2019年10月 2日 (水)

順徳から深圳までの移動方法

今回の広東滞在は広州→順徳→深圳の順で回ることにしました。ここで問題になるのが順徳から深圳への移動です。鉄道を使うなら順徳駅から広州南駅に動車に乗り、広州南から高鉄で福田まで行き、地下鉄に乗り換えて羅湖へというルートになります。これだと距離的にも時間的にも無駄が多いため、珠江口を横断できるルートはないものか調べておりました。タクシーで行くと400元の費用が掛かるため却下!残るは長距離バスを探すしかない!となりました。初めて滞在する順徳、右も左も分からないのにバス路線を見つけることは出来るのか?となりましたが、そこは必死に探しました。すると顺德大良客运总站から深圳侨社まで長距離バスで行ける事が分かりました。という事でホテルから顺德大良客运总站までタクシーで移動し、ここから長距離バスに乗り込んで羅湖まで行こうという作戦です。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5540784558909628"
data-ad-slot="9842851190"
data-ad-format="auto">






まず宿泊していたHoliday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)を11時頃にチェックアウト

Img_0948-web

チェックアウト手続きの際にタクシーを手配して頂き顺德大良客运总站まで向かいました。タクシー料金は25元前後だったと思います。


顺德大良客运总站の場所はこちら




中国語のサイトで、顺德大良客运总站と順徳汽車客运总站は同じ客运总站?などと質問してあるサイトがありましたが、2つは同じバスターミナルとなり表示が違うだけのようです。


タクシーに乗り20分ほどでしょうか、顺德大良客运总站にやって来ました。

Img_1066-web

何処でチケットを買うのかと思い、ticket selling hallの案内があったのでそちら方面に行ってみると、窓口1つが開いておりました。仕方なくその列に並んでいると少し様子がおかしい...皆さんIDを出して現金を受け取っている感じで。もしかして並んでいるところは返金窓口?と思いましたが、他にチケット売り場の窓口は閉まっているし!それなら何処でチケット買うの?と思い、写真の緑色の場所で何処でチケットを買えるのか中国語で聞いてみました。するとここで買えるよ!と...IDが必要だから出して!と言われたので、そんなの持ってない!パスポートで良いか?と聞き、パスポートで購入できました。


こちらが購入した顺德大良客运总站から深圳侨社までのチケット

Img_1068-web

中国は転売防止のため、バスチケットを購入するにもIDが必要なんですねぇ...そおいえば以前そんな話を聞いたことがあったかも。
チケット代金は80元と意外とお高め!13:10発で2時間の所要時間です。


実は事前にWebで時刻表や価格は調べておりました。
このサイトから中国全土のバス路線を探す事が出来るようです。

https://www.checi.cn/qichezhan/458_2076/2882/



バス待合室に入るために保安検査を受けなければなりません。と言っても空港のように厳しい保安検査ではなく、地下鉄に乗るときに受ける検査と変わりなく、保安検査やってるよ!というアピールだけのような気もします。


保安検査を抜け待合室の乗車場所にやって来ました。
ここで次のバスの案内が表示されています。

Img_1067-web

チケットには2号と書かれているのに表示がありません...
仕方なく服務員に聞くと、ここから乗車になるから近くで待ってて!と言われました。


乗車時間が近づくとモニターの表示が変わりました。

Img_1070-web

内心、もっと早く表示を変えてくれよぉ!って思いました。


2番乗車口を抜けると8番に深圳侨社の案内がありました。

Img_1072-web


8番に停車しているバスを見ると...マイクロバスではないですか!

Img_1071-web

そおいえばWebに中型車と書いてあったのは、この事だったのですね...中型の意味が分かりました。






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5540784558909628"
data-ad-slot="9842851190"
data-ad-format="auto">






 マイクロバスに乗り込み定時に出発となりました。

Img_1073-web

乗客は全部で10名ほど、これならマイクロバスで十分ですね。


途中、工事をしていて渋滞!、皇崗口岸近くの高速で口岸を抜けるためのトラックで大渋滞!と何度か渋滞があったため、2時間の所要時間のところを2.5時間ほど掛かってしまいました。渋滞になっても歩いて移動するわけではなくバスに乗っていれば良いだけなので、乗り換えのある鉄道移動と比べると楽だと思います。

