2019年12月 6日 (金)

広州でミシュラン星1修行 惠食佳(东风店)編

広州でミシュラン星1を獲得したお店は10店ほどあり、8月の広州滞在で炳胜公馆(Bing Sheng Gong Guan)と惠食佳(Hui Shi Jia)に訪問し、ミシュラン星1の実力を味わってきました。今回はお夜に訪問した惠食佳(Hui Shi Jia)を紹介いたします。

Img_0901-web

今回は広州の方と3名での訪問予定、広州の方に予約を取っていただくようお願いしたところ、予約は4名以上で1人15元とお店からの返信でした。仕方無しに今回は予約無しで18時少し前に訪問し順番待ちすることに。





18時過ぎのお店の前には、多くの方が順番待ちしております。

Img_0903-web

警備員を雇って順番待ちを案内しております。


3時間近く待って呼び出されました。

Img_0914-web

さすがに3時間待ちは疲れました...2階へと案内されました。


蝦蛄の料理が美味しいとの情報があり注文してみることに。
1人1尾注文と思いましたが、一緒に行った方が蝦蛄は高いよ!とのことで1尾を注文することに。
そしてやって来たのがこちら、富貴蝦391.3元

Img_0907-web

蝦蛄1匹を丸揚げにしております。


こちらは店員さんが半身に切ってくれました。

Img_0910-web


店員さんが切ってくれる様子がこちら


1匹がとても大きい蝦蛄、それでも食べるところは少ないんです。ちなみにこれ1匹で400元、日本円で6,500円ほどです!
正直な感想は、凄く美味しいわけでもなく、食べるところが少ないのに高いなぁ~!という感じです。6,500円を払ってまで食べるものではないかなぁ...





啫小雪花牛肉189元

Img_0911-web

牛肉が柔らかくて美味しかったです!


鮮貝焗飯79元

Img_0912-web 


3人から4人前の土鍋ご飯でしょうか、今まで食べた煲仔飯で一番美味しかったです。

Img_0913-web

おこげがカリカリで凄く美味しく、どうしたらこのおこげが出来るのだろうか?と思いながら食べました。


さて、惠食佳での今回のお支払いは677元でした。

Img_1795-web

AlipayHKでお支払いできたので、現金を使わずに一安心した感じです。





惠食佳での食事は凄く美味しかったですが、予約がないと3時間ほど待つということが分かりました。
次回も訪問して色々食べてみたいですが、予約を受け付けてくれるのが4名からだそうで、少しハードルが高いかぁ...と感じました。

2019年10月 3日 (木)

広州でミシュラン星1修行 炳胜公馆編


広州でミシュラン星1を獲得したお店は10店ほどあり、8月の広州滞在で炳胜公馆(Bing Sheng Gong Guan)と惠食佳(Hui Shi Jia)に訪問し、ミシュラン星1の実力を味わってきました。今回はお昼に訪問した炳胜公馆(Bing Sheng Gong Guan)を紹介いたします。







ミシュランガイド炳胜公馆は炳胜集团が運営する点心を中心に提供するお店です。2月に同じグループの炳胜品味(ミシュラン星1)には訪問済みなため、今回は炳胜公馆に訪問してみました。炳胜品味に訪問した際の様子は「広州食べ歩記 広州蓮香樓と炳勝品味 2029年2月」をご覧ください。
炳胜集团が運営するお店で飲茶を楽しむことができるのが、ここ炳胜公馆となります。一部の料理はどちらでも注文することも可能ですが、点心は基本炳胜公馆になるようです。


炳胜公馆の場所はこちら





最寄の駅がAMP線の大剧院駅のため、初めてAPMに乗車しました。

Img_0861-web

このAPM線、空港内を走るような電車で基本座席がありません。駅と駅との間隔も短いため、すぐに次の駅に到着する感じです。


大剧院駅で下車し地上に出て、広州図書館の前を通って炳胜公馆に向かいました。

Img_0862-web


1階の入り口にスタッフの方がおられたので1位と告げ、エレベーターで上のフロアーへ

Img_0880-web


炳胜公馆、とにかく内装が豪華!

Img_0879-web

本当にここで飲茶するの?と思うほど豪華な内装です。


こちらが上の階にあがってきた場所

Img_0878-web


周りには個室もあるため会食なども楽しめるようです。

Img_0863-web


私が案内されたのはテーブルがいくつもある広い部屋

Img_0866-web

この部屋の内装も凄く豪華、多くの方が飲茶を楽しんでおりました。







こちらが炳胜公馆のメニュー

Img_0864-web


メニューが豊富!というわけではなく、厳選されている感じを受けました。

Img_0865-web

そのため、他店では飲茶には欠かすことの無い牛肉球がメニューに有りませんでした。
点心の料金は大点19元、特点25元、頂点31元、超点38元、その他個別に書かれた料金です。


三醬豬腸粉 大点大点19元

Img_0867-web


かなり甘めなタレが掛かった腸粉、食事というよりはおやつ感覚です。

Img_0868-web

香港 深水埗の合益泰小食で食べる腸粉を上品にした感じですかねぇ



传统马拉糕 大点19元

Img_0869-web

大きな蒸篭で蒸した馬拉糕を切って、小さい蒸篭に入れたタイプです。


この馬拉糕は凄く美味しかったです!!!

