« 2018年8月 | トップページ | 2019年3月 »

2018年9月 6日 (木)

マラッカの人がオススメするお店紹介

今回はマラッカの人オススメのお店を中心に紹介させていただきます。
マラッカといえばオランダ広場、そこに隣接する中華街などが有名ですが、少し離れた場所に現地の方がオススメするお店が在ります。観光で滞在するとなかなか訪問するのは難しい場所かもしれませんが、配車アプリなどを使えば簡単に行く事が出来ます。






このお店は6月に香港のホテルで知り合った方から教えていただきました。6月にHoliday Inn Express Hong Kong SoHoに宿泊した際、ホテル内のランドリールームで一緒になり、少しお話させていただいたところ、マラッカ出身との事で、ここのレストランがオススメよ!という事で訪問してみました。場所はオランダ広場から北に1km弱、オランダ広場から歩いていく事も出来ます。お店の名前はSamFu Restaurant、ニョニャ料理を頂けるお店です。

Img_4426_web



SamFu Restaurantの場所はこちら




レストランはMimosa Hotelの1階にあるため、Mimosa Hotelを目指していくと分かり易いと思います。



ニョニャ料理は、以前シンガポールで食べた以来、久々です。
お店の内装も中華とマレーを融合したような感じでした。

Img_4427_web


訪問した時は、寝過ごしてホテルの朝食を食べられず、お腹ペコペコ状態、少し多めに注文してみました。


春巻き

Img_4428_web



魚のフライ

Img_4430_web



鶏肉と豚肉とジャガイモの煮込み、アヤム ポテン

Img_4432_web



3品とライスを注文して、この量になってしまった...

Img_4433_web


明らかに1人で食べる量ではありません...3人ほどで食べるのが良いかと。


朝食も食べていなかったので、1人で頑張って食べました!

Img_4434_web


最後に春巻き1本も頂き、完食です。



気になるお値段は、春巻き12MYR、魚のフライ58MRY、アヤム ポテン28MYR、米飯1.5MYR、普洱茶7MYR、合計106.50MYR、日本円で3,000円ほどでしょうか。

Img_4435_web


これだけ食べて3,000円は安いし、料理も美味しかったです。これはなかなか良いお店を教えていただけました。


SamFu Restaurant  Mimosa Hotel
120, Jalan Bunga Raya, Kampung Jawa, 75100 Melaka
+60 6-282 0113
定休日:月曜日と火曜日
営業時間、ランチ12:00から14:30、ディナー17:30から21:30
ミモサホテルの1階にあります。



続いてのお店は、ドリアン屋の方から教えていただきました。
チキンライスボールを食べようと思ったのだが、お店が休みの様だけど、この辺りでオススメのお店ある?と聞いたら、ラクサはどお?と言われ、この先のウェイウェイがオススメ!と言う事で来てみました。

Img_20180719_201626_web


Happy Wei Weiの場所はこちら




ドリアン屋から東に100mほど行った場所です。



テールブルに着いてラクサを注文すると、なぜか点心が沢山入った蒸籠を持ってきました。お好みで選べるようで、注文しなくても良いみたいです。私は3点ほどの点心を頂いてみました。

Img_4450_web


点心のお味は、広東で食べるものと比べると、月とすっぽんほどの差がありますね。



こちらが本日のメインのラクサ

Img_4451_web


辛味ペーストを別皿で持ってきてくれるので、辛いのが苦手な方でも大丈夫かと。

Img_4452_web


シンガポールで食べるラクサは、麺が短い物が多いですが、こちらはしっかりとした麺

Img_4453_web


ラクサのお味も悪くなく、全部で20MYRほどだったかと思います。
麺類の他にもサテーなどが有るらしく、夕方から深夜まで営業しているようなので、次回は夜食でも食べに行ってみようかと思います。


Happy Wei Wei Kopitiam
Taman Melaka Raya, 75000 Melaka
営業時間 17:00から28:00
通常は定休日が設けられていないようです。