Img_1074-web

バスは深圳の福田近くで一度停車、数名がここで下車していきました。



予定から少し遅れて深圳侨社に到着、約130kmほどを2.5時間かけて移動してきま

Img_1076-web


深圳侨社の場所がGoogle Mapで表示できないため、地図での案内は無し、画像の青い①の場所になります。

Photo_20190929065301

深圳站及び羅湖口岸の西側で、どちらにも徒歩で移動できます。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5540784558909628"
data-ad-slot="9842851190"
data-ad-format="auto">






中国は中長距離バスが沢山走っているため、都市間移動をバスで行うと安く移動でき便利だと思います。
先ほどのサイトで全国のバス路線を探すことができるので、ぜひ活用してみてください。



2019年10月 1日 (火)

順徳人家で早茶

順徳滞在時の早茶はどこにしよぉ?とWebで調べていると、ヒットした多さが圧倒的に順徳人家でした。

Img_1032-web


順徳人家で早茶をするにしてはホテルから遠いなぁ...またタクシー?という距離です。昨日夕食を食べた凯盈阁私房菜から徒歩15分ほどで順徳人家まで来る事が出来るんです。という事でホテルでタクシーを手配して頂いて順徳人家(黄金広場店)までやって来ました。

Img_1033-web

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)からタクシーで25元ほどです。


順徳人家の場所はこちら









1階から階段で2階へ行くと順徳人家の入り口が在ります。

Img_1034-web

入り口で1位と告げ、何か言われましたが、ウンウンと首を縦に振って案内して頂きました。
何を言われたのか理解できませんでしたが、とりあえず首を立てに振りました(笑)


そして案内されたのが入り口近くのテーブル、牡丹02です。

Img_1059-web


店内の感じはこの様な感じで、この大きさの部屋がいくつか有るようです。

Img_1035-web


すると店員さんがメニュー表を持ってきました。
 
Img_1036-web

あれ?メニューこれだけ?飲茶のメニューが妙に少ないんですが...と思いながらメニューを見ておりました。
そして内容をよく確認すると、本当に飲茶のメニューが少ないんです!蝦餃なども有りませんし!他のテーブルを見回すと、このメニューとは違うメニューを見ている方がおられるではないですか!すかさず店員さんを呼んで、有没有飲茶的菜単?と聞きました。すると中国語で何か言ってくるも聞き取れず...仕方無しにスマホの翻訳アプリを立ち上げ、中国語入力にしてから渡し入力してもらいました。すると、あなたは宿泊者か?と???宿泊者って意味がよく分からないですが、宿泊者ではないので不是と言って飲茶のメニューをいただけました。

Img_1039-web


これでようやく点心を注文することができます。でもなんで宿泊者なんて聞くんだろう?と思って調べてみると、順徳人家は酒店もあるんですね...知りませんでした。最初に渡されたメニューは宿泊者用の朝食メニューで、ホテル代込みになっているようです。飲茶は別料金だよ!っていうことですね。最初に店員さんに何か言われたのは、あなたは宿泊者か?と聞かれたのかも。それで私が首を立てに振ったので宿泊者用のメニューが出されたということかと。

Img_1038-web


こちらが飲茶のお値段

Img_1040-web

小点7.8元、中点8.8元、大点10.8元、特点13.8元、佳点14.8元、頂点17.8元、超点19.8元、精点20.8元、
周六日、及節暇日点心加1元、普通茶位6元/位と書かれています。
点心の価格は数量を記入する場所に超、精など書かれているため、容易に判断することができると思います。土日祝は各点心ごとに1元追加、普通のお茶は1人6元となります。まぁ比較的良心的な値段で、広州酒家と比べると3割ほど安いと思います。3割安くてもお味が広州酒家以下ならねぇ...意味ないですよね!


