2017年11月21日 (火)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 帰国便のNH856に搭乗

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




ジャカルタ空港のラウンジのソファー席の一部になります。

Img_1140_web_2


私がラウンジ到着した時はほとんど利用者はおりませんでしたが、JALとANAの出発便が重なることから、その後は多くの日本人が利用していました。



ラン時を後にし搭乗ゲートへと向かいます。

Img_1147_web_2



そのまま搭乗ゲートへはむかわず、免税店でたばこの物色開始
マルボロの値段を調べていて、価格が書いてなかったため店員さんに聞くと、本体の横に書いてあると見せてくれました。

Img_1148_web_2


マルボロ1カートン333,000IDRもしくは25.00USDです。
あれ?ジャカルタ市内でマルボロ1カートン買うと280,000IDR前後だったような...インドネシアは免税店でたばこを買うより街中で買った方が安いようです。ジャカルタでたばこを買っていかれる方は街中で買ってください。


ジャカルタは搭乗ゲートの入り口でもう一度保安検査があります。
スタッフはベルトは?と聞くので着けてない!と言って金属探知機を通ったら見事に反応!ベルト外したら反応なしでした。日本だとベルト外さなくても反応しませんが、ジャカルタはアウト!の様です。
保安検査を抜け搭乗ゲートへ

Img_1150_web_2


ジャカルタ空港は各搭乗ゲートが出島みたいになっていて少し変わった形をしていますね。ゲート入り口でチケットの半券を回収されてしまいました。金浦空港と一緒で大きな方を回収され、渡されるのは半券の小さい方のみです。記念にチケットを残しておきたい方は写真に収めるしかないようです。



今回搭乗する座席はプレエコの最前列の窓側

Img_1151_web_2


この席、画面設置が無く下から出す感じであまり好きでない座席、搭乗の挨拶に来たエコパサーの方にエコ後方の席に変わってよい?と聞いたら、機長に確認しないと...もしくは地上係員に言って席を変えていただくか...と言うので、そこまでして変えてもらうのは悪いので、ここで良いですと返答しましたが。
国内線だとCAさんに一言、あそこの空いてる席に移動しても良いですか?と聞くと、ベルトサインが消えてからならOKですよ!と言われることが多いですが、国際線は勝手に座席を買えるのはNGなんですね...国内線も100人以下の機材だと機長の同意が必要だったりするので、これに近いのかもしれません。


NH856便はほぼ定刻通りに出発、ベルトサインが消えた後はシートを倒し爆睡状態に入りました。気が付いたのは朝食の配膳を行い少し機内がザワザワした頃でした。私が起きたことに気が付いたエコパーサさんが朝食メニューの説明をしてくれましたが、朝食をお断りしてペリエだけ頂けますか?とリクエスト、今はペリエから炭酸水に変わっているようです。

Img_1153_web


機内で5時間ほどはねたのでしょうか、機内でJOSS飲んでやる気モードへ?(笑)









JOSSを飲んでから30分ほどすると外が少し明るくなったので写真を撮ることに。

Img_1154_web


一面雲海の上を飛行機が飛んでいる感じでした。



B787の翼、飛行中はかなり反っているんですよね。

Img_1155_web


レジを控えていなかったので翼で確認!と思ったら、レジが書いてあるのは右翼だったため確認できず...残念!


雲海と雲海の間を飛んでいる感じでとても綺麗でした。

Img_1156_web


久々に窓側に座りましたが、明るい時間帯に外の景色が見れるのは良いですね。
これからの季節、日の出が遅くなると6時頃でも外の景色を見ることは出来ないかも



雲海から遠くに富士山が顔を出していました。

Img_1157_web



最近は通路側に座ることが多く、機内から富士山を見たのは久しぶりかもしれません。

Img_1160_web



ほぼ寝ていただけですが羽田空港へ

Img_1163_web



10分ほどの早着となりました。

Img_1164_web


エンジンリーバース中です。



預け入れ荷物を受け取る前に喫煙所で一服、8時間ぶりにたばこを吸った感じです。

Img_1166_web


荷物を受け取ってからは検疫でお米の申請をしなければなりません。
今回で過去1年間の個人輸入枠が100kgとなり、免税で持ち帰ることのできる制限いっぱいとなるはずです。
検疫に行ってお米の申請です!と言うと、以前お米を持ち帰ったことはありますか?と聞かれたので、7月にデータ更新されておらずもめたことがあります!と言ったところ、検疫の方が話は伺っておりますと(笑)一応職場内で伝わっているんですね。今回もう1人女性の職員の方がおられましたが、確か7月にもめた時におられた職員の方だと思いました。

Img_1167_web


私が計算した通り、個人輸入の枠が100kgとなりました。これ申請日から過去遡って1年となるため、日数が経てば過去の履歴が消え更に持ち込みが可能となります。2016年は11月初旬のクアラルンプールで20kg、12月中旬のクアラルンプールで20kgを買ってきているため、12月の中旬以降になれば40kgの枠が増え2018年早々には40kgを買って帰ることが出来ます。
申請ついでにドリアンについて聞いてみたところ、輸出国側の検疫が何と言うかは分かりませんが、日本の検疫としてはドリアンの持ち込みはOKです。との回答でした。こうなったら次回はリアルドリアンを持ち帰って、ちゃんどら~先生の自宅でドリアンパーティーを開催したいなと!でも自宅は勘弁してくれ!と言われそう...仕方ないから河川敷でパティーするしかないですかね。




2017年11月20日 (月)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 スカルノ・ハッタ国際空港へ

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




ジャカルタ滞在5日目、この日は特に予定が無くNH856便に搭乗するため空港に向かうことになっています。帰国便のNH856便は21:25のフライト、19時頃には空港に到着していたいです。しかしIHGのホテルは基本14時までのレイトチェックアウトはOK、AmbassadorならInterContinentalで16時までのレイトチェックアウトを頂くことが出来ます。今回はHoliday Innに宿泊のため基本は14時のレイトチャックアウトまで、14時にチェックアウトして空港に行くまで何してよぉ...と悩み、前日に日本語が少しできるスタッフのKenleyを捕まえて16時までのレイトチェックアウトに変更していただきました。渋滞を考慮しても16時ちょい過ぎにホテルを出たら17時過ぎには空港に到着してしまう...便利なようで不便な深夜便です。



まずはクラブラウンジでの朝食

Img_1097_web


飲み物はいつものイングリッシュ・ブレックファーストティー


ご飯、お肉、ポテト、スクランブルエッグなどを頂いてきました。

Img_1098_web


相変わらずスクランブルエッグは炒り卵になってます(笑)


スープもあるので珍しくいただいてみました。

Img_1099_web


数時間後にはお昼ご飯に行くため、朝食は追加無しで終わりにすることにしました。



このクラブラウンジ、ミール提供されている反対側にソファー席があったりします。

Img_1120_web



ソファー席の入り口にはチャイナエアラインのPOPがあるんですが

Img_1121_web



チャイナエアライン・クルーラウンジと書かれてます。

Img_1122_web


奥のソファー席、チャイナエアラインのクルー専用なの?と思うようなPOPですが、決して専用ではなく自由に使えるらしいです。



ラウンジからの景色です。

Img_1118_web


ホテルのエントランスに向かるための交差点が見えます。



1階部分の屋根にホリデイインのHロゴがあしらわれておりました。

Img_1119_web


きちんと石を並べて作られていました。
目立たない場所にもこだわりがあるようです...



お昼過ぎ、ランチはホテル隣のモール3階にある中華に行ってみました。

Img_1101_web


お店の名前は福林ですかね。



店内はというと結婚式などの大きな宴会が出来る造りとなっています。

Img_1112_web


3階の1/4ほどの面積を使っているためかなり広い店舗です。
廊下側と室内側は開閉式のドアで区切ることが出来、宴会が行われていても廊下側で一般営業できるような造りになっています。今回通された席は廊下側の席だったため室内側を撮ってみました。


メニューを見ると点心などもあるようで、飲み物はお茶にすることに

Img_1102_web


飲茶といえば普洱茶!普洱茶あるの?と聞いたら無いと...
チャイニーズティーは何があるの?と聞いたらジャスミン茶、烏龍茶、Chrysanthemum(菊のお茶)、鉄観音でした。今回はベターにジャスミン茶にしてみました。


