« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月12日 (火)

IHGスピードアップキャンペーン対策でヨコハマ2泊目

IHGのスピードアップキャンペーンクリアーのため、お盆明けに再びヨコハマへ

Img_9798_web


今回の宿泊でインターコンチネンタル2泊のオファーはクリアーとなります。


今回はチェックイン可能な14時にチェックイン手続きへ
クラブラウンジが空いていれば別途購入可能なラウンジアクセスを前回に続き購入させていただきました。

Img_9799_web


今回も裏が白いClub InterContinentalのキーカードです。


お昼を食べていなかったため、蝦炒飯を頂きに31階にある中華料理の驊騮(カリュウ)へ
最上階の31階にあり眺めはとても良いです。

Img_9800_web


横浜の夜景を眺めながらの中華、美味しいでしょうね~



まずは普洱茶をいただきます。

Img_9801_web


この普洱茶も独特な臭みが無く美味しかったです。
ここで買えるのかと思ったら買えないみたいで、中華街なら買えるそうです。


残念なことに蝦炒飯はメニューに無く五目炒飯を注文

Img_9802_web



よーく見ると蝦も入っているのですが...

Img_9803_web



どうしてもエビが食べたかったので点心の蝦餃子を注文

Img_9804_web


蝦餃子はプリプリしていて美味しかった!
でも予算オーバー...お昼で3,000円超えとなってしまいました。


なんで蝦炒飯を食べたかったかというと、Chanさんにツイッターで蝦炒飯テロを仕掛けたかったからです。目論見は見事失敗し美味しそうな蝦炒飯の写真を撮ることが出来ませんでした。お昼を食べているときChanさんから明日の予定を今日に変更しても良いか?と連絡が入りました。特段予定が無かったので今日に変更OKと返信です。


食後のデザートはクラブラウンジで頂くことに

Img_9805_web


つい2週間ほど前にクラブラウンジを利用ばかりで、スタッフの方も私のことを覚えてくれていました。



17時を回りクラブラウンジのカクテルタイムへ

Img_9806_web



パイ、チーズ、小鉢などでお出かけ前に少しつまみます。

Img_9807_web


ここでロイヤルアンバサダーのFunさんがクラブラウンジに到着、Funさんをツイッターでフォローしておりますがお会いするのは初めてです。ラウンジ入口でスタッフの方がFunさんを出迎えると私の席に案内してくれました。ツイッター上ではやり取りがあるのに会うのは初めてで不思議な感じでした(笑)
あとはChanさんの到着待ちを私たちはラウンジで待機、ほどなくして車寄せに到着したと連絡がありまして1階に降りることに。


そして3人で向かった先がこちら

Img_9811_web


3人で焼肉にやって来ました。
やって来たお店は横浜のべこまる




ということで3人で焼肉のスタートです。

Img_9812_web


焼肉かと思いきやお二方はうに、いくら丼、うに丼などを真っ先に注文し食べておりました...
何で焼肉屋にうにやいくらがあるの?と思いますが、このお店の名物のひとつでもあるらしいです。口が油で汚れる前に美味しいうにやいくらを食べるのが通常らしいっす。


ナムル

Img_9813_web


たん塩

Img_9815_web


ハラミ

Img_9816_web


ホルモンの盛り合わせ

Img_9818_web



いざ!焼肉スタートです。

Img_9821_web


Img_9819_web


サーロイン

Img_9822_web


脂がのっていて美味しかった

Img_9823_web


Img_9825_web


サーロイン美味しかったです。
最近歳を重ねたせいか肉は赤身の方が沢山食べられるような気がします。


お二方はシメを頂きお腹いっぱいという事で、私だけハラミを追加

Img_9826_web


どうせならという事でハラミ丼を作ってみました。

Img_9827_web


かなり贅沢な丼で美味しかったです。

3人での焼肉、21,000円ほどになり1人7,000円となりました。
久々の焼き肉美味しかったです。
その後Chan先生にホテルまで送っていただきました。
そして私はクラブラウンジへ
スタッフの方が今からラウンジをご利用ですか?という顔でお出迎え
ラウンジは21時で終了、私が来た時間が20:45頃でした。
アイスティー1杯だけ頂いて退散することになりました。


ラウンジ利用者は私だけという事でラウンジ内を撮影
こちらはラウンジ手前側、中央がラウンジの入り口となります。

Img_9829_web


こちらはラウンジ奥側

Img_9830_web


ヨコハマのラウンジは20人も入ったら満席になってしまいます。
これだと利用者が多くて当日のラウンジ利用購入を断られることもあるかもしれません。

翌日は朝から予定?があるため、山中慎介のプロフェッショナル 仕事の流儀を見てから就寝...のはずでしたが1時間程度しか寝れず、再度寝ることが出来たのは6時頃でした。









この日は朝から予定が立て込んでおります。
まず8時にChanさんがチェックインする予定、チェックインのChanさんを襲撃すべく+小さんがホテルに到着予定となっております。そして8時少し前に+小さんが私の部屋に到着、8時になったので一緒に1階の車寄せで待機開始です。
しかし8時になってもChanさんは現れず...仕方なしに28階に行っていないか確認するためにエレベーターに乗ったところ、Chanさんも同じエレベーター乗り込んできました。おぉ!これはまずい!と思いすぐにたす小さんに連絡!28階に来ていただきました。そしてチェックイン手続きをしているChenさんの所にたす小さんが襲撃です。
少し失敗した感のあるたす小さんによるChanさん襲撃!一応は成功したのかなぁ...


たす小さん、小判鮫しにChenさんを襲撃しにやって来たわけでして、3人でクラブラウンジの朝食となりました。

Img_9838_web_2


朝食を食べ終わった後はChanさんのお部屋に移動し修行話しなどを
28階のクラブフロアは私が宿泊している23階のお部屋と内容が異なっていました。大きく違うのはベッド、浴室内にシャワー室設置、アメニティーの種類、室内のテーブルなどです。Chanさんはロイヤルアンバサダーの方、インターコンチネンタル時にクラブアクセスがあるため最安の部屋を予約してもクラブフロアーなるんですね...
やはりロイヤルアンバサダーの方は凄いっす!


部屋やラウンジでのおしゃべりが続き、気が付くとお昼過ぎ...
お昼を食べに行こう!という事になりまして、向かった先は昨日のべこまる近くのお店へ




やって来たのは中華料理一番
このお店、安くてボリューム満点なお店です。


Chanさんは炒飯定食と唐揚げ、私は炒飯と焼きそば、たす小さんは味噌ラーメン

Img_9841_web_2


炒飯と焼きそばを注文して1,500円以下!とカロリー修行されている方にオススメです。

Img_9839_web_2


Chanさんが残した唐揚げもいただきまして、お腹いっぱいになってホテルへ


デザートは別腹と言いますか、Chanさんが2Fのお店でケーキを買っておりまして...

Img_9842_web_2


どうするのかなぁ...と思っていたら3人でラウンジで頂くことに。
たす小さんがお腹いっぱいで食べられないということで私が2個頂くことに


16時になるため私がチェックアウトしなければなりません。
荷物をまとめチェックアウト手続きをした後もクラブラウンジで談笑
カクテルタイムも始まり夕食を食べに行きましょうかとなりまして(笑)


向かったのは四川料理の華隆餐館




このお店は中国人の方が料理を作り、お客さんの多くも中国の方、必然と店内も中国語が飛び交っています。私には中国語の練習と願ってもないチャンスのお店です。

夏休みという事でしょうか、高校生か中学生らしい方がお店のホールを手伝っておりました。どうやら店主の方の娘さんらしいですが、その方への注文も中国語で行いました。日本語が分かるので私の中国語の発音も理解してくれたようで、聞き直されることはありませんでした。


注文したのが皮蛋

Img_9844_web_2


ビールはたす小さんの物ですね。


この皮蛋、かなり癖のあるラー油でちょっと辛く中国で食べる様な味付け

Img_9843_web_2



こちらはハチノス

Img_9845_web_2


このハチノスも辣油が効いていて美味しい



木耳にも辣油が

Img_9846_web_2



こちらはピリ辛の炒飯

Img_9847_web_2


四川料理ということでどれも辛いです。辛さも調整してくれるようで、更に辛いのが好みなら辛さを増してくれるような


このお店の麺は刀削麺、打った麺を伸ばして切るのではなく、包丁で削り取ります。中国ではよくある麺ですが日本でお目にかかることは少ないですね。
今回は刀削麺の汁無し担担麺を注文してみました。

Img_9848_web_2


日本での担担麺はスープがありますが、中国で担担麺というと汁無しで出てくることが多いかな。私が中国で何度か食べたのも汁無しでした。
麺はモチモチしていて美味しく、味付けは日本の中華とは異なり中国で食べた味を思い出させてくれます。
日本でここまで中国人向けの中華料理を出してくれるお店は少ないと思います。
ここのお店は正直何度も通いたくなりますね...
中華料理が食べたくなったら、深夜ドライブを兼ねて行ってしまうかもしれません。