こちらが飲茶用のお茶のセット

Img_1057-web

ちなみに宿泊者用のお茶はティーポットで提供されます。最初は宿泊者だと思われたので、ティーポットでお茶が提供されました。




初めて点心を食べるお店では、注文するものがほぼ決まっています。

Img_1041-web

同じ物を食べないと比較できないから!というのが、注文するものが決まっている理由です。
ということで顺德人家虾饺皇、鲜竹牛肉球、原笼马垃糕、玉米豆角粒肠、京䓤叉烧包を注文です。



鲜竹牛肉球 超点19.8元

Img_1042-web


正直なところ、牛肉球はあまり好きではない点心でした...ここで牛肉球を食べるまでは。

Img_1043-web

この牛肉球を食べてみたところ、ウマイ!牛肉球ってこんなに美味しかったの!と感動です。
そしてウスターソースをつけて食べるとさらに美味しい!牛肉球にウスターソースってこんなにマッチするの!と思いました。
今まで牛肉球にウスターソースがついてくる意味が分かりませんでしたが、この牛肉球で意味が分かりました!


そして、あまりの美味しさに牛肉球を割ってみました。

Img_1056-web

シャキシャキした食感もしっかりあるしで、間違いなく過去一美味しい牛肉球です!



続いて原笼马垃糕 特点13.8元

Img_1044-web

正直なところ馬垃糕に関しては香港蓮香茶室の方が好きです。
大きな蒸篭で蒸され、小さく切った物の方が美味しいと思うんです。


しかしこの馬垃糕、小さい蒸篭で提供されるタイプでは過去一美味しいです。

Img_1045-web

これで13.8元、220円ほどですから安いですね!



続いて顺德人家虾饺皇 精点20.8元

Img_1046-web

蝦餃が4個で20.8元、333円ほどと格安の値段


1個もかなりの大きさがありますが、お味は?

Img_1047-web

点心に店名がつくだけあって、この蝦餃はぷりぷりで美味しい!


なんでこんなにぷりぷりなんだぁ?と思い、分解してみました。

Img_1055-web 

すると蝦のすり身は使わず、蝦が数匹入っていました!どこでも共通することなのですが、ぷりぷりな蝦餃ですり身を使っているお店は、私の過去の経験上ありません。香港で食べる蝦餃がイマイチなのはすり身を使っているからなんです。広州で蝦餃が美味しいお店は、すり身を使わず蝦が数匹入っています(毎回確認済み)
この品質で4個入っていて20.8元、333円ほどですかぁ...まいりました!という感じです。



玉米豆角粒肠 佳点14.8元

Img_1048-web


腸粉にコーン、ねぎを加えたシンプルな腸粉です。

Img_1049-web

シンプルな腸粉なんですが、ぷりぷり感がたまりません!


見てください!腸粉の1つの層が分厚いこと!

Img_1053-web

この厚みがぷりぷり感をかもし出すんですね!!!しかも240円ほどですよ!
本当は紅米腸粉を注文したかったのですが、それがメニューに無く致し方なくこちらを注文しましたが、美味しさにびっくり!

だいたい初めて行くお店では、これらの4点を注文します。しかし今回はお腹の調子がよかったので、もう1点心を注文してみることにしました。そしてメニューを見てオススメ!となっていた事から、京䓤叉烧包を選びました。


京䓤叉烧包 佳点14.8元

Img_1050-web

蒸した叉焼包ではなく、焼いた叉焼包なんですねぇ...


見た感じ、油が強そうで...どうなんだろ?と思います。

Img_1051-web

ところが食べてみると、これが美味しい!
叉焼包って蒸かす物!という固定概念が無くなりました!


これは美味しいね~!と思い、中を割って写真を撮ってしまいました。

Img_1052-web

これで14.8元、約240円、1個80円の価格です!


こちらが今回注文した点心

Img_1054-web

あまりの美味しさに全部揃った写真を撮りたいと思い、各1個を食べたところで他の物が来るのを我慢しておりました!(笑)


こちらがお会計、点心5品とお茶代で91元、約1,500円ほどです。

Img_1058-web

5点注文して100元以下、しかも全てが過去一美味しい点心というおどろき!
これはもう、広州に寄らずに順徳に滞在するほうがよいのでは?と思いました。
絶対に来ます!また絶対に順徳に行きます!そして順徳人家で早茶します!と心に誓いました。
次回は他の点心も注文してみたい!!!