HA GAO、蝦餃子で24,000IDR

Img_1104_web


この蝦餃子、日本で食べるのよりプリプリしていて美味しかったかも



TIM CF UDANG、蝦腸粉のことかと...29,000IDR

Img_1109_web


腸粉も悪くなかったですね...ネシアにしては美味しい腸粉だと思いました。



TIM BASO SPAI、牛肉のミートボールでした。25,000IDR

Img_1111_web


牛肉のミートボール、ふんわりしていて美味しかったです。



KAPRI SFD TAUSI、インゲンとエビなどを炒めた物、98,000IDR

Img_1106_web


インドネシアにしては少しお高めの価格設定ですが、ご飯とよく合い美味しかったです。



NASI PUTIH、米飯で1杯10,000IDR

Img_1105_web


中国で米飯注文すると出てくる量と変わりなかったです。小ぶりの茶碗にご飯1杯という感じです。

インドネシアは基本イスラムの国で豚肉を食べないから中華は美味しくないんですよ...と聞いていましたが福林の中華料理は意外とおいしかったですね。蝦餃子などは日本で食べるよりも美味しかったと思います。ジャカルタのホリデイインに宿泊して中華料理が食べたくなったらお隣のモール3階の覆輪で食べるのが良いかと。お会計は6%のサービス料と10%の消費税が加算されます。



こちらはモール道路側の車寄せ

Img_1116_web


道路の向こうにはホイール店や中華料理のお店が在りました。
このホテルに数日間滞在するなら道路向こうのお店を散策してみるのも良いかと。


福林でお昼を食べ終えホテルに戻って来ました。

Img_1117_web


このホテルの車で近くのショッピングモールまで連れて行ってくれるそうです。
ショッピングモールとは、おそらくMega Glodok Kemayoranのことを指しているのかと




機会があればこちらにも訪問してみたいと思います。









昼食後は部屋でのんびりチェックアウトまで過ごしました。
15:30ころにサービスデスクに電話してチェックアウトしたいので荷物をロビーまで運んで!とお願いし、荷物を全て運んでいただきました。するとフロントから電話がかかってきて、何時にチェックアウトされますか?と聞かれたので、すぐに行きまぁ~すねんて言ってしまった物だから16時を待たずにチェックアウトすることに。フロントデスクにKenleyさんがおられたので少しお話し...チェックアウト16時にしたからもしアンケートが来たら良い評価してね!ですって(笑)
Kenleyさんにシルバーバードを手配していただくと、待機できているのがアルファードで少し料金が高くなってしまいますが良いですか?と聞かれOKと返答しました。1人でアルファードは少し広々し過ぎですが、空港まで350,000もあれば行けるよね?と思い承諾しました。


こちらが今回乗車したシルバーバードのアルファード

Img_1123_web


意外と硬めのサスペンションで乗り心地も良かったです。
道路の舗装状態があまり良くないジャカルタ、空港までは1時間程度乗車するため、乗り心地の良いシルバーバードがオススメです。Holiday Inn Jakarta Kemayoranから高速の料金所を2回通り、高速代が9,000IDRと7,000IDR、運賃が300,500IDRで500を省いて300,000IDR、合計316,000IDRを請求されました。運転手さんに350,000IDR渡してお釣りはチップ代わりにさし上げることに、35kmほどを走り約3,000円のタクシー代ですからそれほど高いとはないと思ます。


空港まではおおよそ1時間で到着、途中高速道路に渋滞がありましたがそれでも1時間ですから...少し時間を読み間違ったというか、念には念を入れ過ぎて早めの到着となってしまいました。前回来たときはまだ駅舎らしくなっていなかった工事中の建物、少し駅舎らしくなってきました。

Img_1127_web


これでジャカルタ市内まで行くのが楽になる?と思ったら、これ、各ターミナルを結ぶモノレールらしき乗り物だそうです。公共交通機関でつながっていないジャカルタ空港が便利になるのはまだまだ先の様です。


ここで待っていても仕方ないのでチェックインカウンターに向かいます。

Img_1128_web


ここからがジャカルタ空港の面倒なところ、チェックインカウンターに行くために保安検査を受けなければなりません。しかも保安検査を受けるためにはeチケットなどを提示する必要があるようで...提示する必要は無くなった!という話も聞くのですが、このお国は周知されるまでに時間がかかる様で、そんなことは知らん!という警備の方もおられたりで。
今回はまさしくこの方にあたってしまい、スマホにeチケットを落として提示できるまで5分程度かかってしまいました。ジャカルタに行く際は念のために航空会社から送られてくるeチケットを印刷して持って行った方が良いかもしれません。
ちなみに前回の2017年7月に訪問した時は、AirAsia搭乗だったため、eチケットではなく電子搭乗券を見せてOKでした。ANAは24時間前にオンラインチェックインしPassBookをダウンロードしていたのですが、手元にあったのが国内区間のみでCGK→HND分はありませんでした。もしかしたらジャカルタはPassBookに対応していないのかも。


無事保安検査に向かうことが出来たのですが、今度は保安検査で問題発生!
キャリーケースは問題なくX線を通過できましたが、大きなサブバッグの中身が引っかかりまして...検査官から中身なに?チェックしてよいか?と聞かれるではありませんか!

C05rvtwukaawcb_web
(イメージ的にはこんな感じです)


別に怪しい物は持っていないので検査されても良いのですが、中身をコメと言っても通じないし、中国語で米と言っても通じないだろうしと、とっさに出たのがインドネシア語でNASIでした。NASI?という検査官、中身見てこれはNASIではなく××だよ!と言って無罪放免となりました。NASIは炊いたお米のことを指すそうで、炊いて無いお米はBerasというそうです。確かに検査官の人がそんな様なこと言っていたなぁ~(笑)



なにはともあれ、無事に保安検査を通過し搭乗手続きエリアに入ることが出来ました。

Img_1129_web


が、しかし、時間が早すぎたようでANAのカウンターは見当たりません。
ジャカルタってプライオリティーカウンター無かったけ?と調べると...

Web


ビジネスクラス利用者とANAダイヤはプライオリティカウンターを使うことが出来るんですね...前回来たときはAirAsiaでSINに戻る搭乗だったため、ジャカルタ空港のANAの情報を入れてませんでした。


ということで早速プライオリティ・チェックインカウンターへ

Img_1130_web


カウンター入り口で、あなぁ~?しっくすおくろっく!ってスタッフから言われてしまいました...6時過ぎないとプライオリティ・チェックインも使えないようです。


仕方なしにベンチで座って時間まで待機していると、ANAのカウンターが作られているでは!

Img_1132_web



18:30ころからカウンターが動き出すようです。

Img_1133_web



18時になったのでプライオリティ・チェックインに行くと、入り口で預け入れ荷物の重量を量られ、個々に札が付けられました。

メインのキャリーケースは19kg

Img_1137_web


中身はEXTRA JOSSとミーゴレン、着替えなど


サブバックはお米が5kg×4袋入って21kgです。

Img_1138_web


どちらもエコノミーの23kgを超えることなく、制限範囲内で収まりました。
これならまだほかに買い物できたかなぁ...次回はさらに買っていこうかと。


プライオリティ・チェックイン内に入ることは出来ましたが、カウンターが開いておらず...

Img_1134_web


私はてっきりジャカルタ時間なのかと思っていたら、そういえばスタッフが18:30からカウンターが開始になると言っていたような...そんなことをツイートしていると、ちっぴー師匠から、出国したらそこはラウンジというなかなかのもんでしたよ。とツイートを頂きまして...


確かにカウンターの奥にはイミグレーションの案内が

Img_1135_web



この先にイミグレがあって、イミグレの先はラウンジ直結という事らしいです。

Img_1136_web


これはどんな感じか楽しみになって来ました。


18:30になりカウンターがオープンし、スタッフに案内されチェックイン手続き開始

Img_1139_web


相変わらずインドネシアの人の英語が聞き取れなくて、ヤー!ヤー!って言ってたら、窓側?通路側?なんて聞いてきたから窓側と答えておきました。後から気が付いた話ですが、プレエコの座席に変更されていました。
今回は24時間オンラインチェックインで、CAさんなどのデッドヘッド用の座席が解放されていたため、その位置に変更し1人で3席使って帰る予定でしたが、いつの間にかPYの座席になっていたというオチです。


搭乗券を頂いてイミグレに向かい出国手続き、ここから3歩歩くとラウンジ到着!みたいな感じでした。

Img_1140_web


有人のイミグレで過去一簡単な出国では?と思えるほど簡単で、スタンプ押されるだけの様な感じです。


ジャカルタ往復はガチエコのため機内食は期待できません。ビジネスに乗っていたとしても深夜便となるとご飯が寂しいためラウンジにて食べておく必要があります。ということでご飯とお肉を頂いてきました。

Img_1141_web


インドネシアという事で豚肉はありません。白っぽいのが鶏のムネ肉で黒っぽいのが牛肉です。味付けはネシア料理という感じで美味しくは無いですね...


このラウンジの飲み物、炭酸は瓶提供されています。

Img_1142_web



サラダ、バーガー、サンドイッチを追加

Img_1143_web


バーガーとサンドイッチはラウンジでよく見かける一口サイズです。


揚げ物、パン、マフィンを追加、もうこれでお腹いっぱいです...