続いてちょっとお洒落なCAFEの紹介
オランダ広場から少し北に行った場所に、このDiscovery Cafeはあります。CAFEだけでなくゲストハウスやホテルなども運営しているようで、お茶している間に男性5人組のバックパッカーがチェックイン手続きなどを行っていました。


Discovery Cafeの場所はこちら





レトロ感のある店内

Img_4490_web


Img_4491_web


Img_4492_web



こちらは中庭

Img_4493_web



コーヒーは色々な方法で淹れてくれるみたいです。

Img_4494_web


ゲストハウスやホテルは、かなり安く宿泊できるみたいです。
マラッカ観光の中心部から近いため、観光目的で利用するなら便利だと思います。


Discovery Cafe
3, Jalan Bunga Raya, Kampung Jawa, 75100 Melaka
+60 16-201 5606
営業時間 9:00から24:00
ホテルのため年中無休の様です。
Webもあるので、詳しくはこちらをご覧ください。
http://d-riversideinn.com/










続いてマラッカの在住の方に連れられて行ったお店3軒です。
サテーは好きか?と聞かれたので、シンガポール、インドネシアで食べたことあるよ!と答えました。マラッカのサテーは少し違うから一緒に食べに行こう!と誘われました。
そして連れてきた貰ったお店がこちら


万里香沙爹朱律(Ban Lee Siang Satay Celup)

Img_4495_web



オランダ広場から徒歩20分ほどと、観光地から少し離れております。




マコタ パレード辺りから、配車サービスで車を捕まえるのがベストかと思います。基本的にマラッカのタクシーはメーターが無いため、乗車時に運転手と価格交渉となります。それなら配車アプリを使った方が楽かもしれません。もしくはDiscovery Cafeにレンタサイクルがあるようなので、滞在期間中に借りておくのも良いかと思います。


サテーと言えば、甘みのあるタレが掛けられた串刺し肉!と言うイメージですが、マラッカスタイルのサテーは焼くのではなく、タレで煮るのです!テーブルの真ん中に、熱く煮立った鍋があり、そこに食材を入れて煮て食べます。

Img_4497_web



食材はというと、冷蔵庫から好きな物を好きなだけ持ってきます。

Img_4498_web


Img_4499_web



食材を持ってきたらこんな感じ、これから鍋で煮てから食べます。

Img_4500_web


Img_4501_web



一気に具材を鍋の中へ

Img_4502_web


火が通ったら、鍋から取り出して食べるだけ!


途中で足りなくなったので、追加でこれらを持ってきました。

Img_4503_web


途中、鍋が焦げ付かないよう、店員さんが鍋の中をかき混ぜてくれます。その時私達は鍋に入っている具材を全て持って、店員さんの作業が終わるまで待ちます。作業が終わったらまた火の中に具材を入れて食事再開です。


お会計は至ってシンプルで、食べたく串の本数を店員さんが数えるだけ

Img_4504_web


1本1MYR、その他に食べたものと合わせてお支払です。
今回は3人で83本と、付け合せの野菜などを注文してありました。それでも100MYRに届かず...飲み物も全部入れて100MYRちょっとのお支払でした。おなかいっぱいに食べて1人1,000円程度ですからねぇ...安くて美味しいです。私が一番気に入った具材は、豚のほほ肉のかなぁ...プルプルで美味しかったです。
このサテーはこのお店が発祥の様で、一緒に行った方が、彼がこれを思いついたんだよ!なんて紹介してくれました。ここは一度行ってみてください。


万里香沙爹朱律(Ban Lee Siang Satay Celup)
53-C, Jalan Ong Kim Wee, 75300 Melaka
+60 12-651 5322
年中無休で16:00から24:00まで営業しているようです。




次に一緒に行ったお店は、肉骨茶のお店
先日、ドリアンを食べていて、近くにある肉骨茶のお店は美味しいの?聞いたら、イマイチ!それなら、ここのお店は?と聞くと、そこもダメ!明日連れて行ってやるから!と言われ、10時頃に行く事になりました。