Img_0870-web

どの位美味しかったかというと、私の中の1位を争うほどです。
ちなみに今までの1位は香港蓮香茶室の馬拉糕が1位でした。味的にはほぼ変わらないと思います。



公館虾饺皇 38元

Img_0871-web

38元は少し高めですが、4個入って38元なら妥当かもしれません。
(広州酒家 文昌点は3個で30元)


優しい味付けの蝦餃子で美味しかった。

Img_0872-web

食感的には広州酒家 文昌店のほうが私好みです。


蜜汁蒸凤爪 28元

Img_0873-web

凄くぷりぷりで美味しかったです!


しかし八角の味が強すぎて、八角の味しかしませんでした...

Img_0874-web

もう少し八角の味が弱ければ更に美味しいのに...と思いました。


珍珠鹹水角 特点25元

Img_0875-web

揚げたての鹹水角を提供してくれたので最高に美味しい!


しかしこちらも蒸凤爪同様、餡の味の八角が強すぎて八角の味しかしませんでした...

Img_0876-web

八角が嫌いではないですが、ここまで八角の味が強いのは私には無理です。






 炳胜公馆での点心、とても優しい味付けで美味しかったですが、八角を使った料理は八角が強めなため自分的にはNGでした。もう少し八角の味を押さえていただけると更に美味しいと思うのですが...レシートの写真を撮り忘れてしまいましが、お値段的には高めです。広州酒家に比べると2割ほど高いイメージでした。店内の内装がとても良く、点心も美味しいので料金的には納得ですが、八角の味だけはいただけなかったです...
また機会があれば訪れてみたいお店ではあります。



2019年10月 1日 (火)

順徳人家で早茶

順徳滞在時の早茶はどこにしよぉ?とWebで調べていると、ヒットした多さが圧倒的に順徳人家でした。

Img_1032-web


順徳人家で早茶をするにしてはホテルから遠いなぁ...またタクシー?という距離です。昨日夕食を食べた凯盈阁私房菜から徒歩15分ほどで順徳人家まで来る事が出来るんです。という事でホテルでタクシーを手配して頂いて順徳人家(黄金広場店)までやって来ました。

Img_1033-web

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)からタクシーで25元ほどです。


順徳人家の場所はこちら









1階から階段で2階へ行くと順徳人家の入り口が在ります。

Img_1034-web

入り口で1位と告げ、何か言われましたが、ウンウンと首を縦に振って案内して頂きました。
何を言われたのか理解できませんでしたが、とりあえず首を立てに振りました(笑)


そして案内されたのが入り口近くのテーブル、牡丹02です。

Img_1059-web


店内の感じはこの様な感じで、この大きさの部屋がいくつか有るようです。

Img_1035-web


すると店員さんがメニュー表を持ってきました。
 
Img_1036-web

あれ?メニューこれだけ?飲茶のメニューが妙に少ないんですが...と思いながらメニューを見ておりました。
そして内容をよく確認すると、本当に飲茶のメニューが少ないんです!蝦餃なども有りませんし!他のテーブルを見回すと、このメニューとは違うメニューを見ている方がおられるではないですか!すかさず店員さんを呼んで、有没有飲茶的菜単?と聞きました。すると中国語で何か言ってくるも聞き取れず...仕方無しにスマホの翻訳アプリを立ち上げ、中国語入力にしてから渡し入力してもらいました。すると、あなたは宿泊者か?と???宿泊者って意味がよく分からないですが、宿泊者ではないので不是と言って飲茶のメニューをいただけました。

Img_1039-web


これでようやく点心を注文することができます。でもなんで宿泊者なんて聞くんだろう?と思って調べてみると、順徳人家は酒店もあるんですね...知りませんでした。最初に渡されたメニューは宿泊者用の朝食メニューで、ホテル代込みになっているようです。飲茶は別料金だよ!っていうことですね。最初に店員さんに何か言われたのは、あなたは宿泊者か?と聞かれたのかも。それで私が首を立てに振ったので宿泊者用のメニューが出されたということかと。

Img_1038-web


こちらが飲茶のお値段

Img_1040-web

小点7.8元、中点8.8元、大点10.8元、特点13.8元、佳点14.8元、頂点17.8元、超点19.8元、精点20.8元、
周六日、及節暇日点心加1元、普通茶位6元/位と書かれています。
点心の価格は数量を記入する場所に超、精など書かれているため、容易に判断することができると思います。土日祝は各点心ごとに1元追加、普通のお茶は1人6元となります。まぁ比較的良心的な値段で、広州酒家と比べると3割ほど安いと思います。3割安くてもお味が広州酒家以下ならねぇ...意味ないですよね!


こちらが飲茶用のお茶のセット

Img_1057-web

ちなみに宿泊者用のお茶はティーポットで提供されます。最初は宿泊者だと思われたので、ティーポットでお茶が提供されました。




初めて点心を食べるお店では、注文するものがほぼ決まっています。

Img_1041-web

同じ物を食べないと比較できないから!というのが、注文するものが決まっている理由です。
ということで顺德人家虾饺皇、鲜竹牛肉球、原笼马垃糕、玉米豆角粒肠、京䓤叉烧包を注文です。



鲜竹牛肉球 超点19.8元

Img_1042-web


正直なところ、牛肉球はあまり好きではない点心でした...ここで牛肉球を食べるまでは。

Img_1043-web

この牛肉球を食べてみたところ、ウマイ!牛肉球ってこんなに美味しかったの!と感動です。
そしてウスターソースをつけて食べるとさらに美味しい!牛肉球にウスターソースってこんなにマッチするの!と思いました。
今まで牛肉球にウスターソースがついてくる意味が分かりませんでしたが、この牛肉球で意味が分かりました!