食後はChanさんにみなとみらい駅まで送っていただき、電車で帰路につきました。
これでスピードアップキャンペーンにあったインターコンチネンタルに2泊は完了!残すは8泊のオファーの残り1泊となりました。




2017年9月11日 (月)

IHGスピードアップキャンペーン対策でヨコハマへ

IHGのスピードアップキャンペーンQ2、私にはこの様なオファーが届きました。

2017


この中で問題になるのが8泊で16,000ポイント、インターコンチネンタル2泊で2,800ポイントです。シンガポール滞在時のインターコンチネンタル宿泊を有償にすれば、インターコンチネンタル宿泊はクリアー出来ましたが、クラブラウンジを付けての1泊が4万円以上の価格になるためポイント宿泊を選びました。
今回のオファーはクリアーするつもりはありませんでしたが、ヨコハマで安い価格があったことから、ヨコハマ2泊と成田1泊の合計3泊3万円ちょいでオファーをクリアー出来ることが分かりました。それならばクリアーして残りの39,800バーナスポイントを回収することにしました。
少し余計だと感じたのが成田への1泊、ジャカルタ滞在のHoliday Inn Kemayoranをポイント宿泊でなく有償宿泊にすれば、この滞在は必要ありませんでした...まぁ後の祭りと言いますか、その時はクリアーしようとは思っていなかったので致し方ない面もありますが。



ということでヨコハマグランド インターコンチネンタルに宿泊するためみなとみらいへ

Img_9630_web


新川にある友人の会社で打ち合わせをし、地下鉄経由で中目黒乗り換えでみなとみらいに到着


みなとみらい駅から徒歩10分弱でしょうか、インターコンチネンタルに到着です。

Img_9632_web


ヨコハマグランドに宿泊するのは実に2年ぶり、前回は2年前の9月の建物の外壁を改修中でした。この時はお安いプランがありましたがアップグレード対象外とかで、プラチナのステータスがありながらガチアップグレード無しでした。


ロイヤルアンバサダーでは無いためクラブラウンジアクセスは無し、クラブアクセスも付けていないためフロントデスクでのチェックインとなります。

Img_9664_web


この写真は深夜の誰もいないところを撮影しましたが、15時頃のフロントデスクにはチェックインとチェックアウトの方で渋滞が出来ておりました。おそらく10組以上は並んでいたのではないかと...


そんな渋滞をよそにAmbassadorの特典を生かしてAmbassador check inを利用させていただきました。

Img_9665_web


Ambassador check inはフロントデスクの一番右側、ここだけは空いていますね。
でも他のインターコンチネンタルは座ってチェックインできますが、こちらはカウンターになってしまうんですね...


予約した部屋はスタンダードルームの事前払いで1泊12,960円です。
これがデラックスルーム ベイビューにアップグレードされました。

Img_9633_web


2名宿泊でも十分な広さですね。



ベッドタイプはダブルになります。

Img_9636_web



1名宿泊なためツインよりダブルの方が嬉しいです。

Img_9634_web



ワークデスクにテレビなど

Img_9637_web



部屋からの眺望は横浜の海を見ることが出来ます。

Img_9639_web


少し先にはベイブリッジも

Img_9641_web



続いて浴室などの水回り

Img_9642_web



バスタブでのシャワーとなります。

Img_9645_web


この辺りが建物の年代を感じるところかなぁ...



チェックイン時に朝食のことを聞いてみました。事前に買っていませんが1階の朝食会場に行けば部屋付で食べられるそうですが、事前に買っておいた方が安いみたいです。聞いたついでに別途有料でクラブラウンジアクセスを買えないですか?と聞いてみたところ、通常はお断りしておりますがスパイア・アンバサダーの方ですので、ラウンジに確認しラウンジ利用者が少なくOKが出れば2名様1万円でご利用いただけますとのこと。宿泊するのは1名なんですが...と尋ねると、それでしたら5千円でご利用いただけますとのこと。スタッフの方がラウンジに確認してくれOKが出たためラウンジアクセス可能となりました。

Img_9646_web


ステータスを持っていてもラウンジ利用者が多ければ断られますので、どうしてもクラブアクセスが欲しい方は、クラブアクセスのあるプランで申し込んでおいた方が良いと思います。


部屋でひと段落してからクラブラウンジへ

Img_9672_web


ヨコハマのクラブラウンジにお邪魔するのはこれで2回目、1回目はロイヤルアンバサダーの方が宿泊しているときにお邪魔させていただきました。自力でここに来たのは初めてとなります。


ちょうどカクテルタイムが始まった時間で、少しだけつまんでいく事にします。

Img_9648_web


ヨコハマのクラブラウンジはそれほど広くなく20人も入ったらいっぱいな感じ、ミールの提供もそれほど多くないため、お酒を飲まない私は夕食にはなりません。


ミールをもう一度取って来ても同じものとなってしまいます...

Img_9650_web


ここのラウンジでお酒を飲まない方は正直もったいないかも。
軽く食べてから夕食を食べに行く必要があると思います。


デザートで頂いたマカロン

Img_9653_web


チョコレートを少しだけ

Img_9654_web


軽くいただいたので夕食を食べに向かう事にしました。









夕食はランドマーク内に在るお店に向かうことに

Img_9656_web


台風の影響か観覧車はライトアップはされているものの動いてはいませんでした。



やって来たのはこちら、仙台の牛たんのお店の喜助です。

Img_9657_web



なぜ喜助に来たかというと、仙台の方から無料定食券を頂いていたから

Img_9651_web


お知り合いに喜助の方がいて、その方とは11月に一緒に出掛ける予定です。


牛たん定食ととろろを注文

Img_9660_web


麦飯にとろろは必須だと思いますね。



牛たん定食の1人前、味噌を注文です。

Img_9659_web


牛たんというと塩ですが、私はご飯と食べるなら味噌が好き



追加料金を払って1.5人前にせず、ゆでたんを注文

Img_9661_web



このゆでたんが美味しいんです。

Img_9662_web


私の友人でゆでたん好きな人がいて、1人で5皿食べた方もいるほどです。
追加したので全て無料とはなりませんでしたが、久々に美味しい牛たんをいただけました。
ヨコハマに宿泊した時の定番コースになりそうです。



エレベーターから横浜の夜景が綺麗でした。

Img_9663_web


この後は部屋にこもって東南アジア周遊のブログを書いておりました。



朝方までブログを書いておりまして起きたのは9時少し前、クラブラウンジに朝食を頂きに向かいます。

Img_9666_web


あまり大きくないラウンジゆえ、提供されている料理数も多くないです。
しっかりと朝食を頂くなら1Fの朝食会場をおススメいたします。


10時まではシェフが卵料理をオーダーで作ってくれます。

Img_9667_web


このオムレツは美味しかったですね~
ふわっ、とろっ感のあるオムレツでした。
朝食後も部屋に戻りブログの続きです...



休憩がてらラウンジのティータイムに向かうことに

Img_9674_web


ラウンジからの景色も良かったです。

Img_9675_web



ティータイムで提供されているスイーツなど

Img_9673_web


飲み物はメニューがあり、リクエストベースで持ってきていただけます。

Img_9671_web



軽くいただきながらティータイムを楽しみました。

Img_9670_web


ほぼ24時間ホテル内で過ごし、16時のチェックアウトとなりました。
この時間なら帰宅ラッシュの少し前に帰れるかなぁ...


これでインターコンチネンタル2宿泊のお題、1泊目をクリアーですが、有償でクラブアクセスを買ったため、予算オーバーとなってしまいました。
クラブラウンジのスタッフの方とお話もでき、少しは私の顔と名前を憶えていただけたかなぁ...