そして連れて来られたお店がこちら、Bee Xiang Bak Kut Teh Kota、漢字表記だと味香肉骨茶になるようです。

Img_4511_web


まだ出来たばかりの建物らしく、綺麗に区画された建物の中にありました。


Bee Xiang Bak Kut Teh Kotaの場所はこちら





マラッカの観光地から離れているため、車で来ないと辛い場所です。
オランダ広場から2.5kmほどの道のりのため、配車サービスなどで行くのが良いかと思われます。こんな場所、現地の人でないと、なかなか行けないですよね。


さて、注文は全て一緒に行った人が行ってくれました。

Img_4512_web



こちらが肉骨茶と豚足煮込み、豚足煮込みは醤油で煮てある感じです。

Img_4513_web


豚足煮込み

Img_4514_web


肉骨茶

Img_4515_web



もやしの炒め物

Img_4516_web



味付けご飯

Img_4517_web


このご飯、美味しいのですが、肉骨茶は白米をスープに浸して食べたいですよね。次回は両方注文してみるかなぁ...(笑)
この肉骨茶、現地の人がオススメするように、マレーシアで食べた中で1、2を争うほど美味しかったです。やはり観光ガイドに掲載されている飲食店より、現地の人に聞くのが一番なんですかね...と再認識です。正直、何回マラッカに来ても、現地の人から教えてもらわないと、ここのお店にはたどり着かなかったと思います。


こちらが営業スケジュール、月曜日が定休日の様です。

Img_4518_web


Bee Xiang Bak Kut Teh Kota
NO 1, JALAN KLJ 1-C, Taman Kota Laksamana, 75200 Melaka
+60 14-967 7248
営業時間 8:30から15:00
定休日 月曜日




続いてチキンライスボールのお店です。
チキンライスボールはマラッカの観光地でも食べられますが、連れ行って貰ったお店はこちら、Kedai Makanan Dan Minuman Huang Chang、漢字表記は煌晶海南鶏飯になります。

Img_4473_web



煌晶海南鶏飯の場所はこちら




今回連れて行った貰った場所で一番遠いです。マラッカの観光地から車で30分以上はかかります。もう少し行ったらマラッカの空港、バトゥ・ブレンダム空港ですから、かなり遠いです。


店内に注文の流れが大きく書いてあります。

Img_4474_web


カウンターに行って注文して、お金払ってテーブルで待つ!みたいな感じで書いてあります。私は一緒に行った方が全て行ってくれたので、テーブルで待つのみでした。


料理が来るまで、グラスジュースを頂いて待ちました。

Img_4475_web


薬草を煮詰めてゼリーにした物が入ってます。

Img_4476_web



こちらがチキンライスボール

Img_4477_web



ライスボール

Img_4478_web


味付けご飯を1口大に丸めてあります。なぜ丸めてあるかは不明(笑)



こちらがチキン

Img_4479_web


このチキンが、過去一プリプリではないかと思うほどプリプリで美味しかった!
鶏の種類も違うのか、日本でこのプリプリな鶏肉に出会うことは無いと思います。
マラッカに行ったなら、また食べに行きたいほどプリプリで美味しかったですよ。


食後は甘い物を食べに行こう!と車で移動、やって来たのはこちら、Kueh Keria Gula Melaka Batu Berendam

Img_4480_web


ドーナツなどを売っているお店らしいです。



Kueh Keria Gula Melaka Batu Berendamの場所はこちら




もうバトゥ・ブレンダム空港のすぐ近く、空港の建物まで直線距離で300mほどしかありません。


丁度訪問時に一番人気のドーナツがほぼ売り切れ、作っているから待っていて!とのこと

Img_4481_web



このお店の近くの路上でドリアンも売ってました。

Img_4483_web


こちらは10MYR/kgらしいです。


こちらは、あまり良くないドリアンなんでしょう、3MYRと書いてありました。

Img_4482_web



この場所、ウナギの寝床みたいに横に長く、お店の後ろにはテーブル席も用意されています。

Img_4484_web



待っている間に、ココナッツシェイクを飲んでみることに。

Img_4485_web


ベースのココナッツシェイク、アイスクリームが1個乗ったスペシャル、アイスが2個乗ったダブルスペシャルの3つがあるようです。

Img_4486_web



私はスペシャルを注文してみました。

Img_4487_web


そしてドーナツは出来上がりを数個注文、確か5個1セットみたいな感じで販売されています。皆さん10個、20個と買っていく中で、私は最小単位を注文です。このドーナツ、ドーナツではなく、芋を揚げている様な感じで、外はカリカリで中は芋の甘みで美味しいんです!