Img_1144_web


ネシアという国を象徴する料理しかなかったような。


少し嬉しかったのはコーラが瓶で提供されていました。

Img_1145_web


コーラはこれで飲むのが一番おいしいですね。



ラウンジの入り口にフタッフの方が常駐していて、中の様子をうかがったりしています。

Img_1146_web


眼光鋭く少し色黒で怖そうな方でした。この方にWi-Fiパスワードを聞きに行ったら、私が言うから入力してねぇ~と少しオネエ系の言い方で拍子ハズレしました(笑)私がラウンジ出てゲートに向かうとき、ラウンジの入り口に立っていたのですが、私がありがとうございますとお礼を言うと、どういたしまして!気を付けて行ってらっしゃぃ~と満面の笑みで送り出してくれました(笑)


ちなみにラウンジはそこそこ広く、ANAとJALの搭乗者でかなり日本人が多かったです。ラウンジ内に喫煙所もあり外に出てたばこを吸う必要が無いのは良かったです。お酒はカウンターの様な場所でスタッフにリクエスト言って貰う形式でした。




2017年11月19日 (日)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 再びコタでドリアン

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。





OPAL COFFEEで初めてのKopi Luwakを頂きました。

Img_1002_web_3


美味しかったというよりは酸っぱかったかな(笑)



ホテルに戻る途中、新知事のお祝いなのか旗を掲げて暴走するバイクの集団が反対車線を逆走していきました。車もその群れの最後尾を走りだしたため少し早く渋滞を抜けられたようです。途中渋滞していた原因がこれらしい...イスラム教徒向けの露店が車道ギリギリ所まで使って営業していました。

Img_1039_web



皆さん熱心なイスラム教徒なのかハッジを被っています。

Img_1040_web


ハッジはメッカに巡礼した方が被ることのできる帽子らしいですが、露店でもハッジが売られている様でした。

Img_1041_web


この露天街を抜けた後はスムーズに流れるようになりました。
また途中では信号待ちをしているときに現れる売り子さんから何か買っていて、信号が青になっても進まず後続車からクラクション鳴らされていたりと...早く公共交通機関が整備されて欲しいですね。


Holiday Inn Jakarta Kemayoranにもどしクラブラウンジへ

Img_1045_web


既にカクテルタイムが始まっていたため、少しだけ頂くことにしました。


こちらはスイーツなど

Img_1046_web



チーズ、果物、一品料理

Img_1047_web



果物

Img_1048_web


この他にもミールが提供されています。
少しだけトニックウォーターと一緒に頂きました。
利用している方は日本人の方が多いようで、4名ほどの日本人の方が入れ替わりで訪問していました。


夕食はホテルの1階のレストランで頂くことに

Img_0964_web


3階のプールでBBQをやっているそうです。
1人220,000IDRと書いてありますが、別途++が必要だと思います。


それほど食べる気は無かったため1階のレストランへ

Img_1049_web


レストランには行ったところが禁煙席、左に行った方が喫煙席と分かれているようです。
一応たばこを吸う人なので喫煙席を案内していただきましたが利用者は誰もおらず...

Img_1050_web


朝食会場はこちらになっているようですが一度も利用したことは無く、今回が初利用となります。


夕食後に食べに行きたいものがあったため、軽めの夕食にすることにしました。
ということで前菜的に春巻き

Img_1060_web



メインはステーキを選択

Img_1065_web



最近は赤身の肉が好みになったためひれ肉を注文です。

Img_1066_web



付け合せはポテトフライにしました。

Img_1067_web



ミディアムレアでお願いしましたがミディアムみたいな感じでした。

Img_1074_web


次回からはレアで注文しようかなぁ...でも凄く美味しかったです。
宿泊者は20%オフになり、部屋付することでポイントも頂けますから、オイシイですね。
次回はお腹減らした状態でプールで開催されているBBQに行ってみようと思います。









さて、食事が終わった頃にレストランスタッフがお味はいかがでしたか?と聞きに来たので、ホテルの近くでドリアンが食べられるお店無いの?と聞いたら、ホテル東側の橋を渡った方面にありますよ!と
ちなみにそのお店は何時閉店するの?の意味でWhat time close that store?とスタッフの方に聞いたら、クローズが聞き取れないというか、日本語訛りの英語では伝わらなかったらしく...open to closeと聞いてopen時間は教えてくれたのですが、相変わらずクローズが聞き取れないようで...仕方ないのでスマホの筆談ソフト立ち上げてcloseと書いたら理解していただけました(笑)彼が言うにはおそらく22時頃までは営業しているとのことでした。という事でホテル近くにドリアンが食べられるというお店に向かう事にしました。


彼が言うにはピザハットの近くにあるよ!とのことでした。確かに昨日買い物をした帰りにピザハットがあった様な気がしていました。そこまでタクシーに乗り込みピザハットを探す事に。するとピザハットではなくドミノピザがあったためこの辺りで降ろして頂きました。周辺にドリアンのお店らしいものは無く、この辺にドリアンのお店内の?と聞くと、向こうに行けばあるよ!とホテル方面を差して教えてくれました。ドミノピザから歩くこと10分程度、ようやくドリアンのお店を発見!


お店の看板にはRATU DURIANと書かれてます。

Img_1075_web


お店の場所はこの辺り




やっと見つけた!と思って店内に入ってドリアンある?と聞いたら、シーズンでないから無いよ!と言われて撃沈...


仕方なしに歩いてホテルに向かう途中、ドリアンの臭いがしてくるんですよね...近くのお店を物色しているとRaja Durianがありました。

Img_1076_web


Raja Durianの場所はこちら




こちらのお店も店内にドリアンは無し、シーズンではないからドリアン無いよ!で撃沈...
シーズンならこの辺りでドリアを食べられるようですが、シーズン外は置いてないようです。
どうしてもドリアンを食べたい私は、コタに行けば食べられる!ということでたしくしーを拾ってロカサリまで連れて行ってもらいました。


ちなみのレストランスタッフの言っていたピザハットは橋のすぐたもとにありました(笑)




ここならホテルから歩いてくることも出来る距離です。



Lokasari Squareの場所はこちら




昨日もここに来ているため、ACINに行けばドリアンが食べられるはずです!


その前にLokasari Squareのを見ることに。
少し大きめなショッピングモールでスマホのお店などもあり、その上の階にはスーパーもありました。

Img_1077_web


中華系のスーパーらしくEXTRA JOSSは置いてませんでした...残念


ざっくりスーパー内を散策し、結局何も買わずに退散、ACINへ向かう事に
昨日営業していた場所に到着しましたがACINは営業しておらず...どうやら今日は営業していない様でした。仕方がないので他の露店を探すとドリアンを発見

Img_1078_web


大きめのドリアンの価格を聞くと1個200,000IDRとのことで、それを頂いたのですが割ってみるとあまり良いドリアンではなく交換してもらう事に


そして次に割ってもらったのがこちら

Img_1079_web


これもあまり良い感じではなく、実がふわっとしていないというか、種が丸見え状態なために交換してもらいました。


次に割ってもらったのがこちら

Img_1081_web


こちらも実が痩せているというか、ふっくらしていないので交換してもらいました。
このお店には良いドリアンが無いかも?と思い、次に割っていただいたものを頂きましたが、実が薄くドリアン独特のクリーミー感がありませんでした。買った以上は勿体ないので全て食べましたが、納得いかない私は次のお店に行く事に!


次に言ったお店は7月にちゃんどら~さんと一緒にドリアンを食べたお店です。
こちらのお店で割っていただいたドリアンも実が薄く種が見える状態...

Img_1082_web



4個ほど割ってもらって少しまともな様な物が出てきました。

Img_1083_web


しかしこれもハズレでして、やはりシーズン以外のドリアンはダメみたいです。
1個150,000というので、これは美味しくないから安くして!と言って1個100,000にしていただきました。シーズン以外にドリアンを食べるのはダメみたいです。


ロカサリスクエアー近くのAlfamart(コンビニ)でKukuBimaをゲット

Img_1087_web


EXTRA JOSS BLENDを入手できました。

Img_1088_web


ドリアンは不発に終わりましたが、これらが手に入れられたので良かったかな...




