« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年10月 3日 (木)

広州でミシュラン星1修行 炳胜公馆編


広州でミシュラン星1を獲得したお店は10店ほどあり、8月の広州滞在で炳胜公馆(Bing Sheng Gong Guan)と惠食佳(Hui Shi Jia)に訪問し、ミシュラン星1の実力を味わってきました。今回はお昼に訪問した炳胜公馆(Bing Sheng Gong Guan)を紹介いたします。







ミシュランガイド炳胜公馆は炳胜集团が運営する点心を中心に提供するお店です。2月に同じグループの炳胜品味(ミシュラン星1)には訪問済みなため、今回は炳胜公馆に訪問してみました。炳胜品味に訪問した際の様子は「広州食べ歩記 広州蓮香樓と炳勝品味 2029年2月」をご覧ください。
炳胜集团が運営するお店で飲茶を楽しむことができるのが、ここ炳胜公馆となります。一部の料理はどちらでも注文することも可能ですが、点心は基本炳胜公馆になるようです。


炳胜公馆の場所はこちら





最寄の駅がAMP線の大剧院駅のため、初めてAPMに乗車しました。

Img_0861-web

このAPM線、空港内を走るような電車で基本座席がありません。駅と駅との間隔も短いため、すぐに次の駅に到着する感じです。


大剧院駅で下車し地上に出て、広州図書館の前を通って炳胜公馆に向かいました。

Img_0862-web


1階の入り口にスタッフの方がおられたので1位と告げ、エレベーターで上のフロアーへ

Img_0880-web


炳胜公馆、とにかく内装が豪華!

Img_0879-web

本当にここで飲茶するの?と思うほど豪華な内装です。


こちらが上の階にあがってきた場所

Img_0878-web


周りには個室もあるため会食なども楽しめるようです。

Img_0863-web


私が案内されたのはテーブルがいくつもある広い部屋

Img_0866-web

この部屋の内装も凄く豪華、多くの方が飲茶を楽しんでおりました。







こちらが炳胜公馆のメニュー

Img_0864-web


メニューが豊富!というわけではなく、厳選されている感じを受けました。

Img_0865-web

そのため、他店では飲茶には欠かすことの無い牛肉球がメニューに有りませんでした。
点心の料金は大点19元、特点25元、頂点31元、超点38元、その他個別に書かれた料金です。


三醬豬腸粉 大点大点19元

Img_0867-web


かなり甘めなタレが掛かった腸粉、食事というよりはおやつ感覚です。

Img_0868-web

香港 深水埗の合益泰小食で食べる腸粉を上品にした感じですかねぇ



传统马拉糕 大点19元

Img_0869-web

大きな蒸篭で蒸した馬拉糕を切って、小さい蒸篭に入れたタイプです。


この馬拉糕は凄く美味しかったです!!!

Img_0870-web

どの位美味しかったかというと、私の中の1位を争うほどです。
ちなみに今までの1位は香港蓮香茶室の馬拉糕が1位でした。味的にはほぼ変わらないと思います。



公館虾饺皇 38元

Img_0871-web

38元は少し高めですが、4個入って38元なら妥当かもしれません。
(広州酒家 文昌点は3個で30元)


優しい味付けの蝦餃子で美味しかった。

Img_0872-web

食感的には広州酒家 文昌店のほうが私好みです。


蜜汁蒸凤爪 28元

Img_0873-web

凄くぷりぷりで美味しかったです!


しかし八角の味が強すぎて、八角の味しかしませんでした...

Img_0874-web

もう少し八角の味が弱ければ更に美味しいのに...と思いました。


珍珠鹹水角 特点25元

Img_0875-web

揚げたての鹹水角を提供してくれたので最高に美味しい!


しかしこちらも蒸凤爪同様、餡の味の八角が強すぎて八角の味しかしませんでした...

Img_0876-web

八角が嫌いではないですが、ここまで八角の味が強いのは私には無理です。






 炳胜公馆での点心、とても優しい味付けで美味しかったですが、八角を使った料理は八角が強めなため自分的にはNGでした。もう少し八角の味を押さえていただけると更に美味しいと思うのですが...レシートの写真を撮り忘れてしまいましが、お値段的には高めです。広州酒家に比べると2割ほど高いイメージでした。店内の内装がとても良く、点心も美味しいので料金的には納得ですが、八角の味だけはいただけなかったです...
また機会があれば訪れてみたいお店ではあります。



2019年10月 2日 (水)