Kueh Keria Gula Melaka Batu Berendam
Taman Cergas, 75350 Batu Berendam Melaka
年中無休で、15:00から22:00までの営業の様です。


オランダ広場から8kmほど離れているので、車無しで来るのは至難だと思います。
レンタカーを借りられたなら、ぜひ一度行ってみてください。
以上、現地の方から教えていただいたお店でした。次回のマラッカ滞在でも、彼と会う予定、色々なお店を教えてもらえそうです。


2018年9月 3日 (月)

マラッカ宿泊記 Holiday Inn Melakaへ

初めてマラッカに宿泊したのが2017年7月、この時は15時頃にホテルに到着し、翌々日の9時前にチェックアウトする慌ただしい2泊だったため、今回は3泊しチェックアウトも12時以降に出来るよう計画を立てました。






NH885便に搭乗し、KULに到着したのが朝6時頃、KULからマラッカまで事前にバスを予約しておきました。事前Web予約でも35MYR、当日チケットを買っても35MYRらしく、予約しておく必要はないかもしれません。バスは5番の搭乗口から出るようです。

Img_4366_web


今回も利用したバス会社はStarMart、このバス会社のバスは5番から出発するようです。


予約したバスは7:45発のバス、KLIAで1時間ちょっと待ってようやく出発、バス停付近にはフードコートもあるため、時間待ちにはそれほど退屈しないかも?です。

Img_4369_web



高速を走り、2時間ほどでマラッカ セントラルに到着





私以外の乗客は、全員ここでバスを降りました。

Img_4370_web


乗客が私だけだからでしょうか、途中スタンドに寄って給油開始に...

Img_4371_web


もしかしてマレーシアもインドネシアと一緒でWonderful?と思った瞬間!(笑)



私はバスの最終到着地のMahkota Medical Centerで下車、病院南側の大通りで降ろしてくれました。




バス停からHoliday Inn Melakaまでは徒歩10分程度、マラッカ セントラルで降りるより、Mahkota Medical Centerで降りたほうが便利なんです。マラッカの観光地は、Mahkota Medical Centerからほぼ徒歩で行けるところが多く、マラッカに滞在するなら、このバス停を利用する方が便利です。


バス停から徒歩10分弱でHoliday Inn Melakaに到着、10時頃にチャックインとなります。

Img_4381_web


Img_20180718_182553_web





今回は前回行けなかったマラッカの場所に行くのが目的、一番安い部屋をアプリから3,000ポイントプランで予約しました。税サ込み1泊8,000円弱でしょうか。早い時間ですがチェックイン手続きし、部屋も使える上に、Spireメンバーという事でクラブラウンジの利用もOKとのこと。そしてSpireメンバーという事でデポジット不用!との事でした。


そして頂いたお部屋はこちら、最上階のスイートルームでした。

Img_4373_web


リビングルーム

Img_4374_web


リビングルームにワークデスクはありませんが、入ってすぐの場所に4人掛けのキッチンテーブルが完備されています。


ベッドルーム

Img_4375_web


ベッドルームのデスク

Img_4376_web



水回り

Img_4377_web


昨年1泊したときはシャワーしかありませんでしたが、スイートルームにはバスタブも完備されておりました。これはジャカルタのホリデイインも一緒です。


Img_4378_web



部屋からの眺めはマラッカ海峡

Img_4379_web



こちらはエレベーターホールから撮ったマラッカの街並み

Img_4380_web


最安の部屋を3泊しか予約していないのに、スイートルームへのアップグレード、クラブラウンジへアクセス、デポジット不要と3つの嬉しい対応を受けました。







お昼を食べに行こう!と思いマコタパレード方面へ。そういえばマレーシアに添好運が唯一あるのがマラッカ!ということで添好運に行く事に。

Img_4390_web


到着するもお店の中が見えない感じに...結業、早い話が閉店していたのです。
これでインドネシア、マレーシアから添好運は撤退したみたいです。日本の添好運も香港の2倍程度の価格、どうしても海外に出ると金額が高くなってしまうんですかね...