2017年9月 8日 (金)

StarHubのPrepaid SIMをオススメする訳

空港に到着して手に入れる物といえば、両替し現地の現金、SIMカードなどがあると思われます。両替は都度行う必要に迫られますが、SIMカードを毎回買うのは面倒だと思うようになりまして...しかも空港によっては制限エリア内に各キャリアのブースがあったりで、両替前にSIMカード入手を迫られたりします。

あらかじめ日本でポケットWi-Fiをレンタルする方法もありますが、訪問国が複数になるとこれまた面倒、しかも料金が思ったほど安くなく1度海外に行くと数千円の費用が発生してしまいます。SIMフリー端末を持っているなら現地でSIMカードを手に入れるのが一番安く運用しやすいことになります。

国毎にSIMを買えばよいのですが毎回手に入れるのも面倒、手に入れたとしても顔写真とパスポートのを撮って登録が必要だったりします。また訪問国が増えるたびに管理が大変、期限切れを防ぐために使わないSIMにリチャージしたりと費用もばかになりません。残高が少ないからこのSIMを捨てるか!となってしまいがち。もっと上手に海外のSIMをデータローミングできないものか?と思い海外のSIMを調べてみたところ、私の中でStarHubのSIMが良いのでは?となりました。



まずはシンガポールのキャリアをざっくりご紹介、シンガポールにはSingtel、M1、StarHubの3社があります。Singtelが日本でいうドコモ的な立ち位置、契約数も多く電波の入り具合も良いらしいです。2番手につけているのがM1、新興勢力のStarHubという現状になるようです。

シンガポール域内だけで利用するなら、プリペイドSIMの購入金額、データプランなどはほぼ横並び、それなら電波の入りの良いSingtelがオススメかもしれません。手に入り易さもそれほど変わずコンビニでSIMも売られていますし、チャンギ空港の両替所で各キャリアのSIMが売られていたりします。はるかに日本よりSIMカードを入手しやすいシンガポールですが、SIMカードを購入するにあたり1人3枚までという制限があります。この1人3枚の制限、有効なSIMが1人3枚であって過去に買って有効期限切れになったSIMカードは履歴から削除されるようです。履歴が削除されるには3ヶ月ほど要しますが...



なぜStarHubのSIMカードをオススメするかというと、それは各社のデータローミングの違いになります。



Singtel

Singtelhi! SIM Cardsのデータローミング、こちらは1GB30日で地域ごとに価格が分かれいるのが基本となります。

Destination Pack A、1GB30日間10SGDがマレーシア、オーストラリ、インドネシア、タイ、フィリピンで有効

1479285540886



Destination Pack B、1GB30日間20SGDが中国、香港、インド、台湾、日本、韓国で有効

1479286734197


Pack Aの地域を30日以内に周遊するなら、1GBを超えるまでは追加購入が必要なさそうです。しかしAとBの国を跨ぐ場合はそれぞれのパッケージを購入する必要があります。


Value Plan、100MB7日間5SGDとしてマレーシアとオーストラリアがあります。

1479286915861

100MBとデータ容量が少ないため、シンガポールから短期訪問する場合に有効ではないでしょうか。

シンガポール域内は別途ローカルデータが必要になるため、シンガポールとインドネシアに訪問する場合は、シンガポール域内のデータとDestination Pack Aを購入する必要に迫られます。



M1

次にM1のデータローミング
こちらはデータローミングが2種類存在し、Singtelの様にデータローミングプランを購入するタイプと、対象国でローカルデータ分を無料ローミングする方法があります。


まずはローミングデータプラン購入タイプ
2GB10日間15SGDの対象国はオーストラリア、バングラディッシュ、カンボジア、香港、インドネシア、マカオ、マレーシア、スリランカ、台湾、タイ、イギリス、アメリカ
2GB10日間28SGDの対象国は上記の12か国に加え日本、ニュージーランド、フィリピン、サウジアラビア、韓国となります。

M1


2GBが15SGDとそれほど高い価格設定ではありませんが、利用できる日数が10日間しかありません。また日本、ニュージーランド、フィリピン、サウジアラビア、韓国でローミングをする場合は28SGDが必要となり、2、3日に旅行で使いたいという方向けでは無いように思います。しかし対象国が17か国と多いのはメリットかもしれません。


各国のローミングキャリアはこちら

M1_3


これ以外のキャリアに接続された場合は手動でキャリアを設定する必要があります。



M1はローカルデータを対象国で無料ローミングする方法もあります。
対象国は香港、マカオ、インドネシア、マレーシア、台湾の5か国です。

M1_data_roaming


この5ヵ国への訪問はデータローミングプランを購入せず、ローカルデータを購入しローミングをONにするだけで安くデータローミングが可能となります。


ローカルデータプランはこちら

M1


300MB30日間5SGD、1GB3日間5SGD、1GB7日7SGD、1GB30日10SGD、3GB50日間30SGDの5種類になります。
香港、マカオ、インドネシア、マレーシア、台湾に滞在するときは、ローカルデータを購入しローミングをONにすだけ。ただしM1はプリペイドSIM用のアプリが無いためUSSDコードを発信できる機器が必要になります。

USSDコードでのローミング設定はこちら
Dial #100*8*1# on your phone
・Select‘Enable data roaming’option and confirm your request
・Ensure you are connected to our preferred networks
・Turn on both Mobile Data and Data Roaming in phone settings menu


以前、クアラルンプールでローミングを試したところ、ローミングをONにしてから少し待つ必要がありました。30分から1時間程度待てばネットアクセスできるようになるようです。


M1のM Cardのローミングは対象国の多いデータパッケージに加え、香港、マカオ、インドネシア、マレーシア、台湾では無料でローカルデータをローミングすることも可能です。ご自身の訪問、滞在に合わせて使い方を選べるのが利点となります。
ただプリペイドSIM向けのアプリが無いためUSSDコードを使える機器が必要となります。最近はポケットWi-FiでもUSSDコードが打てる機種があり、ポケットWi-Fiだけでの運用でも問題ないかもしれません。









最後に私が最もオススメしているプリペイドSIMがStarHubです。
StarHubのデータローミングはとてもシンプルで、ローカルデータを対処国で無料ローミングできる内容、M1の対象国無料ローカルデータローミングが拡大されたバージョンと思って頂ければ良いかと。


対象国はオーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、マカオ、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、台湾、タイ、イギリス、アメリカの14か国、対応キャリアは下記の表で確認してください。

Happy_roam_destinations_2


この14か国でローカルデータを無料ローミングすることが可能です。


ローカルデータパッケージこちら

Happy_roam_data_plans_2


30MB3日間2SGD、200MB3日間4SGD、1GB3日間5SGD、10MB7日間1SGD、1GB7日間7SGD、1.2GB30日間10SGD、2.4GB30日15SGD、3.6GB30日20SGDの8種類となります。これらローカルデータが全て対象国でローミング無料となります。
例外がありSIMを購入した時に付属しているローカルデータはローミング対象外となります。


StarHubのプリペイドSIMは、対象国を周遊している限りローカルデータでローミングが可能となります。そして他社との大きな違いは、ローカルデータ分のローミング対象国に中国が含まれていることです。中国に行かれる方の一番の問題点はネット接続、中国のSIMではGoogle、Facebook、Twitter、LINEなどにアクセスすることが出来ません。ホテルのWi-Fiもアクセスは出来ず(一部のホテルでは可能)、またレンタルポケットWi-Fiは現地SIMを使っていることが多く、中国での規制に掛かることがあるようです。

中国のネット規制を回避するにはVPNを使うか、ローミングする必要があります。香港経由で中国に入る方なら香港空港で中国でローミングできるSIMを購入することが出来ますが、それ以外の方は事前に日本でSIMを買うなどの準備が必要となります。ところがStarHubのSIMを持っていれば労せず安価に中国でローミングすることが可能です。
またシンガポールのSIMは残高を使って有効期限を延命できるため、有効期限を延ばすために不要なリチャージが不要となります。



こんな便利なStarHubのSIMはチャンギ空港で24時間購入可能です。
T2を例にとって説明すると、制限エリアを出たら右方向に進んでください。いくつかカウンターがある中にStarHubのカウンターがあり24時間営業です。

204_web


店員さんにプリペイド SIMが欲しいと伝えれば購入可能です。
通常のプリペイド SIMは8SGD、15SGD、50SGDの3種類となります。
1週間以内の滞在なら8SGDのプリペイドSIMを購入し、7日間1GBのデータ購入で十分かもしれません。しかし8SGDのSIMは開通から90日しか有効でないため、15SGDのSIMを買えば180日有効となります。15SGDのプリペイド SIMを購入すれば、5日間15GBの無料ローカルデータが付随しているので、プリペイド SIMの購入直後にデータ購入は不要となります。
こうなると8SGDのお得感が無いので、15SGDのプリペイド SIMを購入するのが良いかと思われます。


残りの1種類の50SGDのプリペイド SIMはチャンギ空港だけでの販売となります。このSIMは街中のStarHubのお店では購入できず、チャンギ空港のカウンターのみとなります。

205_web


このプリペイド SIMは何がお得かというと、15GB10日間有効なローカルデータに加え、5GB30日間有効なローミングデータが付随されています。15BGのデータはロミーング対象ではないため東南アジアを周遊するにはローミング対象のデータ購入が必要となりますが、初めからプリペイド SIMに付随されているので、別途購入する必要がありません。このローミング対象データは日本でのローミングも対象なため、日本に帰って来てもSIMを差し替えることなく使えてしまいます。データ残高は残っているのに有効期限間近という場合は、10MB7日間1SGDを購入すればデータ有効期限が7日間延長されます。データ残高を捨てることなく1SGDでデータ有効期限を延ばすことが可能です。
私もこの方法を使い7月末に帰って来てから日本のSIMに変えることなく、StarHubのプリペイド SIMを利用し続けております。


