちら



チキンライスを食べ損ねたわたし、どうしても食べたくなり他のお店で頂くことに
今回選んでみたのでこちらのお店、116烧腊・麵

969_web



近くのコーヒーのお店はお客さんが並んでました。

970_web


チャイナタウン・コンプレックスのホーカーはこんな感じ

971_web


金曜日の午後でもかなりの人がおります。


116烧腊・麵で頂いたのがこちら、チキンヌードル5.0SGD

972_web



麺とソースを絡めて頂きましたが美味しい

973_web


5SGDとホーカーとしては少しお値段が張りますが、チキンヌードルも悪くないですね!


お腹いっぱいになったので食事はここで終了、甘いものを食べようと思いホーカー内をウロウロ
中華ホットデザートのお店があったなぁ...と思い行ってみることに
やって来たのがDesert Station

974_web



ホットデザートの他に冷たいデザートなどもあるようです。

975_web



選んだのは紅豆湯1.30SGD、要は餅無しのおしるこですね。

976_web


なぜこれを選んだかと言うと、手持ちのじゃら銭で払える金額だったから(笑)
その他の手持ち現金が10SGD以上で、またじゃら銭が増えるのがイヤだったからでして...

チャイナタウン・コンプレックスであれこれ食べてお腹いっぱい!
ホーカーで食べると1食が少ないため、あれこれ食べることが可能です。



Chinatown Complexの場所はこちら




シンガポールに行かれたなら一度は行ってみてください。




2017年8月29日 (火)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 9日目リトルインディアの昇菘で買い出し

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。


シンガポール滞在2日目、旅程9日目の朝です。
静まり返ったブギスジャンクション内、夕方には人でいっぱいになります。

903_web


この先にシンガポール3社の携帯ショップがあり、夕方は大混雑

904_web


ショッピングモールに隣接し、深夜でも営業してる飲食店も多くブギスは便利な場所です。
なぜこんな早い時間にブギスジャンクションに来たかというと、ホテルの外に出てたばこを吸うため
以前は喫煙可能な部屋もありましたが、今は完全禁煙となってしまったため、タバコを吸うにはホテル外に設置されている灰皿まで行く必要があります。



一服し終ってからクラブラウンジで朝食、3品注文してみました。

907_web


ナシレマ

905_web



オムレツ、チーズとオニオンをトッピング

908_web


カリカリベーコンも忘れてません


エッグベネディクト、今回は1個にしました。

909_web


朝から少し多めの朝食を頂きました。
Japanese Bento以外はどれも美味しいです!(笑)


この日は朝から買い出し!と決めておりました。
以前はリトルインディアの入り口に昇菘がありましたが、閉店しまったとの情報
インターコンチネンタルから1.5km、歩いて20分ほどの場所にも昇菘があるので、そこで買い出しすることにしました。


私がシンガポールに来ると時々行く瑞春

910_web


ここの点心は安くておいしいです。
夜は現地の人でかなり混んでいるので待つことも多いです。
また英語が出来ない店員さんもいるので、中国語が必要になるケースもあるかと


瑞春の場所はこちら






この瑞春の道路の反対側のビルの地下に昇菘が入っています。

911_web


分かり辛いですが昇菘、ShengSionの看板があります。



昇菘の隣にはBerseh Food Centre

912_web



Berseh Food Centre




まだこのフードコートで一度も食事をしたことはありません。
いつも瑞春に来たときに立ち寄ったりしたことがある程度です。



お目当ての昇菘はこちら




近くにムスタファもあるので、どちらが安いか比べてから買い物するのもアリですね。



今回は珍しく買った物を店内で写真に収めてきました。
ちなみに昇菘は税込み表示です。シンガポールは税別だったり、税込だったりお店によってバラバラな気がするのですが...TWGなどは税別の価格になっていたりします。


まずは香米(フレグランス・ライス)、5kgで15.16SGD

916_web



こちらも香米、5kgで14.95SGD

918_web



またまた香米、5kgで12.50SGD

920_web


このお米、プロモーションが行われていて5kg×2個で24.50SGDになります。

921_web


2つ買うと40円ほど安くなる計算ですね。


前々から欲しいと思っていたチキンライス用のダーク・ソイ・ソースを見つけました。

922_web


なかなかこのダーク・ソイ・ソースが売ってなく、ようやく見つけた感じ

923_web


こちらは1本2.50SGD、1本買ってきました。


チキンライスに欠かす事の出来ない鶏飯用チリソース

926_web


1瓶2.20SGD、こちらも1瓶お買い上げ


インスタントチキンライスの素、3.10SGD

928_web


香米を炊くときにこの素を入れると、チキンライスの味付きご飯が炊けてしまうという便利な物、メーカーによってかなり味の違いが出てくるので、お好みの物を見つけるまでが大変です。
日本に帰ってから早速炊いてみました。炊いているときはバターの香りが強く良い感じ
しかし食べてみると少し塩辛い感じ、どうもレシピ通りに炊いたらダメみたいでした。
瓶半分を使い炊いたので、残り半分はご飯の量を増やして炊いてみたいと考えてます。



見たことの無いチキンライスの素を発見、1瓶3.95SGD

930_web


このチキンライスの素はまだ開封していません、美味しかったら再び買ってくる予定です。









買い出しはまだまだ続きます...(笑)
シンガポールでも出前一丁が人気なのか、かなりの種類が売られてました。

932_web


香港の出前一丁と違い、シンガポールの出前一丁は日本と同じで1袋に5食タイプでした。
しかもプロモーションが行われていて1袋1.95SGD、日本円で160円ほどとお買い得!

933_web


単純計算で1袋32円程度ですから、かなりのお買い得ですね!
このプロモーションは9月30日まで行われているようです。
9月30日までにシンガポールに行くなら昇菘に寄って、全種類買って来るのもアリかと
全てかっても7種類、ばら撒き土産に良いかもしれませんね。


始めはお土産テロとして買っていたドリアンキャンディー
食べているうちに好きになってしまい、再び買って帰ることにしました。
お土産でもらっても嬉しくないと思う方が多いようですが、私は好きなんです。
左のキャンディーが1袋1.50SGD、右は1袋1.20SGDです。

934_web


このドリアンキャンディー、違いがあります。
左側はハードキャンディー、右側はソフトミルクキャンディーです。
私としては右側のミルクキャンディーがオススメ!
口の中でネチョネチョして歯に張り付いたりしますが美味しいと思います。





私が買っていったシンガポール・マレーシア土産で一番に気がこちら、LOT100のグミ

937_web


マンゴーのグミですが、果汁100%をグミにしているらしく美味しいです。
マレーシアでは他の味も売っていたりします。
マラッカのスーパーでも売っているのを見かけましたが、マンゴー味が無く買ってきませんでした。
1袋1.90SGDの価格、20粒程度は入っていると思います。


938_web


これオススメ、何袋も買って帰ると良いと思います。
マレーシアでは大きな袋、100粒ほど入っている物も売ってました。


こららの物をカートに入れお会計へ

939_web



ゲイランの昇菘はレジでお会計となりますが、この店舗は別途お会計となります。
まずレジでクレジットカード払いをする場合、カードの種類を伝えます。
支払いたいクレジットカードを見せると分かり易いかも
そして商品のスキャンが終わると1枚の紙を渡されます。

940_web


この紙を持って支払機へと進みます。
今回は07と書いてあるので、7番の機械に進みます。


こちらが7番の機械、こちらにクレジットカードを差してお会計となります。

941_web


機械には支払額が送信されていて、カードをスキャンしてPIN入力してお会計終了です。
現金で買うよりはクレジットカードで支払った方がお得だと思うので、支払いの際はレジの方にクレジットカードを見せてください。


今回買い出ししてきた物をご紹介
Tai Sun Nyonya Prawn Rolls、エビロール、1袋2.20SGD

942_web


東南アジアのかっぱえびせんの様な物かなぁ...
小さい春巻きみたいな感じで、サクサクとした食感でエビを感じる味
食べ始めたら止まらなくなります(笑)


Lot 100 Fruity Gummy Mango

943_web


33g, 100g, 150g & 1kgの4種類があるようです。
私が購入したのは150gのタイプでした。


こちらはドリアンキャンディー

944_web


ミルク・ドリアン・キャンディーを3袋、ハードタイプを1袋の購入


お米は20kgを購入

945_web



調味料類、チリソース、チキンライスの素、ダークソイソースです。

947_web



チェックアウトはまだ先ですがキャリーケースに詰めてみました。

946_web


何とか閉めることが出来、体重計に乗せてみたところ37.5kg!

983_web


おいおい!流石にこれは持てないだろう!持てたとしても預け入れ荷物にできない!
ここから10kgほどダイエットさせる必要がある...


ということでサブバックに入れたりして減らしました。

984_web


これなら預け入れ可能、しかし最後の夜にまだまだ買い出しに行く予定、日本に持って帰ることが出来るのだろうか...
まぁとりあえず次のホテルに移動するのは問題ないと思います。




2017年8月28日 (月)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 8日目再びインターコンチネンタルへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





AirAsiaでCGKからSINに到着、人生2度目のT1到着となりました。

847_web_2


普段使わないT1、なかなか新鮮でした。
案内に従ってイミグレに向かったところ、またしてもイミグレが大渋滞...通過に40分ほど掛かってしまいました。
チャンギ空港のイミグレ、最近混雑していることが多く感じます。
ASEANのパスだけでなく香港の様にe道みたいなものを作って欲しいと切に思います。

高い運賃で買っていたAirAsia、優先タグを付けてくれていましたがイミグレの渋滞で全くの意味なし、優先タグは自国と香港以外では全く意味が無いと痛感しました。


制限エリアに入りインドネシアの紙幣を両替、5,000IDRは両替できないと戻されてしまいました。
T1からスカイトレインに乗車しT2を目指します。

848_web_2



T1のバス停から乗っても良いのですが、一応バスはT2が始発ということで移動してみました。

849_web



スカイトレインに乗車するのも凄く久しぶり

850_web


最近は空港散策を全くせず、その分ホテルのクラブラウンジなどにいたほうが快適なので


今回はインターコンチネンタルの前までバスで行こうという作戦です。
空港からシティーホール方面に出ているバスは36番バス、このバスだけだと下車したバス停から10分ほど歩くことになります。それならば途中でバスを乗り換えてホテル前まで行き、少しでも歩く距離を無くそうという方法です。
このためにはOne Amberで36番バスを下車し、32番バスに乗り換える必要があります。



Blk 57バス停手前のマリン・パレード・ロードが少し変わっていました。

851_web


おそらくMRT工事のために迂回させたような形になっていました。
カトン地区はMRTが通っていないため現在工事中、この先のパークウェイ・パレード周辺も駅の工事が行われています。


One Amberに到着しバスを乗り換えるために下車

854_web


チャンギ空港からOne Amberまでのバス代は1.53SGDとなりました。


こちらがOne Amberのバス停、10、10e、12、14、14e、32、36、40、48、196のバスが停車するようです。

855_web



バス停の道路の反対側には高級住宅が見えます。

856_web


この辺りは高級住宅地の様で、家の前に高級車が良く停まっています。


One Amberのバス停はこちら





One Amberのバス停で5分ほど待ち、32番バスに乗り換えられました。

857_web


36番バスと比べると32番バスの車内は空いていて快適でした。


下車するバス停はNth Bridge Commercial Cplx




インターコンチネンタルの目の前です。


One AmberからNth Bridge Commercial Cplxまでのバス代は0.22SGD、激安です!

858_web


これ、バスを乗り継いだ扱いになっているため0.22SGDの値段になっています。
シンガポールはバスと地下鉄の総距離制で運賃が決まります。一定時間内に乗り継げば乗継扱いとなり、以降の運賃が差額で計算されます。この乗継をするためには現金で運賃を支払うのはNG、ez linkが必要となってきます。
何度かシンガポールを訪れる予定がある方は通常のez linkを手に入れたほうがお得です。ツーリスト用のez linkも存在しますが、3日乗り放題20SGDなどとなっていて、よほど電車とバスに乗らない限り元は取れないと思います。

チャンギ空港からインターコンチネンタルまでバスでの移動費用は1.53SGD+0.22SGD=1.75SGDとなりました。
バスはMRT移動に比べ少し時間がかかりますが、シンガポールの街並みを見ながら移動できるのでオススメ


バス停から徒歩3分程度でインターコンチネンタル シンガポールに到着

860_web


これからフロントでチェックイン!ですがフロントをスルーしてクラブラウンジへ
2階でスタッフによる試食会が開かれていたようで、クラブラウンジのスタッフも参加していました。
エレベーターを降りてクラブラウンジに向かう途中、スタッフが大きな口を開けて食べている前を私が通ってしまい、あら恥ずかしいところを見られたは!みたいな感じで笑ってました。そして去り際にそのフタッフから、お部屋の準備できていますよ!と言われました。









クラブラウンジでのチェックイン手続きを行ってくれた方から、新しくクラブラウンジのマネージャーになったJessですとご挨拶を頂きました。先週宿泊したとき、かなりのスタッフが入れ替わったのでは?と思いました。まさかマネージャまで変わっているとは思いませんでしたが。

ラウンジ内はティータイムの時間、Jessさんからティータイムを楽しみますか?と言われ席に案内していただきました。
15時頃ですがクラブラウンジはかなり空いていましたね。

861_web



いまアート展を行っていますとJessさんから紹介していただきました。

862_web


普段ここには大きなテーブルが置いてありますが、これらが無く小さなアート展が開かれていました。


さっそくティータイムを楽しむことに

863_web


実はこのティータイムを楽しみたいがために、ジャカルタ発を午前中の便を選んでおりました。ジャカルタを11時に出発すればシンガポール着は14時頃、そこからバス移動で1時間、少し遅くなったとしても16時までにはクラブラウンジに到着できるのでは?と考えていました。



こちらが今回のお部屋からの風景、ブギスプラス(西方面)が見えます。

867_web


先週は8階でしたが今回は15階、少しだけ眺めがよくなったように思います。


こちらはブギスジャンクション(北方面)

868_web


正面に見えるビルはラッフルズ・ホスピタル


パークビュー・スクエアー(東方面)

869_web



到着早々頼まれ物の買い出しへ、向かった先はブギスジャンクション内B1にある亞坤(Ya Kun Kaya Toast)へ
カヤジャム10個を買ってきました。

864_web


このうち5個は仙台の方からの頼まれ物、この方は2016年2月に一緒にシンガポールに来てこれを買って帰りました。奥様が気に入ったようで、これを食べ終わった後に日本で買えるカヤジャムを何種類か買ってみたが味が違いあまり美味しくない。どうしても亞坤のカヤジャムが欲しいとのことで頼まれた次第です。
私もシンガポール、マレーシアで何種類かカヤジャムを買って帰りましたが、亞坤のカヤジャムが一番おいしいと思います。


ブギスジャンクション内のヤクンの位置はこちら




亞坤のカヤジャム、以前は1瓶4.8SGDの価格でしたが、5.2SGDに値上げされていました。
1瓶当たり0.4SGDの値上げですが、10瓶も買うと4SGDの値上げになるので痛いっす...



今回は大量に買い物をしても大丈夫な様、サブバックを2つ用意してあります。

866_web


このサブバッグに破損しないものを入れ、キャリーケースには瓶類などの壊れ物を入れて帰る予定です。



買い物を終えるとカクテルタイムが残り1時間、急いでクラブラウンジへ
毎度のバージン・シンガポール・スリングをいただきます。

870_web



ミールは茶碗蒸し、焼売、肉煮です。

871_web



こちらはフリーで提供されているコーナーから頂いてきました。

872_web



メインのミールは何度もお代わりできるので、スタッフに言えば持ってきていただけます。

873_web


1.5時間ほどカクテルタイムを楽しみました。


ジャカルタのホテルのエアコンの効きが良すぎて、部屋の中がかなり寒かったです。
25度設定にしても20度以下なのでは?と思うほどの寒さ...ジャカルタ滞在2日目の朝に少し喉が痛くなり、JOSS飲んで対処しようと思います。

875_web


好意にしてくれていたスタッフを見かけないので、スタッフに名前は分からないけど...異動したの?と聞いてみると、スタッフが自分のスマホを持ってきてラウンジスタッフの写真を見せてくれ、この人!と言ったところ、彼女は予約課に異動になったから月曜日から金曜日ならホテルにいるよ!とのことでした。
この時は金曜日の21時少し前...また次回の宿泊の時に会えるかなぁ?と思います。

そして写真を見せてくれたスタッフから、私もマレーシア出身だからJOSS知ってるよ!地元に帰れば買えるよ!と言っていました。パイナップルとグレープとマンゴーでしょ~!ってちゃんと知ってました。
以前、KLのスーパーを何軒が回りましたがJOSSは売ってなかったのに...次回マレーシアに行ったら再度探してみたいと思います。



今回のお部屋もデラックスルームです。

876_web


キングベッド1台、部屋が少し広く感じます。

877_web



お腹は空いていないが夜の散策へと向かいました。
向かった先はブギスストリート、すると何やらヤツの匂いがしてくるではありませんか!
匂いの元をたどっていくと発見!ドリアンです。

878_web



ドリアンのお店、どこもお客さんが多くシンガポールの方もドリアンが好きだという事が分かります。
そして今回も選んだのは猫山王、1BOX38SGDもします。

879_web


夜遅いという事もあったのか、店員のオニーサンが30SGDで良いよ!と言うでは!


2,500円程度で食べられるなら食べないわけにはいかない!