順徳人家の詳細情報
顺德人家食府(黄金广场店)
大良街道太艮路11号黄金商业广场2层
(0757)29828283
営業時間08:00~14:00、17:00~21:00







さて、順徳人家で美味しい早茶を終えた後は、路線バスに乗り込み...次の食事会場に向け出発です!(笑)

Img_1060-web

昨夜と同じく380番の路線バスに乗り込み次なる場所へと向かいますが、380番のバスは路線が長いため従量制での運賃支払いとなるようです。乗車時に運転手さんから去哪里?と聞かれました。去哪里って言われてもねぇ...中国語の発音が分からないし!と思い、スマホの百度地図の経路情報を見せました。そして羊城通を運転手さんに見せると機械を操作し2元を引いてくれました。
順徳の路線バス、全てが2元ではなく、中には従量制のバスもあるようなので要注意です。これは広州や深圳でも同じことがいえますねぇ。


という事で昨夜と同じデザート会場に到着!、ねぇ!また来るって昨日書いたでしょ!(笑)

Img_1062-web


昨日は暖かい物を2点注文したので、今日は冷たいもの2点でせめて見ました!
双皮奶(冷)10元、姜汁双皮奶(冷)12元

Img_1063-web


双皮奶(冷)10元

Img_1064-web

ミルクプリンの熱はコクを感じますが、冷たいミルクプリンも捨てがたい...


姜汁双皮奶(冷)12元

Img_1065-web

初めて姜汁双皮奶を食べましたが、これも美味しいですね!次回は温かい姜汁双皮奶を食べてみたいと思いました。
2つ食べて22元、350円ほどですからねぇ...あと2つ食べてもOK?なんて思いました。







初めて滞在した順徳ですが、食べ物が美味しくしかも安い!と驚くべき都市でした。広東料理発祥の地とも言われている順徳、そんな事から行ってみたいと思い滞在する運びとなりましたが、次回からは広東訪問毎に順徳に滞在することは間違いないと思います。ただしHoliday Innに宿泊していては大良まで少し距離があるので、他のお宿選びを迫られそうです。


2019年9月30日 (月)

凯盈阁私房菜で順徳料理

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)へチェックインし、軽く周辺散策の後は順徳料理をいただきに大良へ

Img_0949-web


ホテルのフロントで目的地を告げ、タクシーを呼んでいただきました。

Img_0982-web

すると女性ドライバーの運転手さんでした!
男性ドライバーの方だと運転が荒い人が多いですが、車線変更でウインカー出すし、曲がるときも手前からウインカーを出すなど快適なドライブでした。








今回、どうしても食べてみたかったお店の凯盈阁私房菜に到着

Img_0983-web

このお店を知ったきっかけは、NHK BS103で放送されていた「桃源紀行」の中国・仏山(広東省)を見てでした。
この番組の中で、案内人の詠春拳の師匠がひいきにしているお店で、包丁使いの達人が在籍するお店!と紹介されておりました。どうしてもこのお店に行って魚料理を食べてみたい!それなら順徳に1泊しよぉ!となりました。場所の特定は直ぐにできたのですが、なにせ順徳には知り合いが1人もいないし、予約無しで訪問して食べられるものなのか不安でしたが突撃することにしました。


凯盈阁私房菜の場所はこちら







店内に入り店員さんに1位と告げると、1階は満席だったため2階に案内されました。こちらが2階の店内です。

Img_0985-web

これとは別に個室があるようです。


2階の端の4人がけのテーブルに案内されました。

Img_0984-web

食べる物は事前に決まっていますが、まずはメニューを物色です!

Img_0992-web

中国語が分からなくても漢字で書かれているので、じっくり読めば少しは理解できると思います。
左側は鶏肉や魚の蒸し料理のメイン食材、右側は蒸し料理のその他の料理や一品料理


次のページは蒸し料理の値段や一品料理が掲載されていr増す。

Img_0993-web

スッポンもあるようで188元/斤の価格、500gで188元(約3,000円)の価格設定です。


メニューの裏側には大盆菜が掲載されておりました。

Img_0989-web

これ、お祝い事があったときに食べる料理らしく6~8人用1盆668元、10人前1盆888元、10~12人用1盆1,288元となっています。
機会があれば、これらを食べてみたいですが最低でも6人からとなっているので、少なくとも5人を引き連れてくる必要があるよう...


