2017年10月30日 (月)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト まとめ

今回のフライトはシンガポール発券のシンガポール単純往復です。
シンガポール発券のため旅程がシンガポール発になり、旅程上はシンガポールに戻ることになります。


NH843便への搭乗はエコノミーの予約クラスHでの発券、Flex Plusのためアップグレード対象、初便搭乗以降は日程変更無料、マイル付与70%の運賃となります。

Img_0110_web


購入したのは2016年6月頃で初便搭乗が2017年11月、初便搭乗後に予定変更し2017年8月への搭乗としました。この時点でアップグレードを掛けたため空席ありですぐにアップグレード完了となりました。70%運賃のため3,312×70%=2,318マイルが付与され、東南アジア路線のためPPは1.5倍され3,477PPとなります。購入金額が47,370円のためPP単価は13.62円/PP、マイル単価9.29円/PPとなり、必ずしも美味しいフライトとはなっていません。日本発券のアップグレード対象運賃が高かったためシンガポールはシンガポール発券を利用するようになり、片道47,370円でビジネスクラスに乗れるのなら高くは無いと思っています。


日本への戻りから新たなシンガポール発券となります。

Img_0483_web


この運賃を購入したのが2017年3月末、プレミアムエコノミーの予約クラスEを片道71,900円で購入しました。PP単価13.39円/PP、マイル単価9.87円/PPと予約クラスHで買うのとほぼ変わらない単価となっています。それならば一度で多くのPPとマイルを貰えることから予約クラスEのプレエコで購入しましたが、現在日本発券のプレエコが12万円弱で購入できることを考えれば美味しい運賃とは言えません。唯一のメリットと言えば間に国内を入れられることですが、今回は国内を付けず単純往復で買ったため旨みは全くありませんでした。
NH842への搭乗、購入時にアップグレード申請しましたが、空席待ちのため即座にアップグレードはならず、落ちてきたのは搭乗1ヶ月少し前の頃でした。

現在、ANAがアップグレード対象のプレエコ運賃を格安で販売しているため14万円ちょい払ってのシンガポール往復はお得ではなく、この金額を払うならマレーシア発券でビジネスクラスが買えてしまいます。マレーシア発券はシンガポールストップオーバーのシンガポール経由で帰ることも可能(若干高くなります)なため、こちらを上手く回していく方が良いと思えます。ただしマレーシア発券は有効期限が半年を過ぎると高くなるため、半年に一度は搭乗する必要があります。これに対して慎太ポール発券ンは355日有効で値段が変わらないため、1年に1度程度の搭乗で回すことが出来ます。









今回のホテル滞在は週末無料宿泊券を使っての宿泊となりました。金曜日と土曜日が週末無料宿泊券を使っての宿泊となるため、前日の木曜日は50,000ポイントを使っての無料宿泊を選びました。

Sin_2


この宿泊はクラブラウンジアクセスもないためラウンジアクセスするには別途ラウンジアクセスを購入したければなりません。2泊目以降をSuiteの予約を取っていたため、事前に予約課からメールが届き230SGD++で同じ部屋にアサインできますと連絡がありました。クラブラウンジアクセスに購入に100SGD++が必要なため、デラックスルームからExecutive Suiteへのアップグレードが実質130SGD++になるという内容です。それならばデラックスよりSuiteに宿泊した方が良いという事でアップグレードを受け入れることにしました。


週末無料券の2泊目が無料となるため1泊目の金曜日の料金は払う必要があります。

Sin


Executive Suiteへの宿泊はアップグレードを含めるとPuremia Suiteを予約してくださいと予約課から言われ、週末無料宿泊券のレートでPuremia Suiteを予約、1泊498SGD++の料金となりました。
3泊のトータルが230SGD++、498SGD++、これにサービス料と税金が加わり865SGDほどの金額になり日本円でいうと73,500円程度となりました。Executive Suiteへ1泊25,000円ほどで宿泊できたことになり、私的には満足の金額だと思っています。ただしこれだけの金額にするために週末無料宿泊券1枚と無料宿泊の50,000ポイントという犠牲を払っております。




最終日はNH842に搭乗し東京に戻るだけ、11時発の便のため9時少し前には空港に着く必要があり、逆算すると8時頃までにはホテルをチェックアウトする必要がありました。
このためインターコンチネンタルに1泊するのは勿体なく、空港近くの安いホテルに泊まった方が便利でお得かも?ということでカトンのHoliday Inn Express Singapore Katongに宿泊することにしました。

Photo


こうすることでインターコンチネンタル3泊の滞在を4日間フルに宿泊すること出来ました。チェックインは朝8時頃でチェックアウトは16時、チェックアウト以降はクラブラウンジで滞在しホテルを出たのは21時頃とかなりお得に宿泊できた感があります。


このすべての宿泊はMr.Rebatesが10%の時に予約を入れました。
無料宿泊の1泊目は10.55USDのリベート、2泊目と3泊目は64.32USDのリベート、4泊目のHIEXは9.42USDのリベート、合計84.29USD、日本円にすると現在の為替レートで9,300円ほどのリベートを獲得できたことになります。
あらかじめ予定の決まっているIHGの宿泊は、必ずMr.Rebatesを通して予約するのがお得と言えます。10%は年に何度か実施されるためこの時に予約だけ取っておき、あとから予定変更するのが得策といえます。


今回のIHG4泊の滞在で8,631ポイントのステータスポイントを獲得することが出来ました。
Spire自力更新まではまだまだ遠く、残り40,000ポイントとなっています。



2017年10月29日 (日)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト 日本へ帰国

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




シンガポール滞在最終日、この日は日本に帰国するだけとなります。
昨日の深夜の買い物から戻って寝たのが3時頃、6時に起きて身支度して近くのホーカーで朝食!と思いましたが起きたのが7時頃で朝食を食べに行くのを諦めました。
1時間ほどで身支度を整え、ホテルをチェックアウトしパークウェイパレードのバス停へ

Img_0464_web



ここから36番バスに乗車しチャンギ空港に向かいます。





バス停の反対側に見えるのがパークウェイ・パレード

Img_0465_web


ここに伊勢丹が入っていたりします。


パークウェイ・パレードの場所はこちら




カトン地区ではランドマーク的なショッピングモール、鼎泰豐なども入ってます。



36番バスに乗車し30分ほどでチャンギ空港に到着

Img_0467_web



今回一番重い預け入れ荷物は21.5kgほどでした。

Img_0466_web


もっと買い出しすることも出来ましたが、物価の高いシンガポールで大量に買わなくても良いかと...インドネシア、マレーシアの方が物価が安いため、買い出しはこちらの国で行うほうが良さそうです。


免税店で頼まれ物のお酒を物色

Img_0468_web


お酒は飲まない私が選べるはずもなく、お店に置いてある写真を撮って送って選んでもらいました。


購入したお酒にオマケがあるようで、バッグつきでした(笑)