880_web


1パック買ってしまいました(笑)
でも、それほど臭くなく甘くて美味しかったですよ。
もうドリアンのとりこですね(笑)


日付も変わり小腹が空いたので、ホテル前のホーカーにある24時間営業のラーメン屋へ

874_web



いつも注文するのは1番の麺、3.5SGDですが、今回は違う物を注文しようと思い排骨麺5.5SGDを注文してみました。

901_web


すると店員さんがどの麺にする?と聞いてきました。
メニューの看板の下に7種類の麺があり、この中から選べるようです。


今回は熟麺を選んだ排骨麺がこちら、中太のストレート麺でした。

902_web


これもなかなか美味しく、でも1番の麺も捨てがたい...次回は5番の麺も試してみようと思います。





2017年8月27日 (日)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 8日目再びシンガポールへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





約2時間ほどCiti Bank Loungeで過ごしゲートへ向かうことに

821_web



搭乗ゲートはすぐ近くのE4

826_web


E方面に向かうと途中に保安検査場があります。
ここが最終の保安検査、空港に到着してから2回保安検査を受けることになります。



搭乗ゲートはE4、Eエリアの一番奥にありました。

827_web


さすがLCC、搭乗ゲートも端になるんですね...


ジャカルタ空港の搭乗ゲート、各ゲートが島みたいになっていて特徴があります。

Dscn6475_web


この空港に凄く似ている感じは宮古空港、しかしジャカルタ空港の各ゲートは宮古空港1つほどの大きさがあります。
ジャカルタ空港はかなり大きい空港なんですね...


E4の搭乗ゲートはシンガポールとクアラルンプールへの搭乗待ちをしている人で満席状態
そこにクアラルンプールへ行くために搭乗待ちをしていた年配の日本人男性2名がおられたので少しお話させていただきました。何日かかけて東南アジアを旅しているそうで、この旅程で日本人に会ったのは初めてとの事でした。

そんな中1機がボーディングブリッジに到着、私たちの搭乗案内が開始されました。
搭乗開始ですがなぜかエスカレーターで下に向かわれまして到着した先は...バス搭乗口

828_web


えぇ?ボーディングブリッジのある搭乗ゲートからバス搭乗なの?

829_web


到着した時もボーディングブリッジから降りたのにゲートの下に行きバスに乗車、他のゲートに連れて行かれるという状態でした。このあたりがジャカルタ空港の分からないところでしょうか。


バスが到着し車内へ

830_web


これが最後のバスの様で空いてました。

831_web



バスは一路沖止めエリアへ

832_web


バス搭乗用のブリッジが置かれてます。

833_web



バスを降りるとAirAsia機が駐機中

834_web



シンガポールまでお世話になるAirAsia機です。

835_web


今回の座席も1A、一番最後搭乗することにしました。








インドネシアのAirAsiaのCAさんの英語、訛っていて全く聞き取れませんでした...モニターが無い機材のため、安全のためのビデオは流れずCAさんの実演です。ほとんど英語が聞き取れませんでしたが、那覇=石垣のピストン修行をしていた頃を思い出しました。

ベルトサインが消えると機内サービスの開始、機内サービスといっても有料のワゴンサービスです。事前に食事と飲み物を選んでおいたので、搭乗券渡してハンコ押してもらいました。


選んでいた食事がこちら、ナシクニン

836_web



ナシクニンはココナッツミルクとウコンで炊いたご飯

837_web


これにナシレマなどで使われているサンバルソースの様な物が掛かっていて少し辛め、エコノミー食にしてはまーまーの感じでした。



バタム島とレンパン島の間にある島らしいです。

838_web


この辺りを撮影したようです。





この辺りがシンガポール海峡

839_web



インドネシア、シンガポール、マレーシアの国境あたりになります。

840_web


多くのタンカーが行きかっているのが見えました。



石油精製所らしきものが見えました。

841_web



これはマレーシア側の石油精製所




どうやらチャンギ空港の北側からの進入で着陸するようです。



こちらはシンガポールのテコン島

843_web


この島は軍施設になっているようで一般人が入ることは出来ないみたいです。


こちらはシンガポールのテコン島はこちら




軍施設につきグレーになっていて何があるか分からない状態みたいです。



もうすぐ着陸...

844_web


写真撮ってたらCAさんから注意受けちゃいました。日本の航空会社は規制緩和で電波を発しない状況なら電子機器が使えますが、インドネシアはまだ駄目なのかもしれません。


到着したのはこちら、約2年ぶりの利用

846_web



ANA利用者なら使うことの無いT1です。

847_web


JAL利用の方なら見慣れた光景かと思います。私は2015年10月にTGの片道航空券で訪れた事があります。もうT1を使うことは無いのかなぁ...と思っていたら人生2度目のT1、東南アジアを周遊するならAirAsiaが便利そうと、これからも使う可能性が出てきました。

チャンギ到着後はT1のイミグレーションを抜けてからバスで市内まで向かうことになります。




2017年8月26日 (土)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 8日目CGKスカルノハッタ空港へ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




今日はシンガポールに戻る旅程、11時の便に搭乗するため9時頃には空港に着いておきたいところ、そのためには遅くとも8時半にはホテルからタクシーで移動する必要があります。逆算すると8時には部屋を出てチェックアウトすれば良いかな?と考え、クラブラウンジで7時から朝食を頂くことにしました。


こちらが本日のクラブラウンジでの朝食、サラダ、フルーツ、炒飯、鶏肉、スクランブルエッグを頂きました。

801_web


ラウンジの朝食、メニューは少ないですが毎日内容が変わるようです。
これなら何日か滞在するのもありかなぁ...


7:20頃にロビーへ

802_web


この宿泊はポイント宿泊で支払は基本なし、昨日部屋付した夕食分のお支払いのみ
1泊15,000ポイントで2泊したので30,000ポイントの払い出し、Spireのステータスでクラブアクセスを頂けます。有料宿泊もそれほど高くないのでオススメですが、中心部まで少し遠いのが難点ですね...


ホテルの車寄せにはタクシー会社の方が常駐しているのでタクシーを呼ぶのは簡単
to airport, silverbirdと言えば高い方のタクシーを呼んでくれます。
少し安いブルーバードを呼んでも日本円にしたら大した差が無いのでシルバーバードがオススメ、車の乗り心地がかなり違います。


今回の配車はカムリでした。

803_web


どうせ同じお金を払うならメルセデスのEが良いですね。
日本でメルセデスのタクシーなんて乗る機会が少ないからできれば乗りたかった...
その前に日本のタクシーは高すぎて乗れませんが



タクシーは空港に向け高速をひた走ります。
途中、シルバーバードのメルセデスのEクラスに抜かされました。

804_web


あぁぁぁ...出来ることならあれに乗りたかった(笑)



渋滞も無くホテルから空港まで30分ほどで到着、駅舎を建築しているようです。

805_web


空港からジャカルタ中心部まで電車で移動できるようになったら便利だと思います。



ゲート4にAirAsiaのロゴを発見

806_web


まずチェックインカウンターに入るために保安検査を受けます。
ちょっとだけJOSSを持っているので、保安検査で引っかかる可能性があります。
が、しかし全く引っかからずスルーで抜けることが出来ました。
引っかかっていればブログネタにもなったのですが...残念



こちらがAirAsiaのチェックイン機、既にWebチェックイン済みのためバッゲージタグだけの印刷となります。
まずチェックイン機の日本語を選択します。

808_web


画面表示が日本語に切り替わります。

807_web


上記3段は上から「チェックイン」「搭乗券の再印刷」「手荷物タグを印刷」となります。
既にWebチェックイン済みだったため「手荷物タグを印刷」を選択しました。


次に予約情報の詳細確認になります。

809_web


ここで予約番号を選ぶか、搭乗券のバーコードをスキャンする必要があります。
AirAsiaもアプリがあり、これでWeb搭乗券を落とすことが可能、私はアプリ内に搭乗券を持っていたのでこれをスキャンさせました。


こちらが予約詳細の画面

810_web


内容に問題が無かったので確認をクリック



すると注意画面が表示されます。

811_web


「受託荷物には、以下のような物品や状態のものは含まれていませんか?」
「壊れやすいもの」「腐りやすいもの」「スポーツ用品」「損傷している荷物」と表示されています。
これらの物は無く、否定疑問で含まれていませんか?と聞かれているので「はい」を選択
すると先に進むことが出来ません...3度ほどやっても結果は同じ
これはもしかして「いいえ」を選ばないとダメなのか?と思い「いいえ」を選択したところバッゲージタグが印刷されました。

質問が含まれていますか?なら「いいえ」の回答だと思うのですが、この質問は含まれていませんか?だから、はい含まれていませんと回答するものだと思うのですが。
勝手は分かったので次回AirAsiaに搭乗するときは間違えずに操作できると思います。
だけど次いつAirAsiaに搭乗するのだろうか...当分ないと思います。


バッゲージタグを印刷したのでドロップカウンターへ向かいます。

812_web



ジャカルタ空港も行先に応じてカウンターが分かれているの?と確認

813_web


ここは分かれていおらず列に並んで待てばよいようです。



気になる預け入れ荷物の重さは19.9kg

814_web


ぎりぎり20kgを超えていませんでした~!事前に計量していないのに何たる神業(笑)
事前に25kgまでの預け入れ荷物を買っていたので、実はそれほど困ることは無かったのです。

私の搭乗券を確認したカウンターのお兄さんが英語で、有料(金額も言ってました)になりますがラウンジを利用できますよ!と
インドネシアの通貨単位、非常に大きいので英語で言われても理解するのに少し時間がかかるんですよね...なかなか普段使わない単位なので(汗)

お腹もすいていなかったので私が首を横に振るとカウンターのお兄さんが、飯食えますよ!飯食えますよ!とゼスチャー付きで、再度いかがですか?と言ってきました。
それほど高い金額ではないだろうから、ラウンジに行っても良いかなぁ~と思い購入することにしました。クレジットカードでのお支払いで大丈夫でした。

するとカウンターのお兄さんが他のスタッフに、この人をラウンジまで案内して!と呼んでいるではありませんか!えぇ...ラウンジってそんなに分かり辛い場所にあるの?しかもまだ出国していないけど...
すると女性スタッフの方が案内するので付いてきてください!となりました。









ラウンジ利用を購入したため、スタッフの方に連れられラウンジへ向かうことに

815_web


まさかインドネシアで人生初のエスコート付でラウンジに向うとは(笑)
最初に連れて行かれたのがイミグレ、しかも優先のイミグレ?らしい場所で、スタッフが審査官に説明して並ぶことなく出国手続きです。
実際は他のイミグレもそれほど並んでいなかったので、それほど効果があったかどうか分かりませんでした。混雑しているとき優先的にイミグレを抜けられるなら良いですね。


連れてこられたのはCiti Bankのラウンジ

816_web


ラウンジ入室の手続きも女性スタッフが全て行ってくれました。
ここで女性スタッフから注意が、私は搭乗時刻になってもラウンジに迎えに来ませんのでご自身で搭乗ゲートに行ってください!という内容でした。


ラウンジ内のテーブル席

817_web


この1テーブルを陣取ることにしました。


テーブル席の前には飲み物のコーナー

818_web


アルコール類は置いてませんでした。
スタッフに注文すれば有料で購入できるのかも?です。


こちらはソファー席

819_web



ソファー席側にミール類が提供されています。

820_web


ミールは完全にハラルの様でした。


ソファー席とミールコーナーの位置関係

821_web


このラウンジ、L字型になっていて、縦をテーブル席、横がソファー席となっています。
縦の一番奥に喫煙所があり、ラウンジの外に出ることなく喫煙できます。


頂いてきた食事がこちら

822_web



ビーフン、牛肉の煮もの、揚げ物、野菜炒めです。

823_web


味はま~ま~でした。


パスタもあったので頂くことに

824_web



この揚げ物、説明にはチキンナゲットと書いてありました。

825_web


しかし食べてみるとチキンナゲットではなく魚肉ソーセージの味がしました(笑)
チキンナゲットは日本のマクドナルドの物が一番おいしいと思います。

帰国してからWebのクレジットカードの請求を確認すると、このラウンジ利用は380,000IDR、日本円で3,236円の請求でした。
物価の安いインドネシアにしては意外と高いラウンジ利用代金と感じました。



搭乗開始時刻20分ほど前になったため搭乗ゲートへと移動します。

826_web


今回の搭乗ゲートはE4、E方面のゲートへと向かいました。




2017年8月25日 (金)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 7日目試食とJOSS確保へ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。



Tucano'sでたらふく肉を食べた後は、ちゃんどら~先生が宿泊しているホテルのクラブラウンジへ行く事に

739_web


凄く良いホテルで部屋も広かったです。近くにはグランドハイアットもあり、中心地に近いようです。ハイアットも宿泊してみたいですが私の場合IHGだけで精いっぱい、他のホテルに手を付けてしまうとIHG修行がおろそかになるのでそこは我慢です。
IHGはオファーなどでポイントを沢山獲得できるので、それなりに美味しいと思ってます。


こちらはクラブラウンジで提供?されているカクテルタイムのミール

737_web_2


後から分かったことですが、これらは会議室を利用している方たちのためのミールで、一般のラウンジ利用者は食べられないそうです。


一度私が滞在しているホテルにタクシーで戻ることにしました。
途中見えたのがジャカルタの観光名所でもあるモナスがあるのがムルデカ広場、その近くにはPatung Arjuna Wijayaが

740_web


完成は1987年の様ですが、何のために作られたのかは調べても分かりませんでした...
どのタカ詳しい方がおられましたら教えてください。


Patung Arjuna Wijayaの場所はこちら





Holiday Inn Jakarta Kemayoranに戻り、私が買ってきたブツを試食してみることに
まずはこちら、マラッカで購入したドライドリアン、高級ドリアンの猫山王を使っているそうです。

571_web


1袋24MYR、650円ほどと高価です。
2人で試食してみた結果、これはなかなか美味しい!
ドリアンが好きな方は気に入ると思いますが、ドリアンがダメな方はアウトかな...


次に試食してみたのがマンゴープリン、どちらも1袋4MYR、100円程度

598_web


香港、台湾などでマンゴープリンを食べることがあるので買ってみましたが、これは正直イマイチ、値段も安いので文句も言えませんが、濃厚なマンゴーの味ではなく駄菓子屋で売っているような安い味がします。
ちなみに左の袋は30個入り、右の袋は12個入りとなります。価格と量を比較すると右側のは美味しくても良いのでは?と思いますが、どちらも大差ないように感じました。
マンゴープリン系をお土産に買うなら、少し高い物を買った方がハズレが無いみたいです。


ホテルに戻ったのはこれの取引もあるため...

741_web


事前にジャカルタ入りしていたちゃんどら~先生がスーパーで購入してくれていました。
Extra JOSSです。ビタミンB群を取ることのできる粉末ジュースで、味はリアルゴールドの様な感じ、300mlの水に溶かして頂きます。粉末の栄養補助ドリンクで粉末だけに持ち運びが簡単、コンビニで冷えた水だけ買えばいつでもどこでも飲むことが出来ます。これ、シンガポールでも購入できなくはないですがお高め、インドネシアの製品だけあってインドネシアで買うとかなり安いです。味はパイナップル、マンゴー、グレープの3種類があり、メインはパイナップルです。以前おすそ分けしていただきまして、それ以来毎日のように服用しています。

この写真の量を買って頂いていたわけですが、これを全て譲っていただけました。
更に購入できないか近くのスーパーに行ってみようという事になりました。









タクシーで向かったのは近くのショッピングモール




この中にスーパーがあるらしいです。
Google Mapにもスーパーがあることになっていますが、実際に行ってモールの中を見るとスーパーが見当たりませんでした。ここに行くときタクシーの運転手さんから、なぜそこに行くんだ?スーパーならこの先の方が良いぞ!と言われていたらしいです。

ここでJOSSが買えないという事が分かったので、一旦ホテルに戻ることに。
ジャカルタの夕方の渋滞は激しく、タクシーが全く捕まりません!
Uberを呼んでもいつ来るか分からないほどの渋滞、モール前に3輪タクシーが何台も待機していたので、これに乗って戻ることにしました。


もちろんエアコンなんてありません!乗り心地も良くありません!(笑)

742_web


タクシーに比べ凄く安いの?と思いますが、普通のタクシーとさほど変わりない値段らしいです。でも車両が小さいので道路の左側を走ることが可能、タクシーより早く着くみたいです。車体の後部座席が狭いので1人1台で帰りました。



クラブラウンジでカクテルタイムが始まり2人でお邪魔することに。
まだ2人ともお腹いっぱいで何もつまむこと無く、私がフルーツを取って来ただけ...


743_web


KLIA2でドリアンのアンが入ったパイ、ドライドリアンを購入
こちらは完全に試食だけして、残った分はラウンジのスタッフへ差し上げました。
これらが不味いという訳ではなく、パイはドリアン好きな人からしたらドリアン味が薄いのでイマイチかな...と思います。
ラウンジスタッフにさし上げたところ大喜びだったので良かった...ドリアン嫌い!とか言われたらどうしよう?と内心思っていました(笑)

スタッフにさっきのもう食べたの?と聞くと、もう食べちゃったわよ~!美味しかったと
いやいや、ドリアンって匂いがキツイ物だから、これから接客しかければならないのに大丈夫なの?と思う訳でして...彼女たちには関係ないみたいでした(笑)



ちぇんどら~先生とはここでお別れ、夕飯は食べなくても良いかな~!と思っていたら22時頃になって急にお腹が減って来ました。仕方ないのでホテル周辺で食べるところ無いの?と周辺を歩いてみるも全て閉店状態...ホテルに隣接したショッピングモールも閉店しているため食事をできるところがありません。
こうなったら仕方ないのでホテルロビーのダイニングで食事することにしました。


先に飲み物を頂き、これを飲みながらメニューとにらめっこ
飲み物はTeh Tarik 30,000IDR、260円ほど

744_web


意外と高いですね...


