2017年9月 6日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 訪問した場所情報

この修行日程は11日と長いことからブログに掲載した場所をGoogle Mapにまとめてみました。



Singapore

Holiday Inn Express Katong

207_web


2016年7月に開業したカトン地区にあるIHGホテル


ホリデイイン・エクスプレス・シンガポール・カトンの場所はこちら





Geylang Lor 29 Hokkien Mee

213_web_2


福建麺が頂けるお店、名前にゲイランとありますが店舗はカトンです。


Geylang Lor 29 Hokkien Meeの場所はこちら





227 Katong Durian

1075_web


ドリアンのお店、奥にイートインコーナーがあります。


イーストコーストロード沿いにあり目立ちます。





Old Airport Roard Food Center

229_web


MRTサークルラインのダコタ駅近くの大きなホーカーセンター


オールド・エアポート・ロード・フードセンターの場所はこちら





InterContinental Singapore

230_web


MRTブギス駅にあるIHGの最高級ホテル


インターコンチネンタル・シンガポールの場所はこちら





Bugis Street

255_web


洋服、お土産、飲食店など多くのお店が集まった若者向けのショッピングセンター


ブギス・ストリートの場所はこちら





Sim Lim Square

256_web


シンガポールのアキバと言われる場所、スマホやPCのアレコレが手に入ります。


シムリムスクエアの場所はこちら





新山叶子楣手工包店

264_web


手作りの大包、点心などが頂けるお店


新山叶子楣手工包店の場所はこちら





昇菘超市(Sheng Siong)ゲイラン店

304_web


シンガポールの地場系スーパー、値段が安くお買い得、タックスリファウンドは受けられません。


昇菘超市(Sheng Siong)ゲイラン店の場所はこちら





Golden Mile Complex

317_web


長距離バスの発着場、ここからマレーシアなどにバスで行く事が可能


ゴールデンマイル・コンプレックスの場所はこちら





Chinatown Complex

332_web


チャイナタウン・コンプレックスのホーカー内に世界最安のミシュラン1星を獲得したお店が在ります。


チャイナタウン・コンプレックスの場所はこちら





阿秋甜品

345_web


中華デザートのお店、熱と冷の中華デザートを楽しめます。


阿秋甜品の場所はこちら





Wonder WashのKallang/Upper Boon Keng Branch

351_web


シンガポール内で20店舗以上を展開しているコインランドリー


ワンダー・ウォッシュの場所はこちら





Seng Huat Bak Chor Mee

874_web


インターコンチネンタル近くで24時間営業している麺のお店、小さなホーカー内に在ります。


Seng Huat Bak Chor Mee の場所はこちら





Ya Kun Kaya Toast

864_web


シンガポール内で数十店舗展開しているカヤトーストのお店、T2制限エリア内にお店もあります。


ブギス・ジャンクション内のヤクン・カヤトーストの場所はこちら





瑞春(Swee Choon Tim Sum Restaurant)

910_web


安くて美味しい点心のお店、メインは18:00からの営業となります。現在はランチ営業もしているようです。


瑞春(Swee Choon Tim Sum Restaurant)の場所はこちら





昇菘超市(Sheng Siong)

911_web


シンガポール地場系のスーパーマーケット、シンガポール全土に数十店があります。


こちらはリトル・インディア近くの昇菘超市となります。






Systematic Laundromat

950_web


ショッピングモールのPoMoの地下1階にお店が在りる洗濯屋さん、洗濯物の重さで金額が決まります。


Systematic Laundromatの場所はこちら





香港旺角點心

961_web


チャイナタウン・コンプレックス内にある点心のお店、1品2.3SGDと分かり易い価格設定


チャイナタウン・コンプレックスの場所はこちら





Hawker Chan

977_web


世界最安ミシュラン1星のお店の別店舗、チャイナタウン・コンプレックス内にもお店があります。安く食べるならチャイナタウン・コンプレックス内のホーカーで、冷房があり少し高くても良いならこの場所となります。


Hawker Chanの別店舗の場所はこちら





Ion Orchard

1040_web


オーチャードにあるショッピングモール、高級ブランドのお店が軒並み揃ってます。TWGもこの中に入っております。


Ion Orchardの場所はこちら





Lucky Plaza

1041_web


オーチャードにあるショッピングモール、タグを作ってくれるお店もこの中にあります。


ラッキープラザの場所はこちら





Katong Square

1065_web


ホリデイイン・エクスプレス・カトン、インディゴの建物に隣接したモール


カトンスクエアーの場所はこちら





112 Katong Mall

1071_web


カトンのランドマーク的なショッピングモール


112カトン・モールの場所はこちら






ファイブスター

1073_web


チキンライス、中華料理のお店


ファイブスターの場所はこちら





文東記

1074_web


チキンライス・中華料理のレストラン、少し高いですがチキンライスは美味しいです。


文東記の場所はこちら





Wash Geylang Branch

1091_web


シンガポール内で20店舗以上を展開しているコインランドリー


Wonder Wash  Geylang Branchの場所はこちら





Durian

1090_web


果物店ですがドリアンメインで売られてました。Wash Geylang Branchの目の前です。


Durianの場所はこちら





マリン・パレード・フードセンター

1115_web


マリン・パレード・フードセンター内の点心のお店、海皇で点心を食べるのがいつものパターン


マリン・パレード・フードセンターの場所はこちら











Maleka


マコタ・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)

472_web


ホリデイイン・マラッカ近くの私立病院、この病院のバス停から長距離バスが発着します。


マホカト・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)はこちら




ここからホリデイイン マラッカまでは徒歩10分程度


Holiday Inn Maleka

445_web


マラッカ唯一のIHGのホテル


ホリデイイン・マラッカの場所はこちら





マコタ・パレード(Mahkota Parade)

484_web


ホリデイイン・マラッカの北側にあるショッピングモール



マコタ・パレード(Mahkota Parade)の場所はこちら





Brands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamall

523_web


マコタパレードのさらに北側にあるアウトレット


Brands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamallの場所はこちら





ホリデイイン・マラッカ近くのコインランドリー

502_web


目印はVenus Boutique Hotel、この隣となります。


Venus Boutique Hotelの場所はこちら





オランダ広場

507_web


マラッカの観光名所のひとつ


オランダ広場の場所はこちら





プラナカン博物館

506_web


おとなの基礎英語シーズン4、エピソード66で紹介されたプラナカン博物館


プラナカン博物館(Baba And Nyonya Heritage Museum)の場所はこちら





セント・ポール教会

510_web


フランシスコ・ザビエルが日本に来る前に立ち寄った教会


セント・ポール教会、場所はこちら





メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)

514_web


マラッカを360度見渡せるアトラクション


メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)の場所はこちら





和記雞飯

534_web


チキンライスボールを食べることが出来るお店


和記雞飯のお店の場所はこちら





美中園餅舗

570_web


ドライドリアンなどお土産を売っているお店


美中園餅舗はこの辺りです。






メダン・サムデラ(Medan Samudera)

565_web


マラッカのお土産店が集まったモール、メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)の隣になります。


メダン・サムデラ(Medan Samudera)の場所はこちら





Giant Supermarket Mahkota Parade

583_web


マコタ・パレードB1にあるスーパーマーケット


Giant Supermarket Mahkota Paradeの場所はこちら





AEON

610_web


マラッカにあるAEONモール


AEONの場所はこちら





Melaka Sentral

611_web


マラッカのバスターミナル、鉄道が無いマラッカはここが各都市への拠点となるようです。


マラッカのバスターミナル、Melaka Sentralの場所はこちら





Jakarta



Depot 3.6.9. Shanghai Dumpling & Noodle

668_web


ジャカルタにある中華料理のお店


Depot 3.6.9. Shanghai Dumpling & Noodleの場所はこちら





Holiday Inn Jakarta Kemayoran

706_web_2


2017年7月現在、ジャカルタにあるIHGのホテルで一番快適だと思われるホテル


ホリデイイン ケマヨラン(Holiday Inn Jakarta Kemayoran)の場所はこちら





Tucano's Jakarta

724_web_2


渋谷、池袋に店舗を構えるトゥッカーノのジャカルタの店舗、ブラジル料理のお店です。


Tucano's Jakartaの場所はこちら





Patung Arjuna Wijaya

740_web


1987年完成のモニュメント、モナスの近くにあります。


Patung Arjuna Wijayaの場所はこちら





Nelson's
ホリデイイン・ケマヨラン近くの小さなモール






2017年8月22日 (火)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 6日目ジャカルタへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




人生初のLCC搭乗でKLIA2から出国

620_web_2



AirAsiaのラウンジある場所近くまでやって来ました。

626_web_2


制限エリア内もお店が多くKLIAよりも良いのでは?と感じます


今回は高い運賃で買っているためラウンジへのアクセスがあるらしいです。
ということでAirAsiaのラウンジにやって来ました。

637_web


入り口で搭乗券を提示すると、Wi-Fiのパスワードを頂けました。その際、注意事項を説明されたのですが、出発時刻の案内等は無く呼び出すことも無いので各自で行ってくださいね!とのこと...