Img_0480_web



一通りの買い物を終え、シルバークリスFラウンジにやって来ました。

Img_0481_web


ここはいつ来ても空いていて良いラウンジです。



窓の外には駐機している飛行を眺めることも出来ます。

Img_0482_web


SQのトリプル、その先に搭乗予定のANA機が見えました。



寝坊してホーカーでの朝食を食べられずで、ラウンジで頂くことに

Img_0478_web


適当にピックアップし、シェフコーナーでヌードルを作っていただきました。



デザートにハーゲンダッツ各味1個

Img_0479_web


Suite Loungeではクッキークリームですが、シルバークリスはチョコレートになります。
バニラ、ストロベリー、チョコレートを各味1個頂きました。









搭乗近くになりゲートに向かう事に、NH842便はE12からの搭乗となります。

Img_0483_web


搭乗待ちの間、アテンド付きで搭乗してく方がおられました...きっとVIPの方ですかね。



まだダイヤ優先搭乗も行われておらず、搭乗開始を待っております。

Img_0485_web


ここからは新たなシンガポール発券となります。
旅程上はシンガポール発になるため日本に帰国ではなく、日本に出稼ぎの様な感じです。
今回シンガポールへは70%運賃の予約クラスHで購入しましたが、ここからは100%運賃のプレエコでの購入、片道72,000円ほどになります。アップグレード対象運賃なためアップグレードポイントを使いビジネスにアップグレード、2017年が月末に購入しアップグレードを掛けましたが落ちてきたのは搭乗1か月前程度です。
搭乗前日に空席を確認したところ5席ほど空席がありましたが、搭乗当日にビジネスクラスは満席となっていました。


こちらが羽田空港までお世話になる席

Img_0486_web


通路側の5Fを選択しています。

Img_0487_web


アップグレードが落ちてきた時点で窓側は埋まっていたため、中央列しか選択肢がありませんでした。



ベルトサインが消え機内サービスの開始

Img_0488_web



食事は和食を選択いたしました。
スモークサーモンとかぶらの和え物、鴨ロース杏巻き、松風玉子、百合根饅頭

Img_0490_web



メインは鶏もも肉の味噌幽庵焼き

Img_0491_web



柔らかく美味しい鶏肉でした。

Img_0492_web



普段飲み物はペリエを頂いてますが、今回は売り切れとの事で珍しくコーラ

Img_0493_web


機内でJOSSを飲むことが出来ませんでした...(涙)



無花果のコンポートとムース、栗のタルト、チーズ、フルーツ

Img_0494_web



チーズの盛り合わせ

Img_0495_web



フルーツの盛り合わせ

Img_0496_web



栗のタルト

Img_0497_web



無花果のコンポートとムース

Img_0498_web


デザートは写真に収めたいため全種類頂きました。


今回はお米の購入が無いため検疫に寄る必要もなく、スムースに税関を抜けることが出来ました。前回は検疫でひと悶着あり1時間ほど要しましたから...


羽田空港にはほぼ定刻通りの到着だったかな...?
そして私を拉致しようとする悪の集団がおり、私は拉致されることに...

Img_0499_web


そして自宅まで送り届けられるという事になりました(笑)
買ってきたJOSSを羽田空港で渡して、リムジンバスで帰るつもりでしたが、ありがたいことに自宅まで送っていただくとは感謝です。
これにて5泊6日に及ぶバースデーフライトが終了です。

今回で3回目となるバースデーフライト、今回で分かったことはバースデーにインボラ狙うより初めからビジネスクラスを買っておいた方が良い!という事でした。
来年もバースデーフライトは続けていこうと思っていますが、来年のステータスはプラチナ、はたしてダイヤと違いがあるのか今から興味津々です。




2017年10月28日 (土)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト 昇菘へ買い出しへ

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




満福苑での夕食の後、路線バスに乗車しHoliday Inn Singapore Katongにやって来ました。

Img_0439_web


翌日はNH842便に搭乗し帰国するだけ、遅くとも9時頃にはチャンギ空港に到着する必要があります。クラブラウンジを3泊で4日間フルに使うため最後の1泊はここに宿泊することにしました。これでインターコンチネンタル3泊で4日間のフルラウンジアクセスを楽しむことが出来ました。

深夜便で日本に帰ればこの宿泊は不要となりますが、ビジネスクラスは日中便と深夜便で提供されるサービスに違いがあり、出来ることなら日中便に搭乗したいところです。
ビジネスクラスのフルサービスを諦めるか、1泊を無駄にしてビジネスクラスのサービスを得るか悩みどころです。寝るためだけの宿泊なら空港に近いKatongのホテルをと思い、こちらに宿泊することにしています。



バス移動中、キャリーケースを横にして置いていたのが不味かったのか、グリップのピンが抜けてしまいました。

Img_0440_web


安物買の銭失いになりつつあります...やはりキャリーケースは良い物を買った方が良さそうですね。



買い出しに行くためバスに乗りゲイラン近くまで行く事に
終バスが近いため少し遠いバス停で下車、運賃は0.87SGDでした。

Img_0441_web



バス停から歩いて15分ほど、光り輝くお店が見えてきました!

Img_0442_web



何を売っているかというと、あれですよあれ!

Img_0456_web



ドリアンです。
バタム島でドリアンを食べられなかったため、帰国前に1個食べて帰ろうと思い...

Img_0453_web


あまり高い物は買えないということで1kg18SGDのドリアンを選択


店員のお兄さんがナイフでドリアンをたたいて中身が良いかを確認

Img_0452_web



切り込みいれて中を見せてくれます。

Img_0454_web


ふっくらしていて身もしっかり付いていそうな感じ


1kgを超えていたので25SGD前後のお支払いとなりました。

Img_0455_web


猫山皇に比べると甘み、苦味に少し欠けますが、それでも美味しかったですね。









ドリアンを食べ終わった後にスーパーへ

Img_0445_web


以前この辺りは深夜になると賑わっている場所でしたが、今はそれほどでもなく...
怪しい露店というかフリマみたいな露店が出ている程度ですね。



ゲイランにある昇菘に到着、ここは24時間営業しているためいつでも買い物が出来ます。

Img_0443_web


カトンからだと少し遠いので歩いてくるのは辛いかな...



昇菘ゲイラン店の場所はこちら





昇菘の中を物色開始、Prima Tastの新製品を発見!

Img_0447_web


クレイポットライスですが、具材とソースが入っているだけなのか?と思ったら、ご飯も入っているようです。1個約5SGDとお値段少し高め



シンガポールも出前一丁が売られてます。

Img_0448_web


日本と同じで5個1袋で売られてますが、1袋約2.00SGDとかなりお安い価格!



LTO100のグミ

Img_0449_web


マンゴーグミがお土産として人気だったため、バラマキ土産に欠かせません。



マンゴープリン、6個で3.20SGD

Img_0450_web



トータルで85.75SGDのお買い上げとなりました。

Img_0451_web


お米の個人輸入枠が過去1年で100kgまでが免税となるため、今回はお米の購入を見送りました。



購入した品物の紹介コーナーです。
ドリアンミルクキャンディー

Img_0458_web


袋入りのドリアンミルクキャンディー、1袋1.20SGD
筒入りのドリアンミルクキャンディー、1箱3.50SGD


LOT100のグミ、1袋1.90SGD

Img_0459_web



出前一丁、1袋1.95SGD

Img_0460_web


日本円で170円ほどですからかなり安いですね。


クレイポットライスとエビロール

Img_0461_web


クレイトッポライスが1個4.90SGD、エビロールが1袋2.20SGDです。
エビロールは少しピリッとしているので、ビールのおつまみに最適です。


マンゴープリン、3.20SGD

Img_0462_web


今回のお買いものはこんな感じです。

買い出しを終え写真を撮り終ったのが2時頃、すぐに寝て翌朝に備えることにしました。




2017年10月27日 (金)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト 満福苑で夕食

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。





バクティーを食べてきてから各自部屋でマッタリ、私はチェックアウトに向け準備しておりました。16時になりチェックアウトためクラブラウンジへ、チェックアウト手続きをしながらティータイムを楽しみました。


今回からティータイムのプレートが変わっておりました。

Img_0407_web


ロビーラウンジで使われているプレートと同じになったようです。



上段にスコーン

Img_0406_web



中段はサンドイッチ

Img_0409_web



下段はチョコレート、ニョニャスイーツ

Img_0408_web


提供される内容は以前と変わりありません。
気に入ったものだけ追加することも出来るので、ティータイムでそこそこお腹いっぱいになることも...