食事はカレーとパスタを頂くことにしました。

745_web


Gulai Kambing 150,000IDR、1,300円ほど

746_web


カレーという事は分かったので注文してみたら山羊肉のスープカレーらしいです。
インドネシアは豚肉の料理が本当に少ないですね...長く滞在していたら豚肉が食べたくなるのでは?と思いました。


748_web



Asiago Pasta 110,000IDR、950円ほど

747_web


クリーム系のパスタということでこちらを選びました。


サービス料10% 29,000IDR、税金31,900IDR、合計350,900IDRとなりました。
どちらも美味しかったですがインドネシアにしては高い料金になるのかなぁ...お会計は部屋付して部屋へと戻りました。


明日は8時頃にはチェックアウトする必要があるため就寝となりました。




2017年8月24日 (木)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 7日目クラブラウンジで朝食&トゥッカーノで肉

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




ジャカルタ滞在2日目の朝、こちらはホテル客室の廊下

705_web_2


このホテルが開業してまだそれほど経っていないようで綺麗です。


部屋からの景色、右側にゴルフ練習場らしきものが見えました。

706_web_2


高層住宅らしき建物があり、中心部からは少し離れているようです。



ホリデイイン ケマヨラン(Holiday Inn Jakarta Kemayoran)の場所はこちら




ジャカルタにインターコンチネンタルがありましたが今年春頃にリブランドされ、現在はローカルのホテルとなっているようです。現在ジャカルタにあるIHGのホテルで、ここが一番快適に過ごせるようです。この宿泊は全額ポイントで支払い、1泊15,000ポイント×2泊で30,000ポイント、Spireのステータスでクラブラウンジアクセスを頂けるので、私にとっては嬉しいホテルかな。


この日の予定決まっている予定は、お昼に肉を食べに行く!です。準備運動を兼ねてクラブラウンジで朝食を頂きました。食べすぎるとせっかくに肉を沢山食べられなくなるので要注意!


クラブラウンジは3F、入って右側がテーブル席、左側がソファー席となっています。
料理などは右側のテーブル席に展開されています。

719_web_2



ラウンジに入ってすぐの右側にあるサラダコーナー

707_web_2


フルーツ

708_web_2


サラダコーナーの下の冷蔵庫には飲み物が置かれています。

718_web_2


シリアル類

709_web_2


パン

710_web_2



ホットミール、1つに2つの料理が入っているので8品の提供

711_web_2


イスラム教の国なのでベーコンなどは牛肉、肉類は基本鶏肉か牛肉になります。



ラウンジに入って右側のテーブル席

712_web_2



ラウンジに入って左側のソファー席

713_web_2



ソファー席の方になぜかチャイナエアラインの等身大POPが置かれてます。

714_web_2


チャイナエアラインのステー先となっており、クルーがラウンジを利用しているそうです。



食べすぎないよう注意し食事を頂いてきました。

Img_9204_web



飲み物はスタッフがリクエストを聞いてくれ、私は毎度のイングリッシュ・ブレックファーストティー

717_web_2


ポットでの提供ですが茶葉はTバッグです。



ご飯、スクランブルエッグ、ソーセージ、ポテト、牛肉

715_web_2


利用者が少ないのかほとんど手が付けられていませんでした。そのためかスクランブルエッグは半熟の様な感じから、炒ったような感じになっていました。ソーセージは豚肉ではなく鶏肉だと思われます。


716_web_2



こちらがラウンジからの風景

720_web_2


721_web_2


ホテル周辺に高い建物が無いので、ジャカルタ郊外だという事が分って頂けると思います。


ホテルロビー入口ではセキュリティーチェックが実施されています。

722_web_2


館内に入る方全員が対象で、空港にある金属探知機を通過する必要があります。そこまで厳重なの?と思いましたが、あくまでも形式的なようなもので赤ランプが光っても特段調べられるわけでもなく...セキュリティーチェックをやってるよ!とお役所へのアピールなのかなぁと私は感じました。


11時頃ちゃんどら~先生がホテルに迎えに来てくれるというのにベッドでくつろいでいた私は寝落ちしてしまいまして...部屋への電話で起こして頂けました。
これから2人で肉を食べに向かいます。









2人で肉を食べに向かった先はTucano's


Tucano's Jakartaの場所はこちら





ちゃんどら~先生が予約していてくれたみたいでスムースに店内へ

724_web_2


ちゃんどら~先生の話ではブラジルの肉料理とのこと
私はインドネシア語が出来ないので、オーダーから何もかも全てお任せ状態です。


どうやらブッフェコーナーは食べ放題らしいっす。

723_web_2



最近ツイートで話題のポテトを前菜に取って来ましたが、冷めてました(涙)

725_web_2


ポテトは揚げたてでないと美味しくないっす。


このお店のお肉くださいの合図は、テーブルにコインを立てる台があり、コインを立てておくとお肉ください!の合図になるそうです。コインは3色用意されていて、色ごとに合図が異なるようでした。

テーブルにある台にコインを立て少しするとスタッフの方が串刺しにした肉を持ってきてテーブルで切り分けてくれます。

726_web_2


こちらが切っていただいたお肉

727_web_2



1度に1枚とは言わず何枚でも頂けます。

728_web_2


また色々な部位があるので、最初は1種類1枚で試しに食べるのが良いかも
追加できるので気に入ったのは後からたくさん食べたほうが良いかと


次から次へとお肉がやって来ます。

729_web_2


店員さんがお肉を切っているとき私たちは見ているだけでなく、お手伝いしなければなりません。

730_web_2


店員さんが切りやすいよう、テーブルにあるトングでお肉の切り初めの場所を持っておかなければなりません。こうすることで店員さんが肉を切りやすくなるんですね。実はこのお手伝いもなかなか楽しかったりします(笑)


お肉の量が凄い事になっています。

731_web_2


赤身系が中心でしつっこさは少なく、沢山食べられてしまいます。



ソーセージなどもありました。

732_web_2


流石に豚肉はありませんでしたが、日本以外なら豚肉もありそうですね


そしてこれは焼きパイナップル

733_web_2


パイナップルを焼いちゃうんですよ!

734_web_2


と思っていたらこれがまた美味しい!
お肉を柔らかくするためにパイナップル漬けにしたりしますが、お腹の中で同じ現象が起きているのでしょうか?と思ってしまった(笑)


735_web_2



1順したので2順目に突入!ここからは気に入ったものだけを頂きます。

736_web_2


かなりの量のお肉を頂き、食べすぎた感がありますが、赤身の肉中心で盛られている感じは少なく大満足でした。


トゥッカーノは渋谷と池袋にお店があり、ジャカルタまで行かなくても食することが出来ます。店内にいたお客様も日本人か華僑の方がほとんどでした。帰り際朝鮮語を話している方々が乗り込んだ車は日本で俗に言う外ナンバー、北の大使館の方だったのでしょう。
ジャカルタではある程度お金にゆとりのある方しか来れない様なお店で、店内の感じもとても良かったです。
気になるお会計は2人分で565,488IDR、日本円にして4,824円でした。
これだけ2人で肉食べてお腹いっぱいになって1人2,412円、日本のTucano'sのランチとほぼ変わらない値段です。物価の安いインドネシアにしては高いお店です。


Tucano'sの詳細はこちら
Tucano's


またジャカルタに来たなら寄ってみたいお店でもあります。




2017年8月23日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 6日目ジャカルタ初上陸で密会

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




初LCCの搭乗を終えCGK、スカルノハッタ空港に到着となりました。

661_web_2


出発が1時間程度遅れたので、その分遅延したわけですが...


これがお世話になったAirAsia機

662_web_2



あれ?もうボーディングブリッジが外されてる...

663_web


ここからイミグレに向かうのですが、ボーディングブリッジで降りたにもかかわらずバス搭乗へ回されました。
なんでボーディング使ったのにバス搭乗なの?と思いますが、これに乗って行かなければ仕方がりません。
ANAとJALの飛行機の前を通りバス下車となりました。

急ぎ足でイミグレーションに向かうと超大混雑!
パッと見これは1時間はかかるな!と思うレベルの大渋滞です。
何でこんなに混んでんだ!バカヤロォ~!と思っていると、列に並んでいる人の多くが日本人でした。
この方達が持っている袋などを見るとJAL便で来たようで、その後JALのCAさんがイミグレを抜けていきました。

JALの到着時間を調べると、本来ならAirAsiaが到着した後の到着となるようですが、今回はAirAsiaが遅延したためにJAL便の後になってしまいイミグレ大渋滞に遭遇した模様です。
日本人が並んでいる前の方々に時間がかかったようで、日本人の順番が回ってくるとスムースに流れていったように思えます。
それでもイミグレ通過に40分もの時間を費やしてしまいました。


イミグレ通過後預け入れ荷物を受け取りにターンテーブルに行きましたが、既にかたずけられ係りの方がカートに乗せ移動させようとしていました。
AirAsiaは少し高い運賃で購入すると優先タグを付けてくれるそうですが、全く意味がありませんでした。優先タグの優位性は日本到着のみと思って方が良いのかもしれません。


怪しい物は何も持っていないので税関も書類を渡すだけで通過
シルバーバードのタクシー乗り場を探すわけですが、タクシー乗り場を見つける前に喫煙所を発見!まずは一服です。

664_web


税関を抜け制限エリアを出てから右方向に行き、シルバーバードのタクシー乗り場を探しましたが見つからず...反対方向の行くとすぐに見つかりました。
シルバーバード乗り場は制限エリアを出て左方向に行った方にあるようです。


ちゃんどら~先生からタクシーに乗るならシルバーバードが良いよ!英語も少しは通じるだろうし!ということでシルバーバードを選びました。
少しお値段が高いですが良い車を使っているので乗り心地がかなり良いです。

666_web


私が乗ったタクシーはメルセデスのEクラスでした。
道が良くないジャカルタ、出来れば良いタクシーに乗った方が良いです。
かなり乗り心地が違うと思いますよ。


乗車前にホテルの予約表を見せ、ホテル名も口頭で伝え、分かった!という運転手さん
出発してすぐ、暑いのか?と言ってエアコンの温度を下げてくれました。

667_web


ジャカルタの道路事情は話に聞いていましたが、中々凄いっす!
高速道路2車線の所に3台が横になって走っていたり、バイクとの距離が凄く近かったりと中国以上に凄まじい交通です。
私が初めて中国に行ったとき、この国では絶対に運転できない!と思いましたが、ジャカルタでは絶対に運転できませんし、運転したくないです。

途中、運転手さんがExpressでは無い方で良いんだよね?と聞いてきたので、そうそうExpressではない方!でOKと返答
すると運転手さんが、ジャカルタはホリデイインが多いんだよねぇ...と
確かにホテル選びをしているときExpressが4軒ほどあったなぁと記憶してます。

ホリデイインが見えてきた!と思ったら運転手さんはそちら方面には向かわず...
まぁ違う道で行くのかなぁ~と思ったらExpressに到着するではありませんか(笑)
あぁ!違うと言い今来た道を戻ってホリデイインに到着となりました。
さてタクシー代金ですが290,000IDR程度でした。
支払いの時運転手さんが、私が間違えて高くなってしまい申し訳ないと...
高くなったと言っても10,000IDRほど、日本円にしたら100円程度なのでどってことないですね。



ホテルに到着するとロビーソファーでちゃんどら~先生が私の到着を首を長がぁぁぁ~くして待っていてくれました。そうなんです!今回はちゃんどら~先生がジャカルタに滞在しているのを知り、ジャカルタ訪問を決めました。もしジャカルタ滞在されていなければこのタイミングでジャカルタに来ることは無かったと思います。

スタッフのKenleyさんを紹介してくれチェックイン手続き、彼は少し日本語も出来るインドネシアの方らしいですが、見た目は韓国の方の様に思えました。
アシスタントゲストのコンクールでチャンピオンになったと言ってました。仕事もてきぱきしていて良い感じ、最後に注意を受けたのはドリアンの持ち込みは禁止です!と
ドライドリアンは良いの?お菓子の中に入ったドリアンは良いの?と聞くとフレッシュドリアンNGとのこと、ガチドリアンを室内で食べるな!という事ですね(笑)


このへんはバタバタしていたため写真を撮り忘れていたので文章が多めになります。
ちゃんどら~先生と一度別れ私は部屋に荷物を置くことに、ちゃんどら~先生はラウンジでお茶してるとのことです。
荷物を置き終わってラウンジに行くとちゃんどら~先生がトニックウォーター飲みながらくつろいでおりました。
あれ宿泊してるんですか?と聞くと、いいや!と...
何度も宿泊しているのでクラブラウンジのスタッフも全員知っていて、ある意味顔パス状態...スタッフも久しぶりですねぇ~!と喜んでちゃんどら~先生を迎え入れておりました。
一言、スゴッ!って思いましたね!


クラブラウンジで少しだけカクテルタイムのミールを頂いていると、ツイッターでとある方から連絡がありました。
もしかしてジャカルタにいるのですか?よろしければお会いしませんか?となり、3人で食事をすることになりました。
私は右も左も分からないのでちゃんどら~先生に付いていくだけ...手前でタクシーを降りて手持ち現金が殆ど無い私はATMでキャッシング、1回の引き出しが2,000,000IDRまでだったので2,000,000IDRを引き出しました。日本円でいうと18,000円程度です。
これだけあれば3日間は全く持って問題ないと思われます。


夕食に向かったのが中華料理のお店

668_web


グーグルマップのお店の位置と写真をのんびりさんに送って店内で待つことに
空く返答が来てUberがつかまり次第向かいますとの事でした。


お店の名前はDepot 3.6.9. Shanghai Dumpling & Noodle




インドネシアはイスラム教徒の国、基本的に豚肉は食べないそうですが、このお店は豚肉料理を頂くことが可能です。
ちゃんど~先生が言うには、ジャカルタの中では美味し中華料理が食べられるお店とのことです。でも中国の中華と比べたらダメだよ!あくまでもイスラム教徒の国で食べられる中華料理の中でだからねと。


私はお酒を飲まないので、ライムのジュースを頂くことに

669_web


下に蜂蜜の様なドロッとした甘い液体があるので、よく混ぜてから飲まないとダメです。


ジュースを飲みながらのんびりさんの到着を待っていると、Uberが捕まりこれから向かうとのこと。乗車したけど英語が全く通じないのでちゃんと到着できるかどうか不安だと連絡が入りました(笑)やはりこの国は街中で英語が通じないので不便ですね...
Uberのスクリーンショットも送っていただけたので、到着時刻少し前にタバコを吸いながらお店の前で待つことに、そして無事合流できました。


3人そろったので料理の注文開始
スープ(1人前)

670_web



小龍包

671_web



炒飯

672_web



豚角煮の中華パン添え

673_web


これを中国で初めて食べたのは東莞、超美味しかったです。
その後日本で何度か食べましたが、ぶっちゃけイマイチ...
ここの中華パンは日本のパンよりふかふかしてましたが、豚肉は日本で食べたほうが美味しいかも。


もやし炒め

674_web


これだけ注文して3,000円程度だったようです。






食後は近くの露店でデザートを頂きます。
東南アジアのデザートと言えばドリアンで決まりですね♪
露店に行ってちゃんどら~先生がインドネシア語でオニイサンと交渉

677_web


殻を割ってナイフで少しドリアンを取り試食、イマイチだったので他の無いの?と言うと別の美味しそうなのを割って試食させてくれました。これは美味しかったので頂くことにし、いくらと聞くと100,000IDRと!シンガポールで私が食べたのは1.4kg程度の大きさで3,200円ほど、これは少し小ぶりで1.00kg以下の感じでしたが100,000と言う店主、約1,000円です。まぁシンガポールに比べれはかなり安いですが、インドネシアにしては少し高いようです。


買ったドリアンの殻を割ったのがこちら

675_web


なかなか良い感じのドリアン


こちらを3人で頂きます。

676_web


私は何度か食べて徐々に慣れてきている最中、ちゃんどら~先生は食べ慣れていて大好き、そしてのんびりさんは初ドリアンです。
私とちゃんどら~先生が美味しい美味しいと食べている中のんびり産は、おぇぇっ!と言いながら食べ、これ無理っす!と言ってました。
臭みも少なく苦味もほとんど無く美味しかったのですが、のんびりさんはアウトとのことで残りは2名で美味しくいただきました。
さてインドネシアのドリアン露店はビニールの手袋なんていう物は置いてません!素手で食べテーブルに置いてある小さなボールに入った水で手を洗うだけ...手がドリアン臭くなります(笑)
インドネシアのドリアン、安くておいしかったです。
またジャカルタに来ることがあるなら食べてみたいと思います。



なんだかんだでホテルに戻ってきたのが24時過ぎころ...部屋の写真を撮り忘れていたので急遽撮ることに
今回は1泊15,000ポイントを利用し無料宿泊、Spireは無償でクラブラウンジアクセスを付けてくれるそうです。
アサインされたのは15階のエグゼクティブフロア

701_web


そこそこ広く2名でも十分な広さ


ベッドメイキングされおりました。

702_web


確か夕方部屋に入った時はされていなかったように思うのです...


ワークデスク

703_web


ソファーとテーブル

704_web


ちなみに喫煙と禁煙の部屋があるので予約時に選べるようです。
私は喫煙の部屋を予約し、予約通り喫煙のエグゼクティブフロアにアップグレードしていただけました。


詳しいく写真を撮り忘れてしまったので更に詳しい内容を知りたい方は、あおてんさんのブログHoliday Inn Jakarta Kemayoran その1をご覧ください。



2017年8月22日 (火)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 6日目ジャカルタへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




人生初のLCC搭乗でKLIA2から出国

620_web_2



AirAsiaのラウンジある場所近くまでやって来ました。

626_web_2


制限エリア内もお店が多くKLIAよりも良いのでは?と感じます


今回は高い運賃で買っているためラウンジへのアクセスがあるらしいです。
ということでAirAsiaのラウンジにやって来ました。

637_web


入り口で搭乗券を提示すると、Wi-Fiのパスワードを頂けました。その際、注意事項を説明されたのですが、出発時刻の案内等は無く呼び出すことも無いので各自で行ってくださいね!とのこと...

搭乗開始時刻少し前になったら搭乗ゲートに向かえばよいだけなので、OKと言ってラウンジ内へ
ラウンジ内はかなり空いていて利用している方は10名前後でした。
こちれはテーブル席、その奥にソファー席

627_web



囲われている部屋がありましたが、どうやら喫煙所では無いようです。

628_web


充電エリアかもしれません。


階段があったので上の階に行ってみました。

631_web


赤い絨毯の階段を上った先は...