順徳から深圳までの移動方法

今回の広東滞在は広州→順徳→深圳の順で回ることにしました。ここで問題になるのが順徳から深圳への移動です。鉄道を使うなら順徳駅から広州南駅に動車に乗り、広州南から高鉄で福田まで行き、地下鉄に乗り換えて羅湖へというルートになります。これだと距離的にも時間的にも無駄が多いため、珠江口を横断できるルートはないものか調べておりました。タクシーで行くと400元の費用が掛かるため却下!残るは長距離バスを探すしかない!となりました。初めて滞在する順徳、右も左も分からないのにバス路線を見つけることは出来るのか?となりましたが、そこは必死に探しました。すると顺德大良客运总站から深圳侨社まで長距離バスで行ける事が分かりました。という事でホテルから顺德大良客运总站までタクシーで移動し、ここから長距離バスに乗り込んで羅湖まで行こうという作戦です。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5540784558909628"
data-ad-slot="9842851190"
data-ad-format="auto">






まず宿泊していたHoliday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)を11時頃にチェックアウト

Img_0948-web

チェックアウト手続きの際にタクシーを手配して頂き顺德大良客运总站まで向かいました。タクシー料金は25元前後だったと思います。


顺德大良客运总站の場所はこちら




中国語のサイトで、顺德大良客运总站と順徳汽車客运总站は同じ客运总站?などと質問してあるサイトがありましたが、2つは同じバスターミナルとなり表示が違うだけのようです。


タクシーに乗り20分ほどでしょうか、顺德大良客运总站にやって来ました。

Img_1066-web

何処でチケットを買うのかと思い、ticket selling hallの案内があったのでそちら方面に行ってみると、窓口1つが開いておりました。仕方なくその列に並んでいると少し様子がおかしい...皆さんIDを出して現金を受け取っている感じで。もしかして並んでいるところは返金窓口?と思いましたが、他にチケット売り場の窓口は閉まっているし!それなら何処でチケット買うの?と思い、写真の緑色の場所で何処でチケットを買えるのか中国語で聞いてみました。するとここで買えるよ!と...IDが必要だから出して!と言われたので、そんなの持ってない!パスポートで良いか?と聞き、パスポートで購入できました。


こちらが購入した顺德大良客运总站から深圳侨社までのチケット

Img_1068-web

中国は転売防止のため、バスチケットを購入するにもIDが必要なんですねぇ...そおいえば以前そんな話を聞いたことがあったかも。
チケット代金は80元と意外とお高め!13:10発で2時間の所要時間です。


実は事前にWebで時刻表や価格は調べておりました。
このサイトから中国全土のバス路線を探す事が出来るようです。

https://www.checi.cn/qichezhan/458_2076/2882/



バス待合室に入るために保安検査を受けなければなりません。と言っても空港のように厳しい保安検査ではなく、地下鉄に乗るときに受ける検査と変わりなく、保安検査やってるよ!というアピールだけのような気もします。


保安検査を抜け待合室の乗車場所にやって来ました。
ここで次のバスの案内が表示されています。

Img_1067-web

チケットには2号と書かれているのに表示がありません...
仕方なく服務員に聞くと、ここから乗車になるから近くで待ってて!と言われました。


乗車時間が近づくとモニターの表示が変わりました。

Img_1070-web

内心、もっと早く表示を変えてくれよぉ!って思いました。


2番乗車口を抜けると8番に深圳侨社の案内がありました。

Img_1072-web


8番に停車しているバスを見ると...マイクロバスではないですか!

Img_1071-web

そおいえばWebに中型車と書いてあったのは、この事だったのですね...中型の意味が分かりました。






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5540784558909628"
data-ad-slot="9842851190"
data-ad-format="auto">






 マイクロバスに乗り込み定時に出発となりました。

Img_1073-web

乗客は全部で10名ほど、これならマイクロバスで十分ですね。


途中、工事をしていて渋滞!、皇崗口岸近くの高速で口岸を抜けるためのトラックで大渋滞!と何度か渋滞があったため、2時間の所要時間のところを2.5時間ほど掛かってしまいました。渋滞になっても歩いて移動するわけではなくバスに乗っていれば良いだけなので、乗り換えのある鉄道移動と比べると楽だと思います。

Img_1074-web

バスは深圳の福田近くで一度停車、数名がここで下車していきました。



予定から少し遅れて深圳侨社に到着、約130kmほどを2.5時間かけて移動してきま

Img_1076-web


深圳侨社の場所がGoogle Mapで表示できないため、地図での案内は無し、画像の青い①の場所になります。

Photo_20190929065301

深圳站及び羅湖口岸の西側で、どちらにも徒歩で移動できます。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5540784558909628"
data-ad-slot="9842851190"
data-ad-format="auto">






中国は中長距離バスが沢山走っているため、都市間移動をバスで行うと安く移動でき便利だと思います。
先ほどのサイトで全国のバス路線を探すことができるので、ぜひ活用してみてください。



2019年10月 1日 (火)