18時少し前にロイヤルアンバサダーの方もチェックアウトでクラブラウンジへ
少し一緒に過ごしホテルの送迎サービスで空港へと向かいました。



もう1人の修行僧の方はもう1泊をインターコンチネンタル泊となります。
そしてそのままカクテルタイムへと突入

Img_0411_web




修行僧の方が赤ワインを注文していたので撮らせていただきました。

Img_0413_web



私は飲まないのでお味を聞いたところ、まぁまぁとの事でした。

Img_0414_web


それほど高いワインでもないようで、日本でも購入できるそうです。


ティータイム辺りからスタッフの人数が増え、あまり見かけたことの無いスタッフが増えます。中にはインターンの方もいるらしく話を聞いたところ半年ほどここで働くそうです。インド系の方で中学生では?と思うほど幼い顔で細くて小さいスタッフの方がおりました。その方にあなたもインターンなの?と聞いてみると、2月中旬までここでインターンするそうです。2月初旬に再度訪問すると伝え、またお会いできますね!なんて話をしていました。
初めて見たときは何でこんな幼い子が働いているの?なんて思いましたが、インターンだったとは少し驚きです。









夕食は修行僧の方と一緒に福建麺を食べに行く予定でしたが、外出するのが面倒になったとのことで、ホテルの中華料理、満福苑で頂くことになりました。

Img_0417_web


満福苑はホテルの2階にあり、クラブラウンジを出て20歩も歩かない場所にあります。
ラウンジスタッフにお願いし、事前に予約を入れていただきました。



2階奥の方にあるテーブルに案内されました。

Img_0416_web



お酒は紹興酒を注文

Img_0418_web


紹興酒って英語でなんて言うの?とラウンジスタッフに確認するとrice wineもしくはChinese rice wineで良いらしいです。



一通り注文し夕食開始です。

Img_0426_web



お茶は普洱茶を注文

Img_0419_web




北京ダックを注文したところ売り切れとなりまして...招牌茶王鴨を注文

Img_0427_web



招牌茶王鴨はハーフサイズを注文、44SGD

Img_0422_web



この招牌茶王鴨ジューシーで美味しかった。

Img_0428_web



海鮮はエビを選択、エビは量り売りになるようで、最少300gからの注文になるようです。

Img_0423_web


調理方法はバターソテー、スチームガーリック、ハーブ煮込みから選べるようです。



今回はハーブ煮込みで注文

Img_0429_web



ハーブと紹興酒を使い煮ているようで、薬膳スープの中にエビが入っている感じ

Img_0430_web


これも美味しかったですね。



牛肉の黒胡椒ソースかけ

Img_0431_web



28SGD

Img_0424_web



凄い柔らかいお肉で美味しかったです。

Img_0432_web



XO醤の海鮮炒飯

Img_0434_web



26SGD

Img_0425_web


ピリッと辛く美味しかったです。

Img_0433_web


海鮮と書いてあるだけで詳しい具材は書かれていませんでした。
どうやらその日によって海鮮の具材が変わるようです。


食後にデザートは?と聞かれたので、マンゴープリンを注文

Img_0435_web



ただのマンゴープリンではなく、果肉入りのマンゴープリンでした。

Img_0436_web


味が濃厚でこれまた美味しい。


トータルで240SGDほどの夕食となりましたが、満福苑での夕食、宿泊者に対する割引もアリ、更には美味しくこれはアリだと思いました。
修行僧の方とはここでいったんお別れし、私は路線バスに乗車しカトンに向かいました。




2017年10月26日 (木)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト バクティーのリベンジで松發肉骨茶へ

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。





シンガポール滞在4日目です。
この日はインターコンチネンタルをチェックアウトし、明日の日本行きのためにホテルを変えます。日本へはNH842便に搭乗予定、朝9時頃にはチャンギ空港に到着したいため、インターコンチネンタル1泊するよりは空港の近いホテルに宿泊し、インターコンチネンタルは3泊分で4日分滞在を楽しもうという作戦です。
8時頃のアーリーチェックインに始まり、16時のレイトチェックアウトを使えば、3泊ながらほぼ4日分の滞在を楽しむことが可能となります。


朝食を頂きに7時過ぎにクラブラウンジへ
仲の良いスタッフが出迎えてくれたのですが、4日間早朝から仕事してるので、あなたホテルに住んでるの?聞いてみました(笑)当然ホテルに住んでいるわけもなく、早朝からの勤務の場合はタクシー通勤で30分ほどで来れるらしいです。タクシー代は交通費として支払われるので私には関係ないのよぉ~なんて言ってましたが、早朝から夕方のカクテルタイムまでいるので1日が長い勤務になるようです。



まだラウンジ内の利用者が少ないので、朝食の内容を写真に収めてみました。
サラダコーナー

Img_0381_web



ハム、マリネなどのコーナー

Img_0382_web



パンコーナー

Img_0383_web



フルーツコーナー

Img_0384_web



まずはフルーツを頂いてきました。

Img_0385_web


日本にいるときはほとんどフルーツは食べず、ホテル宿泊の時だけですかね。


朝食のブッフェコーナーは以前に比べるとかなり寂しくなしました。
その代り朝食のオーダーメニューが増え、スタッフにオーダーする形式になっています。

Img_0386_web


オムレツ、目玉焼き、エッグベネディクト、フレンチトースト、ナシレマなどがメニューにあり、この中から好きな物を好きなだけ食べることが出来ます。



以前まであったJapanese Bentoがメニューから消え、新たにVegetarian Vermicelli Noodle Soupがメニューに加わっていました。

Img_0387_web


このVegetarian Vermicelli Noodle Soupのカテゴリーがベジタリアンメニュー、Japanese Bentoもベジタリアンメニューでした。


このVegetarian Vermicelli Noodle Soup、あっさりしていて美味しいです。

Img_0388_web


なぜ初めからこれをメニューに入れず、日本人が怒りそうなJapanese Bentoをメニューに入れたのだろうか気になります。


卵料理はエッグベネディクトを注文

Img_0389_web



ハム、サーモンと選ぶことが出来、私はハムで注文です。

Img_0390_web


以前もエッグベネディクトはあった様ですが、常連さんへの隠しメニューだそうで、一見さんが注文しても無いよ!と言われて終わりだったそうです。今はしっかりメニューに載っているので1個から注文することが出来ます。


少し遅れて修行僧の方が朝食に合流し、昨日のお鮨の内容などを聞いていました。
その後遅れてロイヤルアンバサダーの方が合流し、本日の予定を3人で打ち合わせ、再びバクティーを食べに行く事になりました。なんだかんだで3時間近くクラブラウンジに滞在しての朝食となりました。

朝食を食べているときにラウンジスタッフに満福苑の月餅を買いたいんだけど、どれがオススメ?部屋付で買えるの?4個同じ種類でなく4個違う物を買えるの?などを聞き、卵が2個入った月餅を1箱(4個)買う事にしました。日本に持ち帰りたいので現物はチェックアウト時にお願いしています。


一度部屋に戻りチェックアウトの準備

Img_0391_web


追加で購入したカップ入りのJOSSをキャリーケースに入れると閉まらない事態になり...今夜買い出しをして再度パッキングし直しますが、ホテル移動で持って行くのが面倒、持って行く手段を考えなければです...