2017年11月18日 (土)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 OPAL COFFEEでKopi Luwak

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




ホテルからサリナ近くまでタクシーでやって来ました。

Img_0992_web_2



サリナを物色した後、目的のお店までは徒歩で

Img_0996_web_2



本日の目的地、OPAL COFFEEに到着です。

Img_1002_web_2



1階が豆の販売と駐車場、2階が飲食店になっているようです。

Img_1003_web



1階には2階のメニューの一部が這ってありました。

Img_1005_web


コーヒーを飲むだけでなく食事も出来るんですね。



2階のお店にやって来ました。

Img_1029_web


入り口横にはお店のロゴが


テラス席ではたばこを吸うことが出来るようです。

Img_1027_web



ジャカルタの中心部から近い場所ですが、1本裏路地はいると住宅街の様相

Img_1028_web



店内はシアトル系コーヒーショップの様な感じ

Img_1008_web



店舗入り繰りとカウンターの位置関係です。

Img_1009_web



店内はそこそこ広く、最大40人ほどは入れると思います。

Img_1010_web



事前にレジで注文して作っていただくスタイル

Img_1012_web


注文時にKopi Luwakの淹れ方は?みたいなことを聞かれました。
どんな淹れ方があるのかは確認しませんでしたが、ベーシックなペーパーフィルターでお願いしました。レシートにはKalitaって書いてあるんですよね...Kalitaってなんだろう?
お値段は1杯95,000IDR、これに10%のサービス料が加算されるため、1杯1,000円程度になると思われます。


カウンターで私の注文したKopi Luwakをスタッフの方がペパーフィルターで淹れてます。

Img_1013_web


ペーパーフィルターって淹れ方でかなり味が変わるので難しいんですよね。
私が自宅でコーヒーを飲んでいた頃はフレンチプレスで飲んでいることが殆どでした。


こちらがKopi Luwak、小さいカップに2杯分あります。

Img_1020_web


Kalitaと書いてあったのはペーパーフィルターで淹れることの様です。カリタのコーヒー機器を使って淹れるからKalitaなんですかね?次回来る機会があったらフレンチプレスなども出来るのか聞いてみたいです。


こちらが待ちに待ったKopi Luwak

Img_1021_web


ジャコウネコがコーヒーの実を食べて、消化されずにうんちと一緒に排出されたコーヒー豆を洗った物がKopi Luwakとなるそうです。
飲んだ感想はというと、事前情報では甘みがあると聞いてましたが、酸味が強く甘みはほとんど感じませんでした。凄く美味しいかというとそうでもなく...希少なだけで凄く美味しいという訳ではないかと...









2階のお店でコーヒーを飲み終えた後、どうせならと思い1階で豆を買って行く事にしました。店内に入りLuwakが欲しいというと、どの程度欲しいの?と聞かれました。1kgの金額が1,000,000IDR弱、500g欲しかったのでこの半分になるよ!と電卓をたたいてくれました。実際は消費税が加算されるため500gで530,000IDR程度となりました。


店舗のディスプレイにはLuwakが真空パック状態で展示されていました。

Img_1032_web


しかも生豆状態で焙煎されていません。



と思ったらお店の入り口に大きな焙煎機があるんですね。

Img_1033_web


好みの味にローストしてもらえるのかなぁ?


他に置いてある豆も基本はローストされておらず、基本は生豆のまま

Img_1034_web


テーブルにあった豆も生豆でした。

Img_1035_web


生豆って見る機会が殆ど無いので新鮮でした。
もちろん購入する豆は焙煎してあります。豆を挽いてくれることも出来ますが豆のまま持ち帰ることにしました。


ということでLuwakを500gのお買い上げです。

Img_1031_web


準備が出来るまでの間、店内を見せさて頂きましたが、色々な機材が販売されていました。

Img_1036_web


豆と一緒にいろいろ購入を検討するのも面白いかもしれませんね。

Img_1037_web


500gが530,000IDRほどのLuwakですが、ジャカルタのお店などで買うと100gが500,000IDRから1,000,000IDRの価格で売られているそうです。昨日のオフ会に参加した方でネシアに住んでいる方から500g 500,000IDRはかなり安いよ!と言われました。

Img_1007_web


このOPAL COFFEE、詳しい場所は書きませんが、サリナからすぐ近くの場所です。




2017年11月17日 (金)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 コピルアクを求めて!

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。





ジャカルタ滞在4日目の朝です。前日に腹いっぱい食べても翌日にはお腹は空くもので...朝食はラウンジで頂くことにしました。

Img_0968_web


それほど広くは無いクラブラウンジですがSpireで無料アクセスさせていただけるのはありがたい限りです。このラウンジ利用者がとても少なく、ほとんど人が入っていることがありません。ときどき見かけるのは日本人だったりと...



ラウンジはそれほど広くなく20人も入ったらいっぱいになってしまうかも

Img_0969_web



これがミール提供されている側となります。

Img_0970_web


9時を回っているのにドーナツ1個と食パン1枚だけが減っている感じ、ほとんど利用されていないのが分かります。

Img_0971_web


ラウンジに来るとスタッフが飲み物のリクエストを聞いてくれます。その際に部屋番号も聞かれますね。


頂いてきた朝食がこちら

Img_0972_web


ウコンで炊いたご飯とポテト、ソーセージ、スクランブルエッグ

Img_0973_web


利用者が少ないせいかスクランブルエッグは炒り卵状態になっています(笑)


食後のフルーツ

Img_0974_web


利用者がほとんどいないので、ゆったり朝食を頂くことが出来ます。



食後は隣のモールでも散策してみよう!と思いホテル隣のモールへ

Img_0977_web


ホテル内と直接はつながっていませんが、雨に濡れず移動できます。


こちらがモール全体となります。

Img_0978_web


それほど大きくないモールなため、10分もあれば全体を見て回れます。



2階には両替店があります。

Img_0980_web



この両替店、閉店時間が早く18時には営業終了となってしまうようです。

Img_0979_web


両替店があるのは便利ですが、閉店時間が早いのがたまにキズ...


そんな方向けにすぐ近くにATMコーナーがあるので、こちらでキャッシングしてください。

Img_0981_web



このショッピングモール、飲食店がメインとなっていて物販の店舗は少な目

Img_0982_web


それでもドラッグストアーが2店舗あり、ちょっとした買い物も出来ます。
スターバックス、地元系のコーヒーショップもあり、ゆっくり滞在することが出来ます。


3階は基本的に2店舗しか無く、1店舗はスポーツジム

Img_0983_web



もう1店舗は中華料理店となります。

Img_0984_web


ちょっと高そうな中華料理のお店、機会があったら食べてみたいと思います。


ざっくりモール内を見た後はホテル敷地内を散策してみることにしました。

Img_0985_web


しかし敷地内にこれたいった物は無く、銀行の支店かファイナンス系の事務所がほとんどでした。


唯一あったのがカラオケ

Img_0986_web


ファミリーカラオケと書かれてます。
ファミリーと書いてあるという事はファミリー以外のカラオケもジャカルタにはあるのかなぁ...


夏しかないジャカルタ、1時間程度外を散策していたら汗だくになったので、一度部屋に戻って来ました。部屋が綺麗になっていたので撮り忘れていた写真を撮ることに
こちらがExecutiveフロアーの室内です。

Img_0988_web



キングベッド

Img_0989_web



ソファーもあります。

Img_0990_web


テーブルにウエルカムフルーツが...今回もこれに手を付けることは無いでしょぉ~



窓側からの室内、バスタブが無いため部屋が広く感じます。

Img_0991_web


バスタブがあったらもう少し部屋が狭くなるんでしょうが、バスタブは欲しいかなぁ...








ホテルに籠っていても仕方ないので街に繰り出すことにしました。どうせなら買いもを兼ねて!ということで、前日にTURBOさんから聞いていたコーヒー豆の卸店へKopi Luwakを頂きに行こうと思います。時間があることからまずはSarinahに行ってみることに。


タクシーでサリナまでやって来ました。

Img_0992_web


サリナはジャカルタ初のデパートらしいです。
ショッピングモールというよりは日本にもある百貨店の様な店内です。


Sarinahの場所はこちら





最上階が民芸品売り場となっていました。

Img_0993_web



民芸品をお土産に考えている方は、ここを物色するのも良いともいます。

Img_0994_web



地下に行ってみるとスーパーがありました。

Img_0995_web


私はこちらでいろいろ物色しましたがEXTRA JOSSは置いていませんでした。
買い出しも基本昨日終ってしまったので特に何も買わずに退散です。




そしてサリナから歩いて目的のコーヒー豆の卸売店に向かう事に

Img_0996_web



途中、露店の様な飲食店がありました。

Img_0997_web


一度はこの様なお店で食べてみたいですね...
でも腹壊すからやめておけ!と言われるのが関の山ですが(笑)


きちんとした水道もあるようなので食べても大丈夫そうな雰囲気でした。

Img_0999_web


近くで一服していると、店主が洗車しているバイクの上で猫2匹がじゃらついていて、1匹が私の方に来るではありませんか。

Img_1006_web


どこに行っても猫には好かれるようです(笑)


ここから徒歩数分で本日の目的のお店に到着しました。

Img_1002_web


ということで早速店内に入ってみたいと思います。




2017年11月16日 (木)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 ジャカルタで肉オフ

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




カーフリーから戻りホテルをチェックアウトする必要があります。この日のお昼は肉を食いに行こう!となっておりました。Goriさんがホテルまで私を拾ってくれるという事で、チェックアウトしホテルロビーで待機、無事合流でき肉を食べに行く事に