リラックスルームの様な感じ

629_web


ここで仮眠することも出来るようです。


リラックスルームから飛行機を見ることが出来ます。

630_web


駐機されている機材はAirAsia機だけ、A320のみとなります。


ラウンジという事で食事を頂いてみることに

638_web


ラウンジに入ってすぐ右側にミールと飲み物が用意されています。


用意されていたホットミールはこちらのみ

632_web


ご飯とカレーとナシレマの具材でした。


飲み物のコーナー

634_web



左側はタイガービール、右側はソフトドリンクです。

635_web


ビールなどのお酒は有料の様でドアが開かないように施錠されていました。
こちらを頂きたいときはスタッフに声掛けする必要があるようです。


チキンカレーとサンドイッチ、コーラを頂くことに

636_web


ミールの種類が多くないので必然とカレーを頂くことになりますが、美味しかったです。


AirAsiaは著名人を使ってプロモーションしていますね。

639_web



ボクシング界からはマニー・パッキャオ

640_web


6階級制覇のボクサーで、WBC世界フライ級、IBF世界スーパーバンタム級、WBC世界スーパーフェザー級王、WBC世界ライト級、WBO世界ウェルター級、WBC世界スーパーウェルター級の王座を獲得、その差約18kgとなります。
こんなすごい選手がアジアから出るとは思ってもいませんでした。








これからAirAsiaに搭乗し、豪華な機内食?も控えているのでラウンジでの食事はほどほどに
搭乗時刻も近くなったので搭乗ゲートへと向かうことにしました。

現在手持ちのインドネシアルピアは無し
ラウンジを出たところにTravelexの両替所があり、ルピアなどへの両替キャンペーンが行われていたので、手持ちのリンギットを全て両替することに。、

641_web


114.16MYRが302,000IDRになりました。これレートが良いのか悪いのか分かりません(笑)
マレーシアとインドネシアに詳しい方に聞いてみたところ、おぉ!レート良いね!と言われました。300,000程度の現金があれば空港からホテルまでタクシーで行けるかなぁ?


搭乗ゲートはQ7、Q方面に向かい保安検査を受けます。

642_web


保安検査はこの先のスロープを下ったところにあります。


保安検査を受け搭乗ゲートにやって来ました。

643_web


ここからQZ201便に搭乗しジャカルタへ向かいます。

644_web


搭乗開始時刻が14:15、開始時刻になってもゲートに機材は無く...

645_web


しかも出発案内に遅延の案内は無く...どうなっているんだ?


搭乗ゲート脇には預け入れ荷物が準備されています。

646_web


するとクルー御一行様が搭乗ゲートにやって来ました!あれ?もしかしてクルーがこの時間に来るという事は、クルーは遅延を知っていたのか...遅延するなら言ってくれよぉ~!それならたばこを吸いに行く時間があったのに(涙)


そして搭乗開始時刻から30分ほどして機材がやって来ました!

647_web



これから乗客が降機してから搭乗開始

649_web



機材から預け入れ荷物が降ろされていました。

650_web


A320もB737シリーズと一緒で手積みなんですね...
中型機や大型機はコンテナに荷物を入れ飛行機に搭載となりますが、小型機はそのまま積むことになります。小型機ゆえコンテナが入らないので必然と手積みになるようです。


ジャカルタまで向かう座席は1A

651_web



少し足元が広いらしいです。

652_web


国内を飛んでいるB738の最前列とそれほど変わりない広さかと...
でもこの座席を選ぶために少し高いお金を払っています。


久々にCAさんとのお見合い席っす。

653_web


結局定刻から50分過ぎてのドアクローズ、約1時間の遅延です。
まぁこれなら可愛いもんなんですかね?


ドアクローズしてからウトウトしてしまい、気が付いたときにベルトサインが消えたときでした。するとCAさんが慌ただしく動き出し、カートの準備を始めます。カートを押したCAさんが来てボーディングパス出せって!荷物入れの中にあると返答すると出して!って言われました。なんでパスが必要なんだろうと思ったら、飯を提供した印としてパスにハンコ押すみたいです。

それで提供された食事がこちら、ナシレマです。

656_web



iPhone6 Plusとほぼ同じ大きさ

657_web


ANAのエコ飯しのメイン程度の大きさです。


こちらがナシレマ

658_web


温めてあり少しだけ温かったです。味はと言いますと可もなく不可もなく...それほど美味しいと思う機内食ではありませんでした。まぁ、ANAのエコ機内食もそれほど美味しいと思えないので、遜色ないと思いますが。
ちなみに事前購入すると300円ほどだったと思います。飲み物も事前に1本選べたのでコーラを選択しておきました。ワゴン販売は基本有料だからCAさんが電卓叩いて値段見せていました。レガシーでは見かけない光景、特急列車のワゴン販売の様でとても新鮮でした。



順調に飛行は続き窓の外には東南アジアの島々が見えました。
バンカ島のPANTAI TELUK周辺

659_web



バンカ島Koba周辺

660_web


ベルトサインが出ていからiPhoneで写真撮ってたらCAさんから注意されました。インドネシアの飛行機はベルトサインが出てから電源オフにしないとダメみたいです。英語でそんな様なことを言っていた気もするんですが、なにせ聞き取れない英語でして...


定刻から1時間弱の遅れでジャカルタ空港(CGK)に到着

661_web


1時間ほど遅れましたが無事に到着できたので良かったです。
ここからイミグレを抜け、タクシーに乗って本日のお宿に向かう予定です。




2017年8月21日 (月)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 6日目KLIA2へ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




マラッカ最終日、この日はKLIA2に行きそこからジャカルタへと移動します。

525_web_3



朝食はクラブラウンジへ

Img_9204_web


朝食も昨日とさほど変わらない内容



ホットミールの牛肉とクリーム系のパスタからタイ米とチキンに変わっていました。

601_web


これを除けば昨日とほぼ一緒です。
少しでも内容が変わっているだけありがたいっす。
仙台のホリデイインは毎日同じ朝食ですから、そろそろ飽きてきましたわ


朝食を食べ終え9:30初のバスに乗車するためにチェックアウト
チェックアウト後はマラッカ到着時に下車したマコタ・メディカルセンターからKLIA行きのバスに乗車します。

マコタ・メディカルセンターにやって来ました。

602_web



まずはバス番号を確認するため、バス会社のカウンターに行ってナンバーを確認します。

603_web


バス会社のカウンターはバス停近くの入り口を入ったところ、ここのドアから入ってすぐです。

604_web



中に入るとStarmart Expressカウンターが在りました。

605_web


ここで印刷しておいたインボイス見せて、Would you show me my bus numberと言ってバス番号を教えてもらいました。


カウンターの先にはフードコーナー、セブンイレブンもあります。

606_web


出発時間までここで待機しておくのが良いかと、外は暑いですからね...
後から分かったことですが、バス到着近くになるとカウンターの方がバス停に来て、○○域に乗る人~!と言って声を掛けてくれます。
カウンターの方が移動したら一緒に移動していけば間違いないと思いますよ。



バス停はこちら、皆さん長距離バス待ちの方です。

607_web




バス停の道路の向こう側にはマコタ・パレードがあります。

608_web


マコタ・メディカルセンターとマコタパレードの間の道路にバスが停車し、乗客が乗り込みます。


KLIAまで向かうバス、マラッカまで来たバスと同じ車内です。

609_web


またしてもトイレ無しの車両、トイレは乗車前に行っておいた方が良いですね。



バスは数名を乗せKLIAへ...途中にAEONが見えてきました。

610_web



AEONの場所はこちら




かなり大きなAEONでした。
ここでお土産などを物色するのも良さそうですね。
マラッカは路線バスなどがそれほど多くないよで、どうしても移動はタクシーに頼らざる負えないようです。



KLAIへ向かうのかと思っていたバスはこちらに到着

611_web


あれ?ここってもしかしてマラッカのバスターミナル?と思ったらその通り!
マコタ・メディカルセンターが始発で、バスターミナルに寄ってからKLIAに向かうようです。



マラッカのバスターミナル、Melaka Sentralはこちら




ホリデイインに宿泊の場合にここで下車してしまうと、タクシーでの移動が必要になります。









マラッカのバスターミナル、Melaka Sentralを出発してから3時間ほどでKLIA2に到着

612_web


バスに乗車していた方のほとんどがここで下車、私もそれに釣られて下車してしまいましたが私がKLIA2に来たのは初めて、運転手さんにここKLIA2?それともKLIA?と聞くとKLIA2とのこと。
12時少し前の到着となり、搭乗予定のQZ201まで2時間以上あります。



案内に従って出発エリアへ向かうことに

613_web



出発エリアに向かう途中ですが、KLIAと違いお店が沢山あります。

614_web


KLIAの出発エリアは何も無い感じですが、ここはかなりのお店がある感じ、KAI2の方が賑やかなのでは?と思います。
ANA修行の際、空港でお土産等の購入を考えているならKLIA2まで行って物色した方が楽しいし、いろいろ見つかると思います。
ショッピングモールの中に空港があるような感じでした。


出発フロアーに到着

616_web



ここからAirAsiaのチェックイン機器を探すわけですがAirAsiaがハブにしている空港だけあって機械はすぐに見つかりました。
人勢初のLCC搭乗がAirAsiaとなりチェックインに向け手続きです。

617_web


ちなみにオンラインチェックイン済みでチェックイン手続きは不要、預け入れ荷物のタグだけ印字する必要があります。



印字したバッゲージタグを持ってドロップカウンターに並びます。

618_web


ドロップカウンターに並ぶ際、チケット等を見せ並んだのですが、私の順番になってチケット等を見せたらここではないよ!ジャカルタ行はこの裏だよ!と言われ、裏のドロップカウンターに再度並ぶことに...

KLIA2のAirAsia、行き際によってドロップカウンターが異なるようです。
並ぶ際に上記の写真があり行先が書いてあります。
初LCCの洗礼でした(笑)


私の番になり預け入れ荷物は15.1kg

619_web


今回は20kgの預け入れ荷物を事前に購入しておきました。
マレーシアで何も買う予定は無かったのですが、少しだけ購入したりでこの量になっているようです。



キャリーケースを預けたので出国へと向かいます。

620_web


国際線出発口に行き係員にパスポートと航空券を見せてイミグレを抜けます。



KLIA2はHの字を横にしたような形状
そして駐機している航空会社はAirAsiaばかり

621_web



こちらもAirAsia

622_web



こちらもAirAsia

623_web



こちらもAirAsia

624_web


AirAsiaのために造られた空港なのでは?と思うほどAirAsiaしか駐機されていませんでした。



制限エリアの奥までやって来ました。
ゲートPとゲートQの方はこの下のフロアーに降りる必要があります。

625_web


エスカレーターを降りた先にも多くのお店が

626_web


KLIAより新しいだけあって綺麗だし、お店の数も多いように思えます。


今回のジャカルタ行とジャカルタ発はAirAsiaを選びました。
スカイスキャナーを使って運賃を調べたところガルーダで3.5万円、シンガポール航空で5万円ほどとかなりの高値、それならばAirAsiaで買えば1搭乗5,000円ほどで買えることが分かりました。しかし遅延・欠航の多いAirAsia、最安運賃で買って飛ばなかったら最悪!ということで、遅延・欠航の保証がある航空券で購入することにしました。

この運賃は機内食と飲み物が込み、事前選択すれば無料となります。
預け入れ荷物は事前に買う感じで往路を20kg、復路を25kg購入いたしました。しかも高い運賃で買った場合はKLIA2でラウンジアクセスがあるようです。LCCってコスト削減した分で運賃を安くしているからラウンジなんてものは皆無と思っていたら、KLIA2には存在するようです。

AirAsiaの航空券、1便が9,000円弱となり2便で18,000円ほどとなりました。
この金額なら東南アジアを周遊するときなどでAirAsiaを選ぶのも悪くないのでは?と思いました。ただし先にも書きましたが遅延・欠航が付きものらしいですが。


この後はAirAsiaのクラブラウンジへと向かいます。




2017年8月20日 (日)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 5日目マラッカ散策

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




オランダ広場から橋を渡りチャイナタウンへとやって来ました。

529_web



和記雞飯の少し手前辺りです。

530_web_2



この辺りに面白そうな食べ物を発見!

531_web


横にあったPOPを読むと毎日正午から売り始めるようです。


その名が古城咖喱面包鶏

532_web


チキンカレー包という事は理解できましたが面(麺)が何を意味しているのだろうか...
麺の材料をガワにしているとでもいうのだろうか?次回買ってみたいと思います。
って次回マラッカにいつ行くのだろうか...
やはり気になったものはその場で試してみないとダメですね...反省



更にぶらり歩いていると面白いお店を発見

556_web


丸椅子を売ってるお店なんですが...


丸椅子に色々な絵が描かれているんです。

557_web


値段はまちまちで、高さの低い物が1脚35MYR、約950円ほど
少し高さのあるものが1脚68MYR、1,900円ほど


こちらは高さの低い物で40MYR、描かれている絵が違うようです。

558_web


これ買ってもどうやって日本に持ち帰る?と思いました。
でも洒落で買って帰ったなら面白いかも?



その近くに公園らしき場所があったので入ってみると...マラッカで有名な像がありました。

559_web


詳しく調べてないので誰の像なのか分かりませんが、ボディービルの選手なのかなぁ?



公園の場所はこちらです。





ぶらぶら歩いていると少し気になるものを発見!

570_web


ドリアンの山猫王のドライフルーツです!
しかも1個24MYR、日本円で650円ほど!!
3個買うと70MYRになるというオマケつき!!!


571_web


これは美味しいのだろうか?
試に3個買って1個をドリアン好きなあの方と試食しなければ!
ということで3個お買い上げとなりました。


ここのお店でLOT100のマンゴーを見ていた日本人の方がいたので、それ美味しいですよ!昨年KLで買って帰ってばら撒いたら好評でした!ただお土産店という事で少し高いかも、スーパーで買って方が安いかもですとお伝えしておきました。シンガポールも日本人の方が多いですが、マラッカも日本人の方が多いようです。


ドライドリアンを売っていたお店、美中園餅舗はこの辺りです。





チャイナタウン散策を終え、オランダ広場を抜けMuseum of Royal Malaysian Customs Departmentへ

569_web


Museum of Royal Malaysian Customs Departmentを訳すとマレーシア王国税関局とでもなるのでしょうか?



ふと横道に入る場所に露店が...

560_web_2


ココナッツを売ってました。
そういえばココナッツを食べたのは初めてシンガポールに行って以来、ココナッツ食べてないなぁ~
どうせなら1個頂いてみると思い寄ってみると、白い大きな物があるでは!


この白い大きなもの、名をスノーボール(雪玉)と言います。

561_web



これがそのスノーボール(雪玉)

563_web


何のことは無い、ココナッツの周りの皮を剥いてくれ中身だけにしてくれているんです。通常のココナッツをそのまま食べると、最後にスプーンで内側を剥がして頂くわけですが、これはその必要がありません。全部食べられます。最初はストロー差して中のココナッツジュースを頂き、飲み終わってから白い部分を食べるという物です。

店員のオニーサン、慣れた手つきでココナッツを剥いて、ストロー差してくれてとあっという間
いくら?と聞いたら5MYRだって!日本円で140円ほどです!
これだけ手間かけてるのに5MYRって安い!
ココナッツは特段美味しいとは思いませんが、一度食べてみてください。



次にやって来たのがメダン・サムデラ(Medan Samudera)

564_web



大型バスでやってくるお土産のマーケットの様な場所

565_web


この中をプラット覗きましたが別段欲しい物は無く...
中でトイレに行こうと思ったら、トイレ前にいるオジサンに止められ有料だよ!って...0.5MYRか0.2MYRを取られました。いくらか分からなかったので手持ちの小銭を全てだし、手のひらに広げたらオジサンが取ってくれました(笑)


お土産屋の道路の反対側(川側)には海洋博物館があります。

566_web


マラッカ王国があっただけに、この辺りは博物館がかなり多いです。



すると爆音で音楽を掛けながら走るトライショーが...

567_web


トライショーは三輪ガイドタクシーの様な乗り物、かなり派手なものが多く、オッサン1人では乗れる勇気はなく...このトライショーは黄色でしたが、ピン系のトライショーが多かったかな。女性の方、ぜひ乗って観光してみてください。



また4時間ほどの散歩からホテルに戻りクラブラウンジへ

572_web



冷たい物で癒されに来ました。

573_web










カクテルタイムまでは少し時間がり、再びマコタ・パレードへ行く事に




ここにスーパーマーケットのGiantがあるらしく、お土産等を物色することに



マコタ・パレードのどこにあるか分からないので、とりあえずモール内を物色!
するとVWのTシャツなどが目に留まりました。

576_web



何でこんなの売ってるんだ?と思ったら、VWのオフィシャルショップではありませんか!

578_web


おい!マジカヨォ!!!と思いいろいろ物色開始、するとセール中で多くの物に赤札が張られてました。これは買うしかない!と思い在庫のサイズ等を店員のオニーさんに聞くと、TシャツはXLサイズまで、ポロシャツはXXLサイズまでありますと


それならポロシャツを物色すればよいのね!と思い店内の物色開始

577_web


VネックのシンプルなTシャツがあったので、友人にLINEで電話!
1枚買っていこうと思うんだけどどれが良いって、3枚写送ってサイズ確認

580_web


赤、紺、黒のどれが良い?残念ながら黄色はないで!と聞くと、その中なら赤やなぁ~
サイズはLで良いの?と聞くと、Lはデカすぎると思うMやなぁ~!と
ということで赤のMサイズを友人分でお買い上げとなりました。


更に自分の分で安くて気に入るは...いろいろ見ていると店員のオニーサンが、まだですかぁ~と言うような感じ...(笑)

579_web


後から分かったことですが、オニーサン食事休憩に行く少し前だったらしいです。お会計の時に他の店員さんが対応したので彼は?と聞くと、いま食事休憩に行ったよぉ~ですって(笑)だから半べそかいたような感じだったのかぁ~(笑)


自分用にはこの3枚を購入いたしました。

595_web


高いのは200MYR弱、安いのは50MYR程度、4枚の合計が461.55MYR、27,000円ほどとなりました。また余計な買い物をしてしまった...(涙)
単純に4で割ると1枚6,750円、決して安い買い物ではなかった(笑)



VWのポロシャツ等を買ったので本来の目的であるスーパーへ

583_web


スーパーはモール内の地下にありました。
地下の店舗は一部にしか無く、他は駐車場となっているようです。
KLの様に大きなGiantではなく、こじんまりとしたGiantでした。お土産用になるものは少なく、店舗端にあるチョコレート売り場にお土産にできるかな?程度の物しかありません。LOT100のグミもマンゴー味だけが売り切れていたりと...