お昼ご飯は松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh )に行く事に
ホテルから歩いても行く事が出来る距離でタクシーに乗るほどでもなく...
歩くと少し距離があるためバスで移動することになりました。ノース・ブリッジ・ロード側のバス停からバスに乗り込みます。


真横から見たインターコンチネンタル、かなり薄く見えます。

Img_0392_web



バス停の場所はこちらになります。





3つ先のバス停で下車、料金は初乗りの0.77SGDでした。

Img_0393_web



バス停から歩いて松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh )に到着

Img_0394_web


冷房アリの店舗で待ち時間なしで食べられるため、冷房アリを選択です。


近くに2店舗あり冷房のアリ無しで店舗が分かれます。




混雑時、冷房アリの店舗はかなり待ち時間がありますが、冷房無しの店舗は広いため回転率も良くそれほど待つことなく入店できると思います。




私はバクティーの他に米飯、油篠、と空芯菜を注文

Img_0395_web



少し高めのバクティーにしました。

Img_0396_web



こちらは豚足の煮込み、柔らかくて美味しいです。

Img_0397_web



油篠

Img_0398_web



空芯菜

Img_0399_web


私1人分で25SGDほどのお支払いとなりました。
皆さん満足だったようでシンガポールでバクティーを食べるなら松發肉骨茶が無難なような気がします。
しかし日本にるちゃんどら~さんから胡椒スープと言われ、また胡椒スープ食べに行くんか!と言われましたが...


再びバスでホテルに戻りクラブラウンジへ
スタッフから月餅の準備が出来たよ!と渡され、25%Offで少し安くなっていたようです。

Img_0400_web



かなり豪華な紙の箱に入ってます。

Img_0401_web


箱を開けると更に紙の箱に入ってます。

Img_0402_web



これはスタッフから頂いた一品
内緒ね!と言われましたが、ブログに書いて良い物なのか?(笑)


大きさからして月餅?と思ったらチョコレートでした。

Img_0437_web



ラウンジのティータイムでも提供されるチョコレートですね。

Img_0438_web


日本に持ち帰ってから美味しくいただきました。
月餅も美味しかったので機会があればまた買ってこようと思います。




2017年10月25日 (水)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト 福建麺を食べにカトンへ

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




シンガポール郊外散策を終えインターコンチネンタルに戻って来ました。

Img_0316_web


郊外散策といってもショッピングモールとホーカーに行っただけ、でも次回寄ってみたい場所もあったりと収穫はあったと思います。


ホテルに戻って来るとカクテルタイムが始まる時間ということでクラブラウンジへ
ホットミールとVirgin Singapore Slingでカクテルタイムスタート

Img_0357_web


ホットミールを1個食べてから写真撮ってないことに気が付きました...

Img_0356_web


今回のホットミールは焼売、牛肉の煮込みにマッシュポテト和え、茶わん蒸しです。



こちらはご自由にお取りくださいのブッフェコーナーから頂いてきました。

Img_0359_web



かなり寂しくなったクラブラウンジのミール、こちらはチーズ、ナッツ、ドライブルーツ

Img_0360_web



スティックサラダ、一口大に切ったカットフルーツなど

Img_0361_web



パンのコーナー

Img_0362_web


スーツ類

Img_0363_web


こんなのをツイートしていると、お酒はどうなの?と質問を受けました。
私がお酒を全く飲まないので、どんなお酒があるか分からずでして...


こちらがカクテルタイムのメニュー

Img_0364_web



冷蔵庫にはハイネケン、タイガービール、Changeなど

Img_0365_web


シャンパンは無くスパークリングワインになるようです。



ワインは何種類かあるようです。

Img_0366_web


私は全く分からないので写真から判断してください。



ラトゥール2015ブルゴーニュールージュなんてのもあるようです。

Img_0367_web


お酒を飲まない方のためにノンアルコールカクテルを2種類用意してくれているのがありがたいです。


銀座にあったお鮨屋さんがシンガポールで開業したとのこと、修行僧の方はこのお店が銀座にあった頃に何度か行っていたそうで、今回予約しロイヤルアンバサダーの方と2名で行く事になっていました。お二方、本当にお鮨が好きで、特にロイヤルアンバサダーの方は毎日お鮨です(笑)
私はシンガポールでのお鮨は費用対効果が悪いと思いお断りして、1人で夕食に向かう事にしました。









向かった先は、シンガポールに来てチキンライスを食わねども、これは食べておかねば!と思う福建麺を頂きにカトンへ、毎回ブログに登場するのでピンとくる方もおられるともいますが。


向かった先はGeylang Lor 29 Hokkien Mee




ブギスから12番、32番バス1本で来ることが出来ます。


ブギス・ストリート前のBugis Stnバス停から12番バスに乗り込みKatong Omega Aptで下車、バス料金は1.23SGDでした。

Img_0368_web


ブギスからバスに乗って40分ほどで移動できます。
タクシーだと15分ほどで移動できますが、高速使ったりで20SGDほどの金額になると思います。



前回のシンガポール滞在に続きGeylang Lor 29 Hokkien Meeにやって来ました。

Img_0370_web


体調が悪く、入院手術していたオヤジさん、前回訪問した時に近々調理に戻れるなんてことを話してくれましたが、今回は鍋振ってました!
土曜日の夜という事で店内は満席、地元の方と相席になりました。少ししてから店員さんが1枚の皿でシェアで良いか?と聞いてくるでは...シェアって大きさ違うの注文していたらシェアできないのでは?と思い、私は10SGDを注文したよ!というと、相席の方は6SGD注文したと...相席の方が英語でなかったので英語に変えて!とお願いしたら、英語で話してくれたので一安心です。シンガポールの人の中国語って聞き取り辛いんですよね。


少ししてから各自注文した物が運ばれてきました。
私が注文した10SGDの福建炒麺

Img_0371_web


エビ、イカ入りの福建炒麺です。

Img_0372_web



エビ好きな方への飯テロ写真を撮るためエビを集めて撮ってみました。

Img_0373_web


福建麺を頂いていると相席の方が、あなた日本人か?と聞いてきました。
そおだよぉ~!ブギスに宿泊してるけで食べに来たんだ~!と言うと、わざわざブギスから食べに来たのか!と驚いてました。ここ何回目だ?と聞かれたので、5回目かな~と返答したら、ここの福建麺美味しいからな~なんて言ってました。

仕事で横浜に行ったことがあるよ!あとは八戸かな...凄く寒かったよ!シンガポールはいつも熱いから八戸に行ったときは冬で寒く大変だったよ~!と...でも寒い時の方が食い物は美味しいよ~!と言うと、確かに食べ物は美味しかったな~なんて言ってました。
この様な現地の人との一期一会の会話が楽しく、ホーカーでの相席も良いもんです。


相席の方が先の食べ終わり、ここでお別れとなりました。

Img_0374_web


もう少しで食べ終わる頃、飲み物店のオッチャンがテーブルを片付けながら、何か飲むか?と聞いてきたのでコーラを注文しようと思い、私がコーラ!と言うと、はぁ~?と...
仕方なしにコークと言うとオッチャンは再びはぁ~?と...コークでも通じないなら可楽と中国語で言うと、あいよぉ~!と理解してくれました(笑)
中国語でコーラを覚えておいて良かった!と思う瞬間でした(笑)


食後のデザートでドリアンでも...と思いましたが、シンガポールでドリアンを食べると高いので、おとなしくホテルに戻ることにしました。




2017年10月24日 (火)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト シンガポールの郊外散策へ

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




シンガポール滞在3日目、この日もクラブラウンジからスタート

232_web



朝食はいつものオムレツとカリカリベーコン

Img_0299_web



メインはフレンチトーストにしてみました。

Img_0300_web


このフレンチトースト、意外とおいしかったなぁ~!