搭乗開始時刻少し前になったら搭乗ゲートに向かえばよいだけなので、OKと言ってラウンジ内へ
ラウンジ内はかなり空いていて利用している方は10名前後でした。
こちれはテーブル席、その奥にソファー席

627_web



囲われている部屋がありましたが、どうやら喫煙所では無いようです。

628_web


充電エリアかもしれません。


階段があったので上の階に行ってみました。

631_web


赤い絨毯の階段を上った先は...


リラックスルームの様な感じ

629_web


ここで仮眠することも出来るようです。


リラックスルームから飛行機を見ることが出来ます。

630_web


駐機されている機材はAirAsia機だけ、A320のみとなります。


ラウンジという事で食事を頂いてみることに

638_web


ラウンジに入ってすぐ右側にミールと飲み物が用意されています。


用意されていたホットミールはこちらのみ

632_web


ご飯とカレーとナシレマの具材でした。


飲み物のコーナー

634_web



左側はタイガービール、右側はソフトドリンクです。

635_web


ビールなどのお酒は有料の様でドアが開かないように施錠されていました。
こちらを頂きたいときはスタッフに声掛けする必要があるようです。


チキンカレーとサンドイッチ、コーラを頂くことに

636_web


ミールの種類が多くないので必然とカレーを頂くことになりますが、美味しかったです。


AirAsiaは著名人を使ってプロモーションしていますね。

639_web



ボクシング界からはマニー・パッキャオ

640_web


6階級制覇のボクサーで、WBC世界フライ級、IBF世界スーパーバンタム級、WBC世界スーパーフェザー級王、WBC世界ライト級、WBO世界ウェルター級、WBC世界スーパーウェルター級の王座を獲得、その差約18kgとなります。
こんなすごい選手がアジアから出るとは思ってもいませんでした。








これからAirAsiaに搭乗し、豪華な機内食?も控えているのでラウンジでの食事はほどほどに
搭乗時刻も近くなったので搭乗ゲートへと向かうことにしました。

現在手持ちのインドネシアルピアは無し
ラウンジを出たところにTravelexの両替所があり、ルピアなどへの両替キャンペーンが行われていたので、手持ちのリンギットを全て両替することに。、

641_web


114.16MYRが302,000IDRになりました。これレートが良いのか悪いのか分かりません(笑)
マレーシアとインドネシアに詳しい方に聞いてみたところ、おぉ!レート良いね!と言われました。300,000程度の現金があれば空港からホテルまでタクシーで行けるかなぁ?


搭乗ゲートはQ7、Q方面に向かい保安検査を受けます。

642_web


保安検査はこの先のスロープを下ったところにあります。


保安検査を受け搭乗ゲートにやって来ました。

643_web


ここからQZ201便に搭乗しジャカルタへ向かいます。

644_web


搭乗開始時刻が14:15、開始時刻になってもゲートに機材は無く...

645_web


しかも出発案内に遅延の案内は無く...どうなっているんだ?


搭乗ゲート脇には預け入れ荷物が準備されています。

646_web


するとクルー御一行様が搭乗ゲートにやって来ました!あれ?もしかしてクルーがこの時間に来るという事は、クルーは遅延を知っていたのか...遅延するなら言ってくれよぉ~!それならたばこを吸いに行く時間があったのに(涙)


そして搭乗開始時刻から30分ほどして機材がやって来ました!

647_web



これから乗客が降機してから搭乗開始

649_web



機材から預け入れ荷物が降ろされていました。

650_web


A320もB737シリーズと一緒で手積みなんですね...
中型機や大型機はコンテナに荷物を入れ飛行機に搭載となりますが、小型機はそのまま積むことになります。小型機ゆえコンテナが入らないので必然と手積みになるようです。


ジャカルタまで向かう座席は1A

651_web



少し足元が広いらしいです。

652_web


国内を飛んでいるB738の最前列とそれほど変わりない広さかと...
でもこの座席を選ぶために少し高いお金を払っています。


久々にCAさんとのお見合い席っす。

653_web


結局定刻から50分過ぎてのドアクローズ、約1時間の遅延です。
まぁこれなら可愛いもんなんですかね?


ドアクローズしてからウトウトしてしまい、気が付いたときにベルトサインが消えたときでした。するとCAさんが慌ただしく動き出し、カートの準備を始めます。カートを押したCAさんが来てボーディングパス出せって!荷物入れの中にあると返答すると出して!って言われました。なんでパスが必要なんだろうと思ったら、飯を提供した印としてパスにハンコ押すみたいです。

それで提供された食事がこちら、ナシレマです。

656_web



iPhone6 Plusとほぼ同じ大きさ

657_web


ANAのエコ飯しのメイン程度の大きさです。


こちらがナシレマ

658_web


温めてあり少しだけ温かったです。味はと言いますと可もなく不可もなく...それほど美味しいと思う機内食ではありませんでした。まぁ、ANAのエコ機内食もそれほど美味しいと思えないので、遜色ないと思いますが。
ちなみに事前購入すると300円ほどだったと思います。飲み物も事前に1本選べたのでコーラを選択しておきました。ワゴン販売は基本有料だからCAさんが電卓叩いて値段見せていました。レガシーでは見かけない光景、特急列車のワゴン販売の様でとても新鮮でした。



順調に飛行は続き窓の外には東南アジアの島々が見えました。
バンカ島のPANTAI TELUK周辺

659_web



バンカ島Koba周辺

660_web


ベルトサインが出ていからiPhoneで写真撮ってたらCAさんから注意されました。インドネシアの飛行機はベルトサインが出てから電源オフにしないとダメみたいです。英語でそんな様なことを言っていた気もするんですが、なにせ聞き取れない英語でして...


定刻から1時間弱の遅れでジャカルタ空港(CGK)に到着

661_web


1時間ほど遅れましたが無事に到着できたので良かったです。
ここからイミグレを抜け、タクシーに乗って本日のお宿に向かう予定です。




2017年8月21日 (月)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 6日目KLIA2へ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




マラッカ最終日、この日はKLIA2に行きそこからジャカルタへと移動します。

525_web_3



朝食はクラブラウンジへ

Img_9204_web


朝食も昨日とさほど変わらない内容



ホットミールの牛肉とクリーム系のパスタからタイ米とチキンに変わっていました。

601_web


これを除けば昨日とほぼ一緒です。
少しでも内容が変わっているだけありがたいっす。
仙台のホリデイインは毎日同じ朝食ですから、そろそろ飽きてきましたわ


朝食を食べ終え9:30初のバスに乗車するためにチェックアウト
チェックアウト後はマラッカ到着時に下車したマコタ・メディカルセンターからKLIA行きのバスに乗車します。

マコタ・メディカルセンターにやって来ました。

602_web



まずはバス番号を確認するため、バス会社のカウンターに行ってナンバーを確認します。

603_web


バス会社のカウンターはバス停近くの入り口を入ったところ、ここのドアから入ってすぐです。

604_web



中に入るとStarmart Expressカウンターが在りました。

605_web


ここで印刷しておいたインボイス見せて、Would you show me my bus numberと言ってバス番号を教えてもらいました。


カウンターの先にはフードコーナー、セブンイレブンもあります。

606_web


出発時間までここで待機しておくのが良いかと、外は暑いですからね...
後から分かったことですが、バス到着近くになるとカウンターの方がバス停に来て、○○域に乗る人~!と言って声を掛けてくれます。
カウンターの方が移動したら一緒に移動していけば間違いないと思いますよ。



バス停はこちら、皆さん長距離バス待ちの方です。

607_web




バス停の道路の向こう側にはマコタ・パレードがあります。

608_web


マコタ・メディカルセンターとマコタパレードの間の道路にバスが停車し、乗客が乗り込みます。


KLIAまで向かうバス、マラッカまで来たバスと同じ車内です。

609_web


またしてもトイレ無しの車両、トイレは乗車前に行っておいた方が良いですね。



バスは数名を乗せKLIAへ...途中にAEONが見えてきました。

610_web



AEONの場所はこちら




かなり大きなAEONでした。
ここでお土産などを物色するのも良さそうですね。
マラッカは路線バスなどがそれほど多くないよで、どうしても移動はタクシーに頼らざる負えないようです。



KLAIへ向かうのかと思っていたバスはこちらに到着

611_web


あれ?ここってもしかしてマラッカのバスターミナル?と思ったらその通り!
マコタ・メディカルセンターが始発で、バスターミナルに寄ってからKLIAに向かうようです。



マラッカのバスターミナル、Melaka Sentralはこちら




ホリデイインに宿泊の場合にここで下車してしまうと、タクシーでの移動が必要になります。









マラッカのバスターミナル、Melaka Sentralを出発してから3時間ほどでKLIA2に到着

612_web


バスに乗車していた方のほとんどがここで下車、私もそれに釣られて下車してしまいましたが私がKLIA2に来たのは初めて、運転手さんにここKLIA2?それともKLIA?と聞くとKLIA2とのこと。
12時少し前の到着となり、搭乗予定のQZ201まで2時間以上あります。



案内に従って出発エリアへ向かうことに

613_web



出発エリアに向かう途中ですが、KLIAと違いお店が沢山あります。

614_web


KLIAの出発エリアは何も無い感じですが、ここはかなりのお店がある感じ、KAI2の方が賑やかなのでは?と思います。
ANA修行の際、空港でお土産等の購入を考えているならKLIA2まで行って物色した方が楽しいし、いろいろ見つかると思います。
ショッピングモールの中に空港があるような感じでした。


出発フロアーに到着

616_web



ここからAirAsiaのチェックイン機器を探すわけですがAirAsiaがハブにしている空港だけあって機械はすぐに見つかりました。
人勢初のLCC搭乗がAirAsiaとなりチェックインに向け手続きです。

617_web


ちなみにオンラインチェックイン済みでチェックイン手続きは不要、預け入れ荷物のタグだけ印字する必要があります。



印字したバッゲージタグを持ってドロップカウンターに並びます。

618_web


ドロップカウンターに並ぶ際、チケット等を見せ並んだのですが、私の順番になってチケット等を見せたらここではないよ!ジャカルタ行はこの裏だよ!と言われ、裏のドロップカウンターに再度並ぶことに...