そして、あまりの美味しさに牛肉球を割ってみました。

Img_1056-web

シャキシャキした食感もしっかりあるしで、間違いなく過去一美味しい牛肉球です!



続いて原笼马垃糕 特点13.8元

Img_1044-web

正直なところ馬垃糕に関しては香港蓮香茶室の方が好きです。
大きな蒸篭で蒸され、小さく切った物の方が美味しいと思うんです。


しかしこの馬垃糕、小さい蒸篭で提供されるタイプでは過去一美味しいです。

Img_1045-web

これで13.8元、220円ほどですから安いですね!



続いて顺德人家虾饺皇 精点20.8元

Img_1046-web

蝦餃が4個で20.8元、333円ほどと格安の値段


1個もかなりの大きさがありますが、お味は?

Img_1047-web

点心に店名がつくだけあって、この蝦餃はぷりぷりで美味しい!


なんでこんなにぷりぷりなんだぁ?と思い、分解してみました。

Img_1055-web 

すると蝦のすり身は使わず、蝦が数匹入っていました!どこでも共通することなのですが、ぷりぷりな蝦餃ですり身を使っているお店は、私の過去の経験上ありません。香港で食べる蝦餃がイマイチなのはすり身を使っているからなんです。広州で蝦餃が美味しいお店は、すり身を使わず蝦が数匹入っています(毎回確認済み)
この品質で4個入っていて20.8元、333円ほどですかぁ...まいりました!という感じです。



玉米豆角粒肠 佳点14.8元

Img_1048-web


腸粉にコーン、ねぎを加えたシンプルな腸粉です。

Img_1049-web

シンプルな腸粉なんですが、ぷりぷり感がたまりません!


見てください!腸粉の1つの層が分厚いこと!

Img_1053-web

この厚みがぷりぷり感をかもし出すんですね!!!しかも240円ほどですよ!
本当は紅米腸粉を注文したかったのですが、それがメニューに無く致し方なくこちらを注文しましたが、美味しさにびっくり!

だいたい初めて行くお店では、これらの4点を注文します。しかし今回はお腹の調子がよかったので、もう1点心を注文してみることにしました。そしてメニューを見てオススメ!となっていた事から、京䓤叉烧包を選びました。


京䓤叉烧包 佳点14.8元

Img_1050-web

蒸した叉焼包ではなく、焼いた叉焼包なんですねぇ...


見た感じ、油が強そうで...どうなんだろ?と思います。

Img_1051-web

ところが食べてみると、これが美味しい!
叉焼包って蒸かす物!という固定概念が無くなりました!


これは美味しいね~!と思い、中を割って写真を撮ってしまいました。

Img_1052-web

これで14.8元、約240円、1個80円の価格です!


こちらが今回注文した点心

Img_1054-web

あまりの美味しさに全部揃った写真を撮りたいと思い、各1個を食べたところで他の物が来るのを我慢しておりました!(笑)


こちらがお会計、点心5品とお茶代で91元、約1,500円ほどです。

Img_1058-web

5点注文して100元以下、しかも全てが過去一美味しい点心というおどろき!
これはもう、広州に寄らずに順徳に滞在するほうがよいのでは?と思いました。
絶対に来ます!また絶対に順徳に行きます!そして順徳人家で早茶します!と心に誓いました。
次回は他の点心も注文してみたい!!!


順徳人家の詳細情報
顺德人家食府(黄金广场店)
大良街道太艮路11号黄金商业广场2层
(0757)29828283
営業時間08:00~14:00、17:00~21:00







さて、順徳人家で美味しい早茶を終えた後は、路線バスに乗り込み...次の食事会場に向け出発です!(笑)

Img_1060-web

昨夜と同じく380番の路線バスに乗り込み次なる場所へと向かいますが、380番のバスは路線が長いため従量制での運賃支払いとなるようです。乗車時に運転手さんから去哪里?と聞かれました。去哪里って言われてもねぇ...中国語の発音が分からないし!と思い、スマホの百度地図の経路情報を見せました。そして羊城通を運転手さんに見せると機械を操作し2元を引いてくれました。
順徳の路線バス、全てが2元ではなく、中には従量制のバスもあるようなので要注意です。これは広州や深圳でも同じことがいえますねぇ。


という事で昨夜と同じデザート会場に到着!、ねぇ!また来るって昨日書いたでしょ!(笑)

Img_1062-web


昨日は暖かい物を2点注文したので、今日は冷たいもの2点でせめて見ました!
双皮奶(冷)10元、姜汁双皮奶(冷)12元

Img_1063-web


双皮奶(冷)10元

Img_1064-web

ミルクプリンの熱はコクを感じますが、冷たいミルクプリンも捨てがたい...