206_web



StarHubのプリペイド SIMの情報はこちらでご確認ください


チャンギ空港のSutarHubのカウンターは24時間営業のため、いつでもプリペイド SIMを購入することが可能です。購入時に使いたい機種をスタッフに見せれば無償でセットアップを行ってくれます。スマホやポケットWi-Fiに詳しくない方でも安心してプリペイド SIMを購入できます。


メリットばかり書いたStarHubのプリペイド SIMですが欠点があります。テザリング不可です。数人でデータを共有したいならポケットWi-Fiなどが必要となってしまいます。
テザリングが出来ないという欠点はありますが、対象国14か国でローカルデータを無料ローミングできるため、マイル修行であちこちの国に行かれる方はStarUhbのプリペイド SIMを1枚持っておくと便利かもしれません。

また、先日のマレーシアとインドネシア訪問時にStarHubのSIMでダイヤル通話することが出来ませんでした。現在私が確認できているのはシンガポールと日本ではダイヤル通話OK、マレーシアとインドネシアでダイヤル通話不可となっています。他のデータローミング対象国に行った際にはダイヤル通話が可能か試してみる予定です。




2017年9月 6日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 訪問した場所情報

この修行日程は11日と長いことからブログに掲載した場所をGoogle Mapにまとめてみました。



Singapore

Holiday Inn Express Katong

207_web


2016年7月に開業したカトン地区にあるIHGホテル


ホリデイイン・エクスプレス・シンガポール・カトンの場所はこちら





Geylang Lor 29 Hokkien Mee

213_web_2


福建麺が頂けるお店、名前にゲイランとありますが店舗はカトンです。


Geylang Lor 29 Hokkien Meeの場所はこちら





227 Katong Durian

1075_web


ドリアンのお店、奥にイートインコーナーがあります。


イーストコーストロード沿いにあり目立ちます。





Old Airport Roard Food Center

229_web


MRTサークルラインのダコタ駅近くの大きなホーカーセンター


オールド・エアポート・ロード・フードセンターの場所はこちら





InterContinental Singapore

230_web


MRTブギス駅にあるIHGの最高級ホテル


インターコンチネンタル・シンガポールの場所はこちら





Bugis Street

255_web


洋服、お土産、飲食店など多くのお店が集まった若者向けのショッピングセンター


ブギス・ストリートの場所はこちら





Sim Lim Square

256_web


シンガポールのアキバと言われる場所、スマホやPCのアレコレが手に入ります。


シムリムスクエアの場所はこちら





新山叶子楣手工包店

264_web


手作りの大包、点心などが頂けるお店


新山叶子楣手工包店の場所はこちら





昇菘超市(Sheng Siong)ゲイラン店

304_web


シンガポールの地場系スーパー、値段が安くお買い得、タックスリファウンドは受けられません。


昇菘超市(Sheng Siong)ゲイラン店の場所はこちら





Golden Mile Complex

317_web


長距離バスの発着場、ここからマレーシアなどにバスで行く事が可能


ゴールデンマイル・コンプレックスの場所はこちら





Chinatown Complex

332_web


チャイナタウン・コンプレックスのホーカー内に世界最安のミシュラン1星を獲得したお店が在ります。


チャイナタウン・コンプレックスの場所はこちら





阿秋甜品

345_web


中華デザートのお店、熱と冷の中華デザートを楽しめます。


阿秋甜品の場所はこちら





Wonder WashのKallang/Upper Boon Keng Branch

351_web


シンガポール内で20店舗以上を展開しているコインランドリー


ワンダー・ウォッシュの場所はこちら





Seng Huat Bak Chor Mee

874_web


インターコンチネンタル近くで24時間営業している麺のお店、小さなホーカー内に在ります。


Seng Huat Bak Chor Mee の場所はこちら





Ya Kun Kaya Toast

864_web


シンガポール内で数十店舗展開しているカヤトーストのお店、T2制限エリア内にお店もあります。


ブギス・ジャンクション内のヤクン・カヤトーストの場所はこちら





瑞春(Swee Choon Tim Sum Restaurant)

910_web


安くて美味しい点心のお店、メインは18:00からの営業となります。現在はランチ営業もしているようです。


瑞春(Swee Choon Tim Sum Restaurant)の場所はこちら





昇菘超市(Sheng Siong)

911_web


シンガポール地場系のスーパーマーケット、シンガポール全土に数十店があります。


こちらはリトル・インディア近くの昇菘超市となります。






Systematic Laundromat

950_web


ショッピングモールのPoMoの地下1階にお店が在りる洗濯屋さん、洗濯物の重さで金額が決まります。


Systematic Laundromatの場所はこちら





香港旺角點心

961_web


チャイナタウン・コンプレックス内にある点心のお店、1品2.3SGDと分かり易い価格設定


チャイナタウン・コンプレックスの場所はこちら





Hawker Chan

977_web


世界最安ミシュラン1星のお店の別店舗、チャイナタウン・コンプレックス内にもお店があります。安く食べるならチャイナタウン・コンプレックス内のホーカーで、冷房があり少し高くても良いならこの場所となります。


Hawker Chanの別店舗の場所はこちら





Ion Orchard

1040_web


オーチャードにあるショッピングモール、高級ブランドのお店が軒並み揃ってます。TWGもこの中に入っております。


Ion Orchardの場所はこちら





Lucky Plaza

1041_web


オーチャードにあるショッピングモール、タグを作ってくれるお店もこの中にあります。


ラッキープラザの場所はこちら





Katong Square

1065_web


ホリデイイン・エクスプレス・カトン、インディゴの建物に隣接したモール


カトンスクエアーの場所はこちら





112 Katong Mall

1071_web


カトンのランドマーク的なショッピングモール


112カトン・モールの場所はこちら






ファイブスター

1073_web


チキンライス、中華料理のお店


ファイブスターの場所はこちら





文東記

1074_web


チキンライス・中華料理のレストラン、少し高いですがチキンライスは美味しいです。


文東記の場所はこちら





Wash Geylang Branch

1091_web


シンガポール内で20店舗以上を展開しているコインランドリー


Wonder Wash  Geylang Branchの場所はこちら





Durian

1090_web


果物店ですがドリアンメインで売られてました。Wash Geylang Branchの目の前です。


Durianの場所はこちら





マリン・パレード・フードセンター

1115_web


マリン・パレード・フードセンター内の点心のお店、海皇で点心を食べるのがいつものパターン


マリン・パレード・フードセンターの場所はこちら











Maleka


マコタ・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)

472_web


ホリデイイン・マラッカ近くの私立病院、この病院のバス停から長距離バスが発着します。


マホカト・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)はこちら




ここからホリデイイン マラッカまでは徒歩10分程度


Holiday Inn Maleka

445_web


マラッカ唯一のIHGのホテル


ホリデイイン・マラッカの場所はこちら





マコタ・パレード(Mahkota Parade)

484_web


ホリデイイン・マラッカの北側にあるショッピングモール



マコタ・パレード(Mahkota Parade)の場所はこちら





Brands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamall

523_web


マコタパレードのさらに北側にあるアウトレット


Brands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamallの場所はこちら





ホリデイイン・マラッカ近くのコインランドリー

502_web


目印はVenus Boutique Hotel、この隣となります。


Venus Boutique Hotelの場所はこちら





オランダ広場

507_web


マラッカの観光名所のひとつ


オランダ広場の場所はこちら





プラナカン博物館

506_web


おとなの基礎英語シーズン4、エピソード66で紹介されたプラナカン博物館


プラナカン博物館(Baba And Nyonya Heritage Museum)の場所はこちら





セント・ポール教会

510_web


フランシスコ・ザビエルが日本に来る前に立ち寄った教会


セント・ポール教会、場所はこちら





メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)

514_web


マラッカを360度見渡せるアトラクション


メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)の場所はこちら





和記雞飯

534_web


チキンライスボールを食べることが出来るお店


和記雞飯のお店の場所はこちら





美中園餅舗

570_web


ドライドリアンなどお土産を売っているお店


美中園餅舗はこの辺りです。






メダン・サムデラ(Medan Samudera)

565_web


マラッカのお土産店が集まったモール、メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)の隣になります。