朝のブギスジャンクションは静粛しています。

Img_0303_web


これが週末の夕方ともなると凄い人で賑わいます。

Img_0304_web


とにかく飲食店が多く、インターコンチネンタルで食べたいものが無くてもブギスジャンクションで間に合ってしまいます。麺屋武蔵なども入っていますが食べたことはありません。


ブギスジャンクション側のホテルの入り口に、満福苑の月餅が売られてます。

Img_0305_web


正直、月餅ってあまり好きではないんですよね...
試に買ってみて帰っても良いかなぁ?と思いカタログを1部頂いてきました。
1箱4個入りで72SGD、もしくは68SGDとかかなりの値段なんですよね!1個1,000円超えですから高くて...


さて、この日はシンガポール郊外に行こうと計画していました。
シンガポール滞在、いつも中心部をウロウロするだけ、その他といえばカトン地区やゲイラン地区に行く程度、西や北の方にはほとんど行ったことがありません。郊外に行っても住宅だけで何も無いでしょうが、それはそれで良いのでは?と思い行ってみることに。


まずブギスジャンクションからバスに乗り、最初の乗り換え地のRochor Stnで下車

Img_0306_web


この距離なら歩いてでも行けなくは無いですが...
Rochor→66→Bef PIE→徒歩→aft Bt Batok West Ave 3→174→Blk 213のルートで向かいます。


Upper Bukit Timah RdとJln Jurong Kechilの交差点、かなり郊外まで来ました。

Img_0307_web



この交差点近くにダウンタウンラインのBeauty World駅があります。




ダウンタウンラインの西側の開業に伴い、この辺りからブギスまでMRT1本で行く事が可能です。MRTを使えば便利ですが地下を走るためシンガポールの景色を楽しむことが出来ず、毎度バスを利用して移動しています。


この先のBef PIEで66番バスを下車し、徒歩で次のバス停aft Bt Batok West Ave 3に向かいます。

Img_0308_web


バス停移動といっても隣のバス停に移動するだけです。
このaft Bt Batok West Ave 3のバス停、最近出来たようでGoogle Mapには掲載されていませんでした。現地に行って気が付いた次第です。
次に174番のバスに乗車する訳ですが、66番のバスを降りた時に174番のバスが行ってしまい次のバスを待つことになりました。その時間おおよそ25分...泣けてきます。


バス停でバス待ちしていると、向こうの信号の先頭にフェラーリが停車

Img_0309_web


勢いよくスタートするのかと思いきや、普通に走ってました。
シンガポールだと1台5,000万円超えの値段なんでしょうが、郊外でも高級車が走っているシンガポール、流石ですね。


バス3台を乗り継いでBlk 213で下車、トータル1.72SGDでの移動となりました。

Img_0310_web


乗り継ぎだけあって最後に引かれた金額は0.15SGD、ez linkを使ってのバス乗車、かなりお得です。


目的地の隣にもフードコートらしき建物が

Img_0312_web


火鍋やビルマ料理のお店などが入っているようです。



やって来たのがBoon Lay Shopping Centre

Img_0314_web



Boon Lay Shopping Centreの場所はこちら





シンガポール郊外にある低層のショッピングモールです。

Img_0316_web


なぜこんな場所にやって来たかというと、2017年7月にバスでマラッカに行く際、国境を超える前にバスがここに立ち寄りました。ここで数名の乗客を乗せてからマレーシアに行きましたが、その際に機会があれば立ち寄ってみよう!と思ったのがきっかけ


ショッピングセンターの一角にStarmart Expressの乗車手続が出来るOfficeもあるんですね。

Img_0315_web


この近くに滞在してからマレーシアに向かう事も可能という事になりますね。



Boon Lay Shopping Centre、郊外にある少し大きめのショッピングセンター

Img_0317_web


中庭などがあり、この周囲にお店が在ります。


こちらはもう1か所の中庭

Img_0318_web


スーパーマーケット、家具店、果物屋、飲食店など色々なお店があります。
全て見るのに1日は必要としませんが、なかなか面白そうなショッピングセンターでした。
昼を過ぎたことですしお昼ご飯をと思いショッピングセンター内を見ても、それほど多くの飲食店があるわけでは無く、隣にも何かありそうなので行ってみるとに。


やって来たのがBoon Lay Hawker、そこそこの規模のホーカーです。

Img_0319_web



Boon Lay Hawkerの場所はこちら




一通りホーカー内を一周し、気になったお店で各自買うことに


私が気になったのが和發福建炒蝦麺(Ho Huan Fried Hokkien Prawn Mee)

Img_0321_web



福建炒麺なら珍しくは無いですが、メニューに炒飯がありまして

Img_0322_web


ホーカーで炒飯って珍しいなぁ...と思い、5SGDの炒飯を注文してみることに


こちらが5SGDの炒飯、中盛りという感じですかね。

Img_0323_web



写真とずいぶん違い、蝦が1個しか無いじゃん!

Img_0324_web



と思って炒飯の中を漁ると、更に蝦が出てきました。

Img_0327_web


この他にも数個の蝦が埋もれていて、5SGDならアリだと思います。
もちろんタイ米を使っているためパラパラ炒飯ですよ。


こちらは一緒に行った方が注文したチキンライス

Img_0325_web


これでおいくらですか?と聞くと、じゃら銭を手に広げたら店員さんが取ってくれたので分からないとの事でした(笑)


Img_0326_web


まぁそれでも4SGD前後でしょうから、ホーカーのご飯は安くて良いですね。


土曜日のひることという事で、店内側は人が多く道路側のテーブルで頂くことに

Img_0328_web


このホーカーをサクッと見た感じ、ナシレマのお店が多いように感じました。
なかなか面白そうなショッピングモールとホーカーだったので、機会があれば再訪問してみたいと思います。









Boon Lay Shopping Centreの前のバス停Blk 207から99場のバスに乗車しJurong Polyclinicで下車、ここでバスを乗り換えます。

Img_0329_web


Jurong Polyclinicまでは初乗りの0.77SGDが引かれました。



Jurong Polyclinicから187番バスに乗り換えます。

Img_0330_web



途中気になる建物のHomeTeamNS

Img_0331_web


アミューズメント施設らしくゴルフ練習場、ボウリング場、アトラクション施設などがあるようです。



HomeTeamNSの場所はこちら





この一角には自動車教習所などもありました。

Img_0332_web


シンガポールには教習所が3か所ほどあり、そのうちの1ヵ所がここになります。
もう1ヵ所はウッドランズにありホンダが出資しているそうです。



バスをBukit Panjang駅で降りるつもりが、バス停が駅をはさんで前後にあり、しかも駅は地下という事で駅の存在に気付かず、先のバス停で何とか下車できました。
Bukit Panjang駅からLRTに乗車し目的地に行く予定でしたが、Google Mapで調べると近くまでバス1本、しかも複数の路線で行けるようだったため、再びバスで向かうことに


対象路線のバスが到着したので乗車しようすると、そのバスが長い!