姜汁双皮奶(冷)12元

Img_1065-web

初めて姜汁双皮奶を食べましたが、これも美味しいですね!次回は温かい姜汁双皮奶を食べてみたいと思いました。
2つ食べて22元、350円ほどですからねぇ...あと2つ食べてもOK?なんて思いました。







初めて滞在した順徳ですが、食べ物が美味しくしかも安い!と驚くべき都市でした。広東料理発祥の地とも言われている順徳、そんな事から行ってみたいと思い滞在する運びとなりましたが、次回からは広東訪問毎に順徳に滞在することは間違いないと思います。ただしHoliday Innに宿泊していては大良まで少し距離があるので、他のお宿選びを迫られそうです。


2019年9月30日 (月)

凯盈阁私房菜で順徳料理

Holiday Inn Shunde(顺德保利假日酒店)へチェックインし、軽く周辺散策の後は順徳料理をいただきに大良へ

Img_0949-web


ホテルのフロントで目的地を告げ、タクシーを呼んでいただきました。

Img_0982-web

すると女性ドライバーの運転手さんでした!
男性ドライバーの方だと運転が荒い人が多いですが、車線変更でウインカー出すし、曲がるときも手前からウインカーを出すなど快適なドライブでした。








今回、どうしても食べてみたかったお店の凯盈阁私房菜に到着

Img_0983-web

このお店を知ったきっかけは、NHK BS103で放送されていた「桃源紀行」の中国・仏山(広東省)を見てでした。
この番組の中で、案内人の詠春拳の師匠がひいきにしているお店で、包丁使いの達人が在籍するお店!と紹介されておりました。どうしてもこのお店に行って魚料理を食べてみたい!それなら順徳に1泊しよぉ!となりました。場所の特定は直ぐにできたのですが、なにせ順徳には知り合いが1人もいないし、予約無しで訪問して食べられるものなのか不安でしたが突撃することにしました。


凯盈阁私房菜の場所はこちら







店内に入り店員さんに1位と告げると、1階は満席だったため2階に案内されました。こちらが2階の店内です。

Img_0985-web

これとは別に個室があるようです。


2階の端の4人がけのテーブルに案内されました。

Img_0984-web

食べる物は事前に決まっていますが、まずはメニューを物色です!

Img_0992-web

中国語が分からなくても漢字で書かれているので、じっくり読めば少しは理解できると思います。
左側は鶏肉や魚の蒸し料理のメイン食材、右側は蒸し料理のその他の料理や一品料理


次のページは蒸し料理の値段や一品料理が掲載されていr増す。

Img_0993-web

スッポンもあるようで188元/斤の価格、500gで188元(約3,000円)の価格設定です。


メニューの裏側には大盆菜が掲載されておりました。

Img_0989-web

これ、お祝い事があったときに食べる料理らしく6~8人用1盆668元、10人前1盆888元、10~12人用1盆1,288元となっています。
機会があれば、これらを食べてみたいですが最低でも6人からとなっているので、少なくとも5人を引き連れてくる必要があるよう...


大盆菜はお店の壁にも大きく案内されていました。

Img_0990-web

今回はこれらが目当てではなく、鯇魚(草魚)の刺身と鯇魚の蒸し物がお目当てです。
ところが鯇魚(草魚)の蒸し物はメニューで見つけましたが、鯇魚(草魚)の刺身が見つからず...仕方なしに店員さんに鯇魚(草魚)の刺身の写真を見せ注文することができました。この時点で全ての料理の合計金額がまったく分からないまま注文しております。しかも注文の1単位も把握しておりません。おそらく店員さんは説明してくれていると思うのですが、私の中国語理解能力では聞き取れず...まぁいっいか!見たいな感じです(笑)
最後に米飯をお願い!と伝え、あいよぉ!みたいな感じで伝わっていましたが大丈夫かなぁ...と不安が残りました。







まず最初に出てきたのが、鯇魚の刺身のつけ合わせ

Img_0991-web

鯇魚の刺身はピーナツ油、塩、ピーナッツ、玉ねぎ、生姜、大蒜、シソなどの薬味を加えていただくそうです。


やって来ました!鯇魚の刺身です!!!

Img_0996-web

鯇魚は川魚のため、魚に寄生する虫を処理する意味で身を薄く切るそうです。
写真を撮った後、店員さんが刺身と薬味、調味料を混ぜてくれました。


混ぜてくれた後の刺身がこちら

Img_0998-web

げぇ!美味しそう!とは思わず、げぇ!この量を1人で食べるの!と思いました。


こちらが混ぜて頂いた後の拡大写真

Img_0999-web


これはなかなか美味しい!欲を言えば日本から醤油を持って来て、少したらして食べてみたい!と思いました。

Img_1002-web

このお店に来たなら外せない逸品では?と思います。



続いて蒸し物の鯇魚の切り身とサナギタケが到着!

Img_0997-web 


サナギタケを蒸板の上に敷いてくれました。

Img_1004-web


サナギタケの上に鯇魚の切り身を乗せ、さっと蒸したら出来上がり!

Img_1005-web


薄く切られた鯇魚がプリプリで美味しいんです!

Img_1006-web

桃源紀行では鮒の切り身で紹介されていましたが、私は鯇魚の切り身で注文してみました。
次回は鯇魚と鮒の両方を食べてみたいかぁ~


すると揚げ物が到着...えぇ?こんなの注文してないよぉ~!