メダン・サムデラ(Medan Samudera)の場所はこちら





Giant Supermarket Mahkota Parade

583_web


マコタ・パレードB1にあるスーパーマーケット


Giant Supermarket Mahkota Paradeの場所はこちら





AEON

610_web


マラッカにあるAEONモール


AEONの場所はこちら





Melaka Sentral

611_web


マラッカのバスターミナル、鉄道が無いマラッカはここが各都市への拠点となるようです。


マラッカのバスターミナル、Melaka Sentralの場所はこちら





Jakarta



Depot 3.6.9. Shanghai Dumpling & Noodle

668_web


ジャカルタにある中華料理のお店


Depot 3.6.9. Shanghai Dumpling & Noodleの場所はこちら





Holiday Inn Jakarta Kemayoran

706_web_2


2017年7月現在、ジャカルタにあるIHGのホテルで一番快適だと思われるホテル


ホリデイイン ケマヨラン(Holiday Inn Jakarta Kemayoran)の場所はこちら





Tucano's Jakarta

724_web_2


渋谷、池袋に店舗を構えるトゥッカーノのジャカルタの店舗、ブラジル料理のお店です。


Tucano's Jakartaの場所はこちら





Patung Arjuna Wijaya

740_web


1987年完成のモニュメント、モナスの近くにあります。


Patung Arjuna Wijayaの場所はこちら





Nelson's
ホリデイイン・ケマヨラン近くの小さなモール






2017年9月 5日 (火)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 11日目帰国へ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





ホリデイイン・エクスプレス・カトンを8時過ぎにチェックアウト、フロントデスクでタクシーを手配していただき、タクシーの下3桁の番号番号が書かれたメモを頂き1Fの車寄せへ
昨夜、追加の買い出しを行ったため1人では持ちきれない荷物量になったため、タクシー利用です。


待つこと5分程度でタクシーが到着、重い荷物をトランクに積み空港へ

1122_web



このルートで空港まで向かいました。




空港まで20分ほどで到着、料金は20SGDちょいでした。
タクシーを呼んでいただいたので4SGDほど高くなっています。


こちらが今回の荷物の量です。

1123_web


キャリーケース1個、サブバック2個体制です。
各サブバックにはお米20kgが入っており、お米だけで40kgの購入
瓶類などの壊れる物はキャリーケース、それ以外はサブバッグに入れております。



ANAのチェックインカウンターは7番

1127_web



Fクラスの設定が無い便のため、ビジネスとエコノミーのチェックインカウンターとなります。

1126_web


Fクラス設定があるNH802便の搭乗手続きはFカウンターが設置されます。



帰路もC搭乗、32kg×3個を預け入れることが出来ます。
一番重かったのはキャリーケースの27.3kg

1125_web


サブバックは1個25kgほどでした。
やはり買い出しに行くならC搭乗で、32kgまで預け入れ出来ると安心感があります。



免税店で免税品を買い終えてからいつものラウンジへ

1128_web


免税店で買い物を終えた後に、タックス・リファウンドの手続きをしていないことに気が付きました...15SGDほど戻ってくるはずだったのに(涙)
15SGDほどあったらシンガポール1滞在のMRTとバス代程度になります。



相変わらずラウンジ内は空いてます。

1131_web


しかしラウンジ内に声の大きいオジサンがおりまして、何語で話しているのだろう?と聞いていると、かなり訛った日本語でした...息子さんらしき方が隣にいらしたので、ダイヤの息子さんが親をシンガポール旅行にでも連れてきたのでは?と思います。



朝食で点心を頂いてきたため頂いたのは果物のみ

1130_web



別腹としてハーゲンダッツは頂きました。

1132_web



日本ではクッキーがありますが、チャンギはチョコレートが用意されています。

1133_web


バニラ、ストロベリー、チョコレートの3種類となります。









ラウンジ滞在1.5時間程度、搭乗開始時刻近くになったためゲートへ
羽田空港までお世話になるNH842便、B789、JA883A

1136_web


中距離路線用のB789、246席タイプのB789です。
ダイヤ優先搭乗で20名ほどが搭乗...ホント皆さんダイヤ?と思いますね。


羽田までお世話になる座席は5F

1140_web


チケット購入後、すぐにアップグレードできましたが、ビジネスクラスの窓側は満席

1139_web


テーブルが通路側にある席を選びました。
着席すると担当のCAさんからご挨拶、今回の担当は竹○さんでした。


24時間前オンラインチェックインで座席を確認すると、ビジネスクラスは5席が未指定でしたが

1141_web


搭乗時は全席埋まっていました。
全席満席で羽田空港へと向かうことになります。


ウェルカムドリンクはオレンジジュースを選択

1145_web


お酒飲まないので選択肢はこれしかありません。
定刻より少し遅れてドアクローズ、羽田へと向かいます。



ベルトサインが消えると機内サービス開始、飲み物はいつものペリエ

1146_web



アミューズ、ガーリック風味のオリーブ、チーズ風味のグリッシーニ、生ハムメロン

1147_web



前菜と和え物と小鉢
和え物、北寄貝胡麻和え、小鉢は鰻と磯辺玉子焼きの餡掛け

1148_web



前菜は烏賊とアボカドの味噌ポン酢マリネ、稚鮎南蛮漬け、鶏松風、ほおずき

1149_web



主菜は海鮮の揚げ出し牡蠣ソース餡掛け

1150_web



海鮮の揚げ出し牡蠣ソース餡掛け

1152_web



マンゴープリン、フルーツ

1153_web




この旅程でチーズを食べていたことが多く、追加でチーズを頂くことに
チーズの盛り合わせ

1154_web


結局、デザート類は全て頂きました。


シンガポールの帰路も珍しく映画鑑賞、ハリウッド映画で万里の長城を舞台にした映画を鑑賞、その他にももう1本見ましたが、何を見たか忘れてしまいました(笑)
映画と映画の途中、CAさんに免税品などをお願いし、少しCAさんとお話しさせていただきました。ANAはここ数年国際線の路線拡大が目立ちますが、やはり現場のCAさんは足りていないようで、2018年入社組からは3ヶ月の訓練期間後、国内線乗務の訓練を経ず国際線乗務も可能となるそうです。人によっては初めての乗務が国際線という事もあり得るそうです。新人さんがいきなり国際線デビューとは、サービスの質の低下に繋がらなければ良いのですが...と少し心配でございます。


深夜・早朝便のビジネスクラスは簡易サービスとなり、日中便のビジネスクラスとサービス内容が異なってきます。同じお金を出して乗るなら日中便のビジネスクラスに搭乗した方がお得!という事になります。
ただ日中便に乗るためにはホテルを早朝にチェックアウトする必要があり、現地滞在が短くなってしまいます。この反面深夜便に搭乗するなら現地滞在を長くとることが出来、ホテルチェックアウト後も現地観光を楽しむことが可能です。
どちらも一長一短ありますが、日中便搭乗ならその日のうちに自宅に帰ることが可能です。国際線の後に那覇などの国内線を付けている場合は、深夜便に搭乗することで国内移動が楽になり、那覇を往復しても自宅に帰ることが可能です。
現在の私は国際線に国内を付けていないため、機内も快適に過ごしたいと思う事から日中便を選ぶようにしています。


少し出発が遅れましたが、羽田到着はほぼ定刻通りの到着となりました。

1155_web


今回はお米40kgを買ってきているため、検疫で申請する必要があります。
預け入れ荷物を受け取った後、検疫に行ってお米の申請をするため全てのお米を見せる必要があります。そのためお米はキャリーケースに入れるより、サブバックに入れておいた方が手続きがスムーズとなります。
必要書類に記入し検疫官が私の履歴を調べると、今回の40Kgを含めると年間115kgとなり、過去365日以内100kgの枠をオーバーしているため税金の支払いが必要になるというではありませんか!

いやいや!私は過去の履歴を計算して買ってきているため100kgを超えているはずはない!と主張!検疫官が再度履歴を調べると履歴データ更新が2017年7月6日となっていました。この日は7月24日、何日前のデータ見てるんでしょうかね!
過去のブログを読み返し2016年7月11日に羽田空港で20Kgの申請をしているので、そのデータが残っているのでは?と食い下がります。2016年2月に25Kg、2016年7月に20kgを買ってきているため現在は45kg以上の枠は残っているはずですと検疫官に説明しました。
すると検疫官の方がデータ更新を担当している者が本日休みでデータ更新が出来ない!と言うではないですか...すると検疫官の方が税関さんに相談しに行きましょう!と言い2人で税関に相談しに行きました。事情を話したところ税関職員の方は、我々は検疫さんが出した指示に対して課税するか否か判断するだけなので、判断は検疫さんでお願いしますとの事でした。内心それは税関さんの言うとおり!と思っていました。

検疫官2名の方が悪戦苦闘しなんとかデータ更新することが出来たようで、私の非課税個人輸入枠が50kgあることが判明、無事無罪放免となり税関で書類提出だけで済みました。
このお米申請に約1時間を費やしてしまったため、ファーストタグで受け取った荷物も、税関を抜けたのが一番最後の乗客となってしまったようです。
非課税枠が50kg残っていたため、今回の40kgで残り10kgとなってしまいました。
税関通過、職員から何か言われないか?と免税範囲内の買い物でも少しドキドキしますね。とことが今回は既に面が割れているというか税関職員の方も内容を把握しているため、税関レーンに並ぶと大丈夫でしたか?と職員の方からお声掛け頂きました(笑)