購入したのがこちら、ドリアンチョコレート

596_web


両端のチョコレートはドライのドリアンが入っているようですが、チョコレート自体が美味しくなく...中央のチョコレートはチョコレート自体は美味しいですが、ドリアンの味は強くないのでイマイチテロ土産には向かないかな...


テタリを2袋購入、1袋15MYR程度だと思いました。日本円で400円ちょいかな

597_web



マンゴープリンがあったので購入、どちらも4MYRと激安!

598_web


左は30個入り、右は12個入り、絶対に12個の方が美味しいよね!と思うでしょうか、どちらもイマイチでした。濃厚なマンゴーの味がするプリンではなく、駄菓子屋で食べる様な味のマンゴープリン、それでも1袋100円ちょいですからかなり安いと思いますが。


買い物を終え部屋に買った物を置いてからクラブラウンジへ、少しだけカクテルタイムを楽しもうと思います。昨日の反省を生かし今日は絶対に夕食を外に食べに行く!と思いこれだけです。

574_web


クラブラウンジ内は30人ほどのグループがコンペの表彰式らしきことを行っていました。
そのせいでラウンジ内はそこそこの混雑、座る席が無いわけではありませんが、良い席はありませんでした。

カクテルタイムのミール、昨日とホットミールが若干変わった程度でした。
今回は炒飯に手を出すのはやめよう!と思っていた訳ですが、もう少しでカクテルタイムが終了と言う時間にもかかわらず、炒飯に手を付けている形跡がありません!
白人の人は米食べないのかなぁ...と思い、仕方ねぇなぁ~!


575_web


炒飯とスイーツを少し頂いてしまいました(笑)
誰も手を付けないのは、作る側からしたら寂しいですよね...
日中にあまり食べていなかったので、この後飯行っても大丈夫です。



さて、夕食は昨日気になったお店、その名もザ・チキン・ライス・ショップへ

485_web


そうです!先ほどまでマコタ・パレードで買い物をしていましたが、再びやって来ました。

こちらがお店のHP
http://www.thechickenriceshop.com/

マレーシア内にかなりの店舗があるらしく、KLだけでも20店舗ほどあるらしいです。



さぁ!いざ、ザ・チキン・ライス・ショップへ

585_web


店内は日本のファミレスの様な感じ、ハラルの様でイスラム系の女性スタッフが多く、お客様でもイスラムの女性が多かったです。


私が注文したのはシンプルにチキンヌードルとチキンライスのライスのみ

586_web


ラウンジで食べてきたばかりだから、2品は遠慮しときました。まぁ食べられないこともありませんが(笑)このお店、セットメニューなどもあり、2人前セット、4人前セットなどもあります。パーティーセットの様な物もあり、大人数で来ると安く色々楽しめるようです。


こちらがチキンヌードル12.49MYR

587_web


ゆでた麺が解れてなく、ゆで上げた状態になってました...これ減点の対象ね!



こちらがチキンライスのライスのみ2.79MYR

588_web


ライスの味付けはまーまーでした。



飲み物はテタリ、6.09MYR

589_web


チキンヌードルとライスにはスープが付くようで、スープが2個来ちゃいましたよ!
そこは1個で良かったんだけどなぁ...



3品注文して21.30MYR、これにサービスチャージ5%と消費税6%が取られて合計23.70MYRとなりました。

590_web


日本円にすると650円ほど
日本でこの内容を650円で食べられるか?というと絶対無理ですが、マレーシアだと安くはない感じでしょうか。マレーシア内に多くの店舗があるらしいので、また見つけたら入ってみたいと思います。



モール内のメインのエスカレーター下にジェラートのお店があり、こちらでデザートを頂くことに。

584_web


このお店、カップの大きさで値段が決まるのではなく、重量で値段が決まるらしいです。


選んだのはドリアンとココナッツ

591_web


ドリアンは思ったほど臭くなかったです。
これで18.9MYR、500円ほど、1g=1MYRの料金体系の様です。
先ほどの食事が23.70MYRだっただけに、ジェラートはかなり高額の様です。



ジェラートを頂いて次なる場所、コインランドリーに向かいました。

593_web


コインランドリーの場所はマコタ・パレードの西側という事で、ホテルを出るときに洗濯物を持って出ました。


コインラインドリーの場所はこちら




Venus Boutique Hotelの隣がコインランドリーとなります。



それほど量が多くないので小さい洗濯機の6.00MYR、乾燥機で4.00MYRの24分

592_web


合計10.00MYR、270円ほどで洗濯乾燥することが出来ました。
シンガポールこコインランドリーだと1,000円程度は使ってしまうため、マレーシアのコインランドリーは安いですね。次回マレーシアに来たときはコインランドリーを使うようにしますわ。

コインランドリーに乾燥に来た人と少し話す機会があり、この方はバングラディッシュから出稼ぎに来ていて、ホリデイインの先にある中華料理店で働いているとの事
兄貴が日本に出稼ぎに行っているとの事で、日本のどこ?と聞いたら分からないと(笑)
でもバングラディッシュの人がカレー店ではなく中華料理店なのね...

部屋に戻ったのが23時少し手前、明日に備えて寝ることにしました。




<script class="wysiwyg-script"> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});< /script>

2017年8月19日 (土)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 5日目和記雞飯でチキンライスボール

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




4時間ほどマラッカを早朝散歩し朝食を食べにホテルに戻ってきました。

525_web_2


チャイナタウンは観光地名なのか、早朝から営業しているお店はほぼ無し
2つのショッピングモールで営業していたのはマクドナルドだけ...



結局ホテルのクラブラウンジで朝食を頂くことに
こちらはパンのコーナー

546_web



ホットミールの牛肉とクリーム系のパスタ

547_web_2


パスタのソーセージの様に見えるのはパプリカです。


豆とチキンソーセージ

548_web


ホットトマト、マッシュポテト

549_web


ハムとなにか(なんだか忘れてしまいました)

550_web


ワッフルとホットケーキ

551_web


サラダコーナー

552_web


フルーツ、マリネ、チーズ

553_web


カップケーキ、ドーナツ

543_web


スイーツ

544_web


こちらもスイーツ

545_web



ざっくり取って来て、いただきます。

554_web


食後のデザート

555_web


飲み物はラウンジに入った時にスタッフが聞いてくれました。
私はイングリッシュ・ブレックファーストティーを注文、ティーバッグをポットでの提供です。

写真を撮り忘れましたが卵料理はオーダーで作ってくれます。
私はオムレツを注文してみましたが、もしかしたらシェフでなくスタッフが作っているのかなぁ?というレベルのオムレツでした。
テーブルに卵料理のメニューがあるのでオーダーするときは見てください。


クラブラウンジにしては色々置いてあったので良い朝食だと思います。









朝食を食べ終え少ししてからチャイナタウンに再びお出かけ!
チキンライスボールを食べに行くのが目的です。


マラッカ全域かどうかは分かりませんが所々に喫煙所が設けられており、そこ以外は禁煙の様です。

526_web_2



タバコのマークがあるのですぐに分かると思います。

527_web



喫煙場所には灰皿も設置されているのが嬉しい

528_web


そういえばチャイナタウンに向かう橋に禁煙って書いてあった様な...


オランダ広場から橋を渡ってチャイナタウンにやって来ました。

529_web_2



目指すお店は橋を渡ってすぐ近く

530_web



和記雞飯にやって来ました。

533_web



和記雞飯のお店の場所はこちら




チキンライスボールはこのあたりのお店何軒かで食べられるおようです。


朝9時から営業してるようですが私が訪れたのは正午頃、既に満席でした。

534_web



お店の看板には漢字で和記雞飯と書かれており、日本人なら分かるかなぁ

535_web


何人かの方が待っていたので列の最後尾に並んで待っていると、店員さんがオーダーを取っているではありませんか。
メニュー見なくても注文するものはチキンライスボールと決まっているので良いのですが...
店員さんにチキンライスボールと言って注文、すると店員さん(オバチャン)がフライド○○○は?と聞いてくるではありませんか?
○○○が聞き取れず何だろう...と思っているとオバチャンが、あなた日本人?と英語で聞いてきたのではいと返答、するとヤサイイタメと日本語で言ってくれました。
野菜炒めかぁ...まぁ貰っておくか!と思い、I'll take a itと言って頂くことにしました。


こちらでチキンをさばいているようで、オッチャンがひたすら丸鶏を切っていました。

536_web



待つこと10分弱、大テーブルの相席で案内されました。
店内の様子はこちら

537_web



まず初め来たのがにコーラ、Can Drink 2.3MYR

538_web


全部揃うまでコーラに手を付けず我慢!


こちらが全て揃った写真です。

539_web



Chicken 7.5MYR

540_web


Fried vegetables 1.5MYR

542_web


Rice Ball 1.5MYR

541_web


これに消費税が0.77が加算され合計13.5MYR、1MYR=27円で計算すると365円!
ホーカーで食べているのではなく、きちんとしたお店で食べてこの値段!!!
やっぱりマレーシアは物価が安いですね!買い出しに行くならシンガポールよりマレーシアの方が良いのかも。

野菜炒めが意外とおいしく1.5MYRと安い!これはWで注文しても良いかも。
チキンボールも1人前5個が1.5MYR、40円ほどですからWで注文しても良いかも(笑)
しかし何でわざわざご飯を丸めるんだろう...結局ライスボールを割って食べることになるのに...(謎)

あぁ鶏肉は美味しかったです!
このチキンライスボール、また食べたいかと言うと、また食べたいっす!
予想に反して美味しかったのが野菜炒めね!(笑)
もしマラッカに再度来ることがあったらまた食べます♪




2017年8月18日 (金)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 5日目マラッカ早朝散歩

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




クラブラウンジでのカクテルタイムの後、部屋に戻って寝てしまい気づけば午前2時頃...

501_web


このまま部屋でうだうだしていてももったいないので外に出ることに


通った道を行っても楽しくないので、マコタ・パレードに西側に行ってみました。
この辺りは安宿が多いらしく、1泊2,000円~3,000円で宿泊できるようです。
そしてVenus Boutique Hotelの隣にはコインランドリーがあるではないですか!

502_web



洗濯12kgまで6.00MYR、16kgまで7.00MYR、乾燥は6分1MYR

503_web


300円ちょい出せば洗濯と乾燥が出来てしまうという安さです。
これならホテルのクリーニングに出すよりコインランドリーで洗った方が格安に収まりますね。


このコインランドリーの目印はVenus Boutique Hotel





引き続きこの辺りをウロウロしてみました。

505_web


この一画はこんな感じのホテルが多数存在します。
1週間ほどマラッカに滞在するならこんなホテルもアリなのかもしれません。
1泊3,000円として7日で21,000円ですから


この辺りは安いホテルが多く、深夜でも営業しているお店があるようです。

504_web



ゆっくり歩くこと20分ほど、マラッカのオランダ広場にやって来ました。

507_web


深夜という事で誰もおらず...


オランダだからでしょうか、風車もありました。

509_web



オランダ広場の場所はこちら





オランダ広場から橋を越えた辺りがマラッカのチャイナタウン
チャイナタウンの中にヒンズー教寺院があったりでなかなか面白い場所です。
旧市街地の様な感じで道路が狭く、基本車は一方通行です。


こちらは、おとなの基礎英語シーズン4、エピソード66で紹介されたプラナカン博物館

506_web


日本語のガイドブックもあるようななので、行ってみると良いかと。


プラナカン博物館(Baba And Nyonya Heritage Museum)の場所はこちら





チャイナタウンに5時過ぎから営業している美味しい点心のお店があるらしい、しかも私の好きなワゴン式飲茶らしい!
事前情報によると10時頃行くと美味しいというお粥は売り切れているそう、8時に行っても満席ということで開店と同時に行けば良いのでは?と思い開店直後を狙うことに!


榮茂茶室(Low Yong Moh Restaurant)




気合を入れていったにかかわらず火曜日が定休日!休みでした...
ガッカリ、やる気をなくした私は次なる場所を目指してトボトボ歩くことに...
早朝から飲茶する気満々だったのに(涙)









次に目指す場所はセント・ポール教会、場所はこちら





まだ日の出前だったため明るくなるのを待っていると一匹の猫が寄ってきました。

517_web


階段に座っている私にスリスリしてきます。



そして私の前で座り込んでしまいました。

518_web


東南アジアの猫って警戒心が無いのかなぁ?
シンガポールでも猫が寄ってきたことが何度かありました。


マレー半島側のマレーシアの日の出は7時頃、ようやく明るくなってきました。
セントポール教会にあるフランシスコ・ザビエル像

510_web


彼は日本に来る前、この教会に寄ってから日本に向かったそうです。
今はフランシス・ザビエルとなっていますが、私たちの時代はサンフランシスコ・ザビエルと教わりました。
彼は初めて日本にキリスト教を伝えた人と言われていますね。


このセント・ポール教会は1521年に建てられたそうです。

511_web


教会が建てられてから30年弱の頃にフランシス・ザビエルが訪れたことになります。


セント・ポール教会は天井が無く、壁が残っているだけ

512_web


奥の入り口はレンガが落ちないよう、鉄骨で支えられています。


こちらがフランシス・ザビエル像がある側の壁

513_web



この教会は高台にあるので、フランシス・ザビエル像の前からマラッカ海峡を見ることが出来ます。

514_web


煙突みたいに伸びているのがメナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)
円盤型の乗り物に乗り高さ80mほどまで上がり、マラッカを360°展望することが出来るそうです。


飛び出ているビルがホリデイイン マラッカ

515_web



ホリデイイン マラッカの右側には住宅街らしき建物が多く見えました。

516_web



メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)の場所はこちら




お腹もすいたのでホテルに戻ることにします。



セント・ポール教会からホテルに戻ります。
戻った順に振り向いて写真を撮っているので、逆順で見ればセント・ポール教会までの行き方になると思います。


セント・ポール教会から階段を下りてきたところ

519_web_2



階段を下り建物の外に出てきました。

520_web



建物はマラッカ・イスラム博物館(Melaka Islamic Museum)

521_web


この辺りは博物館が多いようです。

522_web


マラッカ・イスラム博物館の隣にはMelaka UMNO Museumなどもあります。


こちらが昨日も行ったBrands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamall

523_web



ホリデイイン マラッカの隣にあるマコタ・ホテル・マラッカ(Mahkota Hotel Melaka)

524_web


なんだかこちらの方がお洒落な感じなんですが...


結局、4時間ほど散歩しホテルに戻ってきました。

525_web


これからクラブラウンジで朝食を頂く予定です。




2017年8月17日 (木)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 4日目ホリデイイン マラッカ クラブラウンジ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




シンガポールから長距離バスに乗りマラッカまでやって来ました。
チェックインを済ませ部屋に荷物を置き、クラブラウンジをチェックしに行く事に

474_web



クラブラウンジの場所は3階、プールの横にあります。

473_web


入り口右側にキーカードを差してからクラブラウンジへ



カクテルタイムが始まる前で、ラウンジ内にはスタッフしかおらず
これはチャンスと思い写真を撮らせていただきました。

475_web


思っていたよりは広いクラブラウンジ



フルで100人は入れそうな感じです。

476_web



テーブル席と料理などが提供されるコーナー

479_web


メインが提供されるのは4品程度かと思われます。



ソフトドリンクはいつでも飲めるように準備されています。

480_web



クラブラウンジからの眺望、マラッカ島が見えます。

478_web


マラッカ島人口の島らしく、まだ開発が終わってないみたいです。
住宅の他にホテルやモスクなどがあるようで、ゆくゆくはここが一大観光拠点と取るようですが、まぁ、マレーシアのことですからいつできるか微妙ですが...



クラブラウンジのお隣にはプールがあります。
ホテル滞在してもプールを使うことはほとんどなく...
ただこのプールに入っていると、まるでマラッカ海峡を泳いているかのように思えます。

481_web



マラッカ島が無ければマラッカ海峡が見えるのですが...