Img_1003-web

と思っていたら、鯇魚のお刺身とセットになっているようです。


そして次にやってきたのは粥!

Img_1007-web

こんなの注文してないよぉ~2!
これも鯇魚のお刺身とセットのようで、刺身以外であまった切り身がお粥に入っているようでした。


そして鯇魚の蒸し料理を食べ終わると店員さんがサナギタケを食べます?って聞いてきました。好!と言って返答すると店員さんは蒸板を外して、サナギタケを鍋の中に入れるではありませんか!

Img_1008-web


えぇ!鍋の中はただの水かと思っていたら、色々な具材が入ったスープでした。

Img_1009-web


鯇魚を3枚におろした頭の部分などが入っていて、出汁が出ているスープで蒸されていたんですね!

Img_1010-web


スープから取り出して骨に残った身を食べてみましたが、それほど美味しくなかったかな...

Img_1011-web


広州などで食事の時にスープを飲むことが多いですが、スープの中に入っている具材は基本食べません。出汁に味が出てしまっているので美味しくないんです。

Img_1012-web

この身もあまり美味しくありませんでした。サナギタケだけを食べるのが良いのかも知れません。


気になる鯇魚の蒸し料理のお値段は、78元/斤です。

Img_1013-web


こちらには鯇魚のウンチクが書かれております。

Img_1015-web

料理人が魚の骨の位置を把握していて、骨と身を綺麗に分離することができる...なんて事が書いてあるのかと


こちらは鯇魚の骨の部分に衣をつけて揚げた物

Img_1016-web

衣が美味しく、美味しい揚げ物でしたがほとんどを食べられず...もう飽了...


3人前から4人前を思われる量を1人で食べました!

Img_1018-web

私をほめてやって下さい!(笑)


もうお腹いっぱいでお茶を飲むことも出来ずで、気になる買単です!恐る恐る、1,000元って言われたらどうしよう!大丈夫!1,000元なら手持ちがあるから!万が一足りなかったらどうしよぉ!でもクレカで払えないよなぁ...などと思っているとレシートが到着

Img_1019-web


料理代が343.4元、服務費が34.34元、合計378元のお支払いです。

Img_1020-web

これだけ美味しいものを食べて約6,000円のお支払いです!
これを3人で食べたら1人2,000円ですか!日本だと考えられない値段!
次回の広東は10月に2名を引き連れて訪問予定ですが、この料理を絶対に食べさせたい!と思いました。私はお酒を飲まないですが、お酒込みでも1人3,000円程度で美味しい料理が食べられると思います。日本で鯇魚(草魚)の料理が食べられたならなぁ...と思いました。


気になる凯盈阁私房菜の情報

Img_1021-web

顺德区大良镇绿茵花园57座1-2号铺
(0757)22258818
営業時間11:00-14:00、17:00-21:00







食後はホテル近くまで路線バスで戻ることが可能ですが、その前に路線バスにのって寄り道、清晖园に寄ってみました。

Img_1022-web

というのは冗談で、さすがに夜の21時頃では清晖园も閉園しております。


本当の目的は甘いものを頂きにです!甘いものは別腹ですからねぇ!(笑)

Img_1023-web

順徳でデザートを調べていると、とにかくこのお店がヒットするんです!


ということでやって来たのは民信双皮奶(东乐路店)

Img_1024-web



民信双皮奶(东乐路店)の場所はこちら



Google Mapだと少し場所がずれていて、もう少し清晖园寄りです。
百度地図では正確な場所が表示されているため、百度地図で「民信双皮奶(东乐路店) 」と検索してみてください。


21時を過ぎているのに店内はほぼ満席!
メニューはとても豊富ですが基本は双皮奶だろぉ!と言うことで双皮奶を注文です。

Img_1027-web

メニューは漢字表記だけですが指差しで注文しました。


双皮奶(熱)10元(約160円)

Img_1025-web

コクが違います!凄く美味しい!シンガポールでも双皮奶を食べられますが、全然味が違います!香港で食べるよりも美味しい!しかも160円と安い!


椰皇純奶(熱)30元(約500円)

Img_1026-web

ココナッツの風味が加わった牛乳プリンです。ココナッツの身も食べることができます。30元と少しお高めですがぜひ試して欲しい逸品、かなり多くのお客さんがこれを注文していました。


今回は双皮奶と椰皇純奶を注文して40元のお支払い、日本円で660円ほどです。

Img_1028-web

広州でも同じようなお店があり美味しいですが、もう少し価格が高かったと思います。
美味しくて安く食事ができる順徳、最高でございます!このお店も近々再訪問する予定!