順徳人家で早茶

順徳滞在時の早茶はどこにしよぉ?とWebで調べていると、ヒットした多さが圧倒的に順徳人家でした。

Img_1032-web


順徳人家で早茶をするにしてはホテルから遠いなぁ...またタクシー?という距離です。昨日夕食を食べた凯盈阁私房菜から徒歩15分ほどで順徳人家まで来る事が出来るんです。という事でホテルでタクシーを手配して頂いて順徳人家(黄金広場店)までやって来ました。

Img_1033-web

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)からタクシーで25元ほどです。


順徳人家の場所はこちら









1階から階段で2階へ行くと順徳人家の入り口が在ります。

Img_1034-web

入り口で1位と告げ、何か言われましたが、ウンウンと首を縦に振って案内して頂きました。
何を言われたのか理解できませんでしたが、とりあえず首を立てに振りました(笑)


そして案内されたのが入り口近くのテーブル、牡丹02です。

Img_1059-web


店内の感じはこの様な感じで、この大きさの部屋がいくつか有るようです。

Img_1035-web


すると店員さんがメニュー表を持ってきました。
 
Img_1036-web

あれ?メニューこれだけ?飲茶のメニューが妙に少ないんですが...と思いながらメニューを見ておりました。
そして内容をよく確認すると、本当に飲茶のメニューが少ないんです!蝦餃なども有りませんし!他のテーブルを見回すと、このメニューとは違うメニューを見ている方がおられるではないですか!すかさず店員さんを呼んで、有没有飲茶的菜単?と聞きました。すると中国語で何か言ってくるも聞き取れず...仕方無しにスマホの翻訳アプリを立ち上げ、中国語入力にしてから渡し入力してもらいました。すると、あなたは宿泊者か?と???宿泊者って意味がよく分からないですが、宿泊者ではないので不是と言って飲茶のメニューをいただけました。

Img_1039-web


これでようやく点心を注文することができます。でもなんで宿泊者なんて聞くんだろう?と思って調べてみると、順徳人家は酒店もあるんですね...知りませんでした。最初に渡されたメニューは宿泊者用の朝食メニューで、ホテル代込みになっているようです。飲茶は別料金だよ!っていうことですね。最初に店員さんに何か言われたのは、あなたは宿泊者か?と聞かれたのかも。それで私が首を立てに振ったので宿泊者用のメニューが出されたということかと。

Img_1038-web


こちらが飲茶のお値段

Img_1040-web

小点7.8元、中点8.8元、大点10.8元、特点13.8元、佳点14.8元、頂点17.8元、超点19.8元、精点20.8元、
周六日、及節暇日点心加1元、普通茶位6元/位と書かれています。
点心の価格は数量を記入する場所に超、精など書かれているため、容易に判断することができると思います。土日祝は各点心ごとに1元追加、普通のお茶は1人6元となります。まぁ比較的良心的な値段で、広州酒家と比べると3割ほど安いと思います。3割安くてもお味が広州酒家以下ならねぇ...意味ないですよね!


こちらが飲茶用のお茶のセット

Img_1057-web

ちなみに宿泊者用のお茶はティーポットで提供されます。最初は宿泊者だと思われたので、ティーポットでお茶が提供されました。




初めて点心を食べるお店では、注文するものがほぼ決まっています。

Img_1041-web

同じ物を食べないと比較できないから!というのが、注文するものが決まっている理由です。
ということで顺德人家虾饺皇、鲜竹牛肉球、原笼马垃糕、玉米豆角粒肠、京䓤叉烧包を注文です。



鲜竹牛肉球 超点19.8元

Img_1042-web


正直なところ、牛肉球はあまり好きではない点心でした...ここで牛肉球を食べるまでは。

Img_1043-web

この牛肉球を食べてみたところ、ウマイ!牛肉球ってこんなに美味しかったの!と感動です。
そしてウスターソースをつけて食べるとさらに美味しい!牛肉球にウスターソースってこんなにマッチするの!と思いました。
今まで牛肉球にウスターソースがついてくる意味が分かりませんでしたが、この牛肉球で意味が分かりました!


そして、あまりの美味しさに牛肉球を割ってみました。

Img_1056-web

シャキシャキした食感もしっかりあるしで、間違いなく過去一美味しい牛肉球です!



続いて原笼马垃糕 特点13.8元

Img_1044-web

正直なところ馬垃糕に関しては香港蓮香茶室の方が好きです。
大きな蒸篭で蒸され、小さく切った物の方が美味しいと思うんです。


しかしこの馬垃糕、小さい蒸篭で提供されるタイプでは過去一美味しいです。

Img_1045-web

これで13.8元、220円ほどですから安いですね!



続いて顺德人家虾饺皇 精点20.8元

Img_1046-web

蝦餃が4個で20.8元、333円ほどと格安の値段


1個もかなりの大きさがありますが、お味は?