向かったお店はEl Machote Restaurant

Img_0924_web



El Machote Restaurantの場所はこちら




入り口がとても分かり辛いですが、駐車場に向かう途中に店舗入り口があります。


このお店はUSビーフを使ったテキサススタイルのステーキハウスらしいです。

Img_0930_web


店内は落ち着いた雰囲気で良い感じ



店内奥には窯というか薪で肉を焼いているようです。

Img_0931_web


ここで肉を焼いて提供しているようですね。

Img_0929_web


どんな肉が提供されるか楽しみになって来ました。



メニューを見るとAll YOU CAN EATというの注文すると全種類の肉を食べられるそうな。

Img_0923_web


TURBOさんが店員さんが女性スタッフに確認すると、私研修中だから確認してきますと...それほど難しい質問はしていないと思うのですが。
最終的にオーナーさんでしょうか?ガタイの良い白人男性の方が登場しTURBOさんが内容を確認しておりました。


395,000IDR++で食べ放題になるというか、足りなかったら追加で持ってきてやるよ!みたいな感じになっていたような。

Img_0925_web


TURBOさんは、1つのプレートが大きそうだから初めに1個貰って4人でシェアして、食べ終わる頃にプレートを更に持ってきてもらうことは出来るの?と質問していたようですが、それは焼くのに混乱するから...みたいな感じで断られていたような。


Img_0926_web


まぁ4,000円程度払えば食べ放題になるの?よくシステムが分からないまま私はみなさなと同じ物を注文です。


私はお酒を飲まない人なのでミントティーを注文

Img_0932_web



3人だったらビールも5本注文した方が安くなるよ!なんて白人男性の店員さんからススメられていたような。

Img_0933_web


1人1本取っても2本残っているので5本注文したみたいですね。
まぁビール1本何てすぐに飲んでしまうでしょうから


注文から待つこと20分程度、ビールで乾杯!しているとAll YOU CAN EATのプレートが運ばれてきました!

Img_0936_web


ドヤ顔でプレートを運んでくる白人スタッフの方、これ食って足りなかったら言ってくれ!追加で持ってくるから!と言い残して去って行きました。


これがどれほどの量かというと、こんな感じ

Img_0935_web


4人テーブルに4人で座っていましたが、お皿置いてプレート置くと置ききれないため2人で4人テーブルを1つ使う事に

Img_0937_web


かなりの大きさに一同唖然みたいな状況に(笑)


ぶっちゃけ言うと、運ばれてきたときに自分はこれ食切れるな!と思いました。

Img_0939_web


肉の味付けは塩より胡椒を感じ、粗挽き胡椒がふってありました。
それほどしょっぱくは無いためソース無しでも美味しくいただけます。


黙々と肉に食らいつき、私のプレートは20分後には空になっていました。

Img_0940_web


この程度なら余裕で食べることが出来ます!さて追加!と思ったら、皆さん半分も食べていない状態でして...結局食べきれなかった物を私が頂くことになったのですが、お腹は受け入れ可能でも口が受け入れを拒む状態で、ミントティーのお代わりを頂いても状況は改善されず、4人全員分を食べきることは出来ませんでした。でもプレート2枚弱は食べたかなぁ...

気になるお会計ですが1人頭510,000IDRとなりました。
アメックスで支払うと1割引きになるそうで、あおてんさんのアメックスで支払い私たちは現金を渡す感じになりました。1割と言いますが金額大きいので1人500円ほど安くなった感じですかね。
El Machote Restaurantでのステーキ、All YOU CAN EATを食べず単品注文でも美味しいと思います。日本でこの内容を食べたら5,000円では食べられないと思うので、ネシアに来たら肉!というのはアリだと思います。



TURBOさん、あおてんさんとはここでお別れ、私は引き続きGoriさんの車に乗せていただいて次のホテルにチェックインとなりました。
次にやって来たホテルはHokiday Inn Jakarta Kemayoran、昨年7月に2泊して以来の再訪問となりました。フロントデスクでチェックイン手続きを済ませ、部屋に荷物を置いて買い出しへと向かいました。


こちらはチェックインの時に頂いたSpireのベネフィット

Img_0967_web


Spireでクララ部ラウンジアクセスが頂けるんです。最安の部屋を予約していても上層階のExecutive フロアにアップグレードしてくれたりと、あまりメリットの無いSpire会員としては嬉しいホテルです。









ドリアンと買い出しに行こう!という事で、引き続きGoriさんの車に同乗させていただきました。まず最初に向かったのがホテルから一番近いスーパー、Total Buah Segar Sunterとお店、以前ここでドリアンが売られていたそうです。


Total Buah Segar Sunterの場所はこちら




店舗に入るとめちゃドリアンの臭いが!これは売っているのでは?と思って店内を探すもドリアンは無し、Goriさんが店員さんに聞いてくれたところドリアン無いよ!と言われて撃沈です。でもドリアンの臭いはするのでシーズンになれば売っているはずかと。



更に車で東方面に向かい次のハイパーマーケットに向かう事に、そしてやって来たのがCarrefour

Img_0951_web



Carrefourの場所はこちら




ホテルから3kmほどあるので歩道の悪いジャカルタで歩いてくるのは厳しいかなぁ...

Img_0950_web


ホテルでタクシー呼んで、買い物が終わるまで待機してもらって、またホテルに戻って来るのが良いかもしれません。ちなみに夕方になると渋滞が激しくなるためかなり時間がかかります。



1階には食料品などが売っておらず...

Img_0941_web



エスカレーターで2階に行くと食料品が売っておりました。

Img_0942_web


2階の食料品コーナーを物色開始!

Img_0943_web



早々にEXTRA JOSSを見つけることが出来ました。

Img_0947_web


この他にもお米、ミーゴレンなどを購入しました。


このお店、スーパーなのに家電やスマホも売ってますね。

Img_0948_web


スマホコーナーにはメーカーから派遣されている売り子さんの姿もありました。


家電なども売っていてスーパーよりは1段階上になるのかなぁ

Img_0949_web


食料品は2階、日用品、家電などは1階と分かれておりました。
この店舗2階に食料品があるため移動は階段かエスカレーターになります。でも2階にカートがありどうやって1階に持って行くの?と思ったら、2階の端の方に貨物用のエレベーターがあり、店員さんに頼んでこれに乗せていただくようです。私一人で買い物に行ったら知らずにカートをエスカレーターに乗せて移動させていたでしょう...Goriさんが一緒に買い物に来てくれて助かりました。


結局、カルフールでもドリアンが売っていなかったため、どうしてもドリアンが食べたい私はコタ方面に向かう事に。到着したのがロカサリ

Img_0953_web



Lokasari Squareの場所はこちら




ちなみにこの周辺、あまり治安がよろしくないらしいので、1人で行くのは危険らしいです。
インドネシア人もこの辺りは治安が悪い!リュックは前に抱えていないとダメな場所!なんて言ってました。


周辺にはATMもありキャッシングも可能です。

Img_0952_web


でも1回で2,000,000IDRしか引き出せなかったような...
治安がよろしくないので引き出したお金はすぐにしまいましょう!と教わりました。


ロカサリスクエアーから表通りに出ると、道路沿いにドリアンの露店があったりします。今回寄ってみたお店はACIN(アチン)という名のドリアンのお店

Img_0956_web



ACINの場所はこちら




私がお店に到着した時に開店準備をしておりました。露店なので基本お店は無く毎日テント組み立てて出店の準備をしているようです。露店なのにGoogle Mapに掲載されているなんて驚きました。



ここでもGoriさんが価格を聞いてくれ、中サイズは1個120,000IDRらしいです。

Img_0955_web


その大きいのは?と聞くと、これは200,000IDR!と...シーズンでないから高いんでしょうね。


何時からお店やってるの?と聞くと、18時頃からかなぁ...トラックが着いたら開店だよ!なんて言われて横を見るとトラックにドリアンが満載されていました。

Img_0957_web


このトラックがだいたい18時頃に到着するからそれからだね!毎日営業しているよ!なんて言っていたそうです。シーズンでなくてもドリアンが食べられるのは嬉しいですね!そんなこと言ってくれるなら明日も来ちゃうよ!と思いました(笑)


私1人で食べるので中サイズを1個購入

Img_0958_web


不味くは無かったですが、シーズンではない為か果肉が薄いというか、身が少ないというかクリーミーな感じが乏しかったです。


もう一方を開けてみたところ、それほどでもありませんでした。

Img_0960_web



しっかり果肉があり、ま~ま~のお味でした。

Img_0961_web


シーズンハズレなため1個120,000IDR、日本円にしたら1個1,000円ほどです。これをシンガポールで食べると1個3,000円以上の価格になってしまうため、やはりインドネシアで食べたほうがお安く食べることが出来ます。ただし夜にならないとお店が営業しないので、日中に食べることが出来ないのは残念


Goriさんにホテルまで送っていただき、何から何までお世話になってしまいました。Goriさんに感謝です。ありがとうございます。
ちなみにこれは箱階したミーゴレンです

Img_0962_web


1箱買うと少し安くなるよ!とのPOPが店内にあり箱買いしたのですが...1箱40個入っていて箱買いで1個オマケになるような値段でした(笑)ちなみにインドネシアでミーゴレンを買うと1個20円ほどです。安っう!!!これ美味しいので2箱ほど買っておけばよかった...