民信双皮奶(东乐路店)の情報
广东省佛山市顺德大良东乐路1号(清晖园斜对面)
(0757)22215444
営業時間08:00~24:00




2019年9月28日 (土)

シンガポールで福建麺の食べ歩き

シンガポールには黄色麺とビーフンに、エビ、豚肉、卵を加えスープを絡めながら炒める塩焼きそばの福建麺(Hokkien Mee)があります。この福建麺がとても美味しくシンガポール訪問毎に食べ歩いております。毎回食べに行くお店は決まっていますが、もっと美味しい自分好みのお店があるのでは?と思い食べ歩くようになりました。今回は3日間で8店のお店を食べ比べてみました。







1日目、まずやって来たのが新加坡炒福建蝦麺(Singapore Fried Hokkien Mee)です。

Img_1515-web


こちらはWhampoa Hawker Centre内にあります。




2010年のシンガポール福建麺の四天王に選ばれたお店らしく期待度が高まります。

Img_1516-web


メニューは4SGD、5SGD、6SGD、8SGD、10SGD、15SGDの6種類と細かく分かれています。

Img_1517-web 


そして福建麺のお店にしては珍しく?深夜営業のお店で、平日は15:30~25:30、週末と祝日は14:00~25:30、木曜日が定休日となります。

Img_1518-web


お店に到着したのが土曜日の14時少し前ということで、お店の方が開店の準備で忙しくしておりました。


他のお店で卤麺(ローミー)を食べてきたため、一番小さい4SGDを注文

Img_1519-web


良い感じにスープが麺に染み込んでいます。

Img_1520-web

お味はなかなか良かったですが、私の中でのベスト3に入ることは無いかなぁ...
深夜に福建麺が食べたくなったら再び訪れることはあると思います。


次に夕食を頂きにオールド エアポート フードセンター(Old Airport Road Food Centre)にやって来ました。



このホーカーはかなり大きく、100店舗以上が軒を連ねている感じ、週末などは家族連れでホーカー内が大混雑しています。名前の通り昔この近くに旧カラン空港があったそうです。これだけ大きなホーカーだから、福建麺のお店が1軒は営業しているだろう!と思い訪問してみました。実はこのホーカー内に南星福建炒虾面というお店がありますが、夕方前に閉店してしまいます。このお店で食べたければランチで訪問する必要、売り切れ御免!で夕方前に閉店してしまうことも...


そして今回見つけたお店がこちら、義記福建蝦面(Yi Ji Fried Hokkien Prawn Mee)

Img_1534-web

この義記福建蝦面(Yi Ji Fried Hokkien Prawn Mee)、このホーカー内に2店舗あり、1軒挟んで隣り合っています。どちらのお店で注文したのか間違えないようにしてください。メニューは4SGDと6SGDの2種類、注文してから番号札をもらい番号で呼び出されます。


今回私が注文したのは4SGの福建麺

Img_1535-web


黄色麺が少なくビーフンが多めな感じ、ボソボソ感が強い感じ

Img_1536-web

お店の看板に超辛い!なんて書いてありましたが、福建麺は辛くありません。しかしサンバルソースが滅茶辛かったです!


気になる具材、イカは入っていない代わりにカニカマが入っておりました。

Img_1537-web

おそらくカニカマが入っている福建麺はここだけだと思います。
私好みの味ではなかったので、再度訪問することはなさそぉ...再びオールド エアポート フードセンター(Old Airport Road Food Centre)にやってきて、福建麺を食べるかぁ~となったら食べるかもしれません。



2日目
この日は日曜日ということで休みのお店も多く、福建麺の食べ歩きは午後からとなりました。向かったのはシンガポールの郊外のチョア チュー・カン Choa Chu Kang、シンガポール中心部からMRTで1時間ほど掛かり、ほんとに郊外で周りには団地ばかり。

Img_1590-web


そして駅前のホーカー、CCK 302 Foodhouseに到着




なんとこのホーカー24時間営業らしいです!郊外のお店だから朝と夜に利用する人が多いんですかねぇ?

Img_1594-web


福建麺を提供しているお店がこちら、店名が分かりませんでした...福建麺だけではなく色々な麺類を提供しているため期待値は低め?でしょうか?

Img_1595-web


福建麺は5SGDと7SGDの2種類、今回も一番小さい5SGDを注文です。

Img_1596-web


福建麺で5SGDは少し高めですが、エビもたっぷり入っていました。

Img_1597-web

そしてこのお店の福建麺、細いビーフンと太いビーフンを使っていて、なかなか良い食感でした。
ただこれを食べるためだけにチョア チュー・カンには来れないかなぁ...と思いました。


番外編ですが、隣のお店が気になったので注文することに

Img_1601-web

お肉関係のお店で、ビーフステーキが12.9SGD、約1,000円ほどだったので注文!

Img_1598-web


1,000円のステーキセットですからねぇ...期待値は高くないと思います。

Img_1599-web


お肉はそれほど柔らかくはありませんが硬くも無く、1,000円ならアリ!と思いました。

Img_1600-web

このお店のメニュー、丸鶏のフライが10.9SGDなどとかなり安く感じます!再度訪問もアリかなぁ~なんて思いました(笑)



続いてChomp Chomp Food Centreへ

Img_1608-web

このフードセンターは3つのMRTの駅の真ん中に在る感じで、どの駅からも少し距離が在ります。
この場所に来るには路線バスかタクシーの利用が必須!


Chomp Chomp Food Centreの場所はこちら




このホーカー内に2店の福建麺のお店があるらしく訪問してみました。
まず最初に見つけたのが亜福炒福建蝦麺(Ah Hock Fried Hokkien Noodles)

Img_1610-web

営業時間は17:30~0:00、月曜日定休日、完全夜型のお店ですね。


メニューは3SGD、4SGD、5SGDの3種類

Img_1614-web

注文時に1時間ほど掛かるよ!と言われましたが、本当に1時間ほど待ちました。
気になったのは、ほとんどのお客さんが持ち帰りのこと...何かあるんか?