Img_1047-web

点心に店名がつくだけあって、この蝦餃はぷりぷりで美味しい!


なんでこんなにぷりぷりなんだぁ?と思い、分解してみました。

Img_1055-web 

すると蝦のすり身は使わず、蝦が数匹入っていました!どこでも共通することなのですが、ぷりぷりな蝦餃ですり身を使っているお店は、私の過去の経験上ありません。香港で食べる蝦餃がイマイチなのはすり身を使っているからなんです。広州で蝦餃が美味しいお店は、すり身を使わず蝦が数匹入っています(毎回確認済み)
この品質で4個入っていて20.8元、333円ほどですかぁ...まいりました!という感じです。



玉米豆角粒肠 佳点14.8元

Img_1048-web


腸粉にコーン、ねぎを加えたシンプルな腸粉です。

Img_1049-web

シンプルな腸粉なんですが、ぷりぷり感がたまりません!


見てください!腸粉の1つの層が分厚いこと!

Img_1053-web

この厚みがぷりぷり感をかもし出すんですね!!!しかも240円ほどですよ!
本当は紅米腸粉を注文したかったのですが、それがメニューに無く致し方なくこちらを注文しましたが、美味しさにびっくり!

だいたい初めて行くお店では、これらの4点を注文します。しかし今回はお腹の調子がよかったので、もう1点心を注文してみることにしました。そしてメニューを見てオススメ!となっていた事から、京䓤叉烧包を選びました。


京䓤叉烧包 佳点14.8元

Img_1050-web

蒸した叉焼包ではなく、焼いた叉焼包なんですねぇ...


見た感じ、油が強そうで...どうなんだろ?と思います。

Img_1051-web

ところが食べてみると、これが美味しい!
叉焼包って蒸かす物!という固定概念が無くなりました!


これは美味しいね~!と思い、中を割って写真を撮ってしまいました。

Img_1052-web

これで14.8元、約240円、1個80円の価格です!


こちらが今回注文した点心

Img_1054-web

あまりの美味しさに全部揃った写真を撮りたいと思い、各1個を食べたところで他の物が来るのを我慢しておりました!(笑)


こちらがお会計、点心5品とお茶代で91元、約1,500円ほどです。

Img_1058-web

5点注文して100元以下、しかも全てが過去一美味しい点心というおどろき!
これはもう、広州に寄らずに順徳に滞在するほうがよいのでは?と思いました。
絶対に来ます!また絶対に順徳に行きます!そして順徳人家で早茶します!と心に誓いました。
次回は他の点心も注文してみたい!!!


順徳人家の詳細情報
顺德人家食府(黄金广场店)
大良街道太艮路11号黄金商业广场2层
(0757)29828283
営業時間08:00~14:00、17:00~21:00







さて、順徳人家で美味しい早茶を終えた後は、路線バスに乗り込み...次の食事会場に向け出発です!(笑)

Img_1060-web

昨夜と同じく380番の路線バスに乗り込み次なる場所へと向かいますが、380番のバスは路線が長いため従量制での運賃支払いとなるようです。乗車時に運転手さんから去哪里?と聞かれました。去哪里って言われてもねぇ...中国語の発音が分からないし!と思い、スマホの百度地図の経路情報を見せました。そして羊城通を運転手さんに見せると機械を操作し2元を引いてくれました。
順徳の路線バス、全てが2元ではなく、中には従量制のバスもあるようなので要注意です。これは広州や深圳でも同じことがいえますねぇ。


という事で昨夜と同じデザート会場に到着!、ねぇ!また来るって昨日書いたでしょ!(笑)

Img_1062-web


昨日は暖かい物を2点注文したので、今日は冷たいもの2点でせめて見ました!
双皮奶(冷)10元、姜汁双皮奶(冷)12元

Img_1063-web


双皮奶(冷)10元

Img_1064-web

ミルクプリンの熱はコクを感じますが、冷たいミルクプリンも捨てがたい...


姜汁双皮奶(冷)12元

Img_1065-web

初めて姜汁双皮奶を食べましたが、これも美味しいですね!次回は温かい姜汁双皮奶を食べてみたいと思いました。
2つ食べて22元、350円ほどですからねぇ...あと2つ食べてもOK?なんて思いました。







初めて滞在した順徳ですが、食べ物が美味しくしかも安い!と驚くべき都市でした。広東料理発祥の地とも言われている順徳、そんな事から行ってみたいと思い滞在する運びとなりましたが、次回からは広東訪問毎に順徳に滞在することは間違いないと思います。ただしHoliday Innに宿泊していては大良まで少し距離があるので、他のお宿選びを迫られそうです。


« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

オススメ