KLIA2のAirAsia、行き際によってドロップカウンターが異なるようです。
並ぶ際に上記の写真があり行先が書いてあります。
初LCCの洗礼でした(笑)


私の番になり預け入れ荷物は15.1kg

619_web


今回は20kgの預け入れ荷物を事前に購入しておきました。
マレーシアで何も買う予定は無かったのですが、少しだけ購入したりでこの量になっているようです。



キャリーケースを預けたので出国へと向かいます。

620_web


国際線出発口に行き係員にパスポートと航空券を見せてイミグレを抜けます。



KLIA2はHの字を横にしたような形状
そして駐機している航空会社はAirAsiaばかり

621_web



こちらもAirAsia

622_web



こちらもAirAsia

623_web



こちらもAirAsia

624_web


AirAsiaのために造られた空港なのでは?と思うほどAirAsiaしか駐機されていませんでした。



制限エリアの奥までやって来ました。
ゲートPとゲートQの方はこの下のフロアーに降りる必要があります。

625_web


エスカレーターを降りた先にも多くのお店が

626_web


KLIAより新しいだけあって綺麗だし、お店の数も多いように思えます。


今回のジャカルタ行とジャカルタ発はAirAsiaを選びました。
スカイスキャナーを使って運賃を調べたところガルーダで3.5万円、シンガポール航空で5万円ほどとかなりの高値、それならばAirAsiaで買えば1搭乗5,000円ほどで買えることが分かりました。しかし遅延・欠航の多いAirAsia、最安運賃で買って飛ばなかったら最悪!ということで、遅延・欠航の保証がある航空券で購入することにしました。

この運賃は機内食と飲み物が込み、事前選択すれば無料となります。
預け入れ荷物は事前に買う感じで往路を20kg、復路を25kg購入いたしました。しかも高い運賃で買った場合はKLIA2でラウンジアクセスがあるようです。LCCってコスト削減した分で運賃を安くしているからラウンジなんてものは皆無と思っていたら、KLIA2には存在するようです。

AirAsiaの航空券、1便が9,000円弱となり2便で18,000円ほどとなりました。
この金額なら東南アジアを周遊するときなどでAirAsiaを選ぶのも悪くないのでは?と思いました。ただし先にも書きましたが遅延・欠航が付きものらしいですが。


この後はAirAsiaのクラブラウンジへと向かいます。




2017年8月20日 (日)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 5日目マラッカ散策

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




オランダ広場から橋を渡りチャイナタウンへとやって来ました。

529_web



和記雞飯の少し手前辺りです。

530_web_2



この辺りに面白そうな食べ物を発見!

531_web


横にあったPOPを読むと毎日正午から売り始めるようです。


その名が古城咖喱面包鶏

532_web


チキンカレー包という事は理解できましたが面(麺)が何を意味しているのだろうか...
麺の材料をガワにしているとでもいうのだろうか?次回買ってみたいと思います。
って次回マラッカにいつ行くのだろうか...
やはり気になったものはその場で試してみないとダメですね...反省



更にぶらり歩いていると面白いお店を発見

556_web


丸椅子を売ってるお店なんですが...


丸椅子に色々な絵が描かれているんです。

557_web


値段はまちまちで、高さの低い物が1脚35MYR、約950円ほど
少し高さのあるものが1脚68MYR、1,900円ほど


こちらは高さの低い物で40MYR、描かれている絵が違うようです。

558_web


これ買ってもどうやって日本に持ち帰る?と思いました。
でも洒落で買って帰ったなら面白いかも?



その近くに公園らしき場所があったので入ってみると...マラッカで有名な像がありました。

559_web


詳しく調べてないので誰の像なのか分かりませんが、ボディービルの選手なのかなぁ?



公園の場所はこちらです。





ぶらぶら歩いていると少し気になるものを発見!

570_web


ドリアンの山猫王のドライフルーツです!
しかも1個24MYR、日本円で650円ほど!!
3個買うと70MYRになるというオマケつき!!!


571_web


これは美味しいのだろうか?
試に3個買って1個をドリアン好きなあの方と試食しなければ!
ということで3個お買い上げとなりました。


ここのお店でLOT100のマンゴーを見ていた日本人の方がいたので、それ美味しいですよ!昨年KLで買って帰ってばら撒いたら好評でした!ただお土産店という事で少し高いかも、スーパーで買って方が安いかもですとお伝えしておきました。シンガポールも日本人の方が多いですが、マラッカも日本人の方が多いようです。


ドライドリアンを売っていたお店、美中園餅舗はこの辺りです。





チャイナタウン散策を終え、オランダ広場を抜けMuseum of Royal Malaysian Customs Departmentへ

569_web


Museum of Royal Malaysian Customs Departmentを訳すとマレーシア王国税関局とでもなるのでしょうか?



ふと横道に入る場所に露店が...

560_web_2


ココナッツを売ってました。
そういえばココナッツを食べたのは初めてシンガポールに行って以来、ココナッツ食べてないなぁ~
どうせなら1個頂いてみると思い寄ってみると、白い大きな物があるでは!


この白い大きなもの、名をスノーボール(雪玉)と言います。

561_web



これがそのスノーボール(雪玉)

563_web


何のことは無い、ココナッツの周りの皮を剥いてくれ中身だけにしてくれているんです。通常のココナッツをそのまま食べると、最後にスプーンで内側を剥がして頂くわけですが、これはその必要がありません。全部食べられます。最初はストロー差して中のココナッツジュースを頂き、飲み終わってから白い部分を食べるという物です。

店員のオニーサン、慣れた手つきでココナッツを剥いて、ストロー差してくれてとあっという間
いくら?と聞いたら5MYRだって!日本円で140円ほどです!
これだけ手間かけてるのに5MYRって安い!
ココナッツは特段美味しいとは思いませんが、一度食べてみてください。



次にやって来たのがメダン・サムデラ(Medan Samudera)

564_web



大型バスでやってくるお土産のマーケットの様な場所

565_web


この中をプラット覗きましたが別段欲しい物は無く...
中でトイレに行こうと思ったら、トイレ前にいるオジサンに止められ有料だよ!って...0.5MYRか0.2MYRを取られました。いくらか分からなかったので手持ちの小銭を全てだし、手のひらに広げたらオジサンが取ってくれました(笑)


お土産屋の道路の反対側(川側)には海洋博物館があります。

566_web


マラッカ王国があっただけに、この辺りは博物館がかなり多いです。



すると爆音で音楽を掛けながら走るトライショーが...

567_web


トライショーは三輪ガイドタクシーの様な乗り物、かなり派手なものが多く、オッサン1人では乗れる勇気はなく...このトライショーは黄色でしたが、ピン系のトライショーが多かったかな。女性の方、ぜひ乗って観光してみてください。



また4時間ほどの散歩からホテルに戻りクラブラウンジへ

572_web



冷たい物で癒されに来ました。

573_web










カクテルタイムまでは少し時間がり、再びマコタ・パレードへ行く事に




ここにスーパーマーケットのGiantがあるらしく、お土産等を物色することに



マコタ・パレードのどこにあるか分からないので、とりあえずモール内を物色!
するとVWのTシャツなどが目に留まりました。

576_web



何でこんなの売ってるんだ?と思ったら、VWのオフィシャルショップではありませんか!

578_web


おい!マジカヨォ!!!と思いいろいろ物色開始、するとセール中で多くの物に赤札が張られてました。これは買うしかない!と思い在庫のサイズ等を店員のオニーさんに聞くと、TシャツはXLサイズまで、ポロシャツはXXLサイズまでありますと


それならポロシャツを物色すればよいのね!と思い店内の物色開始

577_web


VネックのシンプルなTシャツがあったので、友人にLINEで電話!
1枚買っていこうと思うんだけどどれが良いって、3枚写送ってサイズ確認

580_web


赤、紺、黒のどれが良い?残念ながら黄色はないで!と聞くと、その中なら赤やなぁ~
サイズはLで良いの?と聞くと、Lはデカすぎると思うMやなぁ~!と
ということで赤のMサイズを友人分でお買い上げとなりました。


更に自分の分で安くて気に入るは...いろいろ見ていると店員のオニーサンが、まだですかぁ~と言うような感じ...(笑)

579_web


後から分かったことですが、オニーサン食事休憩に行く少し前だったらしいです。お会計の時に他の店員さんが対応したので彼は?と聞くと、いま食事休憩に行ったよぉ~ですって(笑)だから半べそかいたような感じだったのかぁ~(笑)


自分用にはこの3枚を購入いたしました。

595_web


高いのは200MYR弱、安いのは50MYR程度、4枚の合計が461.55MYR、27,000円ほどとなりました。また余計な買い物をしてしまった...(涙)
単純に4で割ると1枚6,750円、決して安い買い物ではなかった(笑)



VWのポロシャツ等を買ったので本来の目的であるスーパーへ

583_web


スーパーはモール内の地下にありました。
地下の店舗は一部にしか無く、他は駐車場となっているようです。
KLの様に大きなGiantではなく、こじんまりとしたGiantでした。お土産用になるものは少なく、店舗端にあるチョコレート売り場にお土産にできるかな?程度の物しかありません。LOT100のグミもマンゴー味だけが売り切れていたりと...