大盆菜はお店の壁にも大きく案内されていました。

Img_0990-web

今回はこれらが目当てではなく、鯇魚(草魚)の刺身と鯇魚の蒸し物がお目当てです。
ところが鯇魚(草魚)の蒸し物はメニューで見つけましたが、鯇魚(草魚)の刺身が見つからず...仕方なしに店員さんに鯇魚(草魚)の刺身の写真を見せ注文することができました。この時点で全ての料理の合計金額がまったく分からないまま注文しております。しかも注文の1単位も把握しておりません。おそらく店員さんは説明してくれていると思うのですが、私の中国語理解能力では聞き取れず...まぁいっいか!見たいな感じです(笑)
最後に米飯をお願い!と伝え、あいよぉ!みたいな感じで伝わっていましたが大丈夫かなぁ...と不安が残りました。







まず最初に出てきたのが、鯇魚の刺身のつけ合わせ

Img_0991-web

鯇魚の刺身はピーナツ油、塩、ピーナッツ、玉ねぎ、生姜、大蒜、シソなどの薬味を加えていただくそうです。


やって来ました!鯇魚の刺身です!!!

Img_0996-web

鯇魚は川魚のため、魚に寄生する虫を処理する意味で身を薄く切るそうです。
写真を撮った後、店員さんが刺身と薬味、調味料を混ぜてくれました。


混ぜてくれた後の刺身がこちら

Img_0998-web

げぇ!美味しそう!とは思わず、げぇ!この量を1人で食べるの!と思いました。


こちらが混ぜて頂いた後の拡大写真

Img_0999-web


これはなかなか美味しい!欲を言えば日本から醤油を持って来て、少したらして食べてみたい!と思いました。

Img_1002-web

このお店に来たなら外せない逸品では?と思います。



続いて蒸し物の鯇魚の切り身とサナギタケが到着!

Img_0997-web 


サナギタケを蒸板の上に敷いてくれました。

Img_1004-web


サナギタケの上に鯇魚の切り身を乗せ、さっと蒸したら出来上がり!

Img_1005-web


薄く切られた鯇魚がプリプリで美味しいんです!

Img_1006-web

桃源紀行では鮒の切り身で紹介されていましたが、私は鯇魚の切り身で注文してみました。
次回は鯇魚と鮒の両方を食べてみたいかぁ~


すると揚げ物が到着...えぇ?こんなの注文してないよぉ~!

Img_1003-web

と思っていたら、鯇魚のお刺身とセットになっているようです。


そして次にやってきたのは粥!

Img_1007-web

こんなの注文してないよぉ~2!
これも鯇魚のお刺身とセットのようで、刺身以外であまった切り身がお粥に入っているようでした。


そして鯇魚の蒸し料理を食べ終わると店員さんがサナギタケを食べます?って聞いてきました。好!と言って返答すると店員さんは蒸板を外して、サナギタケを鍋の中に入れるではありませんか!

Img_1008-web


えぇ!鍋の中はただの水かと思っていたら、色々な具材が入ったスープでした。

Img_1009-web


鯇魚を3枚におろした頭の部分などが入っていて、出汁が出ているスープで蒸されていたんですね!

Img_1010-web


スープから取り出して骨に残った身を食べてみましたが、それほど美味しくなかったかな...

Img_1011-web


広州などで食事の時にスープを飲むことが多いですが、スープの中に入っている具材は基本食べません。出汁に味が出てしまっているので美味しくないんです。

Img_1012-web

この身もあまり美味しくありませんでした。サナギタケだけを食べるのが良いのかも知れません。


気になる鯇魚の蒸し料理のお値段は、78元/斤です。

Img_1013-web


こちらには鯇魚のウンチクが書かれております。

Img_1015-web

料理人が魚の骨の位置を把握していて、骨と身を綺麗に分離することができる...なんて事が書いてあるのかと


こちらは鯇魚の骨の部分に衣をつけて揚げた物

Img_1016-web

衣が美味しく、美味しい揚げ物でしたがほとんどを食べられず...もう飽了...


3人前から4人前を思われる量を1人で食べました!