ホテルに戻ってきた私は、そろそろシンガポールのブログをアップせねば!ということで、3時頃までブログアップに励んでおりました。

Img_0966_web


深夜になってもベッドにゴロンすらしていない状況です...ちなみにお昼を食べすぎたので夕食なしでした(笑)




2017年11月15日 (水)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 ジャカルタのホコ天ことカーフリーへ

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




ジャカルタ滞在3日目の朝です。
この日はホテル移動のため昼過ぎにはチェックアウトする必要があります。しかしホテル前の大通りはカーフリーという歩行者天国になっていました。

Img_0880_web


昨夜の夕食の時に明日は日曜日でカーフリーだから昼過ぎないと動けないよ!と聞いていたので覚悟は出来ていました。しかしものすごい人の数、どうせならと思いカーフリーを楽しみに行く事にしました。


朝からマイクで煩いなぁ!と思っての起床、ホテル前でエクササイズが開催されていました。

Img_0881_web


ジャカルタっ子がノリノリで踊っています。



北方面に少し歩いてみること、するとフリマ?の様な露店が!

Img_0882_web


ベルト、洋服、スニーカー、スマホ関連、色々な露店が出ているため、散歩がてらウインドウショッピングするのも楽しいかと思いました。


と思ったら車のクラクションが!

Img_0883_web


路線バスだけは動いているんですね!
まぁ地下鉄などの公共交通機関の無いジャカルタ、路線バスが動かないと市民の足が無くなってしまうので動いているのでしょう。


路線バスが過ぎ去った後はホコ天状態に戻ります。

Img_0884_web


更に北方面に行ってみることに。


ネシアのキャラクターの着ぐるみなんですかね?

Img_0885_web


身長からすると中に入っているのは子供みたいです。



8分の道のりを20分ほど歩きSelamat Datang Monumentまでやって来ました。





Selamat Datang Monumentからやって来た道を撮影、ものすごい人の数です!

Img_0886_web


人口第4位のインドネシアの人口の多さに圧倒された感じです。



っと思っていると現れたのがドラえもん

Img_0887_web


ドラえもん脚長くなったんだ!(笑)
ここからは反対側の車道を歩き南方面に向かう事にしました。


露店の他には屋台が大集合しておりました。

Img_0888_web


朝食食べてないし屋台で何か食べようかと思いましたが、屋台で食べると腹壊すよ!と教えられているので、ここは我慢してスルーです。でも怖いもの見たさで一度は食べてみたいかも(笑)


こちらも着ぐるみ、中国の歴史上の人物なんでしょうか?

Img_0889_web


おぉ!これはチャレンジできるのでは?と思う屋台を発見!

Img_0890_web


提供されているのは中華まん系です。

Img_0891_web


試に1個食べてみようと思い、オッチャンにHow much?と聞いたら7,000と
OK!と返答するとチキン?と聞かれたので、うなずきました。

それで頂いたのがこちら

Img_0893_web


日本の中華まんより大きいです。
ネシアの人は辛いのが好きなのか、サンバルソースが付いてきました。


チキンマンの中身は...

Img_0894_web


持った瞬間、重量感を感じず軽いと感じたので具材は少なかったです。
お味はというと可もなく不可もなく...めちゃ美味しい!という物では無かったかな。
購入するときにチキン?と聞かれたので、他の味もあったのかと思います。
でも7,000IDRは安いですよね...日本円でいったら60円程度です。


露店ではSIMも売っていました。

Img_0895_web


厳密にいうとSIMではなくデータだけを売っている感じですかね。
インドネシアのSIMは別売でデータを買う必要があるらしいです。


こちらはXboxのパクリのMbox?と思ってみていたら

Img_0896_web


持ち歩き出来るカラオケでした。

Img_0897_web


タブレットに繋いでカラオケを楽しめるようです。
昔、日本でもハンディーマイク型のカラオケがテレビ通販とかで売られてましたよね。これが進化してタブレットに繋いでテレビカラオケ出来るような感じかと。


ホカベン?も売られてました。

Img_0898_web


近くで食べている人のを見たら、ご飯と揚げ物でした。インドネシアの人は揚げ物大好きらしいです。ちなみにホカベンではなくホクベンになるらしいですが、出店には「ほかべん」と書かれてました(笑)


こちらは移動遊園地?

Img_0899_web


3歳くらいまでの子供が楽しんでおりました。



ここちらでも怪しい着ぐるみが踊っておりました。

Img_0900_web


中に入っているのは子供みたいですね。



プラスチックバケツを使ったドラマー

Img_0901_web



点心の屋台もありました。

Img_0902_web


4個10,000IDR、90円程度ですかね。









ツイートでカーフリーの様子をつぶやいていると、日本にいるちゃんどら~さんからJOSSを飲め!と指令が入りました。せっかくネシアに来ているのだから露店でJOSSを買ってみよう!と思い、飲み物を売っている自転車の元へ

Img_0903_web



EXTRA JOSS!と言って購入成功!おにーちゃんが作ってくれます。

Img_0904_web


JOSSをコップに入れて、氷入れて、ペットボトルの水入れてくれて完成!

Img_0905_web


一番小さいのが10,000IDR紙幣しか無く、これ出したらお釣りくれませんでした...
事前情報では1杯3,000IDRと情報を仕入れていました。ネシアの風習でお釣りは出ないらしいです。30円の飲み物を100円で買ったと思えば良いのかなぁ...



これだけ露店があるならドリアンの露店もある?と思い探してみましたが全く見つからず...やっと見つけた!と思ったのこちら

Img_0907_web


チェンドルにドリアンを入れた物を売っているようです。
買うかどうか露店の前で考えていると、ひっきりなしにお客さんが買っていくではありませんか!食べないで後悔するより食べて後悔する方が良いのでは?と思い買ってみることにしました。


オッチャンが作るのを見ていると、まずカップにドリアンペーストを入れます。

Img_0908_web



次に氷を入れて

Img_0909_web



そして緑色のゼリーの様な物を入れています。

Img_0910_web



米粉で作りタコノキの葉で緑色に着色されているようです。

Img_0912_web



ココナッツミルクとシロップを入れて完成のようです。

Img_0914_web



頂いたのがこちら、比重の関係でシロップが下に沈んでます。

Img_0916_web


1杯10,000IDRでした。


スプーンも一緒に渡されたので、飲みながら食べるのかな?

Img_0918_web


かき混ぜてから頂きましたが、ドリアンの味はそれほど強くなく、どちらかというとシロップの甘みが強く、微かにドリアンを感じる味でした。


スプーンを使わなくてもせりーの様な物はストローで吸う事も出来ました。

Img_0919_web


これ意外とおいしかったですね。機会があればまた食べてみたいです。



チェンドルを頂きながらホテル方面に戻っていると

Img_0921_web


10時頃にはだんだんと人が減り、片付け作業をしている露店が多くなりました。
12時まで車が走れないのでは?と思ったら、11時頃から車が走り始めておりました。
ジャカルタのホコ天ことカーフリー、意外と面白かったですね。また日曜日に滞在することがあったら寄ってみたいと思います。




2017年11月14日 (火)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 ジャカルタで日本食

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




ジャカルタ滞在2日目です。

Img_0835_web


この日は特段やることが無く、何して過ごそうかと皆様と話をしておりました。
とりあえず皆様と合流する前に身支度を整えなければ...


朝一発目からJOSSをWできめてみました!

Img_0836_web


ペットボトル1本が500mlでなく600mlなため、JOSSを2袋にしただけなのですが...
これで1日の最大摂取量の2袋を取ってしまったため、本日はこれで打ち止めです。
JOSSを飲んでくつろいでいるとTURBOさんから連絡があり、もう1つのホテルに向かうとちゅだとか...どうせなので同行させていただきました。



やって来たのはHoliday Inn Express Jakarta Wahid Hasyim

Img_0840_web



Holiday Inn Express Jakarta Wahid Hasyimの場所はこちら





現在私が宿泊しているHoliday Inn Express Jakarta ThamrinからHoliday Inn Express Jakarta Wahid Hasyimまではタクシーで10分ほどの距離、ほとんど同じ値段なためどちらに宿泊するか悩みましたが、近くに大きなショッピングモールがあれば1人でも飯は何とかなるのでは?と思い今回のホテルにしました。次回はWahid Hasyimに宿泊してみよう!と思っていたので同行できるのは嬉しいです。宿泊せずに事前にホテルの部屋が分かるので。


こちらはフロントデスク横の朝食会場

Img_0841_web


Thamrinより新しく綺麗な感じ
既に朝食が終わっていたので、朝食内容を確認することは出来ませんでした。
まぁ確認してもここで朝食を食べることは無いと思いますが...