購入したのがこちら、ドリアンチョコレート

596_web


両端のチョコレートはドライのドリアンが入っているようですが、チョコレート自体が美味しくなく...中央のチョコレートはチョコレート自体は美味しいですが、ドリアンの味は強くないのでイマイチテロ土産には向かないかな...


テタリを2袋購入、1袋15MYR程度だと思いました。日本円で400円ちょいかな

597_web



マンゴープリンがあったので購入、どちらも4MYRと激安!

598_web


左は30個入り、右は12個入り、絶対に12個の方が美味しいよね!と思うでしょうか、どちらもイマイチでした。濃厚なマンゴーの味がするプリンではなく、駄菓子屋で食べる様な味のマンゴープリン、それでも1袋100円ちょいですからかなり安いと思いますが。


買い物を終え部屋に買った物を置いてからクラブラウンジへ、少しだけカクテルタイムを楽しもうと思います。昨日の反省を生かし今日は絶対に夕食を外に食べに行く!と思いこれだけです。

574_web


クラブラウンジ内は30人ほどのグループがコンペの表彰式らしきことを行っていました。
そのせいでラウンジ内はそこそこの混雑、座る席が無いわけではありませんが、良い席はありませんでした。

カクテルタイムのミール、昨日とホットミールが若干変わった程度でした。
今回は炒飯に手を出すのはやめよう!と思っていた訳ですが、もう少しでカクテルタイムが終了と言う時間にもかかわらず、炒飯に手を付けている形跡がありません!
白人の人は米食べないのかなぁ...と思い、仕方ねぇなぁ~!


575_web


炒飯とスイーツを少し頂いてしまいました(笑)
誰も手を付けないのは、作る側からしたら寂しいですよね...
日中にあまり食べていなかったので、この後飯行っても大丈夫です。



さて、夕食は昨日気になったお店、その名もザ・チキン・ライス・ショップへ

485_web


そうです!先ほどまでマコタ・パレードで買い物をしていましたが、再びやって来ました。

こちらがお店のHP
http://www.thechickenriceshop.com/

マレーシア内にかなりの店舗があるらしく、KLだけでも20店舗ほどあるらしいです。



さぁ!いざ、ザ・チキン・ライス・ショップへ

585_web


店内は日本のファミレスの様な感じ、ハラルの様でイスラム系の女性スタッフが多く、お客様でもイスラムの女性が多かったです。


私が注文したのはシンプルにチキンヌードルとチキンライスのライスのみ

586_web


ラウンジで食べてきたばかりだから、2品は遠慮しときました。まぁ食べられないこともありませんが(笑)このお店、セットメニューなどもあり、2人前セット、4人前セットなどもあります。パーティーセットの様な物もあり、大人数で来ると安く色々楽しめるようです。


こちらがチキンヌードル12.49MYR

587_web


ゆでた麺が解れてなく、ゆで上げた状態になってました...これ減点の対象ね!



こちらがチキンライスのライスのみ2.79MYR

588_web


ライスの味付けはまーまーでした。



飲み物はテタリ、6.09MYR

589_web


チキンヌードルとライスにはスープが付くようで、スープが2個来ちゃいましたよ!
そこは1個で良かったんだけどなぁ...



3品注文して21.30MYR、これにサービスチャージ5%と消費税6%が取られて合計23.70MYRとなりました。

590_web


日本円にすると650円ほど
日本でこの内容を650円で食べられるか?というと絶対無理ですが、マレーシアだと安くはない感じでしょうか。マレーシア内に多くの店舗があるらしいので、また見つけたら入ってみたいと思います。



モール内のメインのエスカレーター下にジェラートのお店があり、こちらでデザートを頂くことに。

584_web


このお店、カップの大きさで値段が決まるのではなく、重量で値段が決まるらしいです。


選んだのはドリアンとココナッツ

591_web


ドリアンは思ったほど臭くなかったです。
これで18.9MYR、500円ほど、1g=1MYRの料金体系の様です。
先ほどの食事が23.70MYRだっただけに、ジェラートはかなり高額の様です。



ジェラートを頂いて次なる場所、コインランドリーに向かいました。

593_web


コインランドリーの場所はマコタ・パレードの西側という事で、ホテルを出るときに洗濯物を持って出ました。


コインラインドリーの場所はこちら




Venus Boutique Hotelの隣がコインランドリーとなります。



それほど量が多くないので小さい洗濯機の6.00MYR、乾燥機で4.00MYRの24分

592_web


合計10.00MYR、270円ほどで洗濯乾燥することが出来ました。
シンガポールこコインランドリーだと1,000円程度は使ってしまうため、マレーシアのコインランドリーは安いですね。次回マレーシアに来たときはコインランドリーを使うようにしますわ。

コインランドリーに乾燥に来た人と少し話す機会があり、この方はバングラディッシュから出稼ぎに来ていて、ホリデイインの先にある中華料理店で働いているとの事
兄貴が日本に出稼ぎに行っているとの事で、日本のどこ?と聞いたら分からないと(笑)
でもバングラディッシュの人がカレー店ではなく中華料理店なのね...

部屋に戻ったのが23時少し手前、明日に備えて寝ることにしました。




<script class="wysiwyg-script"> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});< /script>

2017年8月19日 (土)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 5日目和記雞飯でチキンライスボール

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




4時間ほどマラッカを早朝散歩し朝食を食べにホテルに戻ってきました。

525_web_2


チャイナタウンは観光地名なのか、早朝から営業しているお店はほぼ無し
2つのショッピングモールで営業していたのはマクドナルドだけ...



結局ホテルのクラブラウンジで朝食を頂くことに
こちらはパンのコーナー

546_web



ホットミールの牛肉とクリーム系のパスタ

547_web_2


パスタのソーセージの様に見えるのはパプリカです。


豆とチキンソーセージ

548_web


ホットトマト、マッシュポテト

549_web


ハムとなにか(なんだか忘れてしまいました)

550_web


ワッフルとホットケーキ

551_web


サラダコーナー

552_web


フルーツ、マリネ、チーズ

553_web


カップケーキ、ドーナツ

543_web


スイーツ

544_web


こちらもスイーツ

545_web



ざっくり取って来て、いただきます。

554_web


食後のデザート

555_web


飲み物はラウンジに入った時にスタッフが聞いてくれました。
私はイングリッシュ・ブレックファーストティーを注文、ティーバッグをポットでの提供です。

写真を撮り忘れましたが卵料理はオーダーで作ってくれます。
私はオムレツを注文してみましたが、もしかしたらシェフでなくスタッフが作っているのかなぁ?というレベルのオムレツでした。
テーブルに卵料理のメニューがあるのでオーダーするときは見てください。


クラブラウンジにしては色々置いてあったので良い朝食だと思います。









朝食を食べ終え少ししてからチャイナタウンに再びお出かけ!
チキンライスボールを食べに行くのが目的です。


マラッカ全域かどうかは分かりませんが所々に喫煙所が設けられており、そこ以外は禁煙の様です。

526_web_2



タバコのマークがあるのですぐに分かると思います。

527_web



喫煙場所には灰皿も設置されているのが嬉しい

528_web


そういえばチャイナタウンに向かう橋に禁煙って書いてあった様な...


オランダ広場から橋を渡ってチャイナタウンにやって来ました。

529_web_2



目指すお店は橋を渡ってすぐ近く

530_web



和記雞飯にやって来ました。

533_web



和記雞飯のお店の場所はこちら




チキンライスボールはこのあたりのお店何軒かで食べられるおようです。


朝9時から営業してるようですが私が訪れたのは正午頃、既に満席でした。

534_web



お店の看板には漢字で和記雞飯と書かれており、日本人なら分かるかなぁ

535_web


何人かの方が待っていたので列の最後尾に並んで待っていると、店員さんがオーダーを取っているではありませんか。
メニュー見なくても注文するものはチキンライスボールと決まっているので良いのですが...
店員さんにチキンライスボールと言って注文、すると店員さん(オバチャン)がフライド○○○は?と聞いてくるではありませんか?
○○○が聞き取れず何だろう...と思っているとオバチャンが、あなた日本人?と英語で聞いてきたのではいと返答、するとヤサイイタメと日本語で言ってくれました。
野菜炒めかぁ...まぁ貰っておくか!と思い、I'll take a itと言って頂くことにしました。


こちらでチキンをさばいているようで、オッチャンがひたすら丸鶏を切っていました。

536_web



待つこと10分弱、大テーブルの相席で案内されました。
店内の様子はこちら

537_web



まず初め来たのがにコーラ、Can Drink 2.3MYR

538_web


全部揃うまでコーラに手を付けず我慢!