482_web



それでも目線を低くするとマラッカ海峡が直に見えるので、なかなか良い感じのプール

483_web


次回訪れることがあるなら、水着持ってきて入ろうかなぁ...と思います。
近くにショッピングモールもあるのでそこで買ったら?と言われそうですが(笑)









カクテルタイム開始まで少し時間があったので、近くのショッピングモールのマコタ・パレード(Mahkota Parade)へ

484_web



場所はホリデイインの北側になります。





マコタパレードのさらに北側にはBrands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamallがあります。




大きなショッピングモールが2ヶ所もあるので、食や買い物には困ることはなさそうです。



まずはマコタ・パレードの中を物色、2階になかなかの名前のお店を発見

485_web


お昼ご飯食べてないし腹ペコ!チキンライスを食べていく?と思いましたが、もう少ししたらクラブラウンジのカクテルタイムが始まる時間、ここは堪えてカクテルタイム後に再訪問しようと決断したのでありました。



徒歩10分ほどかけホテルに戻るとカクテルタイムが始まる時間、さっそくクラブラウンジへ
フライング気味に訪問したので、誰も料理に手を付けていない状態の写真を撮ることが出来ました。

こちらはサラダコーナー

486_web



メインのテーブル

487_web_2



デザートや1口料理のコーナー

488_web



メインコーナーには炒飯も用意されていました。

489_web


これならお酒を飲まない私でも十分な夕飯になってしまいます。



サンドイッチ

490_web



ピザ

491_web



パイ、鶏肉の揚げ物、ピザ、サンドイッチと頂いてきました。

492_web



一口料理はこの3品でした。

493_web



お初にお目にかかる飲み物、ミリンダです。

494_web


オレンジとストロベリーがあったのでまずはオレンジを、ファンタオレンジみたいな感じの飲み物でした、



さくっと2度目の追加です。

495_web



続いてミリンダのストロベリー

496_web


ラウンジに用意されていたのはこの2種類、他にもメロン、パイナップルなどがあるようです。


ストロベリーはカキ氷のシロップを薄めたような飲み物...正直イマイチだったかな

498_web



食事のシメに炒飯を頂きました。

497_web



食後のデザート

499_web


ブルーチーズはセメダインの味がして美味しくなかった...
その他のデザートなどは美味しかったです。


この後部屋に戻りマッタリモード、寝落ちしてしまい外に食事に行く事は出来ませんでした。




2017年8月16日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 4日目ホリデイイン マラッカへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




マレーシアのイミグレ通過後、マラッカに向けひたすら高速を走ります。
車窓はこんな感じの景色しかありません。

439_web



440_web



途中高速道路から見えた一般道

441_web


シンガポールとはかなり様相が異なります。



パーム椰子のプランターなども見えます。

442_web



マラッカまで時間もあるので、StarHubのSIMをポケットWi-Fiでテストしてみることに

443_web


E5573はローミングをONにするだけで接続が完了、利用できることが分かりました。



問題はこちらのE5786

444_web


電波は掴むもののポケットWi-Fiとスマホ間が接続と切断を繰り返す状態
シンガポールでは問題なく接続できていたのにマレーシアでローミングが出来ませんでした。


バスは高速道路のサービスエリアでトイレ休憩をはさみ、15時頃にマラッカ入り
市内に少し渋滞があり、私が下りるバス停に到着したのは15:30ころ
マコタ・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)に到着

472_web


マラッカのバスターミナルに寄ってから、マコタ・メディカルセンターに行くのかと思っていたら逆で、マコタ・メディカルセンターに寄ってからバスターミナルに行くそうです。


マコタ・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)はこちら




ここからホリデイイン マラッカまでは徒歩10分程度



ホリデイイン マラッカに到着です。

445_web


インターコンチネンタル シンガポールを出てからおおよそ6時間で到着、バス出発時刻からすると5時間程度かかっての到着となりました。
気になるバス代は26.65SGD、2,200円ほど、出発時間によってはもっと安い価格設定があるらしく、安く移動したいなら夕方以降の出発が良いみたいです。

目的地がホリデイイン マラッカになっているバス会社もあるよで、これらのバスに乗ればホテルで下車できるようですよ。
ただし本数が少ないらしく、シンガポール出発時間も早いことから、私は今回見送りました。








バス停から歩いて10分ほどでホリデイイン マラッカに到着

446_web



開放感のフロントロビー

447_web



2Fに朝食会場となるレストラン、1Fに待合の席などが置かれてます。

448_web



チェックイン手続きを済ませ15階の部屋へ

451_web


予約通りの海側キングベッドの部屋です。
アップグレードがあったならジュニアスイートになっていたはずですが...残念


453_web


マレーシアに来るとシンガポールより部屋が広くなったような気がします。
これで事前支払の最安で8,000円弱、クラブアクセスもあります。


キングベッド

456_web



窓側からの室内

455_web


これでクラブアクセスが付いて8,000円なら良いと思います。



続いて水回りへ

457_web



アメニティーはシンガポールのホリデイインと一緒でした。

459_web



バスタブは無し、シャワーだけでした...

461_web


バスタブ使うの?と言われれば使いませんが、バスタブが無いと少しガッカリします。



ミニバーコーナー

462_web



無料のお茶、コーヒーなど

463_web



冷蔵庫の中はカラでした。

464_web


カラの方が好きなものを入れられて便利だと思うのですが。



クローゼットの中にはガウン、アイロン台

465_web



反対側にはセーフティーボックスも用意されてます。

466_web


セーフティーボックスの下側が下駄箱に

468_web


部屋からの景色はマラッカ海峡が見渡せます。

471_web



マラッカ海峡は太平洋とインド洋を結ぶ海上交通の要衝、対岸のスマトラ島へはおおよそ60km、平均水深は約25メートルと浅く大型船舶が航行できる幅が数キロメートルの場所などもあるようです。
日本に運ばれてくる多くの原油などがここを通ってくるのでしょう。

雲の無い夜なら満天の星空が見えるらしいですが、この日はあいにくの曇り
冬に来た方が綺麗に見えるのかなぁ...と思ったら、この国は夏しかないんですよね(笑)
これ、景色が良かったら対岸のインドネシアを見ることが出来るのでしょうか?




2017年8月15日 (火)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 4日目マラッカへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。



修行旅程4日目はインターコンチネンタル シンガポールのクラブラウンジでの朝食からスタート
朝食はブッフェスタイルからオーダースタイルに変更になっています。

406_web


407_web


サラダ、フルーツなどはブッフェスタイルですが、メインの料理はオーダー制
オーダー個数に制限はないので、何品でも頂くことが出来ます。



朝食の定番になりつつあるエッグベネディクト

408_web


ハムとサーモンから選べます。


毎度のオムレツとベーコン

409_web


オムレツの中はチーズとオニオン
ラウンジスタッフが焼くのではなく、シェフが焼いてくれるので美味しいです。


以前ダメだししたJapaese Bentoを注文してみました。

411_web


ご飯はパサパサで少し芯がある感じ、豆腐には甘い醤油が掛けられています。
サラダではなく葉っぱがドレッシング無しで入っているだけ
メインは小さなコロッケが3個
改善されたのはキュウリのしば漬けの量が減ったことだけかな...


味噌汁は具無し

412_web


しかもこれ出汁取ってないです!味噌をお湯に溶いただけ!
全く変わっておらず酷い日本の弁当、これは日本食を愚弄していますね。
注文した以上は責任を持って食べますが、この酷さは報告レベル!


後日談になりますが、帰国後スタッフから日本語で滞在のお礼のメールが届きました。
その前にアンケートに答えていたので、この評価のお礼もかねてのメールでした。
このメールにクラブラウンジのJapaese Bentoが酷い事を返信しました。
後日、改善するという内容のメールが届いたので、次回滞在で改善されたか確認してみます。


食後クラブラウンジでチェックアウト手続き
東南アジアを回ってここに戻ってくる予定、持って行きたくない荷物は預かってもらいました。
また次回の宿泊もポイント宿泊のため基本クラブラウンジアクセスは無し、次回もクラブラウンジを利用できることを確認しチェックアウトとなりました。



2泊でお世話になったインターコンチネンタル シンガポール

413_web


2泊って短いですね...次の滞在は4泊程度したいです。


次に向かうはマレーシアのマラッカ、まずはGolden Mile Towerまでバスで向かいます。
昨日下見しておいたので行き方は迷うことなく、時間も余裕があるのでダラダラ移動です。

414_web


初乗り料金の0.77SGDで移動できました。
貰ったカード残高が1.39SGD、次回乗車するときはエラーになるかも



到着したのがGolden Mile TowerのStarmart ExpressのOffice

415_web


ここでバスナンバーの確認です。
Office内はそれほど混んでいなく、空いていた年配の男性にバス番号を確認
するとこの男性、私のインボイスを見てから「日本の方ですか?」と日本語で!
カタコトの日本語ではなく日本に住んでいる外国人が話せる程度の日本語
シンガポールで日本語を学ばれたのですか?と聞くと、私は中国人ですが以前日本に5年ほど住んでいたとのこと、日本どちらにお住まいですか?と聞かれたので東京ですと返答すると、私は森下に5年ほど住んでおりましたとでした。
こんな会話をしていると隣に座っていたインド系の女性スタッフが驚き顔!年配の男性になんであなた日本語が話せるの?と驚き顔で尋ねていました。

チケットカウンターなどは若い女性スタッフが多く、年配の男性がいると大丈夫か?
できるオネーサンに指導されながら年配の男性があたふたしながら手続きする光景が思い浮かびます。
まさか日本語が出来るとは、しかもカタコトの考えながらの日本語ではなく、ある程度日本語を理解している外国人の日本語でとても助かりました。

1本早いバスに変更する事も出来ますがと男性スタッフから提案を頂きました。
急いでいる旅ではないので予約通りのバスで良いむねを伝えると、予約のバスの出発時間まで時間がありますから、荷物はここに置いておいてよいですとのこと
出発15分前に再度来ていただければバス番号が分かっているとの事でした。


Officeに荷物を預かってもらい買い物へ買ってきたのがこちら、シンガポールのたばこです。

416_web


マルボロ1個13SGD、日本円にすると1,050円ほどですかね...相変わらずシンガポールはたばこが高いっす(涙)
シンガポールに再入国時、シンガポール以外のたばこを持っていると厄介なことになりかねないので事前に購入しておきました、次回のイミグレ対策と言うやつです。

手持ちのマレーシア・リンギットの手持ちが殆ど無いので、100SGDほどをリンギットに両替
マラッカで買い物するつもりもなく、100SGD程度あれば食事代には困らないだろうと思える額です。



乗車するバス番号が分かり、荷物を受け取ってバスへ

417_web


Officeを出るときに年配の男性から日本語で「気を付けて行ってらっしゃい」とお声掛け頂きました。


こちらがマラッカまで向かうバス、ナンバーはAGR2112、この番号を覚えておく必要があります。

418_web


Offceでチケットにバス番号を書いてくれますが、スマホかデジカメをお持ちの方は写真を撮っておくとよいと思います。
イミグレを抜けた後、自分でバスを探す必要があります。


車内は1-2のシート配列

419_web



シートは割とゆったり目、飛行機のエコノミーに比べるとかなり良いです。

421_web


凄く綺麗なバス!とまではいきませんが、問題ないレベルだと思います。
このバス、車内にトイレがありません。
途中でトイレ休憩がありますが、出発前にトイレに行っておいた方が良いかと。









バスはGolden Mile Towerを出発しベイフロント方面へ

424_web


途中、シンガポールフライヤーが見えました。



するとガーデンズ・バイ・ザ・ベイが見えてきました。

425_web


えぇ?何度この方面に走るの?
ジョホールバルに向かうのではないの?と内心不安に...



バスは一路西方面に向かい高速を下車

426_web



詳しい場所は忘れてしまいましたが、南洋理工大学近くのショッピングモール近くです。

427_web


ここで数名の方が乗車してから出発、ここからジョホールバルに向かうのかと思ったら、もう1本ある橋のイミグレに向かっていました。




マレーシア行きの長距離バスはジョホールバルを通らず、シンガポール西側のTuas Checkpointを通ってマレーシアに入国するようです。
イミグレに到着し外国人の列に並んでいると、前に並んでいる方が日本人の方でした。
どちらまで行くのですか?と聞いてみるとクアラルンプールまで行くそうで、飛行機にされなかったのですか?と聞いたところ、飛行機は高いので節約のためバス移動にしたそうです。
ただ時間かかるんですよね~と苦笑いしておりました。

Tuas Checkpointのイミグレ、平日のお昼前という事もあり、全く混雑していませんでした。
イミグレで待った時間は10分ほど、意外とすんなり通過できました。
これだけすんなり通過できるなら、他のバスを選んでも良かったかな...と思います。
ちなみにシンガポールの出国は荷物を持たず出国手続きへ
キャリーケースなどはバスに積んだままでOK、貴重品等の手荷物だけ持ってイミグレに向かいます。



シンガポールを出国しマレーシア側へと向かいます、こちらはシンガポール入国待ちのトラック

428_web




こちらは橋の上からシンガポール方面を撮影

429_web



橋の上からマレーシア側を撮影

430_web



橋を渡ってすぐにマレーシア側のイミグレではなく、少ししてからマレーシア側のイミグレに到着




マレーシア側のイミグレ、混雑はしていませんが担当官の配置が少し変で、私の並んだ列は3人、隣の列は6人に増え同じバスに乗っていた韓国人高校生らしき団体に抜かれてしまいました。
その後私が並んだ列の担当官が5人に増え、それからはスムーズに流れました。
ここのイミグレ、左右に並ぶ列があるので空いている方に並んだ方が良いです。
平日の空いているときだったのかイミグレ、税関を15分程度で通過できました。

マレーシア側は全ての荷物を持って入国手続きに向かいます。
イミグレ通過後すぐに税関検査となり、手荷物全てをX線に通す必要があります。
税関では特に止められることも無く、荷物をX線に通すだけでした。


こちらがイミグレと税関の建物

433_web



自分が乗ってきたバスを探す必要があります。

434_web



同じバス会社の車両がいくつかあったのでナンバーで確認

435_web



自分が乗車するバスが見つかったので、出発まで一服

436_web



偶然にもバス近くに灰皿があったのでこちらで一服です。

437_web



バスに乗車し出発を待ちます。

438_web


12時を少し回った頃、マラッカに向け出発となりました。




2017年8月14日 (月)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 3日目チャイナタウンでミシュラン?

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




Blk 46バス停から33番バスに乗車し

325_web_2



New Bridge Ctrで下車、Chinatown Complexの目の前です。

328_web_2


Chinatown Complex前のバス停でまささんと合流するはずですが、まささんが見つからず...連絡を取るとお互い違うバス停にいることが判明、おそらくどちらかが反対側のバス停にいるはず。まささんが反対側のバス停にいたようで、Chinatown Complex前で無事合流できました。


Chinatown Complexの場所はこちら





まずは2Fのデパートを物色、なかなか面白い商品がありました。
ちゅうかせいろう

330_web


うが多くないかなぁ...「せいろ」でも「せいろう」でも蒸籠に変換できるから良いのか...


極めつけがこちら

331_web


中国製の家電製品を日本製に見せるための日本語ですかね...全く意味が分かりません(笑)
「う」と「ラ」の区別がつかなかったんでしょうね...意味も少し不明ですが考えれば分かる内容(笑)



爆笑の製品などは結局何も買わず、2人でお昼を食べようとChinatown Hawker centerへ
ここにはミシュランの1星を獲得し、世界最安のミシュランのお店があります。
Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle、漢字表記だと香港油鶏飯麺

332_web


チキンライスが2.0SGD、チキンヌードルが2.5SGDと他のお店と比べても激安!
チキンライス1杯170円程度で食べられてしまうんです!
いまどき日本では170円払ってもカップラーメン1個が買えるかどうか、それなのにシンガポールでは170円でミシュランの星を獲得した料理が食べられてしまうんですよ!


ミシュランを獲得したという事もあり30分以上の待ちが必要なほど並んでいます。
日本のテレビで紹介されたときは3時間待ちでした、30分並べばよかったのかもしれませんが、並ばずに他のお店で食べようと2人の意見が一致
近くのDuck Riceのお店で半身とライス2個を注文、合計12SGDでした。

333_web


3人で食べても十分と思われる量の肉


ジューシーでなかなか美味しかった。

334_web


1人500円程度で食べられてしまうのは嬉しいですね。


食後のデザートを食べに有名な場所へ
初めてシンガポールに来た時から一度は行ってみたいと思っていたお店
シンガポール訪問9回目にして念願かないました(笑)

335_web



デザートを食べに行ったのは香味園





テーブルに着いてメニュー見てオーダー決めたら店員さんがオーダー取りに来るのかと思ったら違うんですね。オーダーが決まったらレジに行ってテーブル番号とデザートの番号で注文、すると席まで運ばれてくる形式


マンゴーとストロベリーの氷

336_web



黒ゴマの氷

337_web



ミルクプリンを1個だけ注文したので2人でシェア

338_web


氷は美味しかったです。
ミルクプリンは香港で食べたほうが美味しいです。
シンガポールのミルクプリンはちょっと味が薄目、香港の濃厚さはあまりありませんでした。








チャイナタウンからバスに乗り次なるデザートを食べに向かったのはインターコンチネンタル シンガポールのクラブラウンジ、ここでティータイムを楽しみます。

339_web


インターコンチネンタルは初めてというまささん、いつもはホリデイイン アトリウムを定宿にしているそうです。
ティータイムを終え一度まささんとはお別れ、また夜に時間があれば再会するかもです。



1時間少ししてからカクテルタイムがスタートの時間、カクテルタイムはシンガポール在住のオバ様とお会いすることに。この方バブルの頃に日本の大学に留学していたため日本語に問題なし。今も日系の会社で働いていて日常的に日本語を使っているそうです。


18:30頃からクラブラウンジへ
飲み物は相変わらずのノンアルコールシンガポールスリング

341_web



メインは枝豆のスープ、チキン、パイ

340_web



2人での宴席がスタート

342_web



アラカルトも頂いてきました。

343_web


話していることはたわいもないことが多く...
そういえば息子さんは?と聞いたところ、軍隊に行っているそうです。シンガポールは徴兵制度があり、男子は高校を卒業すると2年弱兵役があるそうです。このあたりが香港と違うとこなんですかね。


中華のホットデザートを食べに行こうとなり、カクテルタイム終了後に向かうことに。
やって来たのはホテルから徒歩5分程度の阿秋甜品

345_web



阿秋甜品の場所はこちら




前回阿秋甜品に行ったのは昼頃の開店直後、夜に来るのは初めてですが混雑していました。冷房のある店内はほぼ満席、空席があったのですがドリアン臭が凄く、オバ様が臭い!外行きましょ!と言い、外で頂くことになりました。これで店舗にある座席がすべて埋まったしまった!と思ったら、店員さんが車道にテーブルと椅子を持ち出し、席を作るではありませんか!えぇ?車は大丈夫なの?と思ったら、お店の前の通りがいつの間にかホコ天になってました。どうやら週末の夜はホコ天になるらしいです。


2人で来てるのでシェアして頂きましょう!となり3品を頂くことに

346_web


取り皿とレンゲを別途頂いてシャアしていただきました。



B2 Rock Sugar White Fungus Papaya With Almond Paste 4.00SGD

347_web


漢字表記は杏仁雪耳木瓜
白木耳、パパイヤ、杏仁豆腐が入っているホットデザート
白木耳がお肌に良い?と言うらしく広東で人気のデザート、杏仁の味が強いので杏仁が苦手な方はダメかも



P5 Black Glutinous Rice HOT 3.30SGD

348_web


漢字表記は黒糯米粥
黒いもち米をお粥の様にしたホットデザート
そう言われると遠くでお米の味がする~~!というような味



Yam Paste with Gingko Nut HOT 3.30SGD

349_web


漢字表記は潮州芋泥
茶色っぽいのが芋で黄色い粒は銀杏です。
芋はサツマ芋の様な甘い芋で甘みがあり美味しいです。



3品のお会計がこちら

350_web


合計9.90SGD、これに消費税7% 0.70SGDが加わり10.60SGDとなりました。
どれも美味しかったですが、芋のホットデザートがオススメかな
オバ様とはここでお別れ、バス停でオバ様を見送りました。


3日分の洗濯をしにコインランドリーに行こうと思い事前調査
2016年2月にリトルインディアにWonder Washがあったので現在も店舗がある確認
Wonder WashのHPで確認するとどうやら店舗が無くなった模様...