Img_1018-web

私をほめてやって下さい!(笑)


もうお腹いっぱいでお茶を飲むことも出来ずで、気になる買単です!恐る恐る、1,000元って言われたらどうしよう!大丈夫!1,000元なら手持ちがあるから!万が一足りなかったらどうしよぉ!でもクレカで払えないよなぁ...などと思っているとレシートが到着

Img_1019-web


料理代が343.4元、服務費が34.34元、合計378元のお支払いです。

Img_1020-web

これだけ美味しいものを食べて約6,000円のお支払いです!
これを3人で食べたら1人2,000円ですか!日本だと考えられない値段!
次回の広東は10月に2名を引き連れて訪問予定ですが、この料理を絶対に食べさせたい!と思いました。私はお酒を飲まないですが、お酒込みでも1人3,000円程度で美味しい料理が食べられると思います。日本で鯇魚(草魚)の料理が食べられたならなぁ...と思いました。


気になる凯盈阁私房菜の情報

Img_1021-web

顺德区大良镇绿茵花园57座1-2号铺
(0757)22258818
営業時間11:00-14:00、17:00-21:00







食後はホテル近くまで路線バスで戻ることが可能ですが、その前に路線バスにのって寄り道、清晖园に寄ってみました。

Img_1022-web

というのは冗談で、さすがに夜の21時頃では清晖园も閉園しております。


本当の目的は甘いものを頂きにです!甘いものは別腹ですからねぇ!(笑)

Img_1023-web

順徳でデザートを調べていると、とにかくこのお店がヒットするんです!


ということでやって来たのは民信双皮奶(东乐路店)

Img_1024-web



民信双皮奶(东乐路店)の場所はこちら



Google Mapだと少し場所がずれていて、もう少し清晖园寄りです。
百度地図では正確な場所が表示されているため、百度地図で「民信双皮奶(东乐路店) 」と検索してみてください。


21時を過ぎているのに店内はほぼ満席!
メニューはとても豊富ですが基本は双皮奶だろぉ!と言うことで双皮奶を注文です。

Img_1027-web

メニューは漢字表記だけですが指差しで注文しました。


双皮奶(熱)10元(約160円)

Img_1025-web

コクが違います!凄く美味しい!シンガポールでも双皮奶を食べられますが、全然味が違います!香港で食べるよりも美味しい!しかも160円と安い!


椰皇純奶(熱)30元(約500円)

Img_1026-web

ココナッツの風味が加わった牛乳プリンです。ココナッツの身も食べることができます。30元と少しお高めですがぜひ試して欲しい逸品、かなり多くのお客さんがこれを注文していました。


今回は双皮奶と椰皇純奶を注文して40元のお支払い、日本円で660円ほどです。

Img_1028-web

広州でも同じようなお店があり美味しいですが、もう少し価格が高かったと思います。
美味しくて安く食事ができる順徳、最高でございます!このお店も近々再訪問する予定!


民信双皮奶(东乐路店)の情報
广东省佛山市顺德大良东乐路1号(清晖园斜对面)
(0757)22215444
営業時間08:00~24:00




2019年9月29日 (日)

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)宿泊記

2019年8月22日、開業間もないHoliday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)に宿泊してきました。

Img_0948-web

今回は広州滞在の後、どうしても順徳で順徳料理を食べたく順徳に滞在することにしました。ということで広州から順徳までの移動も含めてご紹介いたします。







広州から順徳への行き方はいくつもありますが、広州南駅から動車で順徳駅、順徳駅から路線バスかタクシー、もしくは広州南駅や広州市番禺区などから路線バスが一般的かもしれません。今回は広州南駅から路線バスでの移動を選択してみました。


まずは広州南駅まで地下鉄で移動し、南口のバスターミナルを目指します。

Img_0945-web

広州南駅のバス停から广佛城巴广州南站-容桂线に乗車し容桂客运站方面を目指します。


広州南駅の广佛城巴广州南站-容桂线バス乗り場はこちら




ここから广佛城巴广州南站-容桂线のバスに乗車するのですが、バス到着までバス停の雰囲気などの写真でも撮っておこお!と思ったらバスが到着、慌ててバス乗車の列に並んだため写真はありません。
このバスは乗車時に運賃を支払います。都合30km以上を走るバスなため一律運賃ではなく距離別運賃となります。そのため乗車時にどこのバス停で降りるかを運転手さんに告げ運賃を支払います。私は伦教礼村(荔村)で下車する予定ですが、中国語の発音が分からなかったため、スマホの百度地図の画面を運転手さんに見せ、運転手さんから7元と言われたので羊城通でお支払いです。