仕方なしに添好運近くの肉骨茶のお店に行く事に

Img_4391_web


事前に調べており、ここは土鍋を使った肉骨茶を提供するらしいです。





丁度、お昼になる頃なのにお客さんはおらず...

Img_4392_web


その後、出張の日本人を連れた方が、奥の個室を利用しておりました。



注文したのは肉骨茶、油条、ライス、レタスの炒め物、普洱茶です。

Img_4394_web



こちらが肉骨茶

Img_4395_web


シンガポールで肉骨茶といえば、胡椒味のスープが多いですが、マレーシアだと土鍋提供の薬膳の味が強い物が多くなります。私はマレーシアスタイルの方が好きかな。


レタスの炒め物

Img_4396_web


全部で30.80MYR、日本円にしたら1,000円ほど、まぁ価格的にはこんな感じかと思います。

Img_4397_web


お店の方に近くでドリアンが食べられるところは無い?と聞くと、指さしてあっちに在るよ!ここから徒歩数分、お店出て右に曲がって、大通りを右に行ったら在るとの事ですわ。それならそこに行って食べてみよう!と思い行く事に。


亜輝肉骨茶の方に教えてもらったお店がこちら

Img_4399_web



亜輝肉骨茶から徒歩3分程度でした。
Google Mapに表示が無いため、隣の薬局を表示されております。






こちらがドリアンを売っているお店、フルーツショップでした。

Img_4398_web


店内には品種ごとにドリアンが並べられ、kgあたりの値段も書いてありました。



紅蝦、20MYR/kg

Img_4403_web



名种は一番安くて、10MYR/kgの様です。

Img_4404_web


ドリアンに好吃不貴と書かれてます。美味しい!高くないよ!という意味ですね。



皇中皇、品種は猫山皇ですが、ブランド化された名前になるようです。

Img_4405_web



黒刺は少し高めの価格設定でした。

Img_4406_web



最近、黒刺を食べてないので、今回は黒刺を頂くことに。

Img_4400_web



1つの房の実がダメで、安いドリアンを1個オマケしてくれました。

Img_4401_web


どれも小さい物でしたが、ドリアン2個を完食です。

Img_4402_web


合計40MYR程度だったと思います。



ホテルの戻ろうと歩いていると、再びドリアンのお店を発見!

Img_4407_web



実はこのお店、Google Mapで見つけておりました。場所はこちら





猫山王を中心に売っているようで、この日の価格は46MYR/kg、マレーシアにしては少し高め

Img_4408_web



他の品種や、ドリアン以外のフルーツも置いてありました。

Img_4409_web


今回は写真だけ撮って、また夜に来るね!と言って、お店を後にしました。



この近くにも土鍋肉骨茶のお店が在るので行ってみることに。

Img_4411_web



場所はこちら





さすがにお腹いっぱいだったので、写真だけ撮って退散です。

Img_4412_web


また後日来たら、14時までの営業、今回の旅程でこのお店で食べる事はありませんでした。このお店で食べるなら、朝食で食べるのがオススメ!朝8時から営業、月曜日が定休日の様です。



バスを降車した大通りを超え、海側の方をぶらり歩いてみよう!と思い、行ってみました。

Img_4413_web


中華料理店がありましたが、定休日でした...
水曜日が定休日で、昼は11時から15時、夜は17時から21時の営業の様です。
次回滞在でこのお店で食べてみようと思います。