1時間待って頂いた福建麺、かなりボソボソ感が強く美味しくなかった!

Img_1615-web

皆さん持ち帰りにしているのは、時間が経って麺にスープを染み込ませるために持ち帰りを選んでいるのでは?と思いました。
このお店は食べて帰るのではなく、持ち帰って食べたほうがよいと感じました。


続いてもう1店舗をホーカーの入り口近くにて発見!車間炒福建蝦面(Chia Keng Fried Hokkien Mee)です。

Img_1619-web

こちらは年中無休の17:00~25:00の営業です。


メニューは3.5SGD、4SGD、5SGD、8SGDの4種類、3.5SGDを注文しました。

Img_1620-web

ここでも40分ほど掛かるよ!と言われ、40分ほど待って頂くことができました。


スープが麺に染み込み良い感じの福建麺です。

Img_1621-web

このホーカーで食べてるならば、こちらのお店をオススメ致します。


福建麺を待っている間に気になったのがこのホーカー、お酒のアテになるお店が多いこと

Img_1618-web

手羽先のお店などが数軒ありました。


そしてホーカー内がとても綺麗で、Aを獲得しているお店が多かったです。

Img_1622-web


福建麺を2つ食べるために2時間ほどを費やし、外は真っ暗に

Img_1624-web

このホーカーは一杯やりながら頂くのに最適なホーカーでは?と思いました。


続いてこの日最後の福建麺へ
やって来たのはKovan駅近くの小さなホーカー

Img_1626-web


場所はこちら




このホーカーにPonggol Nasi Lemak Centerがあり、30人ほど並んでおりました。

Img_1625-web

Ponggol Nasi Lemak Centerは深夜型のナシレマのお店でシンガポール内に数店舗あり、どこも混雑しています。
味はとてもよく美味しいですが、調子に乗って具材を取り過ぎると、10SGDを超えるナシレマになってしまいます!(笑)


そのホーカー内に義記福建蝦面(Yi Ji Fried Hokkien Prawn Noodles)が在ります。

Img_1627-web

あれ?と思ったからおられます?私は注文してからお店の看板を写真に撮っているときに気がつきました。昨夜オールドエアポートフードセンターで食べたお店では!と

こちらのお店は4SGが消されていて、5SGDと8SGDのみ、オールドエアポートは4SGDと6SGDなだけに、少し高めの価格設定

Img_1628-web


お味は変わらず、サンバルソースもしっかり辛いです。

Img_1629-web


カニカマも入っております。

Img_1630-web

お店の方に義記について聞いてみると、シンガポール内に4店舗を構えているそうで、オールドエアポートも同じお店だそうです。それならこちらで食べずにオールドエアポートで食べるのが良いのかなぁ...と感じました。





3日目は福建麺を食べず4日目に再び食べ歩きへ
この日はシンガポールで話題の福建麺のお店に行ってみたく訪問しました。
目的のお店はトア・パヨー(Toa Payoh)のKim Keat Palm Market & Food Centre内に在ります。

Img_1686-web


Kim Keat Palm Market & Food Centreの場所はこちら




ここはまるで高島平団地のような感じ!

Img_1672-web

平日の午前中だというのにかなりの賑わい、ホーカーもそこそこの大きさで10時前なのにほとんどのお店が営業しておりました。


今回目的のお店はこちら、福建人 福建面(Hokkien Man Hokkien Mee)

Img_1673-web

営業時間は10:00~14:30、月曜日が定休日となります。
このお店、フランス料理店レザミの元シェフが始めた福建麺のお店としてシンガポールで話題になっているようです。しかも週末に予約無しで訪問すると2時間待ちは当たり前!という混雑ぶりらしく、訪問するなら平日の10時前がオススメのような感じです。ということで私は火曜日の10時少し前にお店に到着です。


福建人 福建面(Hokkien Man Hokkien Mee)の場所はこちら




少し他で食べたりして時間を潰していると、お店が開店しておりました。

Img_1679-web

メニューは4SGD、5SGD、8SGDだったかなぁ...価格の写真を撮ってくるのを忘れてしまったので。
並んで注文を終えると受け付け札を頂けます。

Img_1680-web


自分の番になると番号が表示されます。

Img_1681-web


この受付札、順番になっていないので要注意!

Img_1682-web


平日の開店直後ということで、15分ほどで呼ばれました。

Img_1683-web


私が注文したのは5SGDの福建麺

Img_1684-web


スープが麺に染み込みグチャットしたタイプが見た目にも伺えます。

Img_1685-web

早速口にすると、これは美味しい!味付けといい麺にスープがしみこんだ感じといい!かなり美味しい!これは私が一押しの福建麺のお店に迫るものがある!という感じの美味しさです。これはわざわざここまで食べに来る価値はある!と思いました。
この様な感動をしたくシンガポール内の福建麺のお店を食べ歩いております。久々に福建麺を食べて感動しました!


続いて向かったのがAlexandra Village Food Centreちかくにある福建麺のお店、このお店は既に何度か訪れております。

Img_1688-web


洋洲福建蘇東蝦麺(Yang Zhou Fried Hokkien Mee)の場所はこちら





メニューは4SGD、5SGD、6SGDの3種類

Img_1689-web


スープが麺に染み込み、麺の柔らかさも良い感じ!