こちらが全て揃った写真です。

539_web



Chicken 7.5MYR

540_web


Fried vegetables 1.5MYR

542_web


Rice Ball 1.5MYR

541_web


これに消費税が0.77が加算され合計13.5MYR、1MYR=27円で計算すると365円!
ホーカーで食べているのではなく、きちんとしたお店で食べてこの値段!!!
やっぱりマレーシアは物価が安いですね!買い出しに行くならシンガポールよりマレーシアの方が良いのかも。

野菜炒めが意外とおいしく1.5MYRと安い!これはWで注文しても良いかも。
チキンボールも1人前5個が1.5MYR、40円ほどですからWで注文しても良いかも(笑)
しかし何でわざわざご飯を丸めるんだろう...結局ライスボールを割って食べることになるのに...(謎)

あぁ鶏肉は美味しかったです!
このチキンライスボール、また食べたいかと言うと、また食べたいっす!
予想に反して美味しかったのが野菜炒めね!(笑)
もしマラッカに再度来ることがあったらまた食べます♪




2017年8月18日 (金)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 5日目マラッカ早朝散歩

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




クラブラウンジでのカクテルタイムの後、部屋に戻って寝てしまい気づけば午前2時頃...

501_web


このまま部屋でうだうだしていてももったいないので外に出ることに


通った道を行っても楽しくないので、マコタ・パレードに西側に行ってみました。
この辺りは安宿が多いらしく、1泊2,000円~3,000円で宿泊できるようです。
そしてVenus Boutique Hotelの隣にはコインランドリーがあるではないですか!

502_web



洗濯12kgまで6.00MYR、16kgまで7.00MYR、乾燥は6分1MYR

503_web


300円ちょい出せば洗濯と乾燥が出来てしまうという安さです。
これならホテルのクリーニングに出すよりコインランドリーで洗った方が格安に収まりますね。


このコインランドリーの目印はVenus Boutique Hotel





引き続きこの辺りをウロウロしてみました。

505_web


この一画はこんな感じのホテルが多数存在します。
1週間ほどマラッカに滞在するならこんなホテルもアリなのかもしれません。
1泊3,000円として7日で21,000円ですから


この辺りは安いホテルが多く、深夜でも営業しているお店があるようです。

504_web



ゆっくり歩くこと20分ほど、マラッカのオランダ広場にやって来ました。

507_web


深夜という事で誰もおらず...


オランダだからでしょうか、風車もありました。

509_web



オランダ広場の場所はこちら





オランダ広場から橋を越えた辺りがマラッカのチャイナタウン
チャイナタウンの中にヒンズー教寺院があったりでなかなか面白い場所です。
旧市街地の様な感じで道路が狭く、基本車は一方通行です。


こちらは、おとなの基礎英語シーズン4、エピソード66で紹介されたプラナカン博物館

506_web


日本語のガイドブックもあるようななので、行ってみると良いかと。


プラナカン博物館(Baba And Nyonya Heritage Museum)の場所はこちら





チャイナタウンに5時過ぎから営業している美味しい点心のお店があるらしい、しかも私の好きなワゴン式飲茶らしい!
事前情報によると10時頃行くと美味しいというお粥は売り切れているそう、8時に行っても満席ということで開店と同時に行けば良いのでは?と思い開店直後を狙うことに!


榮茂茶室(Low Yong Moh Restaurant)




気合を入れていったにかかわらず火曜日が定休日!休みでした...
ガッカリ、やる気をなくした私は次なる場所を目指してトボトボ歩くことに...
早朝から飲茶する気満々だったのに(涙)









次に目指す場所はセント・ポール教会、場所はこちら





まだ日の出前だったため明るくなるのを待っていると一匹の猫が寄ってきました。

517_web


階段に座っている私にスリスリしてきます。



そして私の前で座り込んでしまいました。

518_web


東南アジアの猫って警戒心が無いのかなぁ?
シンガポールでも猫が寄ってきたことが何度かありました。


マレー半島側のマレーシアの日の出は7時頃、ようやく明るくなってきました。
セントポール教会にあるフランシスコ・ザビエル像

510_web


彼は日本に来る前、この教会に寄ってから日本に向かったそうです。
今はフランシス・ザビエルとなっていますが、私たちの時代はサンフランシスコ・ザビエルと教わりました。
彼は初めて日本にキリスト教を伝えた人と言われていますね。


このセント・ポール教会は1521年に建てられたそうです。

511_web


教会が建てられてから30年弱の頃にフランシス・ザビエルが訪れたことになります。


セント・ポール教会は天井が無く、壁が残っているだけ

512_web


奥の入り口はレンガが落ちないよう、鉄骨で支えられています。


こちらがフランシス・ザビエル像がある側の壁

513_web



この教会は高台にあるので、フランシス・ザビエル像の前からマラッカ海峡を見ることが出来ます。

514_web


煙突みたいに伸びているのがメナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)
円盤型の乗り物に乗り高さ80mほどまで上がり、マラッカを360°展望することが出来るそうです。


飛び出ているビルがホリデイイン マラッカ

515_web



ホリデイイン マラッカの右側には住宅街らしき建物が多く見えました。

516_web



メナラ・タミン・サリ(Menara Taming Sari)の場所はこちら




お腹もすいたのでホテルに戻ることにします。



セント・ポール教会からホテルに戻ります。
戻った順に振り向いて写真を撮っているので、逆順で見ればセント・ポール教会までの行き方になると思います。


セント・ポール教会から階段を下りてきたところ

519_web_2



階段を下り建物の外に出てきました。

520_web



建物はマラッカ・イスラム博物館(Melaka Islamic Museum)

521_web


この辺りは博物館が多いようです。

522_web


マラッカ・イスラム博物館の隣にはMelaka UMNO Museumなどもあります。


こちらが昨日も行ったBrands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamall

523_web



ホリデイイン マラッカの隣にあるマコタ・ホテル・マラッカ(Mahkota Hotel Melaka)

524_web


なんだかこちらの方がお洒落な感じなんですが...


結局、4時間ほど散歩しホテルに戻ってきました。

525_web


これからクラブラウンジで朝食を頂く予定です。




2017年8月17日 (木)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 4日目ホリデイイン マラッカ クラブラウンジ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




シンガポールから長距離バスに乗りマラッカまでやって来ました。
チェックインを済ませ部屋に荷物を置き、クラブラウンジをチェックしに行く事に

474_web



クラブラウンジの場所は3階、プールの横にあります。

473_web


入り口右側にキーカードを差してからクラブラウンジへ



カクテルタイムが始まる前で、ラウンジ内にはスタッフしかおらず
これはチャンスと思い写真を撮らせていただきました。

475_web


思っていたよりは広いクラブラウンジ



フルで100人は入れそうな感じです。

476_web



テーブル席と料理などが提供されるコーナー

479_web


メインが提供されるのは4品程度かと思われます。



ソフトドリンクはいつでも飲めるように準備されています。

480_web



クラブラウンジからの眺望、マラッカ島が見えます。

478_web


マラッカ島人口の島らしく、まだ開発が終わってないみたいです。
住宅の他にホテルやモスクなどがあるようで、ゆくゆくはここが一大観光拠点と取るようですが、まぁ、マレーシアのことですからいつできるか微妙ですが...



クラブラウンジのお隣にはプールがあります。
ホテル滞在してもプールを使うことはほとんどなく...
ただこのプールに入っていると、まるでマラッカ海峡を泳いているかのように思えます。

481_web



マラッカ島が無ければマラッカ海峡が見えるのですが...

482_web



それでも目線を低くするとマラッカ海峡が直に見えるので、なかなか良い感じのプール

483_web


次回訪れることがあるなら、水着持ってきて入ろうかなぁ...と思います。
近くにショッピングモールもあるのでそこで買ったら?と言われそうですが(笑)









カクテルタイム開始まで少し時間があったので、近くのショッピングモールのマコタ・パレード(Mahkota Parade)へ

484_web



場所はホリデイインの北側になります。





マコタパレードのさらに北側にはBrands Outlet Dataran Pahlawan Melaka Megamallがあります。




大きなショッピングモールが2ヶ所もあるので、食や買い物には困ることはなさそうです。



まずはマコタ・パレードの中を物色、2階になかなかの名前のお店を発見

485_web


お昼ご飯食べてないし腹ペコ!チキンライスを食べていく?と思いましたが、もう少ししたらクラブラウンジのカクテルタイムが始まる時間、ここは堪えてカクテルタイム後に再訪問しようと決断したのでありました。



徒歩10分ほどかけホテルに戻るとカクテルタイムが始まる時間、さっそくクラブラウンジへ
フライング気味に訪問したので、誰も料理に手を付けていない状態の写真を撮ることが出来ました。

こちらはサラダコーナー

486_web



メインのテーブル

487_web_2



デザートや1口料理のコーナー

488_web



メインコーナーには炒飯も用意されていました。

489_web


これならお酒を飲まない私でも十分な夕飯になってしまいます。



サンドイッチ

490_web



ピザ

491_web



パイ、鶏肉の揚げ物、ピザ、サンドイッチと頂いてきました。

492_web



一口料理はこの3品でした。

493_web



お初にお目にかかる飲み物、ミリンダです。

494_web


オレンジとストロベリーがあったのでまずはオレンジを、ファンタオレンジみたいな感じの飲み物でした、



さくっと2度目の追加です。

495_web



続いてミリンダのストロベリー

496_web


ラウンジに用意されていたのはこの2種類、他にもメロン、パイナップルなどがあるようです。


ストロベリーはカキ氷のシロップを薄めたような飲み物...正直イマイチだったかな

498_web



食事のシメに炒飯を頂きました。

497_web



食後のデザート

499_web


ブルーチーズはセメダインの味がして美味しくなかった...
その他のデザートなどは美味しかったです。


この後部屋に戻りマッタリモード、寝落ちしてしまい外に食事に行く事は出来ませんでした。




2017年8月16日 (水)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 4日目ホリデイイン マラッカへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。