Img_0336_web


なんと連結のバスでした。
ベルリンなどではよく走っているようで、空港に行くときに乗りましたが、日本ではそれほど走っていませんね。東京だと町田市内を走っているようですが。


折角なので連結より後ろに乗車してみました。

Img_0334_web


バス2台分の長さがある感じです。


4つほど先のバス停で下車、追加料金は0.04SGD

Img_0335_web


合計1.45SGDで移動することが出来ました。



降りたバス停はBef Pending Stn




ここから歩いて数分で目的地に到着



やって来たのがBukit Panjang Hawker Centre and Market

Img_0338_web



Bukit Panjang Hawker Centre and Marketの場所はこちら





交差点の反対側にはBukit Panjang サインがありました。

Img_0339_web



Hawker Centre and Marketの入り口にもサインが

Img_0340_web


このBukit Panjang Hawker Centre and Market、シンガポール政府が2027年までに新たに20のホーカーセンターを建設するとしたうちの1つ、2016年8月6日に正式オープンしたようです。


まだ1年程度しか経っておらずかなり綺麗です。

Img_0341_web



中2階から1階のホーカーセンターが見渡せるようになっています。

Img_0342_web


凄く大きなホーカーではありませんが、開業から1年という事で綺麗です。



2階にやって来ましたが、どのお店も閉まっておりました。

Img_0343_web


あれ?と思ったら2階がウエットマーケットで1階がホーカーなんですね。
通常は1階がウエットマーケット、2階がホーカーなことが多いですが、ここは逆なんですね。


2階の一角で営業している店舗を発見

Img_0344_web


スーバーなどもありました。

Img_0345_web




1階に戻り2回目のお昼ご飯です。

Img_0349_web


ホーカーに2ヶ所行く予定だったため、最初のホーカーであまり食べずセーブしていました。この後は食べる予定が無いため2品頂くことに



ポークヌードル 4.0SGDほど

Img_0350_web

Img_0348_web



Duck Rice こちらも3.5SGDほど

Img_0351_web

Img_0347_web


ダックライスに付いてくるスープ、真っ黒で凄く濃い醤油味?と思いきや、それほど濃くない味で、どちらかというとあっさり目のスープです。
ホーカー飯なので1人前の量は少なく、1人2品食べることも可能かと



Bukit Panjang Hawker Centre and MarketからブギスへはLRTでBukit Panjang駅へ、ここからMRTに乗り換えて1本で帰ることが出来ます。バスので帰り方は960番バス1本で帰ることが出来ます。私たちが選んだのはバス1本で帰るルート、Google Mapによるとバスで帰った方が早く着くようでした。


ということでopp Pending Staから960番バス1本で帰ります。

Img_0352_web


MRTよりバスの方か早く到着するなんて何かの間違え?と思ったら、このバスは高速道路を走るんですね!私たちが乗ったopp Pending Staのバス停から少しして高速に乗り、ダウンタウンラインのStevens駅近くまで高速道路走行でした。


バスに乗車してから30分強でBugis Junctionに到着

Img_0354_web


およそ15kmほど乗車して1.53SGD、かなり安く移動できました。
シンガポールのタクシーは日本と比べてかなり安いですが、時間がある方はバスという選択肢もアリだと思います。




2017年10月23日 (月)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト 夜食でバクティーへ

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




Ambassador Suite撮影のお手伝いを終え、再びクラブラウンジに戻って来ました。

Img_0137_web



私はお酒を飲まないため、いつも頂くのはVirgin Singapore Sling

Img_0277_web


もう一人の修行僧の方はお酒が大丈夫な方でSingapore Sling


本日のホットミール

Img_0287_web


スープとお肉となんだったかなぁ...忘れてしまいました。



その他に提供されているミールを頂いてきました。

Img_0286_web


チーズ系はとても美味しいですね。
以前はもっとミールがあったのですが、最近はかなり減って本当に摘まむ程度
正直なところ深圳、広州のクラウンプラザの方がミールは豪華ですね。



軽く摘まむ程度しかできないクラブラウンジ、夕食を食べに行こうという事になりました。
ブログなどで紹介されているお店が在るという事で、3人でタクシーに乗車し向かう事に
途中、リトルインディアを通ると電飾とても綺麗でした。

Img_0288_web


タクシーの運転手さん曰くインドの旧正月らしいです。
そおいえば昨年2016年9月に来た時も道路が電飾で飾られ、多くの人で賑わっていました。


3人でやって来たお店は黄亜細肉骨茶餐室(Ng Ah Sio Bak Kut Teh)

Img_0291_web



NOVENAの少し手前というか、リトルインディアを抜けた辺りというか




ブギスからそれほど遠くは無いですが、MRTとバスでは少し行き辛い場所、タクシーだと8SGD前後で行けると思います。


お店は朝7:00から夜の22時ころまで営業しているそうです。

Img_0293_web


ちなみに月曜日が定休日らしいです。



お店に着いたのが21時少し前ということで店内はガラガラ

Img_0292_web




全員、シンプルにバクティーを注文

Img_0295_web



私はバクティーの他にライスと油篠も注文

Img_0294_web


油篠がふにゃふにゃになるまでスープに浸しておいて頂くのが好き


黄亜細肉骨茶餐室(Ng Ah Sio Bak Kut Teh)はシンガポール内に何店舗かあるようです。
マリーナベイ・サンズの中にも入っているようです。ブギスからならサンズに行った方が近かったかも...このお店、チリクラブで有名なJUMBO SEAFOODのグループなんですね。ってこのブログ書いていて調べて分かったことですが。


気になるお味はというと、正直私達には不発でした...
シンガポールのバクティーが胡椒スープとかいう前に、松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh)の方が美味しいのでは?と思いました。









黄亜細肉骨茶餐室(Ng Ah Sio Bak Kut Teh)からのホテルへの帰路、お店の前でタクシーが捕まらず、地下鉄の駅近くまで歩くことに。
結局、One Farrer Hotel & Spaまで歩いてきて、ホテルのエントランスからタクシーに乗車してインターコンチネンタルまで戻りました。





インターコンチネンタルに戻り各自の部屋へ
私はバタム島で仕入れてきたEXTRA JOSSをキャリーケースへ

Img_0296_web



段ボール2箱がピッタリ入ります!