気になるお部屋はThamrinより少し広め

Img_0837_web


一応、ソファーなどもあってThamrinより良い感じがします。


ワークデスク

Img_0838_web


こちらはThamrinとそれほど変わりないかなぁ



窓側から室内を撮ってみました。

Img_0839_web


Thamrinより新しいらしく少し綺麗な感がします。
水回りはトイレとシャワーのみ、基本浴槽が無いのは同じですね。
少し歩けば百貨店もあったり場所的にはそれほど悪くない感じです。



TURBOさんと一緒にリッツカールトンに戻り全員集合、お昼を食べに隣接したパシフィックプレイスに行こうという事になりました。
パシフィックプレイス、4階より上に飲食のお店が入っているらしくエスカレーターで上層階へ

Img_0842_web


最近のショッピングモールにある中吹き抜けタイプです。



どんなお店が入っているかぐるっと一回りすることに

Img_0843_web


水上に船がありそこでご飯も食べられるようです。



しゃぶ里

Img_0844_web


ネシアを中心に東南アジアで展開されているしゃぶしゃぶのお店らしいです。



油そば岩田

Img_0845_web


油そばのお店らしいです。
油そばは時々食べに行きますが、私が行くのは武蔵境の珍珍亭
ここは1杯40,000ほどから食べられるようです。


鼎泰豐

Img_0846_web


ネシアの鼎泰豐は世界一不味い鼎泰豐と言われているそうです。
イスラムの国で豚肉が手に入り辛いのが原因と思われますが...


mottomoo

Img_0847_web


ハンバーグのお店らしいですが、カタカナのンがおかしな感じでした(笑)


大戸屋

Img_0849_web


日本ではよく見かける大戸屋ですね。
定食などの日本食が食べたくなったらここに来るのが良いのかと。

他にも日本食のお店や洋食のお店が沢山ありました。
パシフィックプレイスが高級モールという事で、色々なお店が入っておりました。









太郎さん何食べたい?と聞かれたので、そらぁ~ネシアに来てるからネシア飯!と答えると全否定食らいまして...TURBOさんとGoriさんは久々のジャカルタ訪問らしく、ジャカルタに来たら日本食が食える!ということで日本食希望でした。ネシア語が全く分からない自分、ここは従って日本食に行くしかないかなぁ...ということでラーメンを食べに行く事に


やって来たのは一風堂

Img_0850_web



横浜家系ラーメンなども提供されているそうです。

Img_0851_web



土曜日という事で店内は家族連れが多い感じでした。

Img_0852_web


豚肉を使っていることから店内にいる方は中華系の方が多いように見えました。


私が注文したのはシンプルにとんこつラーメン

Img_0853_web


日本で食べるとんこつラーメンと比べて酷い!ということも無く美味しかったです。
ラーメン食べたくなったらここもアリでしょうが、サービス料も取られてしまうので日本で食べる値段と変わりなかったように思います。日本から遠く離れた場所で美味しい日本食を頂けるのが割高になってしまうのは仕方ないですね。



夕食はどうします?となり、どうせならブロックMまで行って日本食にしますか!となりましてお店を予約、そして時間になりタクシーに乗り込みブロックMへ
途中私が日本で乗っているGOLF!が目の前を走るではないですか!

Img_0859_web


とおもってよく見たらGTIをR32風に仕上げてあるGOLFでした。遠くネシアでもこの様なドレスアップしている方がおられるとは...


やって来たのがBlok Mです。

Img_0860_web


この辺りは日本人街?らしく日本人向けのお店が多いようです。



やって来たお店は美卯

Img_0861_web


ジャカルタで本格石川の郷土料理が頂けるお店で、焼肉などもあるらしいです。



美卯の場所はこちら






お通し

Img_0862_web



ネシア料理っぽくサテー

Img_0864_web



シンガポールに何度も行ってますがサテーは初めてだったりします。

Img_0865_web


東南アジアの焼き鳥というとこでしょうか


刺身の盛り合わせ

Img_0866_web


刺身の盛り合わせの反対側

Img_0868_web


マグロ、カツオ、昆布締め、サーモン、ホタテなどがありました。


ネシア料理が食べたいという私のためにスープだったかな...

Img_0869_web



スティックサラダ

Img_0871_web



TURBOさん持ち込み?のイカ焼き

Img_0873_web



店内はとても綺麗で日本的な雰囲気、聞こえてくるのはほとんど日本語でネシアの方のお客さんはほとんどおりませんでした。店員さんも少しだけ日本語が通じる方がおられるようで、注文するのも日本語でOK?みたいな感じです。
基本海外に行ったら現地の物を!と思っているため、海外で日本食を食べることが殆ど無い自分ですが、これだけの物が食べられるならアリでしょうね。ただ物価の安いインドネシアでも日本で食べる値段とほぼ変わりない価格だと思いました。




2017年11月13日 (月)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 リッツカールトンでオフ会へ

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。



今回のジャカルタ滞在でHoliday Inn Express Jakarta Thamrinを選んだのは近くに大きなショッピングモールもあるからです。

Img_0801_web


徒歩10分程度の場所にグランド インドネシアというショッピングモールがあり、このショッピングモールにSEIBUが入ってます。SEIBUということでモールの中は天や、ベスト電器や多くのお鮨店がありました。


グランドインドネシアの場所はこちら




おなかも空いたので少し早いですがお昼を頂くことに。私は当然インドネシア語なんていうものは全く分からず、知っている言葉と言えばsya程度...それでもせっかくインドネシアに来ているのだからネシア料理を食べたい!ということで指さしで注文できそうなネシア料理のお店へ

Img_0802_web


入ったお店はWarung Leko Grand Indonesia

Img_0803_web




グランドインドネシアのWarung Leko Grand Indonesiaの場所はこちら




5階というか5のフロアーにお店はあります。


テーブルの上にPOPがあり、これが決め手でこのお店を選びました。

Img_0805_web


写真入りのメニューがありましたがどれを注文してよいのか分からず...結局テーブルにあったPOPを指さしでナシレマとミーゴレンを注文してみました。ぶっちゃけナシレマとミーゴレンならシンガポールやマレーシアでも食べられますね。


ドリンクはジュースを選択

Img_0804_web



ミーゴレン、59,000IDR++

Img_0806_web


ナシレマ、59,000IDR++

Img_0807_web



鶏の骨付きモモ肉、値段は忘れてしまいました。

Img_0810_web


この鶏肉は美味しかったですね。
ショッピングモールという事で少しお高めの価格となっているようで、1食2,000円程度のランチとなってしまいました。


食後、地下のフロアーに行けばスーパーがある?と思い地下フロアーに来てみると、香港でお馴染みの添好運がありました!

Img_0811_web


まさかジャカルタで点心を頂くことが出来るなんて!
でもせっかくネシアに来ているので今回は頂かずに帰ろうと思います。


こちらが地下のスーパーで買ってきたお米

Img_0812_web


5kg×2袋で128,000IDR、1袋64,000IDR、日本円にすると550円ほど...インドネシア米安っう!!!


夕方になりオフ会会場のThe Ritz-Carlton Jakarta Pacific Placeに向かう事にします。
私が宿泊しているホテルから直線で3.5kmほどですが、車で行くとUターンする必要があったりとで6kmほどになるようです。

Img_0813_web

しかも夕方という事で渋滞していて5.3kmの道のりを30分ほど掛かるようです。









30分かかるはずの移動がなぜか15分程度で到着、理由はタクシーがバスレーンを走っていたからです(笑)警官がバスレーンを走れと案内したのかは知りませんが、バスレーンを走っていたため意外と早く到着できました。

Img_0814_web



ホテルの車寄せだと思った場所はモールの車寄せらしく...