マレーシアのイミグレ通過後、マラッカに向けひたすら高速を走ります。
車窓はこんな感じの景色しかありません。

439_web



440_web



途中高速道路から見えた一般道

441_web


シンガポールとはかなり様相が異なります。



パーム椰子のプランターなども見えます。

442_web



マラッカまで時間もあるので、StarHubのSIMをポケットWi-Fiでテストしてみることに

443_web


E5573はローミングをONにするだけで接続が完了、利用できることが分かりました。



問題はこちらのE5786

444_web


電波は掴むもののポケットWi-Fiとスマホ間が接続と切断を繰り返す状態
シンガポールでは問題なく接続できていたのにマレーシアでローミングが出来ませんでした。


バスは高速道路のサービスエリアでトイレ休憩をはさみ、15時頃にマラッカ入り
市内に少し渋滞があり、私が下りるバス停に到着したのは15:30ころ
マコタ・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)に到着

472_web


マラッカのバスターミナルに寄ってから、マコタ・メディカルセンターに行くのかと思っていたら逆で、マコタ・メディカルセンターに寄ってからバスターミナルに行くそうです。


マコタ・メディカルセンター(Mahkota Medical Centre)はこちら




ここからホリデイイン マラッカまでは徒歩10分程度



ホリデイイン マラッカに到着です。

445_web


インターコンチネンタル シンガポールを出てからおおよそ6時間で到着、バス出発時刻からすると5時間程度かかっての到着となりました。
気になるバス代は26.65SGD、2,200円ほど、出発時間によってはもっと安い価格設定があるらしく、安く移動したいなら夕方以降の出発が良いみたいです。

目的地がホリデイイン マラッカになっているバス会社もあるよで、これらのバスに乗ればホテルで下車できるようですよ。
ただし本数が少ないらしく、シンガポール出発時間も早いことから、私は今回見送りました。








バス停から歩いて10分ほどでホリデイイン マラッカに到着

446_web



開放感のフロントロビー

447_web



2Fに朝食会場となるレストラン、1Fに待合の席などが置かれてます。

448_web



チェックイン手続きを済ませ15階の部屋へ

451_web


予約通りの海側キングベッドの部屋です。
アップグレードがあったならジュニアスイートになっていたはずですが...残念


453_web


マレーシアに来るとシンガポールより部屋が広くなったような気がします。
これで事前支払の最安で8,000円弱、クラブアクセスもあります。


キングベッド

456_web



窓側からの室内

455_web


これでクラブアクセスが付いて8,000円なら良いと思います。



続いて水回りへ

457_web



アメニティーはシンガポールのホリデイインと一緒でした。

459_web



バスタブは無し、シャワーだけでした...

461_web


バスタブ使うの?と言われれば使いませんが、バスタブが無いと少しガッカリします。



ミニバーコーナー

462_web



無料のお茶、コーヒーなど

463_web



冷蔵庫の中はカラでした。

464_web


カラの方が好きなものを入れられて便利だと思うのですが。



クローゼットの中にはガウン、アイロン台

465_web



反対側にはセーフティーボックスも用意されてます。

466_web


セーフティーボックスの下側が下駄箱に

468_web


部屋からの景色はマラッカ海峡が見渡せます。

471_web



マラッカ海峡は太平洋とインド洋を結ぶ海上交通の要衝、対岸のスマトラ島へはおおよそ60km、平均水深は約25メートルと浅く大型船舶が航行できる幅が数キロメートルの場所などもあるようです。
日本に運ばれてくる多くの原油などがここを通ってくるのでしょう。

雲の無い夜なら満天の星空が見えるらしいですが、この日はあいにくの曇り
冬に来た方が綺麗に見えるのかなぁ...と思ったら、この国は夏しかないんですよね(笑)
これ、景色が良かったら対岸のインドネシアを見ることが出来るのでしょうか?




2017年8月15日 (火)

ANA SFC修行2017 東南アジア周遊 4日目マラッカへ

ANA日本発シンガポール往復のアップグレード対象プレエコ特別運賃が販売中で
自分のスケジュールの空いている日がアップグレード空席ありということで急遽購入
IHGのポイントが沢山あることから全て無料宿泊にシンガポール10泊も悪くないか?と思いましたが
どうせならシンガポールの他にも行ってみたいと思いマラッカとジャカルタに行くことに。



2017/07/14 NH0801 B77W JA782A NRT-SIN 18:05-00:15 Y 5,368PP 55,210JPY
2017/07/24 NH0842 B789 JA883A SIN-HND 11:00-19:10 Y 5,368PP 55,320JPY



シンガポール往復は6月初旬にチケット購入、購入後すぐにビジネスクラスにポイントでアップグレード
たまたま知り合いの方がジャカルタに滞在しているのでジャカルタに行くことに
シンガポールの間にマラッカとジャカルタを訪問する日程にしてみました。
KUL→CGK、CGK→SINの航空券をガルーダで購入しようと思いましたが最安でも3.5万円ほど
シンガポール航空にいたっては5万円を超えてしまう価格からAirAsiaを選びました。
高い運賃で預け入れ荷物もあり、座席指定できて片道9,000円ほどの価格でした。
日本→シンガポール→マラッカ→ジャカルタ→シンガポール→日本と周遊です。



さてどんな旅になったでしょうか。



修行旅程4日目はインターコンチネンタル シンガポールのクラブラウンジでの朝食からスタート
朝食はブッフェスタイルからオーダースタイルに変更になっています。

406_web


407_web


サラダ、フルーツなどはブッフェスタイルですが、メインの料理はオーダー制
オーダー個数に制限はないので、何品でも頂くことが出来ます。



朝食の定番になりつつあるエッグベネディクト

408_web


ハムとサーモンから選べます。


毎度のオムレツとベーコン

409_web


オムレツの中はチーズとオニオン
ラウンジスタッフが焼くのではなく、シェフが焼いてくれるので美味しいです。


以前ダメだししたJapaese Bentoを注文してみました。

411_web


ご飯はパサパサで少し芯がある感じ、豆腐には甘い醤油が掛けられています。
サラダではなく葉っぱがドレッシング無しで入っているだけ
メインは小さなコロッケが3個
改善されたのはキュウリのしば漬けの量が減ったことだけかな...


味噌汁は具無し

412_web


しかもこれ出汁取ってないです!味噌をお湯に溶いただけ!
全く変わっておらず酷い日本の弁当、これは日本食を愚弄していますね。
注文した以上は責任を持って食べますが、この酷さは報告レベル!


後日談になりますが、帰国後スタッフから日本語で滞在のお礼のメールが届きました。
その前にアンケートに答えていたので、この評価のお礼もかねてのメールでした。
このメールにクラブラウンジのJapaese Bentoが酷い事を返信しました。
後日、改善するという内容のメールが届いたので、次回滞在で改善されたか確認してみます。


食後クラブラウンジでチェックアウト手続き
東南アジアを回ってここに戻ってくる予定、持って行きたくない荷物は預かってもらいました。
また次回の宿泊もポイント宿泊のため基本クラブラウンジアクセスは無し、次回もクラブラウンジを利用できることを確認しチェックアウトとなりました。



2泊でお世話になったインターコンチネンタル シンガポール

413_web


2泊って短いですね...次の滞在は4泊程度したいです。


次に向かうはマレーシアのマラッカ、まずはGolden Mile Towerまでバスで向かいます。
昨日下見しておいたので行き方は迷うことなく、時間も余裕があるのでダラダラ移動です。

414_web


初乗り料金の0.77SGDで移動できました。
貰ったカード残高が1.39SGD、次回乗車するときはエラーになるかも



到着したのがGolden Mile TowerのStarmart ExpressのOffice

415_web


ここでバスナンバーの確認です。
Office内はそれほど混んでいなく、空いていた年配の男性にバス番号を確認
するとこの男性、私のインボイスを見てから「日本の方ですか?」と日本語で!
カタコトの日本語ではなく日本に住んでいる外国人が話せる程度の日本語
シンガポールで日本語を学ばれたのですか?と聞くと、私は中国人ですが以前日本に5年ほど住んでいたとのこと、日本どちらにお住まいですか?と聞かれたので東京ですと返答すると、私は森下に5年ほど住んでおりましたとでした。
こんな会話をしていると隣に座っていたインド系の女性スタッフが驚き顔!年配の男性になんであなた日本語が話せるの?と驚き顔で尋ねていました。

チケットカウンターなどは若い女性スタッフが多く、年配の男性がいると大丈夫か?
できるオネーサンに指導されながら年配の男性があたふたしながら手続きする光景が思い浮かびます。
まさか日本語が出来るとは、しかもカタコトの考えながらの日本語ではなく、ある程度日本語を理解している外国人の日本語でとても助かりました。