Img_0297_web


EXTRA JOSSを運ぶためにこのキャリーケースを選んだのでは?と思うほどピッタリなんです(笑)
シンガポールの税関では止められましたが、日本の税関では止められることは無いでしょう...と祈りながら荷物整理です。


荷物整理を終え、外でたばこを吸った後に部屋に戻ろうとロビーラウンジを抜けエレベーターホールの手前で、以前クラブラウンジで働いていたスタッフと遭遇!
前回の滞在の時に彼女は?と聞いたところ、今は予約課に異動になって月曜日から金曜日までのシフトに変わったそうで、平日の9時から18時頃までならホテルにいますよとの事でした。
今回もお会いしたくて、彼女に会える?と他のスタッフに聞いてみたところ、OKだったのですが結局会えずで...数分立ち話をしたところ予約等のメール返信、電話での対応などかなり忙しいようで、今日はトラブルがありこんな時間まで残ることになってしまった...でも明日から休みだからね!と相変わらず明るく、なんだか私も一安心です。
このホテルの予約時に予約課とメールをやり取りすることが多く、メールの履歴を調べてみると彼女からメールが届いていたこともありました。最近になってクラブラウンジスタッフの名前を覚えられるようになったので、メールでやり取りしていることは全く気が付かずで...



24時近くになり、夜な夜なブギス周辺散策へと

Img_0298_web


目的はあれっすよ!あれ!、ドリアンです(笑)
シンガポールでのドリアンの価格は高いですが、日本で食べられない事を考えるとどうしても食べたくなるといいますか...ブギスストリートを抜けた辺りに露店があるので、そこで食べられると思い向かう事に

金曜日の夜で賑わっているだろう!と思いきや、ブギスストリートを抜けた辺りは閑散としていて平日の深夜の様でした。ドリアンの露店も閉まっていて営業しておらず。仕方なしにブギス周辺を1時間ほどウロウロしましたが、何も買わず何も食べ飲みせずホテルに戻って来ました。


こうして長い1日が終わるのでありました...




2017年10月22日 (日)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト InterContinental Singapore Ambassador Suite

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




バタム島観光を終え17時までにホテルに戻って来ました。
この日はロイヤルアンバサダーの方が部屋移動となり、どうしてもお部屋を見たくて17時までに戻り撮影のお手伝いをすることにしました。私がインターコンチネンタル シンガポールで初めて宿泊したお部屋で、それ以来ホテル滞在が好きなりIHG修行を始めた原点ともいえる場所なのです。この宿泊でこのお部屋に宿泊したかったのですが、アップグレード対象外という事で今回はアップグレードの最大の部屋のExecutive Suiteに宿泊となりました。

私がAmbassador Suiteに宿泊したのが2014年10月14日、既に3年が経過しその間に室内の改装も行われております。2014年のAmbassador Suiteと2017年のAmbassador Suiteはどこが違うのかを見たいと思います。

Img_0263_web


2014年10月、私はクラブインターコンチネンタルをベストフレックス料金で予約、クラブラウンジでのチェックイン時にベッドは1 or 2?、喫煙?禁煙?と聞かれ、1ベッドの喫煙を希望しました。チェックイン手続きが終わるまでラウンジ内でコーヒーを頂いたいたのですが、Suiteにアップグレードしましたよ!と言われキーカードを頂きました。その後動物園に行き戻ってから部屋に入ると、部屋の広さに驚いたことは今でも覚えています。
初めて宿泊するインターコンチネンタルでスイート!しかもこの宿泊をするために数日前にAmbassadorに入会したばかり、なぜこんな部屋に?と思いました。それ以来スイートにアップグレードされたことはありませんが(笑)



こちらが2014年10月のAmbassador Suiteのリビング

Img_3009_web


2017年9月のAmbassador Suiteのリビング

Img_0264_web


以前に比べるとゴージャス感が増したというか、以前が殺風景にも見えてしまいます。



2014年10月のAmbassador Suiteのリビングを奥からテレビを撮影

Img_3010_web


2017年9月のAmbassador Suiteのリビングを奥からテレビを撮影

Img_0268_web


落ち着いた雰囲気になったというか、シックになったというか、ゴージャス感が増したというか以前が殺風景に感じられるほど変わっているのが分かります。



続いてリビング奥にある書斎、こちらは2014年10月のものです。

Img_3011_web


ワークデスク、デスクの後ろには食器などの飾りが

Img_3012_web



現在の書斎はかなり変わり、中央にデスクが置かれています。

Img_0269_web


食器類などの飾りは場所が変わり目立つ変更され、テレビも設置されています。



ここなら簡単な打ち合わせ、One on Oneなどの面談も出来てしまいますね。

Img_0270_web




続いて寝室、こちらは2014年10月のもの

Img_3014_web


当時宿泊した時、なんだこのでかいベッド!という印象がありました。


こちらは2017年9月の寝室

Img_0274_web


かなりショップハウス、プラナカンを意識した内装に変わり、ベッドの向きも寝ながらテレビを見る位置に変わっております。
以前がシンプルな寝室?と思ってしまうほど変わっておりました。寝室にもあったワークデスクが無くなった分、部屋が広く感じました。



寝室反対側の写真は現在の物しかありませんでした。

Img_0275_web


こちらのレイアウトは大きく変わっていないと思いますが、備え付けの家具などがプラナカンスタイルに変わっているように思います。









続いて水回り、こちらが2014年10月のバスルーム

Img_3015_web


こちらが2017年9月のバスルーム

Img_0265_web


大きな違いを見ることは出来ませんが、バスタブと壁が変わったかな程度だと思います。



バスルーム内のシャワー室とトイレ、こちらは2014年10月のもの

Img_3016_web


こちらは2017年9月のシャワー室とトイレ

Img_0266_web


こちらも大きな変更は無いようで、壁が変わった感じですかね...



部屋に入ったすぐ右側にあるトイレ、こちらは2014年10月

Img_3013_web



こちらは2017年9月

Img_0272_web


浴室と同様、壁麺が変わった程度です。



部屋の入り口には電気スタンドが設置されています。

Img_0271_web


2014年に宿泊した時も設置されていたと思いますが、写真が見つかりませんでした。



こんなお部屋に宿泊できるのならインターコンチネンタルに宿泊するのも悪くないなぁ!と思わせてくれるお部屋です。しかもかなり改装されていて、またこのお部屋に宿泊したい!と思いました。

Img_0267_web


しかしこのお部屋1泊で40万円は超えてしまうので、そうそう宿泊することも出来ません。最近はきっちり1UPしかしてもらえずアップグレードで宿泊できる期待も薄く...週末無料宿泊券を使ったとしても1泊20万円を出すことは難しいですし...でもチャンスがあるなら宿泊したいお部屋です。


でも2014年10月の宿泊時、なんでこのお部屋にアップグレードされたのだろうか...