Wonder Wash Coin Laundry in Singapore


ホテルから歩いていける距離にもう1店別のコインランドリーがありますが、以前閉まっていたことがあるので、出来れば確実に開いているWonder Washに行きたいと各店の場所を調べました。

すると以前から何度も行っているカラン駅近くの店舗、もしくはゲイランの店舗になるよう
現在22時頃、急いで行かないと最終のMRTに間に合わなくなる!という事で、ブギスからMRTに乗車し2駅先のカラン駅で下車


Wonder WashのKallang/Upper Boon Keng Branchに到着

351_web


住所等はBlock 5 Upper Boon Keng Road #01-19 Singapore 38005
隣の携帯ショップの店主は元気かなぁ?と思っていたら店舗が暗く開いていないみたい。近くに来て店内を確認するともぬけの殻...閉店し撤退したようです。店主のオニーサン、インドネシアの人だと聞いてたから、故郷に帰ったのかなぁ...残念



Wonder WashのKallang/Upper Boon Keng Branch




洗濯中に洗濯機からドアが開いているとエラー表示!対処方法がどこにも書いてありませんで苦労しました。
ドアはロックされていて開けることは出来ず、再度ロックをして洗濯開始したところ途中の段階から再スタートとなりました。洗濯が終わって30分ほど乾燥機へ
洗濯で7SGD、乾燥が1SGD5分で30分回したので6SGD、合計13SGDとなりました。

洗濯のトラブルがあったりで最終のMRTに乗車することが出来ず...
バスで帰れないか調べてみると最終バスは1時少し前で、バスで帰れることが判明、ホテルまでバスで戻ることにしました。
もしバスで帰れなければタクシーに乗って7SGD程度掛かってしまいます。


ホテルに戻り翌日の出発準備、荷物をまとめてキャリーケースを閉めれば良いだけにしておきました。
ドタドタしていたので少しお腹がすき、定番の夜食を頂くことに
タクシーだと7SGD掛かるところを路線バス0.77SGDで帰ってこれたので、浮いたお金で夜食です。



夜食はホテル前のホーカーへ

401_web



Seng Huat Bak Chor Mee 24 hours





24時間営業しているので便利なお店、店内は改装されたようで綺麗になっていました。

402_web


毎度頂くのはメニューの1番の麺、

403_web


豚の内臓肉と細麺のスープ無しラーメン

404_web


3.50SGDと安いんですが、ピリ辛で意外とおいしい。ホーカーの食なので1人前も少なく、夜食にはもってこいの量です。近くに2時過ぎまで営業しているバクティーのお店もありどちらに行こうか迷います。バクティーに行ってしまうと食べ過ぎてしまうことが多く、さらっと食べたいならこのお店が良いかも。


これでシンガポール3日目が終了、明日はバスでマラッカに向かいます。



2017年8月13日 (日)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 3日目Golden Mile Complexの下見

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。



修行旅程3日目です。
リニューアルされたインターコンチネンタル シンガポールの本館側

307_web


お城の中を歩いているかのような綺麗な廊下です。


朝食を頂きにクラブラウンジへ
あら~!お久しぶり~!と馴染のスタッフが迎えてくれました。
ところがテーブル席はいっぱいなのよ...という事で仕方なくソファー席へ

308_web



飲み物は何にする?と聞かれ、朝食は毎度のイングリッシュ・ブレックファーストティー

311_web


スタッフからホントお久しぶりねぇ~!どこか違う国に行ってたの?と聞かれ、かくかくしかじかこんな事がありましてと説明、彼女は中国語も使えるので私のチャンポン語も理解してくれます。


オーダーしたのがこちら

309_web



オニオンチーズオムレツにベーコン

310_web


このほかにもエッグベネディクトを注文しましたが、写真撮るのを忘れました...



さて、食後は翌日に備え下見に行く事にしました。
明日はシンガポールからマラッカへバス移動、シンガポール→マレーシア間を初めて長距離バスに搭乗するため、これらの下見です。



向かった先は長距離バスの出発地点のひとつ、Golden Mile Complexです。




インターコンチネンタルからはそれほど遠くなく、最悪は歩いていけないことも無い距離です。



ホテル近くのバス停Bef Beach Rdから980番バス1本で行けます。

313_web


バス停の場所はこちら




ちなみに目的地のGolden Mile Towerまで歩いても20分程度、キャリーケース引きながらだと25分程度ですかね。
ただ真夏しかないシンガポール、出来るだけ歩きたくないです(笑)



バス停からインターコンチネンタル方面、すぐそこがノース・ブリッジ・ロードとミドル・ロードの交差点です。

314_web



向こう側にはビーチロードが見えます。

315_web


ここから980番バスに乗車し、目指すは4つ先のバス停Golden Mile Complexへです。



そしてOpp St. John HQで下車

316_web


もう一つ先のOpp Golden Mile Cplxで下車したほうが近いかも









バス停のOpp St. John HQから歩いてGolden Mile Complexへ
建物の中はショッピングモールの様になっており、出発前に買い出しも出来ますね。

317_web



今回予約したバス会社、Starmart Expressのカウンターを建物の外で発見!

318_web


カウンターにいる方に明日のバスだけでチケット貰えるの?と聞いてみました。するとカウンターの女性は、あなたが印刷して持ってきたこれがチケットだからと。バスの配車は明日にならないと分からない、10:00出発のバスだから9:45にここに来て!とのこと。なんだ!15分前に来ればよいのね!意外とゆっくりでも大丈夫そうなことが確認できました。


バスはどこから出発するの?と聞いてみたところ、隣のGolden Mile Towerから出発するとのこと
カウンターに案内図があったので写真撮らせていただきました。

319_web


オンラインでチケットを購入しているから、Golden Mile Towerに直接行けばよいらしいです。


それならば現場確認のためGolden Mile Towerへ

321_web


建物の外の階段に多くの人が座り込んでます。
なんでこんなに座り込んでいるのだろう?と思ったら、皆さんバスの出発待ちをしている方でした。


Golden Mile Towerの場所はこちら





建物の中に入ってみるとStarmart Expressのカウンターがありました。

320_web


こちらでもチケットが買えるのかなぁ...?、たぶん買えるでしょうね。


建物の外にはStarmart Expressのバスが出発待ちをしていました。

322_web


なるほど!ここから出発するのね!
出発前にバスのナンバー聞いて、バスの行先確認してから荷物を自分で入れてから乗車すればOKなようです。


多くのバスがマレーシアに行くのに、なぜ私がStarmart Expressを選んだかというと、ホリデイイン マラッカの近くのメディカルセンター前のバス停に停車すること、そして最も重要だったのが他のバス会社はイミグレで30分しか待たないよ!などの注意書きがあるなか、Starmart Expressだけは注意書きがありませんでした。注意書きが無いという事は乗客全員が揃うまで待っていてくれるはず!それならば安心してイミグレを通過することが出来る!と思ったからです。以前、路線バスでジョホールバルに行ったとき、シンガポール出国のイミグレで30分待ち、マレーシア入国のイミグレでも30分ほど待った苦い思い出があります。ジョホールバルのイミグレは混雑することが多いらしく、通過に時間がかかりバスが行ってしまったらどうしよう?...と思ったからです。



一通り明日の内容を確認できたのでチャイナタウンへと向かいます。
Google Mapで調べるとビクトリアストリーまで行けば直接チャイナタウンへ行くバスがあることが判明、Blk 461バス停までやって来ました。

325_web



Blk 461のバス停はこちら




バス停からMasjid Malabarが見えます。

326_web


この辺りはアラブ街の外れあたりですかね...



バス停の道路の向こう側にはショッピングモールらしき建物が

327_web


かなりの飲食店が入っているようです。


33番バスに乗車しChinatown Complex前のバス停、New Bridge Ctrまでやって来ました。

328_web


ここで昨日お会いしたまささんと再会する予定です。




2017年8月12日 (土)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 2日目ブギス散策からの密会

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




日本から持ってきた電源タップが使い物にならなかったため、SIM LIM Squareへ物色に向かいます。
SIM LIM Squareはシンガポールのアキバと言われている場所で、PCやスマホのアレコレが売られてます。


ブギスジャンクションからブギスストリートを抜けSIM LIM Squareへ

255_web


まだ15時ですが相変わらず人が多いです。
日が沈む少し前になるともっと人が多くなります。



ブギスストリートを抜け少し行くとSIM LIM Square

256_web


こちらで物色開始です。





電源タップを売っている店は多いんですが

257_web


どこの店も置いてあるのはBFタイプのタップばかり
そりゃそうですよね!この国のコンセントはBFタイプ、BF以外を探そうというのがそもそもの間違え...



SIM LIM Squareで物色を終えた後は、歩いてムスタファ方面へ、お目当ての大包を食べに向かいました。

261_web


このお店を知ったのはieatishootipostのFacebookで紹介されていたから


場所はムスタファの近く、シンガポールの点心で有名な瑞春のすぐ近くです。






お店の名前は新山叶子楣手工包店

262_web


お店は小さなホーカー内に有ります。



蒸し物が多いのか店内には大きな蒸籠が沢山

260_web


メニューらしきものが見当たらなかったので、レジと思われる場所にいた店員さんに確認
するとメニューはこれだけとレジ横にあるメニューを指さしてくれました。
写真付きのメニューだったので指さしで注文、大包と書かれたものがあったので注文したところそれほど大きくない大包が出てきました。
そこで店員さんに、これでは無くもっと大きなのが欲しいんだけど...というと大きい包に交換してくれました。


今回注文したのがこちら、全部で9.1SGDでした。

264_web



荷葉糯米雞

265_web



蝦焼売と蝦を揚げたもの?

267_web



こちらが大包

266_web


比較のために私のiPhone6を横に置いてみました。
かなりの重量感があり、これは食べごたえがありそうです!


周りの包みを開けてみると1/2の卵が入ってました。

268_web


もう少しでカクテルタイムが始まるというのに少し食べすぎた感があります。
このお店は包物の種類が多いらしく、次回訪問で色々食べてみようと思います。



食後は隣にある昇菘で買い出しの下見




次回シンガポールに戻ってきたときに買い出しをする予定、ここからは130バスでブギスジャンクションまで戻りました。


さてシンガポールでのタップ購入、無事手に入れられました。

258_web


数件探し回った中にコンセントはBFタイプ、タップはAとCが使える物が売っていました。
これで18SGD、約1,500円です。
コンセントがBF仕様になっているため、香港、マレーシア、シンガポールで使うことが可能、しかも220Vまで対応となかなか良い物を見つけたと思います。








SIM LIM Squareに行く前、昨年11月にお会いしたKさんに連絡し、カクテルタイムが始まる時間にホテルで待ち合わせとなりました。
このKさんシンガポールに駐在しているため、シンガポールと関西を行き来していて、昨年少し修行してANAダイヤを獲得されたそうです。


ホテル内でお会いできクラブラウンジのカクテルタイムへ

269_web


私はノンアルコールのシンガポールスリング、Kさんはシンガポールスリング
前回3人でお会いしたとき、Kさんは車で来ていたので飲めませんでした。
今回は飲んでほしいので車で来ないでください!とお願いしておきました。


クラブラウンジのミール、メインはオーダー式になっており本日はこちら

270_web


豚肉と蝦焼売、真ん中のはなんだか忘れてしまいました。


Kさんと修行話し等で盛り上がっている中、修行僧のまささんに連絡を入れてみると、ホテルに到着しラウンジで飲んでいるとの事、これから少しお出かけするとの事でMRTのアルジュニード駅で落ち合うことに
まささんと22時少し過ぎにアルジュニード駅で無事合流、まささんとはツイッターでやり取りしていますがお会いするのは今回が初めてです。


プラプラゲイラン周辺を話しながら歩いていましたが、飯でも食べようとなりまして近くにあった地中海海鮮館へ
まささんはシンガポールに少し住んでいたこともあり、英語と中国語を使う凄い方で店員さんとやり取りしていたのですが、店員さんがカニ食べないか!39SGDだぞ!どうだ!と
不用!といっても食べないかとしつこく迫ってきます(笑)


福建麺と蝦の料理などを注文することに
こちらが福建麺

271_web


ビーフンが切れてないから取り辛く分けるのに至難でした。
朝食べた福建麺の方が美味しかったかな...


こちらがエビの料理と空芯菜の炒め物だったかな...

272_web


エビ料理は美味しかったです。
空芯菜はピリ辛、私は辛くありませんでしたがお二方は辛かったようです。

ちなみのこのお店、ホーカーの様な形式で料理と飲み物は別会計
飲み物のお店がテーブルにビールをセットしていて、栓を抜くたびにお金がかかる仕組みになっています。
この売り子の女性、上海出身と言っていたかな...もちろん中国語が出来ますが中国訛りの英語で話しかけてくれました。
あそこにテーブルにいるの日本人だよ!あなたの知り合いでしょ!などと言って、なかなか気さくな子でしたよ。
ホーカーの様なお店だったのでエアコンも無く、周りの音も煩いしでしたが、楽しい食事となりました。



食事を終えゲイランロードを西方面へトボトボ歩きはじめました。
少し行くと昇菘のゲイラン店があるので3人で物色、まささんは昇菘が初めてとの事でいろいろ回る手間が省けたと目的の物を購入していました。


昇菘ゲイラン店




ここも24時間営業なので、深夜にスーパー物色が出来て便利です。


昇菘ゲイラン店の2階に山積みされている物を発見

304_web



1個3,5SGD

303_web



ドリアンキャンディーです~♪

302_web


この飴、ソフトキャンディーでキャラメルのような食感、厳密にいうとドリアンミルクキャンディーでなかなか美味しいです。
私は美味しいと思うのですが、お土産に買っていくと不評でして喜んでくれる方は少なく...
テロ的なお土産と買っていくと面白いと思います(笑)
今回は買わずシンガポールに戻ってきたら買おうと思います。



買い物を終え、更に西方面に向け歩いていると営業しているデザート店を発見
牛乳プリン食べたことありますか?とお二方に聞くと未経験と...
香港でよく食べるんですが食べていきませんか?と誘い、深夜のミルクプリンがスタート

305_web


ミルクプリン1杯3.5SGD程度だったと思います。
味はまぁまぁ、香港で食べるほど濃厚では無かったです。
やはり香港で食べたほうが美味しいと思います。
でもお二方が気に入ってくれたので一安心


ミルクプリンを食べ終わったのが1時過ぎ...
もうMRTの終電も終わり、バスの運行も終了しています。
ここからどうやって帰る?となり、3人でタクシーに乗りブギス→アトリウム→リバーバレーの順に回ってもらうことにしました。

なんだかんだでホテルに戻ってきたのは2時を過ぎておりました。
Kさん、まささん、お付き合いありがとうございます。




2017年8月11日 (金)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 2日目インターコンチネンタルシンガポールへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





寝るためだけの滞在だったホリデイイン・エクスプレス・カトンをチェックアウトし、次なるお宿に向かいます。

226_web


ホテル近くのバス停から32番バス1本で移動できるのが便利、シンガポールは路線バスを使わない手はないです。



バス停に到着して必ずやることは、アプリを立ち上げてバスが何分後に到着するか確認します。

227_web_2


シンガポールのバス停に時刻表などというものはありません。路線案内、金額等が掛かれた案内はありますが時刻表は無く、アプリで確認するしかありません。アプリで32番バスを確認すると到着していると!道路を見ると丁度32番バスがやって来ました!なんとまぁタイミングの良いこと!(笑)


シンガポールのバスの乗り方は至って簡単、乗車時と降車時にez linkを機会にかざすだけ

228_web


シンガポールに行ったなら必ずez linkを手に入れてください。MRTの駅の改札横にある有人窓口でも手に入れられ12SGDとなります。内5SGDがカード代金で7SGDが利用可能な金額となります。必要に応じで10SGD単位で入金が可能、日本でいうSuicaみたいな感じです。現金でバスに乗車する事も出来ますが面倒なので私は絶対にやりません。


途中見えたのがオールドエアポートフードセンター

229_web


ここのホーカーもかなり大きく、週末の夕食時ともなるとかなり込み合います。



オールドエアポートフードセンターの場所はこちら




MRTのサークルライン、ダコタ駅から歩いてすぐの場所でもあります。



32番バスに乗りNth Bridge Commercial Cplxで下車、インターコンチネンタル目の前のバス停です。
本日から2泊するインターコンチネンタルシンガポールに到着

230_web


2泊分共に宿泊代金をポイントで払っており無料宿泊、1泊100SGD++で別途クラブラウンジを申し込んであり、クラブラウンジ利用が可能。この別途有償のクラブラウンジ、予約時に届いたメールに返信し有償でクラブラウンジを利用したい旨申し出ました。すると1泊120++でご利用できますと言ってきたので、以前は100++でしたよね?と返信すると、数か月前に価格改定がありまして...今回は100++でご利用可能ですとなりました。


クラブアクセスがあるのでAmbassador check in deskでクラブラウンジでチェックインできますよね?と確認、クラブラウンジでチェックインできます!と案内されたので、2Fのクラブラウンジへ直接向かうことに。



