« ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 Holiday Inn Express Hong Kong SoHoへ | トップページ | ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 蓮香樓で早茶 »

2017年12月21日 (木)

ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 興記菜館で煲仔飯

2017年3月から計画していた広東での飲茶修行、いよいよ実施の運びとなりました。
今回はオジサン3人を引き連れ予約クラスSの制限いっぱいの5泊6日の修行
往復共に香港空港を利用し中国内地へは陸路移動の手段をとりました。
広州に2泊、深圳に1泊、香港に2泊して東京に戻ってくるルートです。


2017/11/11 NH0821 B763 JA613A HND-HKG 00:55-05:00 Y 1,367PP 20,070JPY
2017/11/16 NH0860 B788 JA802A HKG-HND 14:25-19:15 Y 1,367PP 24,210JPY


1人は昨年ANAで20万PPを獲得したWダイヤの方で、IHGはSpire Ambassadorを保持していますが
2人の方は普段飛行機にはほとんど乗らずホテルステータスも持っていません。
6日間ひたすら食べ歩く旅にオジサン3人は付いてくる事が出来たのでしょうか?





夕食は九龍側の 興記菜館で煲仔飯と決めておりました。煲仔飯は広東式の土鍋ご飯で、香港の人は寒くなると煲仔飯!という感じになるそうです。日本で寒くなると鍋料理食べて温まるみたいな感じですかね...
上環から油麻地までの移動となり、地下鉄を使えば簡単ですが、香港らしさを味わうためにスターフェリーに乗船して向かう事にしました。上環のフェリー乗り場までは徒歩で

Img_1672_web


フェリー乗り場から香港一高いビルのICCが見えました。



スターフェリーの2階に乗船し九龍側へ

Img_1674_web


香港側のフェリーターミナルから離れていきます。



香港の金融街が綺麗に見えました。

Img_1675_web



更に香港島を離れると香港會議展覽中心が綺麗に見えました。

Img_1679_web



出港して10分ちょい、もう少しで九龍側に到着、香港側からレーザーが照射されてました。

Img_1681_web


丁度乗船していたのが8時前後だったため、シンフォニー・オブ・ライツが行われていたようです。



インターコンチネンタル香港が見えてきました。

Img_1683_web


本来ならここに宿泊したかったのですが、最近の香港の宿泊代の高さは...
今回は宿代を削って食事を少し豪勢にすることにしました。


15分程度の船旅を楽しんだ後は、九龍側のフェリー乗り場から5番バスに乗り込み油麻地駅近くのバス停で下車

Img_1685_web


最近開業したクリームあにきのお店が目の前でした。
ここには明日訪問する予定です。



バス停から徒歩数分、興記菜館にやって来ました。

Img_1686_web


ここは広東土鍋飯、煲仔飯のお店です。



興記菜館の場所はこちら




香港の方は寒くなると煲仔飯を食べたくなるとかで、お店もかなり混んでおりました。
店員さんに4名と告げると、店員さん同士で話し、1人の方がこっち来て!と連れて行かれたのがお店の2階、この先に部屋があるの?というような場所でした(笑)



興記菜館のメニューは日本語でも書かれているので安心

Img_1689_web


ざっくりですが煲仔飯だけでも100種類ほどはあるでしょうか
煲仔飯の他にも色々なメニューがあるので、ビール飲みながら食事を楽しめます。









お二方はビール、お酒を飲まない組は自家製茶を頂くことに

Img_1696_web



羅漢果茶、菊花茶、各10HKDです。

Img_1697_web


私が頂いたのは羅漢果茶でしたが、変な癖があって飲めないお茶では無かったです。



こちらが店員さんオススメの玉子のフライ

Img_1698_web



牡蠣のフライト海鮮のフライを各小の40HKDで頂きました。

Img_1699_web


このフライ、ビールに合う品でオススメです。


ウナギの釜めし 70HKD

Img_1700_web


鰻の釜めしです。
中国では日本でいう鰻は白鳝と書くそうです。



中華ソーセージと鶏肉の釜めし 46HKD

Img_1701_web


こちらもシンプルな一品です。


鰻とカエルの釜めし 75HKD

Img_1702_web


日本語ではウナギとメニューに書いてありますが、漢字表記では黄鳝と書いてあるので、日本でいう鰻ではなく田ウナギですね。



豚スペアリブの釜飯 41HKD

Img_1703_web


シンプルな釜めしで、私は日本でこれに近い豚軟骨の肉で作っています。



青菜の炒め物

Img_1704_web


ガーリックが効いていて美味しかったです。


帆立のガーリック蒸し

Img_1705_web


ビールのアテに注文しましたが、一番最後に出てきてあてが外れました...
というか注文してから時間がかかるだろうと思っていた煲仔飯が意外と早く出てきました。
4人で500HKD~600HKD程度のお支払いでした。


2階からお店を出るとき1階でフライを揚げているのが見れました。

Img_1706_web


こうやって美味しいフライが作られているのですね...



帰路は油麻地から地下鉄に乗り上環で下車、ホテルに戻りました。

Img_1707_web_2


ここからは洗濯タイムとなります。
Holiday Inn Expressはホテル内にコインランドリーがあり、香港の場合はフロントデスクでトクーンを買う必要があります。1枚40HKDで洗濯か乾燥で使うことが出来ます。洗濯1回40HKDとなります。乾燥機は1トクーンで35分、今回は洗濯した量が多かったことからトクーン2枚を使って乾燥させました。



階は忘れてしまいましたが、3階か4階にランドリーコーナーと宿泊者が利用できる共有スペースがあります。

Img_1708_web


ここで雑誌を読んだり、打ち合わせしたり、食事などをすることが可能。


入り口にキーカードかざせば中に入ることが出来ます。

Img_1709_web



製氷機が置いてあるので、部屋飲みされる方はこちらで氷を手に入れることも

Img_1710_web


もちろん氷などは無料です。


このスペースのショーケースにビルの模型がありました。

Img_1711_web


こうやって見ると細長いビルなんですね...
ホテルの平面図を見ると各フロアに客室が10個しか無いため、確かに細長い建物なのかと...


共有スペース、24時間使えるみたいでかなり便利でした。

Img_1712_web


私達は横のランドリー室で洗濯が終わるまでこちらで待機、くつろいで、洗濯と乾燥が終わることにランドリー室に向かっていました。ランドリー室もソファーなどが用意されておりますが、こちらで待っていた方が良いかと思われます。




« ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 Holiday Inn Express Hong Kong SoHoへ | トップページ | ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 蓮香樓で早茶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196277/66087134

この記事へのトラックバック一覧です: ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 興記菜館で煲仔飯:

« ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 Holiday Inn Express Hong Kong SoHoへ | トップページ | ANA SFC修行2017 オヤジ達の飲茶修行 蓮香樓で早茶 »

オススメ