1本早いバスに変更する事も出来ますがと男性スタッフから提案を頂きました。
急いでいる旅ではないので予約通りのバスで良いむねを伝えると、予約のバスの出発時間まで時間がありますから、荷物はここに置いておいてよいですとのこと
出発15分前に再度来ていただければバス番号が分かっているとの事でした。


Officeに荷物を預かってもらい買い物へ買ってきたのがこちら、シンガポールのたばこです。

416_web


マルボロ1個13SGD、日本円にすると1,050円ほどですかね...相変わらずシンガポールはたばこが高いっす(涙)
シンガポールに再入国時、シンガポール以外のたばこを持っていると厄介なことになりかねないので事前に購入しておきました、次回のイミグレ対策と言うやつです。

手持ちのマレーシア・リンギットの手持ちが殆ど無いので、100SGDほどをリンギットに両替
マラッカで買い物するつもりもなく、100SGD程度あれば食事代には困らないだろうと思える額です。



乗車するバス番号が分かり、荷物を受け取ってバスへ

417_web


Officeを出るときに年配の男性から日本語で「気を付けて行ってらっしゃい」とお声掛け頂きました。


こちらがマラッカまで向かうバス、ナンバーはAGR2112、この番号を覚えておく必要があります。

418_web


Offceでチケットにバス番号を書いてくれますが、スマホかデジカメをお持ちの方は写真を撮っておくとよいと思います。
イミグレを抜けた後、自分でバスを探す必要があります。


車内は1-2のシート配列

419_web



シートは割とゆったり目、飛行機のエコノミーに比べるとかなり良いです。

421_web


凄く綺麗なバス!とまではいきませんが、問題ないレベルだと思います。
このバス、車内にトイレがありません。
途中でトイレ休憩がありますが、出発前にトイレに行っておいた方が良いかと。









バスはGolden Mile Towerを出発しベイフロント方面へ

424_web


途中、シンガポールフライヤーが見えました。



するとガーデンズ・バイ・ザ・ベイが見えてきました。

425_web


えぇ?何度この方面に走るの?
ジョホールバルに向かうのではないの?と内心不安に...



バスは一路西方面に向かい高速を下車

426_web



詳しい場所は忘れてしまいましたが、南洋理工大学近くのショッピングモール近くです。

427_web


ここで数名の方が乗車してから出発、ここからジョホールバルに向かうのかと思ったら、もう1本ある橋のイミグレに向かっていました。




マレーシア行きの長距離バスはジョホールバルを通らず、シンガポール西側のTuas Checkpointを通ってマレーシアに入国するようです。
イミグレに到着し外国人の列に並んでいると、前に並んでいる方が日本人の方でした。
どちらまで行くのですか?と聞いてみるとクアラルンプールまで行くそうで、飛行機にされなかったのですか?と聞いたところ、飛行機は高いので節約のためバス移動にしたそうです。
ただ時間かかるんですよね~と苦笑いしておりました。

Tuas Checkpointのイミグレ、平日のお昼前という事もあり、全く混雑していませんでした。
イミグレで待った時間は10分ほど、意外とすんなり通過できました。
これだけすんなり通過できるなら、他のバスを選んでも良かったかな...と思います。
ちなみにシンガポールの出国は荷物を持たず出国手続きへ
キャリーケースなどはバスに積んだままでOK、貴重品等の手荷物だけ持ってイミグレに向かいます。



シンガポールを出国しマレーシア側へと向かいます、こちらはシンガポール入国待ちのトラック

428_web




こちらは橋の上からシンガポール方面を撮影

429_web



橋の上からマレーシア側を撮影

430_web



橋を渡ってすぐにマレーシア側のイミグレではなく、少ししてからマレーシア側のイミグレに到着




マレーシア側のイミグレ、混雑はしていませんが担当官の配置が少し変で、私の並んだ列は3人、隣の列は6人に増え同じバスに乗っていた韓国人高校生らしき団体に抜かれてしまいました。
その後私が並んだ列の担当官が5人に増え、それからはスムーズに流れました。
ここのイミグレ、左右に並ぶ列があるので空いている方に並んだ方が良いです。
平日の空いているときだったのかイミグレ、税関を15分程度で通過できました。

マレーシア側は全ての荷物を持って入国手続きに向かいます。
イミグレ通過後すぐに税関検査となり、手荷物全てをX線に通す必要があります。
税関では特に止められることも無く、荷物をX線に通すだけでした。


こちらがイミグレと税関の建物

433_web



自分が乗ってきたバスを探す必要があります。

434_web



同じバス会社の車両がいくつかあったのでナンバーで確認

435_web



自分が乗車するバスが見つかったので、出発まで一服

436_web



偶然にもバス近くに灰皿があったのでこちらで一服です。

437_web



バスに乗車し出発を待ちます。

438_web


12時を少し回った頃、マラッカに向け出発となりました。




2017年1月14日 (土)

ANA SFC修行2016 ダイヤ更新手続き修行 帰国の羽田空港へ

2016年11月初旬にクアラルンプールを往復したBtoBの後半修行です。
この修行で日本に帰ってくると10万PPを超え、2017年度のダイヤが確定となります。
往路はKL発券のエコノミーアップグレード対処運賃をビジネスクラスにアップグレード
復路は日本発券のエコ最安運賃、予約クラスSをダイヤ2倍ポイント利用でビジネスクラスにアップグレード
往復ともにビジネスクラスへの搭乗となりました。


2016/12/18 NH 0885 B788 JA829A HND-KUL 00:05-06:45 C 3,504PP 38,325JPY
2016/12/19 NH 0886 B788 JA808A KUL-HND 14:15-22:05 C 2,503PP 28,400JPY


宿泊先はインターコンチネンタルに修行僧救済プランで1泊
初めてクアラルンプール滞在となりました。


どんな旅になったでしょうか




ホテルからブルータクシーに乗車し、1時間ほどでKLIAに到着

Dscn4916_web



ANAのチャックインカウンターのあるFゾーンへ



そして預け入れ荷物の別袋を計量機に、19.3kgでした。

Dscn5511_web


荷物を計量機の乗せ、パスポート出してチェックイン手続きすると、Yのチケットを発券しておりまして...
2倍アップグレードポイントでビジネスクラスへのアップグレードをリクエストしてあるのですが...
するとスタッフが画面を確認し、他のスタッフを呼んで2倍の手続きを開始しておりました。


別袋をレーンに流すため、スタッフがプラスチックのケースに入れようとしましたが、重くて持ち上がらない様子

以下スタッフとのやり取りです。
ス:中に何が入っているの?
ミ:香米!
ス:なぜお米なんだ?
ミ:日本で香米を買うとマレーシアの4倍以上の価格になるから
ス:日本でレストランでも経営してるのか?
ミ:チキンライスが好きで自宅で作るから
ス:フレグランスとバスマティ、どっちを買ったの?
ミ:主にフレグランス、1つだけバスマティ
ス:ナシレマ作るならスプーン1杯のココナッツ入れて作ると良いよ!
ミ:アドバイスありがとう、ところでフレグランスとバスマティって何が違うの
ス:長さが違うよね!バスマティの方が長いよ
ミ:他にもたくさん買ったよ!(キャリーケース開けて中身見せる)


座席は2Kにして欲しいと伝えると、1Kでご用意できますよ!と
2Kがが良いんだけど!と強調すると、1Kは隣に人がいますよ、1Kを案内できますと!
いやいや、2Hに友達が友人だから、2Kにしたいんだけど!と伝えると、そういうことね!と2Kで発券してくれました。

もう2倍アップグレードポイント利用は行わない!と決めていましたが、
現状2017年3月31日までに国際線登場の予定が無く、アップグレードポイントが20も余ってしまう。
20ポイントをスカイコインに交換しても20,000円にしかならない、それなら2倍でビジネスクラスに搭乗した方がお得?と思い、事前に2倍申請しておきました。


チェックインカウンターでスタッフと楽しく話していたので、肝心なことを聞き忘れ!
イミグレの前に来て、GSTリファウンドのことを思い出しました。
再度チェックインカウンターでGSTリファウンドの場所を聞くと、イミグレを抜けた右側にあるとの事
イミグレを抜けGSTリファウンドの手続きに行くと、ここではなくサテライト側で手続きしてくれ!と案内の紙を渡されました。


サテライト側に到着し、GSTリファウンドのカウンターを探すと、Informationの裏手方向にありました。

Dscn5512_web



ここでお店から頂いた申請書、現品、搭乗券、パスポートを提出しリファウンドの申請
次にC1(確かC1だったかと)搭乗口手前の窓口で返金手続きを行います。

KLIAのGSTリファウンド、チャンギ空港の様に案内が少ないので、少し不親切に思えます。
現品を機内持ち込みできない場合は、チェックイン前に手続きをする必要があるらしいです。
返金手続のカウンター、少し混雑する可能背があります。
GSTリファウンド申請する方は、少し早めに空港に行く事をおススメいたします。



話は昨日に戻り、NU Centralでドリアンコーヒーを買ってツイートすると

Img_7251_web


私もそれ買いましたよ~!と返信いただきました。
メッセージで連絡を取ると、翌日のNH886便で帰国とのこと
座席が2Hだったので、私が隣の2Kにお邪魔することになりました。


リファウンド手続き後、頼まれ物の免税品購入

Img_7226_web


ラルフロイグのアンカンモアを買っていくことになりました。



免税品も一通りかったので、Iさんとの待ち合わせのPlaza Premium Loungeへ
お初の方だったので、私が探しても分からずで...