もっと詳しくこのお部屋を見たい!という方のためにロイヤルアンバサダーの方が撮影したお部屋紹介ビデオになります。
ビデオの方が全体像がつかめるると思うので一度ご覧下さい。




RyanyanFunifuniさんありがとうございます。



2017年10月20日 (金)

ANA SFC修行2017 バースデーフライト ハーバーフロントからバタム島へ

ANAダイヤモンドメンバーが誕生日に国際線搭乗すると何かあるの?と思ってから始めたバースデーフライト、今年で3回目となりました。昨年まではエコノミーに搭乗していましたが今年はシンガポール発券を利用しビジネスクラスへの搭乗です。シンガポールへはエコノミークラスの予約クラスHをアップグレードしビジネスクラスへ、日本への帰路はプレエコの予約クラスEをアップグレードしビジネスクラスに搭乗となりました。
シンガポールへのアップグレードは2016年11月の段階でアップグレード完了、芯がポルカらの帰路は2017年月に購入しアップグレードを掛けましたが空席待ち、搭乗1か月前になって空席待ちが落ちてきてビジネスクラス搭乗が確定しました。このアップグレードはアップグレードポイントを使用しているためマイル等の自己負担は無しです。



2017/09/21 NH0843 B789 JA883A HND-SIN 00:20-06:30 Y 3,477PP 47,370JPY
2017/09/25 NH0842 B789 JA888A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 71,900JPY



シンガポールでの滞在先はInterContinental Singapore、1泊目はポイントを使い無料宿泊、2泊目と3泊目は週末無料宿泊券を利用し2泊目が無料となります。Ambassador Suiteに宿泊したかったのですが、この部屋はアップグレード対象外との事から、最大アップグレードで宿泊できるExecutive Suiteに宿泊することにしました。そして1泊目を230SGD++でExecutive Suiteにアップグレード出来るというオファーを事前に頂きました。ポイント宿泊にはクラブラウンジアクセスが無いため、別途購入すると100SGD++の費用が掛かりることから部屋のアップグレードは実質130++となるため、このオファーを受け入れ3泊Executive Suiteに滞在です。




さてどんな旅になったでしょうか。




シンガポール滞在2日目です。
この日はバタム島に買い出しに行くため、9:40のフェリーに乗船します。そのため一緒にバタム島に行く修行僧の方とホテルロビーで7:30に待ち合わせ。7時頃にホテルの外で一服しているときに連絡を取ると、既にインターコンチネンタルにチェックインしラウンジで朝食を食べているとのこと。

Img_0136_web


すぐにラウンジに向かい無事合流できました。
この修行僧の方、2016年12月のKUL→HNDのNH886便が一緒になり、それ以来連絡を取らせていただいております。今回のシンガポール行きも往路便さえ違えど、同じ日程でシンガポール修行を購入されております。


修行僧の方と合流でき朝食開始、毎度のオムレツ

Img_0204_web


メインはナシレマにしました。

Img_0205_web


このナシレマは美味しいですね。
Japanese Bentoもこれほど美味しかったら問題無かったのですが...


シンガポールからバタム島への行き方は基本フェリーです。バタム島の多くのフェリーターミナルに便があるため、目的地の近いフェリーターミナル着の便を選びます。そのためシンガポール発のフェリーも便によりフェリーターミナルが異なります。
今回はバタム島一番の繁華街ナゴヤに近いフェリーターミナルのハーバーフロントを選びました。このためシンガポールのフェリーターミナルはハーバーベイとなります。
ハーバーベイ=ハーバーフロントを運行しているフェリー会社で一番便数が多いのがHORIZONになるようです。1日12往復の便があり、約1時間に1本の割合で出発しています。往復チケットが48.00SGD、片道チケットが32.00SGD、ビジネスクラスへのアップグレードが10.00SGDとなります。


朝食を終えた後、ホテル近くのタクシースタンドからタクシーに乗車しハーバーフロントターミナルへ




ブギスからタクシーで15分、20SGD程度で移動できました。



ハーバーフロンに到着したのが8:30頃、印刷して持ってきた予約表をチケットに交換する必要があります。Webでは予約しかできないため支払いも済んでおりません。
タクシーが到着したフローから1つ上の階に上がりHORIZONのカウンターを発見しました。

Img_0206_web


ここで予約表を出してクレジットカードで支払おうと思ったら、NETSか現金のみの支払とのこと...ez linkは持ってますがNETSは持ってないですね...しかもez linkには20SGDほどしか入ってないし...
往復分のビジネスチケットを予約しているため、往復の運賃48.00SGD+ビジネスクラス料金20.00SGD、1人68.00SGDのお支払いとなります。HORIZONをご利用の際には支払いに要注意です。


チケットを手に入れ出発の待合フロアーに戻って来ました。

Img_0207_web



待合室で案内板がOPENになるまで待機です。

Img_0208_web



出発案を見ると、9:40のフェリーは8:55にOPENになるようです。

Img_0209_web


出発時刻1時間前までにターミナルに来て、チケットを購入すればフェリーに乗船できそうですね。ただし週末は混雑するようで事前予約と早めに来る方が良いらしいです。


バタム島はシンガポールではなくインドネシア、国境を超えるためイミグレ通過となります。ここで注意が必要なのはシンガポールは1日1回しか入国できないという事です。シンガポール到着日にバタム島に行くとバタム島で1泊しないとシンガポールに戻ってくることが出来ません。バタム島に日帰り旅行をしたいならシンガポール到着の翌日以降でないと出来なことになります。シンガポールに日帰り旅行の修行僧の方は要注意です。


無事出国を終え、フェリー乗り場の待合室にやって来ました。

Img_0211_web



制限エリアなのでDUTY FREEがあります。

Img_0212_web


日帰り旅行のため何も買うことが出来ず...
バタム島に数日間滞在するなら、ここで買い物をすることも可能ですね。


ゲートオープンになるまでしばし待ちます。

Img_0210_web



チケットを購入したときPRIORITY LANE PASSなる物を貰いました。

Img_0213_web


これどこで使うのだろう?先ほどのイミグレでは使わなかったなぁ...と思ってよく読むと、到着するハーバーベイで優先レーンを使えるようです。








乗船時刻になりフェリーへ、1階が普通席で2階がビジネスクラスになります。

Img_0216_web



初めてのバタム島、普通席が良く分かりませんが、ビジネスクラスのシートは広めでした。

Img_0217_web



ビジネスクラス自体はそれほど広くありませんが、乗船している方が少ないので快適です。

Img_0218_web



片道800円前後でビジネスクラスへの乗船、これはアリだと思います。

Img_0219_web



出港後ケッペル島、本島側マンション群?が見えてきました。

Img_0220_web


シンガポールって曲がった形状の建物が多いですよね...
意匠的に曲げたりしているのでしょうが、構造屋泣かせの設計が多いですね。



ビジネスクラスに乗船すると水、おしぼり、飴の提供があります。

Img_0221_web



ハーバーフロントからハーバーベイまでは1時間の船旅、シンガポール海峡を縦断するような航路です。
出港後すぐに見えたシンガポールのコンテナ埠頭

Img_0222_web


東南アジアの物流拠点なんですね...



更に少しすると停泊中の船舶が多く見れました。

Img_0223_web


Img_0224_web



停泊中の船舶の近くを通ってバタム島に向かうようです。

Img_0225_web


ハーバーフロントからハーバーベイへはおおよそ30kmほどの距離、出港から30分もするとバタム島が見えてきます。

Img_0227_web


徐々にハーバーベイに近づいてきます。

Img_0228_web


もうすぐハーバーベイに到着です。

Img_0230_web



シンガポールとバタム島のでは1時間の時差があります。シンガポールを9:40に出向し到着時刻が9:40となります。1時間得した計算になりますが、帰路が2時間かかるため帳消しになってしまうんですね(笑)

ここから下船しイミグレに向かいますが、下船もビジネスクラスの方優先で、普通席に乗船した方はビジネスクラスの方が下船するまで下船できません。またチケット購入時に頂いたPRIORITY LANE PASSはハーバーベイのイミグレで使うことが出来ました。一番左側が優先レーンでそこにいるスタッフにPRIORITY LANE PASSを渡せば、優先的にイミグレを案内してくれます。
インドネシアへの入国、入国カードなどが無いためパスポートのみで入国可能です。以前はビザを取得する必要があったようですが、現在は廃止されているため日本人なら簡単に入国できると思います。



より以前の記事一覧

オススメ