2016年9月に20kgのお米を買ってきているため、9月のシンガポール訪問で20kgのお米を買ってくることは可能です。しかし履歴更がすぐに行われない可能性があるため、20kgのお米を買ってくると今回の様なトラブルになりかねないため購入は避けようと思います。



疲れ果てて一般エリアに出ると、こんなものを持った方が待ち構えていました(笑)

1156_web


どうやら私がジャカルタで手に入れたEXTRA JOSS目当てに待ち構えていたようです。私を羽田空港国際線ターミナル到着エリアで確保するため待ち構えていたのはこの方
そういえばこの方が以前マレーシアに行かれる前、JOSSを売っている場所を調査していました...ということで私がジャカルタで入手したJOSSの一部は、この方にカツアゲ?されてしまいました(笑)

JOSSをカツアゲ?されるため、到着エリアのカフェでお茶する前にお米を自宅に送ってしまいます。アメックスの付帯サービスで自宅まで1個無料で送ることが出来ます。流石にリムジンバスでこの荷物を持って帰るのは無理、1つ送ってしまおう!という作戦です。1つの袋にお米30kgを入れJAL ABCカウンターで申し込み、スタッフの方が30kgを超えるとヤマト運輸さんが持って行ってくれないという事で事前計量、すると29kgで問題ないとの事...あれ?5kgのお米を6袋入れているのに29kgってどういうこと?計算が合わないんですが...まぁ5kg×6袋を自宅に送れたことは良いですが、少ないのはなんだか損した気分です(笑)

その後2人でお茶し、最終のリムジンバスで自宅へと向かいました。


これで11日に及ぶ旅程が全て終了、シンガポール→マラッカ→KLIA→ジャカルタ→シンガポールを周遊してきました。今回の修行で改めて感じたのは、飛行機に乗るのが目的ではなく現地での滞在を楽しむことが本来の目的ではないのかということ。せっかく海外に行っているのに現地入国、宿泊せず日本に帰ってくるのは正直もったいないと思います。
私の修行スタイルは必ず現地滞在する!で、海外に日帰りで行ったのは1日しかありません。今後は今まで以上に現地滞在の日数を増やしたいと思う旅でした。




2017年9月 4日 (月)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 11日目ホーカーで早朝点心

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





旅程11日目、日本に帰国の朝でございます。

1101_web


ホテル15階の部屋からシンガポール海峡がかすかに見えました。
多くのタンカーが行きかっているのが海峡らしいです。



マリン・パレード・ロードの地下鉄工事現場が見えました。

1100_web


ここに地下鉄の駅が出来るようで、開業後は空港からのアクセスが格段に良くなるはずです。


ツイッターでホリデイイン・エクスプレスの朝食が話題となっていました。
正直、ホリデイイン・エクスプレスの朝食は食べるに値しない内容、写真だけ撮って来ました。
ソーセージ

1102_web



ゆでたまご

1103_web



炒飯

1104_web



中華焼きそば

1105_web



シリアルに牛乳

1106_web



トースト

1107_web



パン、クロワッサン、パイなど

1108_web



ヨーグルト、カットフルーツ

1109_web



フルーツ

1110_web



ジュース

1111_web


ホリデイイン・エクスプレス・カトンの朝食はまだマシな方ですかね。
一度も食べたことは無いですが、ホリデイイン・エクスプレス・旺角の朝食はブッフェ形式ではなくオーダー制、かなり内容もひどいらしいです。
ここでホリデイイン・エクスプレスに宿泊するときの教訓、朝食は外で食べましょう!









カトン地区に宿泊した時の朝食候補、パークウェイ・パレードの隣にホーカーがあります。


マリン・パレード・フードセンターの場所はこちら





このフードセンター内に点心のお店、海皇があります。

1115_web


7時少し前にお店に到着、まだ開店前でお店の方が忙しくしておりました。
店主のオジサンからもう少し待ってねと言われ、お店前のテーブルに座って10分ほど待ちました。


メニューは写真入りで分かり易いです。

1112_web



1品3.00SGD~4.00SGDの価格設定

1113_web



店内に沢山の蒸籠があり蒸されてます。

1114_web



毎回注文するものは似てきてしまうのですが...

虾饺、3.30SGD

1116_web



萝卜糕、2.80SGD

1117_web



八宝糯米雞、3.80SGD

1118_web


馬拉糕、2.50SGD

1119_web


豉汁排骨、3.30SGD

1120_web


5品注文しておおよそ12.00SGDとなりました。
ホーカーということでお茶は販売されていませんが、近くの飲み物店で1杯1SGD程度の価格でお茶が販売されています。ここでお茶を買ってくれば立派な飲茶になってしまいます。

シンガポールも朝から営業しているお店が多く、ホテルで朝食を食べるのも良いですが、朝から食べ歩きに出かけるのも良いと思います。




2017年9月 3日 (日)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 10日目再びカトンへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。


インターコンチネンタル シンガポールをチェックアウト後、クラブラウンジのカクテルタイムまで楽しみホテルを後にすることに

1053_web_2


荷物は重いためあらかじめ部屋に回収しに来ていただきました。
スタッフが1人で台車無しでやって来ましたが大丈夫かなぁ...米20kgとその他もろもろでかなり重いはずなんだが(笑)
スタッフにJOSS知ってる?と聞いたところ、知らない!と言うのでチップ代わりに1箱差し上げました。


荷物が重いので、ぶっちゃけバス移動は無理っす!ここは文明の利器を利用

1056_web


早い話がホテルの車寄せからタクシーを使って次のホテルまで移動です。
タクシー代は15SGD程度だったと思います。
5SGDをチップで渡したら、運転手さんの気が良くなったのか、すぐさま車から降りてトランクから重い荷物を降ろしてくれました(笑)


再びホリデイイン・エクスプレス・カトンに戻ってきました。

207_web


翌日は7時頃チェックアウトして空港へ向かうため、寝るだけのホテルとして選びました。
カトン周辺ならタクシーで空港に行くにも近いし、渋滞の心配もそれほどないし、カトン周辺は美味しいお店も多くスーパーなどもあり大変便利なところ、ただしMRTが未開通な場所ゆえにバスかタクシーで移動してくるしかありません。

ホテルのチェックインは至って簡単だったというか、初日に宿泊したときと同じ方がチェックイン手続きしたので、朝食のご利用などはもう分かりますよね?とスピードチェックインでした(笑)


ホリデイイン・エクスプレス・カトン、ベッド1台で部屋がほぼいっぱい!

1057_web


香港旺角のホリデイイン・エクスプレスより狭いかも



荷物が重いため車寄せから台車使って部屋まで運びました。

1062_web


明日はこれ以上に荷物が重くなるため、台車は部屋の中に置きっぱなしです。



台車が部屋の中を占拠しています(笑)

1058_web



こちらがワークデスク

1061_web



ホリデイイン・エクスプレス・カトンにも無料のスマホが用意されていました。

1063_web


無料で使えるのため、街中に出かけるなら持って行った方が便利かも
自分のスマホの通信料が節約できますね!確か市内通話も無料だったともいます。



こちらが米20kgと諸々が入ったサブバック!

1064_web


持ってくるもの重かったですわ...ホント



クラブラウンジで軽く摘まんできたため食事に行こうと思い外へ
2016年7月に宿泊した時、カトンスクエアーは開店前でした。
それから1年、開店しているためどんなお店が入っているか見てみました。

1065_web



KILLINEY CAFE、コピ、紅茶のカフェですね。

1066_web


TOAST BOXが似たような感じのお店だと思います。
カヤトースト、ラクサ、麺類などがあるようです。



梅光軒、旭川ラーメンのお店ですね。

1067_web


シンガポールにまで来て日本のラーメンを食べようとは思わないのでパス
しかしシンガポールには日本のラーメン店が多いような気がします。
ぶっちゃけどの店も日本で食べるより高いと思いますが...



TIMES SQUARE MAGNUM、BarとGrillのお店の様です。

1069_web


リンク先にメニューは掲載されていますが、写真が無いので不明...



Starker Bistro、ビアレストランです。

1070_web


パスタ、ピザ、クリスピーチキン、バーガー類などもあるようです。



カトンスクエアーの場所はこちら




サクッとカトンスクエアーの中を通って目的のお店へと向かうことに








カトンスクエアのお隣に112カトンがあります。

1071_web


カトンのランドマーク的な場所、色々な飲食店、テナントが入っています。
香港の添好運、トースト・ボックスなども入ってますよ。


112カトン前の交差点、ここがカトンのメインの交差点

1072_web


ここを中心にカトンは広がっている様に思います。
この辺りには多くの飲食店があり、食べるには事欠きません。



112カトン前の交差点を東方面へ

1073_web


ファイブスターの前はかなり混雑しています。





ファイブスターの隣には文東記

1074_web


ここのチキンライスも美味しいです!