Img_7263_web



この写真送って来ていただきました。
空港に12:00頃到着し、GSTリファウンドの手続き、免税品購入などしていると意外と時間がなくなるもので、ラウンジに到着したのが搭乗開始30分前ほどでした。



修行僧同士の話は尽きませんが、そろそろ搭乗開始時刻となりゲートへ向かうことに

Dscn5513_web


NH886便はC2がーとからの出発となります。


羽田空港までお世話になるNH886便、B788 JA808Aです。

Dscn5514_web



ANAのクアラルンプール路線、クアラルンプールで成田便と羽田便の機材がスイッチします。
成田発の機材は羽田へ、羽田発はの機材は成田へとなります。









搭乗ゲートでの保安検査を抜けると、既に優先搭乗が開始されていました。

Dscn5518_web



搭乗ゲート待合室で待つことなく機内へ

NH885便に乗務したクルーは、翌日のNH886便に乗務し帰国となります。
クアラルンプールに1泊して帰国となるそうです。
今回の私の修行日程、NH885便に搭乗し1泊の後にNH886便で帰国、クルーと全く一緒のスケジュール
このことをチケット購入時に知りませんでしたが、前回のクアラルンプール日帰り修行の往路、エコノミーパーサーにスケジュールを聞いたところ、翌日帰国との事でした。


機内へと向かうと入り口に立っているパーサーさんから、ご搭乗ありがとうございますではなく、お帰りなさいませと言われたような...
2Kの座席に向かうと、往路で担当だったOさんから、またご一緒させていただきますとご挨拶されてしまった。
通常ならミー太郎様でしょうか?ご搭乗ありがとうございます。担当させていただきますOと申しますとご挨拶があるのですが...
これも昨日同じ方が担当するということで、かなり珍しいご挨拶となりました(笑)
L側担当のCAさんも昨日と同じ方、私の顔を見て少し驚いた様子でした(笑)


NH886便は日中便となるため、フルサービスのビジネスクラスとなります。
深夜便などの簡易サービス便は4名のクルー、フルサービス便は5名のクルーとなるため、NH886便は1名のクルーが成田便からスイッチしてきます。
4名のクルーは往復共に一緒、1名だけ見たことないCAさんがおられたので、成田便からですか?と確認すると、少し驚かれた様子でした。
成田便から羽田便に搭乗する方、クアラルンプール滞在が短いと聞いていたのですが、この方は他のクルーより1日長く滞在できたとの事でした。
そう考えるとクアラルンプール滞在が一番短いのは修行僧なのかと(笑)


NH886便は20分ほど遅れてプッシュバック開始

Dscn5519_web


かなり雲行きが怪しくなっておりました...
NH886便、羽田到着が22:05、私のリムジン最終が22:40とかなり時間がありません。
国内線なら40分程度あれば間に合いますが、国際線となるとイミグレ、預け入れ荷物受取、税関が必要になり、今回もお米を持ち帰るので、検疫での届け出が必要、かなりギリギリとなります。



海外の空港だと日本ではあまりお目にかかれない航空会社の飛行機が見れますね

Dscn5520_web



スリランカ航空のA330、レジは4R-ALD

Dscn5521_web



こちらはETIHADのA330、レジはA6-EYNでした。

Dscn5522_web



写真に撮り忘れましたが、この写真の左側に真っ白なB747が2機駐機していました。

Dscn5523_web



以前、駐機料金で問題になった機体だと思いますが、まだ引き取られていないようです。



離陸後の空港周辺

Dscn5524_web



眼下にプトラジャ・インターナショナル・コンベンションセンターが見えました。

Dscn5526_web



地図でいうとこの辺りです。





機械があればこの辺りにも寄ってみたいですね。



NH886便はサービスを受ける時間が長いので、食後の作業を前倒し

Dscn5527_web



ローミングしていたM1のSIMを抜いて、日本のSIMに入れ替えです。



お酒は飲まない人なので、飲み物はいつものペリエ

Dscn5530_web



アミューズはタイ風ヌードルサラダに海老のソテーを添えて、チーズ風味のグリッシー、ニ
チキンと野菜のトルティーヤ

Dscn5532_web



私は和食を選択、こちらが前菜、小鉢、炊き合わせ

Dscn5535_web


小鉢の蛸と若布の梅肉土佐酢掛け

Dscn5539_web



炊き合わせは茄子オランダ海老そぼろ餡掛け

Dscn5540_web



前菜のスモークサーモンチーズ手毬、鶏塩焼き、ひじき煮、出汁巻き玉子

Dscn5543_web




こちらが主菜

Dscn5548_web



前回のKUL→HNDのNH884便で、ご飯大盛りでお願いしたら、ご飯が2個だったので、今回は事前にご飯2個でお願いしておきました。



主菜の白身魚と帆立貝の揚げ出し 牡蠣ソース餡掛け

Dscn5550_web


今回は2倍アップグレードポイント利用を利用してのアップグレード、片道28,400円の運賃でマイルの犠牲も払わずこれだけの機内食が頂けるのは嬉しいです。



お隣のIさんが洋食をオーダーしていたので、写真だけ取っていただきました。
こちらはアペタイザー、鴨のテリーヌ オニオンチャツネ添え

Dscn5533_web



洋食のメインは2品からの選択式
チキンのソテー バジルソース ポレンタ添え
サーモンのソテー 赤ワインソース サフランリゾット添え

Iさんがオーダーしたのはチキンのソテー バジルソース ポレンタ添え

Dscn5544_web


Iさんが和食を注文していたら、私は洋食を注文しようと思っていました。
お互い違うものを注文すれば、写真が2倍美味しいですから♪



食後のデザートタイム、デザートは4種類から好きなものを選べます。
ラズベリームース、チョコレートとヘーゼルナッツのムースケーキ、チーズ、フルーツ

全て写真に収めたかったので、全種類お願いしました。

Dscn5554_web



チーズはカマンベール、ブルーチーズ、ドライフルーツなど

Dscn5555_web



チョコレートとヘーゼルナッツのムースケーキ

Dscn5556_web



ラズベリームース

Dscn5557_web



機内ではIさんとマイル修行、ホテル修行の話しで盛り上がりました。
IさんもANAマイル修行をされているそうで、ダイヤ5年目の修行僧、2016年は修行でANAダブルダイヤ獲得というとてつもない方でした!
修行でANAダブルダイヤは凄いですね!私は1年目に15万ダイヤを行いましたが、ダブルダイヤは無理だと思いました。

そしてIさんはウェスティンに2泊していたそうで、もう少し早く知っていれば、私がブキ・ピタンを彷徨っていただきにお会いできたかもしれなかったです...残念



修行僧同士の話は尽きることがありませんが、そろそろ羽田が近づいてきました。

Dscn5562_web



出発が少し遅れましたが、定時に到着しそうです。

Dscn5566_web



これなら最終バスに間に合うかな...


NH886便のビジネスクラスかなり空いていて、なんと1列目がすべて空席でした!

Dscn5569_web


修行僧に大人気の1Aも空いております!
1列目、下からモニターが出てくるタイプなので、私はあまり好きではないんですよね...
空席が目立つも6割程度の搭乗率はあったと思います。


ベルトサインが出る前、CAさんからメッセージカードを頂きました。
羽田に到着すると私は100,000PP超えで、2017年のダイヤが確定するお祝いを頂きました。
Iさんはダブルダイヤのお祝いです!


羽田空港までお世話になったNH886便、B788、JA808A

Dscn5571_web



羽田空港にはほぼ定刻通りの到着、ここからイミグレ、預け入れ荷物受取り、検疫でお米の申請、税関と抜け、JAL ABCでコート受け取りと自宅への荷物発送を30分で終わらせる必要があります。

イミグレは自動化ゲートを使うので時間はかからず、預け入れ荷物2個は一番最初に出てきました。
急いで検疫でお米の申請へ、購入したお米を全て見せてほしいということで、少々手間取りまして...
今後、クアラルンールからNH886便に搭乗した時は、お米は別袋に全て入れておこう思いました。
税関は5人ほど並んでいましたが、それほど時間かからずに通過、一般エリアへ22:25頃に出ることが出来ました。

JAL ABCカウンターに行くと数名の方が並んでいて、なかなか順番が回って来ず...
上着をを受け取らないことには帰れないので、待つしかありません。
22:35分には上着の受け取り、無料配送の手続きを終え、ABCのカウンターを後にしました。

最終バス出発まであと10分しかないのに、チケット売り場は渋滞...
仕方なしにチケットを買わずにバス停に行くと、バス停の自動販売機もSuicaでチケットが購入できますよ!と、バス停係員の方が教えてくれました。
無事、チケットを手に入れるとバスが到着というタイミング、ぎりぎり間に合いました。

ぎりぎり間に合った勝因、Fast Tagが付けられ、荷物が一番最初に出てきたことかと。
もしPriority Tagだったとしたら、間に合ってなかったかもしれません。
ANAダイヤ会員であることで良かった!と感じた瞬間でした。



無事自宅に戻り、ダイヤ更新修行が完了となりました。


オススメ