色々ツイートしていたら、マラッカにも路線バスがあるという事で、路線バスに乗ってみることにしました。ホテルの人にどこからバスに乗れる?と聞いたら、マコタパレードから乗れるよ!と言うので、さっそく行ってみることに。
マコタパレードとアウトレットの間にある大通り、ここにバス停を見つけました。

Img_4414_web


バス停が分かりませんでしたが、バス待ちをしていそうな人がいたこと、道路にBUS STOPと書いてあったので、ここがバス停だと分かりましたが、そうでなければ分からないかと。
場所はこちらになります!と言っても、Google Mapにバス停が反映されていたいため、詳細な位置を示すことが出来ません。アウトレット側のスタバの前辺りにバス停があります。スタバはマコタ パレードにもあるので注意してください。





数分待っていると路線バスが到着、17番と書かれていたので、手を挙げてバスを止めました。

Img_4417_web


バスは至って普通の路線バス、エアコンもあります。事前情報ではタッチアンドゴーで乗れる!と書いてありましたが、運転手さんから使えないよ!と言われて撃沈、現金で支払うことになりました。現金で支払うに当たり、どこまで行くか言う必要があります。私は途中のバス停なんて知らないし、このバスのルートも良く分かっていないので、おそらく終点であるであろうマラッカ セントラル!と伝えました。すると2MYRだよ!って言われて、2MYRを現金でお支払い、チケット貰いました。

Img_4416_web


バス代は安いといえば安いのだが、タッチアンドゴーで払えないと正直困ります。


途中、バス停!というような場所もあれば、

Img_4418_web


全くバス停では無い様な場所にも止まったりと...
Holiday Innの前の大通り、ホテル側とマコタ メディカルセンターの中間辺りもバスが泊まりました。あぁ...そういえば、なんでこんな場所に人が立っているのだろう!とホテルに行くときに思いました。それはバス待ちをしていた人なんですね...ホテルの人もここからバスに乗ることが出来る!と知らないほどの路線バスなのかと。
路線バスはHoliday Inn前の大通りを通って、終点のマラッカ セントラルに向かう事に。それまではマラッカの東側を抜けてくる感じでした。



バスに乗って1時間ほどでマラッカ セントラルに到着

Img_20180718_165702_web


ここがマラッカ交通の要、各方面に行くバスが出ているようです。
路線バスには行先ごとに番号で分かれておりました。

Img_20180718_170121_web


Img_20180718_170138_web


Img_20180718_170151_web


Img_20180718_170202_web


近くで待っていれば、いずれバスが来るだろう!と思ったら、1時間ほど待つことに...
バス停の名前なんて分からないから、マコタ パレード!と言って、1.5MYRほど払って再びバスに乗車です。結論を言うとマラッカの路線バスはGoogle Map上にバス停が表示されていないため、乗車するのが難しい!ICカードで払えるかは、バスによるみたいです。バスを使わずにGrabを使った方が便利なような気がしました。



夜はクラブラウンジでカクテルタイムを少しだけ楽しみました。

Img_20180718_183529_web



カットフルーツを頂きましたが、マンゴーは味が無かった...残念

Img_20180718_183638_web



カクテルタイム後、再びドリアンを頂きに向かいます。

Img_20180718_203656_web


山猫王が46MYR/kgと高かったため、18MYR/kgの名种を頂くことに



早速1個を割っていただきました。

Img_20180718_203713_web



約1kgほどの名种を頂きます。

Img_20180718_203844_web



このお店には山猫王の見分け方が書いてあるPOPがありました。

Img_20180718_203438_web


山猫王の刺は金字塔をしている、頭部には刺が無い、底部は5角の星形をしている、底部は平たん、実は鮮やかな黄色と書いてあります。


中国人団体さんがお店にやって来たため、席を譲りました。

Img_20180718_205200_web


少し中国語が分かりますが、この方達が話している言葉は全く分かりませんでした。このお店は近くのホテルに滞在している方が多く訪れるらしく、この後も多くの中国人、ベトナム人の方がドリアンを食べに来たおりました。



次回は地元民がオススメのお店をまとめてみました。






  

« 2018年8月 | トップページ | 2019年3月 »

オススメ