バスは一路容桂客运站方面へ向けG105をひた走ります。

Img_0946-web


広州南駅のバス停を出発して1時間弱で伦教礼村(荔村)に到着



伦教礼村(荔村)のバス停はこちら




ここから1km、約15分程度歩いてHoliday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)に到着です。



Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)の場所はこちら



まだGoogle Mapにホテルの場所は反映されておりませんが、おおよそこの辺りになります。







バス停から15分ほど歩いてホテルに到着

Img_0950-web

外観の感じはInterContinental 広州エキシビジョンセンターに似ていますかねぇ
このホテルの漢字表記に「保利」が付くため、この周辺の開発が保利集団で行われているのが分かります。


開業間もないこともあって、ホテルのエントランスも綺麗です。

Img_0951-web


今回はIHG RC キャンペーン グローバルセール価格でKing Deluxe Roomを1泊で予約、税サ込みで545.74RMB、順徳の郊外で1泊545.74RMB、約1万円弱はけっして安くないですね。


予約はKing Deluxe Roomでしたが、アサインされたのはジュニアスイート

Img_0955-web

IHG Spireの特典でアップグレードをいただけました。


リビングルームのソファー

Img_0957-web


ベッドルーム、キングベッドです。

Img_0958-web


ベッドサイドのソファー

Img_0959-web


ベッドルームのワークデスク

Img_0960-web


窓側から見たベッドルーム、奥に浴室があります。

Img_0962-web


浴室

Img_0963-web

スイートルームだけあって浴室も広々、バスタブとシャワー室が分かれているのが嬉しいです。


バスタブ

Img_0964-web

華南地域だとバスタブが無いホテルも多いですが、夏でも湯船に浸かる自分にとってバスタブがあるのは嬉しいです。


シャワールームとトイレ

Img_0965-web


洗面台

Img_0966-web


アメニティー

Img_0967-web


浴室から部屋の出入り口に向かってウォークイン クローゼットがありました。

Img_0968-web


そこそこ広めのウォークインクローゼット、使い勝手は良かったです。

Img_0969-web


部屋からの景色ホテル棟の近くに住宅棟、高速道路が見えます。

Img_0972-web


真下にはモール

Img_0973-web

最近の中国、モール、住宅棟、ホテルがセットになった開発が多く見まれます。


お部屋の電源はこちら

Img_0970-web

BFタイプがそのままでは使えないのは香港人に対する嫌がらせかなぁ...なんて思ってしまいました。



お部屋には茶器のセットが用意されておりました。

Img_1029-web

中国茶好きな方には茶器セットが用意されているのは嬉しいですね。


それならお茶でも飲もぉ!と思ったら、茶葉は1個15元で有料!

Img_1030-web

そこは有料なんだ!と思って、結局飲むことはありませんでした...







ホテルとモールが隣り合わせ立ったため、モール内を散策してみました。

Img_0974-web


モールは基本2階建て、飲食店、携帯キャリア、学習塾、医院などもありました。

Img_0975-web


飲食店が多いため、ホテル滞在で食べることに困ることは無いと思います。

Img_0976-web


モール内の中央広場のような感じ場所

Img_0977-web


広場を抜け、まだモールが続いております。

Img_0978-web


住宅棟とホテル棟の間にモールが在る感じです。

Img_0979-web

奥にもモールが続いております。

Img_0980-web

これだけのお店があるなら、大良まで行かなくても十分ですかねぇ...
長期ホテル滞在でも十分困らなそうな場所です。


Google Mapではまだ詳細が表示されませんが、百度地図では詳細が見れます。

Web_20190928221401

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)に滞在なら、百度地図を入れておくと便利だと思います。


さて、チェックアウト時に宿泊部長さんと話す機会があり、お部屋のことなどを聞くことができました。スイートルームは1ベッドのみ、Spireのステータスなら平部屋からスイートにアップしますなどなど...クラブラウンジは無いようですが、ステータスのアップグレードでスイートに宿泊したいなら、このホテルはオススメかもしれません。近く(徒歩10分強)に地下鉄の駅も建設中で、周辺の区画整理が終われば、地下鉄の駅まで行くのも便利になると思われます。現在のところ観光客がホテルから移動するには、タクシーが必須となります。ホテルフロントでタクシーを依頼すれば、アプリを使って呼び出してくれます。


オススメ