文東記はシンガポールに何店舗かあり、オススメなので一度行ってみてください。



その隣にはドリアンのお店227カトンドリアン

1076_web



ドリアンが量り売りで食べられます。

1075_web


ドリアン専門店、通年でドリアンが食べれるなら嬉しいのですが...


目的のお店、Geylang Lor 29 Hokkien Meeまで歩いてやって来ました。

1077_web



Geylang Lor 29 Hokkien Meeの場所はこちら




シンガポール到着日の朝食に食べたことろです。
リピートしたくなるほど美味しい、ちょっと変わった福建麺



お店の方に注文しようとすると、インド系の男性が中国語で今天没有!明天来!と言ってくるではありませんか!(笑)

1078_web


えぇっ?何でインド系の男性が中国語?と思いながら、明日?明日あんたのお店休みではないの?と思いながらも、英語でI go back to Japan tomorrow morning と言ったら、しゃ~ね~な~!と言う感じで10SGDの福建麺を何とかしてくれました(笑)



テーブルに着いて福建麺が出てくるまで待ちます。

1079_web


その前に飲み物を売っているお店でコーラーを購入、氷付きで1.5SGDでした。



そして待つこと数分、福建麺がやって来ました!

1082_web


のびた感じの麺でグチャととした食感、これがまた美味しくて癖になる美味しさ、またカトン地区に来たなら必ず食べたいですね。
私の注文を取ってくれた店員さんが他の店員さんに、彼は日本から食べに来たんだって!と話していました。すると女将さんが話しかけてきてくれたので、レスリー・テイさんがお店を紹介しているのを見て来ました。医師のテイさんをご存知ですか?と聞いたところ知らないと...仕方ないので彼のFB見せたら、あぁ~!と(笑)
すると女将さんがご主人に話してくれ、ご主人が来て色々お話しさせていただきました。テイさんのブログでご主人が入院していたことは知っていましたが、ご主人が入院中の写真を見せてくれ、調理していると気分が悪くなって入院したそうです。もう少ししたら調理に戻れるとのこと、現在は娘さんが調理を行っていました。早く良くなって美味しい福建麺を作って欲しいですね。


Geylang Lor 29 Hokkien Meeで福建麺を食べているとき、ゲイランまでのバスの行き方を調べていました。以前近くのバス停から13番バス1本で行った記憶があったのですが、時間帯を変えて表示されず。仕方なしにバス停を調べてみると13番バスが停車することが判明


歩いてAft East Coast Rdのバス停にやって来ました。

1083_web


Aft East Coast Rdバス停の場所はこちら





5分程度バス停で待ち13番バスがやって来ました。

1084_web


このバスに乗ってゲイラン方面に向かいます。



降りたバス停がbef Lor 18 Geylang

1085_web



Lor 18 Geylang

1086_web


良い子はこの辺りで遊ばないようにしてください...( 一一)



買い物をする前にデザートを食べたいなぁ...と思い、以前この辺りでお店を見かけた記憶があったので散策することに、もう1本北側の大通りのシムズ・アベニューを歩いているとコインランドリーを発見!

1088_web



確かこの辺りにWonder Washが在ったような気がすると思っていると、2軒先にWonder Wash Geylang Branchがありました。

1091_web



Wonder Wash - Geylang Branchの場所はこちら





すると光り輝いているお店が在るではありませんか!

1090_web



果物店で大量のドリアンが売られていました。

1092_web



Durianの場所はこちら





毎度山猫王を食べているため、たまには違う物をと物色していると店員さんが声を掛けてくれました。

1093_web


店員のオニーサン、少し日本語が出来るようで日本語で説明してくれました。
どんなのが食べたいですか?甘いの?苦味があるの?などと日本語で


ちゃんどら~先生から紅蝦も美味しいよ!と聞いていました。

1094_web



こちらの紅蝦を試そうかと思っていると、甘くて苦味が無いのはこれ!と黒刺をススメてくれました

1095_web


では店員さんオススメの黒刺を1個頂くことに


店員さんがドリアン叩いて音で確認、1個を軽く割ってみると良い感じでしたが、完全に割ってみると果肉部分が少しグチャっとしていて、これはダメね!と見せてくれました。
そして次に選んだのを割って見せてくれたところ良い感じ

1096_web


これなら美味しいよ!という事で、こちらを頂くことにしました。


1.5kg程度の重さ、34SGDのお支払いとなりました。

1097_web


猫山王は少し苦味が有りますが、このドリアン苦味が無く、甘くて美味しかったです。
これからは黒刺も食べる候補に入れてみたいと思います。もっと安いドリアンもあるので、こちらもチャレンジしてみたいなぁと...


ドリアンを食べ終わった後に昇菘ゲイラン店に移動、更に買い出ししているとまるさんからLINEに着信、今お店にいるという事で合流できました。まるさんはバンコク経由の日帰りシンガポール訪問でKさんとお会いしていたそうです。私が買いものを終えKさんの車でまるさんをお見送り、その後Kさんの車でホテルまで送っていただきました。




2017年9月 2日 (土)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 10日目IONのTWGの茶葉購入

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




世界最安のミシュラン1星を獲得したHawker Chanで念願のチキンライス

1022_web



チキンライスとチキンヌードルを頂きました。

1028_web


2つ合わせて4.5SGDと超格安!他のお店の半額程度の安さです。
ただご飯が白飯なのが残念ですが、お肉は超絶美味しかったです。



次なるミッション、TWGの茶葉を買いに向かいます。
私がいつも購入しているのはIONのTWG、買い慣れているのでいつもここ
チャイナタウンからIONまでの行き方を調べると143番バスが一番早いようでした。

1033_web


チャイナタウンからオーチャードにMRTで行くには乗り換えが必要、バスで行くと乗り換え不用と便利です。


チャイナタウン周辺から143バスに乗車しopp Orchard Stnで下車

1034_web



Google MapではOrchard Stnになってますね。




オーチャードロードは南東方向への一方通行のため、南東方向から来るとIONの裏側、オーチャード・ブルーバード側でバスを降りることになります。


こちらはIONの正面側

1040_web


ここの2階?のTWGで茶葉購入です。
ちなみにTWGは写真撮ってると注意されるので写真は無しです。


購入した茶葉は4種類8袋

1035_web


最近は冒険せず気に入った茶葉を必要なだけ買ってきます。



T8402、Waikato Valley Tea

1037_web


私のかなりお気に入りの紅茶
野生のブラックベリーを摘み取ったお茶、ほうじ茶に自然な甘みを加えたような味わい
ニュージーランドの茶葉ですが高いのがたまに傷、50g=101.25SGD税別となります。
普段は50gしか買いませんが、奮発したときだけは100gを購入します。
50gが8,000円ちょい、高価です。



T8401 Māori Spring Tea

1036_web


初めて購入する茶葉です。
いつもの茶葉を注文し終った後、店員さんが他にご希望は?と聞くので、オススメは?と聞いてみました。すると同じくニュージーランドの茶葉でこちらはいかがですか?とススメテくれました。
まだ飲んでないので何とも言えません、TWGのHPでどんなお茶確認すると「豊かで未燃のタバコの中毒性の香りを放つこの濃厚な青い茶は、舌の上に乾燥して口蓋に残っている木質で苔のような味で口を満たすカップに注入されます。 ユニーク」Google翻訳

値段はT8402 Waikato Valley Teaと同じで50g=101.25SGD税別、日本円で8,000円超えとなります。沢山は買えないので最低単位の50gだけ購入です。


T670 Milk Oolong

1039_web


ほんのりミルクの香りと味わいがするウーロン茶
TWGのHPを翻訳すると「500から1,200メートルの標高で栽培されたこの卓越した中国式ウーロン茶は、3月から12月の間に生産され、最高の葉だけで構成されています。 軽く発酵され、高度に芳香性のこの茶は、乳白色でトーストされた繊細な香りを提供します。 アフタヌーンティーのスコーンとペストリーに最適です。」Google翻訳
50g=28.50SGD税別、日本円で2,400円ほど、100g購入してきました。



何度も購入し、私がメインとして購入している茶葉がこちら
T5003 Passion Fruit Tea

1038_web


パッションフルーツの甘みと酸味を感じることのできる紅茶、砂糖を入れて飲むと味が濃厚になりさらに美味しさを感じます。またアイスティーで甘くして飲むのもオススメ
この茶葉と初めて出会ったのは香港のTWG、日本のTWGの価格表持って行って、日本で売っていないのが買いたい!と言って、香港の店員さんがススメてくれたのがこの茶葉
以来、シンガポール、香港に行った際はこの茶葉を必ず買っています。
50g=8.25SGD税別とかなりお買い得な値段、日本円で700円ほどです。


サクッとTWGの茶葉を購入し、次に向かったのはラッキープラザのタグ屋、本当の名前知りません(笑)

1041_web


店舗の写真だけ撮ろうと思っていたら店員さんに捕まり、もっと写真撮って良いよ!と

1042_web


タグも色々な種類があるのでどれにするか悩みます。

1043_web


このお店、ガチCAさんが買いに来たりしているんですよね...