という事でクラブラウンジでチェックイン手続き

232_web


ここに来るとシンガポールに来たなぁ~!と思います。
私のチェックインを担当してくれた男性の方、初めてお会いするスタッフの方でした。



こちらがAmbassador Gift

233_web


以前のお茶は既に配布終了でこちらのキーホルダーに変わっているそうです。



無料宿泊でヘリテージのアサインが1UPされデラックスルームへ

234_web


2016年11月に宿泊して以来のデラックスルームです。


ヘリテージより少し広めのデラックスルーム

235_web


デラックスルームの改装が行われ、ヘリテージの次がデラックスルームになりました。
以前はデラックス、ヘリテージ(ショップハウス)の順でした。


前回は2名宿泊だったのでツインでしたが、今回はキングベッド

236_web



ワークデスク

237_web



無料のスマートフォン、もちろん街中にも持ち出せます。

238_web


これホリデイイン エクスプレス カトンにも置いてありました。
実際に街中に持ち出したことはありませんが、事前にこれがあると分かっていればSIMを買う必要はないかもしれないですね。








続いて水回り

239_web



洗面台にバスタブ

241_web



洗面台

242_web



アメニティー

243_web


シャンプー、コンディショナーなどはアグラリアです。
フェイスタオルが別途置かれているのが嬉しいですね。
インターコンチネンタル宿泊時に外出するときは、このフェイスタオルを持って出かけています。


こちらがミニバー

244_web



冷蔵庫の中には飲み物が...別途有料なので飲んだことないっす。

247_web


冷蔵庫の左側に無料のお茶などがセットされています。
クラブラウンジでソフトドリンクは常にいただけるので、お茶類を部屋で飲むことも無く


セキュリティーボックスなど

245_web


毎度ガウンも使うことなく


セキュリティーボックスの下に洗濯袋などが置いてあります。

246_web


毎回コインランドリニーに行ってしまうので、こちらもほぼ使うことは無く
使うのはスリッパ程度ですかね。



室内のテーブルにはウエルカムフルーツが置いてありました。

248_web



バナナ、オレンジ、リンゴ、無花果でした。

249_web



キャリーケースを台に置いて買ってきた物を試します。

250_web



日本で買ってきた物がこれ

251_web


6口タイプのタップです。
これがあればAタイプの機器が困ることなく使てしまうので便利!
さっそくコンセントにつないでスイッチ入れると「ボンッ!」と凄い音が!スイッチ入れても充電等が出来ません。
仕方なく他の場所のコンセントにつないでスイッチ入れたところ、部屋の電気が落ちました...
どうやら2ヶ所のブレーカーが落ちたようです。

エアコンまで止まって部屋の中が蒸し風呂状態になっていくのでサービスに電話
Breaker downと言ったら通じず、Electric downと言ったら通じました。
電話してから5分もたたないうちにスタッフの方がやって来てくれ屋根裏部屋へ

252_web


2ヶ所のブレーカーを上げてくれ通電できました。
スタッフの方から220V対応以外は使わないでね!と注意を受け、タップを確認すると125Vと書いてありましたよ。
海外用に!と思って買ってきたタップ、日本以外では使えない様でした(涙)


お部屋からの風景

253_web


ブギスジャンクション側という事で、ブギスジャンクションが見渡せます。


8Fのお部屋だったので眺望は良くありませんでした。

254_web


シンガポールはほぼ赤道直下のため、北側南側はあまり関係ないようで、マンションなどは南側に玄関があったりします。


せっかく日本から持ってきたタップが使い物にならなかったので、近くのSIM LIM Squareに探しに行く事にしました。




2017年8月10日 (木)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 2日目ホリデイイン エクスプレス カトンへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




チャンギ到着後タクシーでホテルへ向かう必要があるため急いでイミグレへ

202_web



その他にも空港で買わなければならない物があるので急ぎ足

203_web


ところがイミグレが大渋滞!!!
特に私が並んだ列は動かず...もう時間かかる人は別室送りにしてくれよ!と思います。
なんだか一番右側の列の流れが良いようで並び直すことに。一番右側のレーンだけ奥に4か所のチェックポイントがあり流れが良いんですね!次回からT2の入国は一番右側に並ぶようにします。結局、イミグレで1時間弱も掛かってしまいました。

預け入れ荷物を受け取り到着エリアへ、まず手持ちの日本円をシンガポールドルに両替、5万円が約600SGD程度になりました。10,000円=120SGDという為替レートです。

今回両替したのがUOBの両替所、ここにはStarHubのSIMが売ってます。両替ついでにSIMを購入したかったですが、両替所にお目当てのSIMは見つからず...絶対にお目当てのSIMを購入する!と決めていたのでここでは買わず。StarHubのHPにはチャンギ空港でしか売っていないと書いてあることを確認するため、到着エリアにある空港INFORMATIONでWi-Fiパスワードを入手、やはり空港でしか購入できないと書いてありました。

UOBで売っていなければ他で購入できるはず!と思って空港内を彷徨っていると、UOBの両替所近くにStarHubのカウンターを発見!

204_web


以前空港にカウンターを持っていたのはM1のみ、しかも営業時間が7時~22時ころまでと限られていましたが、いつの間にかStarHubのカウンターが出来ていました。


しかも私が欲しいSIMのPOPがあるではないですか!

205_web


既に2名の方が並んでおり店員さんに何時に閉まるか確認、すると24時間営業だよ!とのこと、一服しに行ってから戻ることにしました。


さて私が欲しかったSIMがこちら

206_web


プリペイドSIMで50SGDと高額ですが、10日間15GBのローカルデータと30日間5GBのローミング可能なデータがオマケで付いています。
今回の旅程はマレーシア、インドネシアに訪問する予定があり、このオマケデータが目的
SIMを購入した後にデータ分を購入する必要が無く、今回の修行中に残高をほぼ使うことなくデータ通信が可能です。
店員さんに50SGDのSIMが欲しいと告げ購入、オネーサンが開通作業するよ!端末出して!と言うので、SIMだけ買えればよいので開通は自分でやります!と言うと、あなたの端末はiPhone?と聞いてくれ、Yesと返答するとSIMの裏面に開通時の電話番号を書いてくれました。

SIM購入に関しては別途ブログを書く予定、詳細はそちらで

欲しかったSIMも手に入れたのでタクシーで本日のお宿へ

207_web


深夜到着で寝るだけ、空港から近いホリデイイン エクスプレス カトンを選択、1泊20,000ポイントで無料宿泊できるため、全額ポイントで支払って無料宿泊です。チャンギ空港からホリデイイン エクスプレス カトンまで深夜のタクシーで20SGDでした。シンガポール中心部までタクシーで行くと35SGD前後かかるので少し節約できたかな...と思います。


1名宿泊という事で1ベッドの部屋を選択、部屋は相変わらず狭いっす。

208_web



2016年7月に開業という事もあり、部屋はまだまだ綺麗です。

209_web



到着早々SIMの開通作業へ

210_web


手持ちの端末全てで使うことが出来るか確認



まずiPhoneにSIMを入れるとSMSが届きました。

211_web


その後電話番号とSMSに届いたパスワードでアプリを設定、プロファイルをダウンロードし設定完了となりました。これで今回の滞在の通信手段を確保できました。









シンガポール滞在2日目の朝です。

212_web_2


10時頃に目が覚め準備し、遅い朝食と早い昼食を食べに向かいます。


選んだお店はGeylang Lor 29 Hokkien Mee

213_web_2


2016年9月にも訪問し今回で2回目の訪問です。
お店の名前にゲイランと付きますが、お店の所在地はゲイランではありません。


Geylang Lor 29 Hokkien Meeの場所はこちら




ホリデイイン エクスプレス カトンから歩いて13分、バスで行っても13分ということで散歩がてら歩いてきました。


お店は小さなホーカー内に在ります。

214_web_2



メインの福建麺(Fride Hokkien Mee)は6/10/15/20SGD

215_web_2


1人前が6SGD、大盛りが2SGD、15SGDが三人前、20SGDは4人前みたいな感じです。



注文してから提供されるまで少し時間がかかるのでその間に飲み物を購入

216_web_2


コーラ1本に氷が付いて1.5SGDでした。



待つこと10分程度、福建麺(Fride Hokkien Mee)が運ばれてきました。

217_web_2



エビ、イカなどの海鮮が入ってます。

218_web_2


ホーカーで10SGDは少しお高めですが美味しいです。スープが浸み込んだ麺、かなり柔らかいので焼きそばを食べるのとは別感覚、かなりねちょっとした麺になっていますが、これがまた美味しい。福建麺といってもお店によってかなり違いがあるようですが、ここのお店のは癖になる美味しさです。



ホテルまでの帰路も歩き、次のお目当てのお店が見えてきました。

219_web_2


東南アジアに来たら食せねばならないものを頂きます(笑)



227カトンドリアンで食後のデザート

220_web_2




イーストコーストロード沿いにあり目立ちます。




目立つというより近くに来れば臭いで分かるかも
近くには文東記、ファイブスター、328カトンラクサなどのお店もあり、カトンは美食の待ちでもあります。
シンガポールの人が皆言うのは、カトンは美味しいものが沢山あるよね!と



ドリアンの中でも高級といわれる山猫王を頂きます。

221_web_3


パックに入っているものを選ばず量り売りで買います。1kg28SGD、今回は1.4kgの重量だったため約40SGD、3,300円ほどになってしまいました。昨年マレーシアで食べた時は1,000円ちょい、やはりシンガポールで食べると高いようです。



お店の奥にイートインコーナーがあり、お土産なども売られてます。

223_web_2


こちらが今回の山猫王

222_web_2


少し苦味がありましたが甘くて美味しかった。果物でこれだけ甘いものは他にはないのでは?と思います。しかし思いのほか高かったので、もうシンガポールでドリアンを食べるのはやめようと思います。



お腹いっぱいになってホテルに戻ってきました。
昨年7月に滞在した時には開店前だったショッピングモールも開店しています。

225_web_2



ショッピングモールと言うよりは飲食店が多い感じ

224_web_2


次回滞在の時に少し見てみようと思います。



レイトチェックアウトを貰ってるため、14時までにホテルを出れば大丈夫
少しゆっくりしてから次の宿へ向かうことにしました。



2017年8月 9日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 1日目シンガポールへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





シンガポール行きは成田からの搭乗、その前に御徒町に寄ってどら焼きの買い出し

1_web


いつも懇意にしてくれるスタッフ達へのお土産を購入です。
シンガポールで大概の日本の物は手に入りますが、うさぎやのどら焼きは手に入らないですからね。
お土産に持って行くなら現地で手に入らないものを!と思っています。



御徒町で降りたので上野から京成線に乗り成田空港に向かいます。

2_web


スカイライナーを使えば速いんでしょうが、高いし急いでいる旅ではないので在来線で向かいます。



上野駅から1時間チョイかかり成田空港に到着

3_web



成田空港に電車で来るのは初めて、自分がどこにいるのか分からないので場所確認

4_web



なんとかZカウンター(Z小屋)まで到着

5_web


成田はZカウンターがあるから特別感がありますね。
ダイヤのうちは年に1度はここを利用したいと考えており今回は成田発を選びました。
実は成田での出国、ここ以外で搭乗手続きをしたことが無いので、他のことは全く分かりません。


さっそくZカウンターでチェックイン手続きへ

6_web



預け入れ荷物は14.5kg

7_web


10泊の旅ですが着替えは4日程度分しか持ってきていません。
現地のコインランドリーを利用し荷物を減らす計算です。
ホリデイイン エクスプレスを利用すればランドリールームがあるので自前で選択できますし...


成田空港に到着し20分後には出国手続き完了、ラウンジに行く手前にユナイテッドのB772

8_web


かなり近くで見えたので迫力がありました。



今回は31番ゲートからの搭乗予定、第5と第4のラウンジがどちらも遠く
夕方の出発便の多くが第5付近から出発することが多く、第5のラウンジは混雑していることが多いため第4のラウンジへ行く事に

9_web


第4は4FがSUITE LOUNGE、2FがANA LOUNGEと分かれています。



そして4Fにやって来ました。

10_web



まだ空いていたので窓側の座席を確保

12_web



成田に来ると国際線路線の飛行機が多く見ているだけでも楽しめます。

13_web


羽田空港国際線ターミナルに行っても飛行機の数は少ないですからね...



お昼を食べていないのでラウンジ内のヌードルバーへ

11_web



メニュー見て選んだのは...

15_web



ビーフバーガー

16_web


パテを焼いた感が無いからイマイチなんですが美味しい(笑)

17_web



生パスタのアマトリチャーナ

18_web



ラウンジで寛いでいるとツイッター経由で、焼きそばとアイス3個以上の写メ待ってますと依頼が...(笑)
羽田空港国際線ターミナルのANAのラウンジは、ANAラウンジとSUITEが隣接しているので簡単に行き来できますが、成田空港第4は上下に分かれているので簡単に行き来できず。
greenさんから出前で!と依頼も入ったので、スタッフに出前可能か聞いてみることに。
すると出前可能とのことで焼きそばと唐揚げを依頼ました。



数分後、ANAラウンジから焼きそばがやって来ました♪

19_web


焼きそばを持ってきてくれたスタッフから、唐揚げは少々お時間がかかるのですが...
それでもよろしいでしょうか?と聞かれたので、ぜひともお願いすることに。


待つこと15分程度、唐揚げが運ばれてきました。

20_web



SUITE LOUNGEに提供の無い唐揚げを成田でも頂くことが出来ました。

21_web



カボスが添えられていて、これに付けてお召し上がりくださいとのこと。

22_web


唐揚げ美味しかったです!ぜひともSUITE LOUNGEでも提供して欲しいっす!
でもなんで15分ほど時間がかかるのだろう?もしかしたらわざわざ調理してくれたの?と思いスタッフの方に確認すると、焼きそばは第4第5どちらのANA LOUNGEでも提供していますが、唐揚げは第5のANA LOUNGEのみの提供との事でした。
この唐揚げは遠く第5のANA LOUNGEから持ってきてくれたとの事です。
唐揚げが食べたかったら第5のANA LOUNGEに行こう!という事ですね。


焼きそばと唐揚げを美味しくいただいていたわけですが、それを遠くから見ていたご婦人がご一緒の旦那様に、あの人焼きそば食べてるよ!どこにあるのかしら?
今度は唐揚げ食べてるよ?なんで?などと話しているのが見えました(笑)
SUITE LOUNGEを利用できる方はスタッフの方に依頼してみてください。
きっとANA LOUNGEから出前してくれると思います。


食後は定番のハーゲンダッツ

23_web


必ず各味1個頂くので3個食べることになります。



窓際でハーゲンダッツを食べているとタイ国際航空のA380が滑走路へ

24_web



見てるだけでも大きいですね!
まだ搭乗したことの無いA380、いつかは乗ってみたいです。

っと思っていると第5のSUITE滞在中のちゃんどら~先生から遅延しているよ!と連絡が...
NH801便の出発案内を見ても遅延の案内は無く...
ちゃんどら~先生に遅延してます?と確認すると、さっき放送してたよと!
ラウンジのスタッフに確認し少し待っていると20分ほど遅延するそうですと...
急いでいる旅ではないので遅延しても困ることは無く、その分ラウンジ滞在が長くなるだけなので。









ラウンジで2時間ほど過ごし搭乗ゲートへ

25_web


搭乗開始時刻が20分ほど遅れていました。

以前のNH801便は58番搭乗口、この58番搭乗口、かなり遠く島流しにあったような場所にあります。いつの日からか31番に変わったようで、第4ラウンジから出国した場所に戻る感じになります。


シンガポールまでお世話になるNH801便、B77W、JA782A

26_web


最近は787シリーズに搭乗することが多く、久々の77W搭乗



今回はプレエコ運賃のSuper Value PlusのEで購入し、すぐにアップグレードポイントを使ってアップグレード、C搭乗となります。

27_web


選んだ座席は7F、通路側に物が置けるスペースがある席を選んでいます。
食べ終わった食器、飲み終わったグラスなどを置いておけば、CAさんが片付けるが楽な席だからです。


28_web


グラスお下げいたしましょうか?などと聞かれることも少ないので、ゆっくり搭乗を楽しむことが出来ます。
勝手にお互いに気を遣わなくて楽な座席だと思っています。


29_web



ベルトサインが消えた後は財布の中身をシンガポール仕様へ

30_web


シンガポール札とez linkを財布の中へ
普段ならSIMカードも入れ替えるのですが、今回はシンガポールのSIM無し状態、到着後すぐに購入予定です。


少しするとメニューが配られました。

31_web


帰国時は和食を選択することが多いので今回は洋食を選択
オーダーを取りに来たCAさんに、洋食の他に和食のメインだけ頂くことは可能ですか?と聞いてみました。
基本は搭乗人数分しかミール搭載していないので確認してみますとの回答...
その後CAさんから、お食事を召し上がらないお客様がおられるので和食のメインも提供することが出来ますとの事でした。



アミューズ
パプリカ風味のチーズスティック
チキンときのこのパテ
2種のオリーブとチーズ ハーブオイルとともに

33_web



前菜

34_web



ポークと合鴨のパテ、スモークサーモントラウト、無花果のコンポート

35_web



セモリナ・トマト、バゲット

36_web




こちらが和食のメイン

38_web



阿波尾鶏みまから焼き

39_web


洋食のメインは2肉のステーキもしくは海老のソテー スパイシーカレーの2品から選べ、今回もステーキを選択

40_web



牛フィレ肉のステーキ 佐原産最上白味醂と醤油の香るソース

41_web



和と洋のコラボです。

42_web


シフォンケーキとカラメル風味クリームのグラスデザート

43_web



機内食を頂きながら久々に映画鑑賞、キングコングと何かもう1本、マイケル・ペーニャが警官役で出演している映画でCHIPSというタイトルでした。



CHIPSを見終ったところでチャンギ空港に到着

201_web


到着ゲートはE5、ほぼ定刻での到着となりました。
ここから本日のお宿に向かうのですが、その前にチャンギ空港でやらなければならないことが...



« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

オススメ