Img_0815_web


ホテルへの行き方が分からない状態です。
運転手さんに Ritz-Carlton!と言っても?顔だったので、Pacific Placeと言ったところこちらに連れてこられました。


パシフィックプレイスの場所はこちら




Ritz-CarltonはPacific Placeと同じ建物と言いますか、同じ場所なんですが入り口が異なるため移動するには少し面倒なようです。
そこでRitz-Carltonに宿泊しているTURBOさんに連絡を取り迎えに来ていただきました。


待ち合わせしたのがマクラーレンの前

Img_0817_web


無事TURBOさんと合流することが出来ました。
モールからホテルへの行き方、一度地下に行ってから移動することでホテルへつながるエレベーターに乗ることが出来るようです。
TURBOさんとはツイッターでやり取りをしていますがお会いするのは初めてです。


皆さんが集まるまで少し時間があったため宿泊しているお部屋を見せていただきました。

Img_0818_web


角部屋?という事でかなり広かったです。


こちらは水回り、広く使い勝手も悪くなさそうです。

Img_0819_web


浴室から部屋を見た感じの写真です。

Img_0820_web


これだけ広ければ十分かと思います。


窓からの景色も良く首都ジャカルタの中心部を見渡せます。

Img_0822_web


リッツカールトン良いですね!私では高くて宿泊できませんが...
ジャカルタはマリオット、SPGのホテルが多いように感じます。IHGもインターコンチネンタルがあったそうですが、2017年4月にリブランドされ、今はAYANA Midplaza JAKARTAになっているそうです。


全員そろっていませんが、一足先にクラブラウンジでカクテルタイムを楽しむことになりました。

Img_0824_web


こちらのクラブラウンジも広くかなり居心地が良い感じ


こちらに向かっているあおてんさん、渋滞していてなかなか到着しないため、先にミールなどを頂くことに。なんと!お鮨まで用意されていました。

Img_0825_web


結局私はお鮨を頂きませんでしたが、TURBOさん曰くシャリが美味しくなかったそうです。
どんなミールが提供されていたかはTURBOさんのブログにてご確認ください。


わたくしめが頂きましたミールはこちら

Img_0826_web



フルーツ

Img_0827_web


お代わりしてみました。

Img_0829_web


ここのラウンジはミールが豊富で、夕食として十分な以上なほどで、ご飯まで提供さえていますから十分夕食となってしまいます。


渋滞から抜けホテルに到着したあおてんさんも合流、その後ジャカルタ近郊のチカラン工業団地に駐在しているGoriさんも合流し、4人でラウンジを満喫しているとスタッフが何か持って私たちのテーブルに

Img_0830_web


どうやらこの中に誕生日の方がおられるようでして...


あおてんさんが数日前にお誕生日だったらしく、スタッフがお祝いしてくれました。

Img_0831_web_2


あれ?私は9月の誕生日にシンガポールに宿泊したけど、今年は何もなかったなぁ...完全に忘れられていたパターンです。あおてんさんは事前に誕生日アピールしていたそうで、やはりアピールすることは重要なんですかね...でもアピールすると催促しているような気がしないでもないですが。ケーキは4人で頂き、余った分はラウンジスタッフに食べていただいたようです。


8時30分過ぎ頃からデザートの追加があり、チョコレートフォンデュが提供されていました。

Img_0833_web


私はこれも頂かずで...
スタッフの感じも良いし、ミールの内容も良くリッツカールトンお勧めですね!
これに比べるとインターコンチネンタル シンガポールのカクテルタイムが寂しすぎて悲しくなります。ただしリッツカールトン、ジャカルタとしては少し高めの価格設定、1泊3万円からになるようです。リッツカールトンとしては安いですが、ジャカルタのホテルとしてはかなりな値段になると思います。

ラウンジの後はラスクさんも合流し場所を変えて、あおてんさんの部屋で部屋飲みへとなりました。




2017年11月12日 (日)

ANA SFC修行2017 ジャカルタオフ会参加修行 Holiday Inn Express Jakarta Thamrinへ

私がジャカルタに訪問する日程に合わせインドネシア在住のツイッター仲間が集まってくれることになりました。すぐにジャカルタ滞在の日程は決める事が出来ましたが、この他にもう1度海外に行かねばプラチナにも到達しない!ということから、もう1か国行くかガチ修行をするか悩み、本望ではありませんが今回はガチ修行を兼ねてジャカルタに行くことにしました。



2017/10/12 ANA473 B773 JA757A HND-OKA 13:15-15:55 Y 1,476PP 14,390JPY
2017/10/12 NH0472 B773 JA757A OKA-HND 16:45-19:10 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/12 NH0871 B788 JA834A HND-CGK 23:30-05:05 Y 2,709PP 32,670JPY
2017/10/17 NH0856 B789 JA890A CGK-HND 21:25-06:50 Y 2,709PP 31,350JPY
2017/10/18 NH0467 B773 JA756A HND-OKA 08:40-11:25 Y 1,968PP  5,290JPY
2017/10/18 ANA996 B772 JA704A OKA-NHD 12:55-15:20 Y 1,476PP 13,990JPY



1便目は旅割28、6便目は旅割45での購入、2便目から5便目までの4区間は国際線購入の予約クラスSとなっております。ガチ修行はしない!とさんざん言っておきながらのガチ修行、しかも6便全てエコノミー搭乗です。

どんな旅になったでしょうか。




ジャカルタ到着後、SILVER BIRDのタクシー乗り場へ

Img_0775_web_2



今回の車はTOYOTAのカムリでした。

Img_0776_web


これが運が良いとメルセデスのEクラスになったりします。



空港から向かった先は2泊するお宿のHoliday Inn Express Jakarta Thamrinへ

Img_0786_web


早朝という事もあり40分ほどで到着することが出来ました。


Holiday Inn Express Jakarta Thamrinの場所はこちら




このホテルはジャカルタ中心地近くにあるため今回のオフ会会場のホテルに行くのも便利です。

Img_0785_web


今回はオフ会会場のホテルへの移動距離を少なくするためにこのホテルにしたといっても過言ではありません。ジャカルタにあるIHGのホテルはHIEXが多く、他のチェーンに比べると少し寂しい気がしますが、その分安くホテル修行できると思うしかないようです。


ホテルに到着したのが6時半頃、まだチェックインには早いですがチェックイン手続き

Img_0777_web


まだ部屋が出来ていませんが朝食を食べてお待ちになりますか?と聞かれたので、朝食はお断りし飲み物だけ頂いて待たせていただくことに


フロントデスク奥には無料の休憩スペースの様な場所があり、こちらで待たせていただくことに。

Img_0778_web


朝食会場がそれほど広くないため、ここに朝食を持ってきて食べている方もおられました。



食べはしませんが朝食の内容を見ることに
提供されているフードはこのコーナーだけの様でした。

Img_0779_web



ゆでたまご

Img_0780_web



パスタとカリフラワー

Img_0781_web



平打ち麺の中華焼きそば?

Img_0782_web



パン類

Img_0783_web



フロントの方がお茶と一緒にパンを持ってきてくれました。

Img_0784_web


パンはこんな感じもの物が提供されています。


少し写真では分かり辛いですが、飲み物はL字のフロントでクスにも提供されています。

Img_0787_web


オレンジジュースとアップルジュースが提供されていました。









フロントデスク横で1時間半ほど待ったでしょうか、お部屋の準備が出来たとの事でキーカードを頂きました。アサインされたのは2階(1階が0階扱いのため実際は3階)の一番奥の1ベッドの部屋

Img_0788_web



ワークデスクとテレビ

Img_0789_web



無料のお水とお茶類

Img_0790_web


コップがあまり綺麗では無かったのは減点対象、まぁほとんど使わないから良いかも...



クイーンベッド

Img_0791_web


Img_0792_web



窓側から部屋を見た感じです。

Img_0793_web


香港の旺角、シンガポールのカトンりは広いかな...
香港のお隣の羅湖のHIEXだと室内にソファーもありもう少し広いです。荷物置いて寝るだけのホテル、1泊3,000ポイントプランで宿泊しているため、ガチ修行と割り切って宿泊するなら良いかと。このホテルの最安価格は50USD++ほど、安く滞在したい方にはオススメです。


続いて水回り、どこにでもあるHIEXと何ら変わりありません。

Img_0799_web


トイレと洗面台

Img_0795_web


洗面台とアメニティー

Img_0796_web


アメニティーは歯ブラシ、シャワーキャップ、メイク落としのコットン程度


シャワールーム

Img_0798_web


オールインワンのシャンプー&ボディーソープが設置されています。
これを使う気は無いのでSuite Loungeでシャンプー等を頂いてきました。


Img_0797_web


気になるシャワーの水圧は悪くなかったです。
ほぼほぼ平均的なHIEX、これで最安50USD++なら文句は無いでしょう...


このフロアーのエレベーターを降りたところにランドリールームがありました。

Img_0922_web


利用方法はトクーン方式でフロントで買うことが出来ます。
部屋付に出来るの?と聞いたところ、OKよ!とおうのでお願いしたところ、スタッフの方が手間取っていたので、現金でも良いよ!と言ったところ現金で購入することに...トクーン2枚で75,000IDR程度だったと思います。日本円でいうと700円程度ですかね、これで洗濯と乾燥が出来るなら高くは無いかなぁ...でもインドネシアの物価を考えると高いかも。ちなみに洗剤は自動投入ではなく、トクーンを買ったときに液体洗剤を一緒に貰えます。
自分で洗濯したくない方向けでしょうか、部屋のクローゼットに洗濯袋があり価格表も置いてありました。




オススメ