航空会社のタグをではつまらないので、所有しているVWのタグにしていただきました。

1045_web_2


これで10SGDです...意外と高いかも
さて、このタグ屋、両替もやっていて本日のレートを聞くと10,000円で121SGDとのこと
あれ?空港で両替するのと比べ1万円で2SGDほどレートが良いかも
空港の両替所はレートが悪いことが多いですが、チャンギ空港のレートは良心的なレートだという事が再認識できました。
わざわざ街中に両替しに行くなら、チャンギ空港で両替するのもアリだと思います。









最近ツイートで話題になるのがEXTRA JOSS

741_web


私はちゃんどら~先生にジャカルタで購入していただきました。
EXTRA JOSSはインドネシアの製品、インドネシアでは手に入りやすいです。
マレーシア、フィリピンでも売られているようですが、どこで売っているのかは不明
シンガポールでも知っている人は知っていて、ラッキープラザの2階のお店で購入可能


お店の名前はFRIST Choice

1044_web


エレベーターで2Fに上がって来た所にお店があります。
店員さんにJOSSと言えば案内してくれると思いますが、シンガポールでの価格は高め、1箱6包入りタイプが2.5SGDとなります。
インドネシアならこの価格の1/4程度で購入できると思います。
インドネシアに行く事が無い方はこちらで購入するのもアリかと


ラッキープラザ前からブギスまでは7番バス1本で行く事が可能

1046_web


丁度バス停に着いたとき7番バスが行ってしまい、次のバスをアプリで見ると20分後
この暑い中、バス停で待っているのは耐えられない!とMRTでブギスまで戻ることにしました。



シティーホールまで行きイースト・ウエストラインに乗り換え

1048_web



久々にこの区間のMRT乗車でした。

1049_web



ホテルに戻りチェックアウト準備をし16時にチェックアウト手続き、そのままティータイムへ

1051_web


チェックアウト手続きをしているときスタッフから次はいつお越しですか?
もしかしたら来週末ですか?いや!明日よね?などと冗談を言われました。
もうこのまま帰国ですか?と聞かれ、フライトは明日の11時、これからカトンに移動しますと返答、するとカトンのインディゴは良いホテルですよ!と教えてくれました。

でもインディゴに宿泊するなら、私はここに宿泊するよ!と返答、インディゴも悪くないですがそれならインターコンチネンタルに宿泊してゆっくりした方が良いと感じています。


そしてティータイムからそのままカクテルタイムへ突入

1052_web



本日のミールはチキン、蝦餃子、モッツレラチーズのなんとかです。

1053_web


まだティータイムの紅茶も残ってますね(笑)


メインミールの他にセルフコーナーからミールとチーズなどを頂いてきました。

1055_web


チェックアウト後、あまり長居しても悪いので19時頃にクラブラウンジの外へ
マネージャーに次回は9月に来るね!と言ってホテルを後にしました。




2017年9月 1日 (金)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 10日目世界最安ミシュラン1星を再リベンジ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。





クラブラウンジの朝食を少なめにし、世界最安のミシュラン1星のHawker Chanへ再リベンジへ
ホテル前のバス停、Nth Bridge Commercial Cplxからバスでチャイナタウンへ向かいます。

1001_web


Google MapによるとNth Bridge Commercial Cplxからチャイナタウンへは61番、197番のバスで向かうことが出来るらしい

1002_web


到着するのはチャイナタウンの裏側のサウス・ブリッジ・ロード、Opp Sri Mariamman Tpから歩いてチャイナタウン・コンプレックスに向かうルートとなります。


次にバスアプリを使ってバスが何分後に到着するか確認

1003_web


アプリによると61番バスはおおよそ5分後、197番バスはおおよそ12分後
このアプリを入れておくとバス到着時間が分かりとても便利、シンガポールでバスを使うなら必須のアプリだと感じています。


61番バスに乗車しOpp Sri Mariamman Tpで下車

1004_web


チャイナタウンの裏側になります。


スリ・マリアマン寺院

1005_web



先週末、まささんと行った南洋老珈琲

1006_web


コピのコーヒーが有名らしいです。


この辺りには食器などのお店が軒を連ねています。

1007_web



その前にはスリ・マリアマン寺院

1008_web


チャイナタウンにヒンズー教寺院があるなんて不思議な感じ



日曜日ということで食器などを売っているお店は軒並みお休みでした。

1009_web



残念、昨日来たなら営業していたのかもしれないのに...

1010_web


すると隣のお店が営業していました。

1012_web


もしかしたら煲仔飯の土鍋が売っているのでは?と思い店内へ


お店の入り口には巨大なワイングラスが!

1013_web


飲食店やホテルのディスプレーで使えそうです。


奥に行くと多くのお皿が置かれていました。

1011_web


私が探してもらちが明かないので店員さんに聞いてみることに。お店の店主の方でしょうか?年配の男性が対応してくれました。
クレイポットを探しているのですが...と言うと、あぁぁぁうちは持ってないけど隣の店なら有ると思うよ。でも日曜日だから今日は休みなんだよね。
香港で買った方が安いと思うよ!香港にはいかないの?と聞かれたので11月に行く予定ですと返答し、広州にも行く予定ですと付け加えると、広州で買った方がさらに安いかもよとのことでした。

昨日のカクテルタイムクラブラウンジマネージャーにクレイポットってどこで買えるか知ってる?と聞いたところ分からない、調べておきますとの返答でした。
この隣のお店で買えることが分かったので、次回のシンガポール滞在で寄ってみようと思います。


隣のお店の名前は劉再成

1014_web



劉再成を通り過ぎ左に曲がり細い路地に入るところでドリアンが売られてました。

1015_web


皇中皇と山猫王が売られていて、山猫王は1kg=25SGDの価格でした。



ホーカーに行く前にHawker Chanの店舗に行ってみました。

1016_web


シンガポール内3店舗で展開しているらしいです。
各店舗の詳細は昨日ブログに書いた通り、時間のある方は全店舗制覇してみてください。








チャイナタウン・コンプレックスのホーカー内のHawker Chanにやって来ました。

1017_web


食べる気満々でやって来ましたが、あれ?まだ営業していないの?と思ったら


10:30開店とのこと...

1018_web


この時点で9:30ころ1時間程度待つ必要があり、出鼻をくじかれた感じです
既に数名の方が並び始めておりまして、私は少し離れた扇風機の風があたる場所で待ちました。


周りは絶賛営業中のお店が...

1019_web


あと1時間ほど待つことにします。



10:30になりいよいよ開店!

1020_web


私の前には10にちょっとの方が並んでます。


順番待ちの場所に注意書きが

1021_web


1人で8個までしか買えないようです。
1人が並べば家族全員分が買えるようですね。



世界最安!ミシュラン1星を獲得しただけあって写真を撮る方が多いのなんの

1023_web



私の順番になったのでお店の前へ行く事に

1024_web


チキンライス2.00SGD、チキンヌードル2.50、排骨飯3.00SGD、焼豚飯2.50
あれ?表の店舗の値段と違う!


確か表の店舗はチキンライス3.80SGD、チキンヌードル4.80SGD、排骨飯と焼豚飯は4.00SGD

979_web


同じ物でもホーカー内の店舗で食べたほうが安いんですね...
少し並んだりするかもしれませんが、ホーカーで食べましょぉ~



お店にはチキン、豚肉が掛けられてます。

1025_web


これを1日で売り切ってしまうのかと思うと...しかし美味しそう

1026_web



Singapre Best Foods 2017で5星を獲得したようです。

1027_web



私が注文したのはチキンライス2.00SGD、チキンヌードル2.50SGD

1028_web


2品注文して5SGDでお釣りが貰えてしまうなんて!激安です!
しかもミシュラン1星を獲得しているお店の食べのなのに


こちらが2.00SGDのチキンライス

1029_web


肉は柔らかくて凄く美味しいです!

1030_web


香港という名があるだけあってご飯は白飯なんですね...これは少し残念
でも2.00SGDという値段を考えるならアリです。


続いてチキンヌードル2.50SGD

1031_web


肉はチキンライスと一緒のお肉で、超柔らかくて美味しい。

1032_web


昨日、5.00SGDでチキンヌードルを食べましたが、半分の値段です。
肉は断然こちらのほうが美味しい、量的には昨日のお店の方が多いように感じます。
2.50SGDでこのクオリティーのチキンヌードルが食べられるなんて、ホーカーとしても安すぎると思います。

Hawker Chanのチキンライスとチキンヌードルかなり美味しかった!
またチャイナタウンに来ることがあるなら食べたいと思う逸品です。




« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

オススメ