Img_1690-web 

洋洲福建蘇東蝦麺(Yang Zhou Fried Hokkien Mee)の福建麺、今回私が福建人福建面(Hokkien Man Hokkien Mee)と出会ったため、私の中で3位にランク落ちしてしまいました。3位に転落してしまいましたが、かなりの美味しさ感はあり、近くにアボカドシェイクのお店があるため、アボカドシェイクとセットでの訪問となりそうです。


そして最後に訪問したお店、このブログでも何度も紹介している芽笼29巷福建麺(Geylang Lor 29 Hokkien Mee)

Img_1707-web


1年前にお店を改装したため、ホーカー内はとても綺麗です。

Img_1708-web_20190927180101


芽笼29巷福建麺(Geylang Lor 29 Hokkien Mee)の場所はこちら




営業時間は11:45~21:00、月曜日が定休日です。


このお店には3年ほど通っていて、シンガポール滞在時は必ず訪れます。

Img_1709-web_20190927180101

ここで福建麺を食べなければ、何しにシンガポールに来たの?と思うほど美味しいです。


今回は初めてキャロットケーキを注文してみました。

Img_1712-web_20190927180101


卵と大根餅を炒めてあるキャロットケーキ、欲張って6SGDを注文です。

Img_1712-web_20190927180101

これはビールのアテになる美味しさ!次回も食べたい!と思いました。
このホーカー内の飲み物店、生ビールを販売しているため夕食に数人で訪問して、お酒を飲みながら食べるのが良いかもしれません。


今回注文した福建麺は10SGD

Img_1710-web_20190927180101


ここの福建麺はエビ、イカが沢山入り、スープに麺が染み込んでいて美味しいです。他の福建麺のお店と比べると高価な価格設定ですが、具沢山なため高いと感じることは無いと思います。見た目はあまり良くないですが味は最高です!ぜひこのお店で福建麺を注文してみてください。








現在の私の中でのシンガポール福建麺ランキング


1位 芽笼29巷福建麺(Geylang Lor 29 Hokkien Mee)

Img_1708-web_20190927180101


2位 福建人 福建面(Hokkien Man Hokkien Mee)

Img_1679-web


3位 洋洲福建蘇東蝦麺(Yang Zhou Fried Hokkien Mee)

Img_1688-web


今回4位になってしまいましたが、Kim Keat Hokkien Meeの土鍋福建麺も美味しいです!
Kim Keat Hokkien Meeの場所はこちら




Kim Keat Hokkien Meeの土鍋福建麺はとてもオススメですが、2人前からの注文となります。



2017年6月24日 (土)

喜助で牛たん

仙台に行ったなら牛たんを食べなければ!ということで仙台滞在の夜は必ず牛たんを食しています。
私が必ず行くのが喜助、仙台名物牛たんを全国に広めたお店です。
ひょんなことから喜助創業家の方と知り合いになり、それ以来牛たんは喜助で食べることがほとんどです。


今回は仙台の方と待ち合わせし、喜助の駅前中央店へ




仙台駅前に喜助は何店舗かありますが、利用するのは駅前中央店がほとんど
このお店、事前に予約しておくと、牛たんしゃぶしゃぶも予約することが出来ます。
この牛たんしゃぶしゃぶが美味しいんですよね~!
今回は2名での訪問だったのでしゃぶしゃぶは無しです。



牛たんつくね

Img_8496_web



ゆでたん

Img_8497_web


このゆでたんが美味しいんです。
たんって凄く甘いのね!と思えるんですね。
私の友人はこれが大好きで、5皿食べた人がいます(笑)



牛たん塩、2人前

Img_8498_web



牛たんについてくるおしんこ

Img_8499_web



特切り厚焼き定食

Img_8502_web



見事に通常の牛たんより厚いです!

Img_8501_web


この特切り厚焼き定食は「牛たん焼定食の牛たんよりも厚い(約1cm)特切り!キッパ(切込み)を入れて熟成させるので、ダイナミックな歯ごたえ(食感)なのに、サクッとしてジューシーな喜助ならではの味わいはそのまま。各店数量限定メニューです。」喜助HPより引用

私は牛たん定食の味噌味が好きで、特切り厚焼き定食を食べるかいつも悩みます。
1人前2,484円と高めの価格設定ですが、これは食べる価値ありですよ!



牛テール焼き

Img_8504_web


このテール焼き、好き嫌いがはっきり分かれます。
少し脂っぽいので苦手という方もおられます。
私は好きなので、綺麗に骨になるまで食べ尽くします。








翌日は仙台三越で買い物をし、喜助のポイントカードも満タンになったので、無料で定食を頂くことに。
仙台三越から近い喜助は定禅寺店です。






注文したのは味噌1.5、ゆでたんにとろろです。


Img_8510_web



牛たんといえば塩ですが、ご飯には味噌もあうんですね!

Img_8511_web


定食を食べるときは味噌で注文することが多いです。


ゆでたんも追加注文

Img_8509_web


喜助のポイントカード、いっぱいになると定食無料券が貰えますが、追加料金を払えば1.5定食などにすることも可能、かなり融通が利きます。


東京、横浜、名古屋、大阪にも喜助があるので、仙台に行かずとも美味しい牛たんを味わうことが可能、ぜひ一度行ってみてください。



オススメ